スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Austerity USA/September 18, 2011, 5:34 PM

Austerity USA アメリカの緊縮財政

Goldman Sachs (no link) has a nice chart showing just how much fiscal policy has been a drag on the economy since the second half of last year, and also shows that the Obama jobs plan, even if enacted in full, would only be enough to put it in neutral:
ゴールドマン・サックスが、去年下半期以来財政政策がどれほど経済の足手まといになっていたのか、そしてオバマの雇用改善計画が、たとえ完全に実施しても、中立に戻すだけのものにしかならないことを示す素晴らしいチャート(リンクはない)を掲載している:

091811krugman2-blog480.jpg

Just worth bearing in mind.
覚えておく価値がある。


追記:これは道草ですでに翻訳されてました。
スポンサーサイト

Legends Of The Fall (Of 2009)/October 13, 2011, 8:43 AM

Legends Of The Fall (Of 2009) (2009年)秋の伝説

Mike Konczal has some thoughts on the Obama administration’s economic missteps, and mentions that there were reports in Fall 2009 that the administration was afraid of the invisible bond vigilantes:
マイク・コンツァルがオバマ政権の経済的失策を考察して、政府が見えない債券自警団を恐れていたことを示す2009年秋のレポートがあると述べている:

Noam Schieber at the New Republic was getting word from Treasury as early as late 2009 that they thought that they needed “some signal to U.S. bondholders that it takes the deficit seriously” and “spending more money now [on stimulus] could actually raise long-term rates, thereby offsetting its stimulative effect.” This naturally lead to wanting to strike “grand bargains” with the other side, a path that lead the administration down some bad roads in terms of the agenda.
ニュー・リパブリック誌のノーム・シーバーに寄ると、早くも2009年後期に、財務省は「アメリカ国債の所有者に財政赤字を深刻に受け止めているとというシグナル」を送る必要があり、「今もっと(刺激策のために)支出を増やすことは長期金利を実際に上昇させて、それにより刺激策の効果が打ち消される可能性がある」と語っていた。このことが自ずと反対陣営の「グランド・バーゲン」への攻撃につながり、政府をその議題に関して悪い方向へと導くことになった。


I was hearing the same thing, with more specifics; as I wrote at the time,
僕はもっと具体的に同じ事を聞いていた。その時に書いたのは、

Well, what I hear is that officials don’t trust the demand for long-term government debt, because they see it as driven by a “carry trade”: financial players borrowing cheap money short-term, and using it to buy long-term bonds. They fear that the whole thing could evaporate if long-term rates start to rise, imposing capital losses on the people doing the carry trade; this could, they believe, drive rates way up, even though this possibility doesn’t seem to be priced in by the market.
僕が聞いているには、官僚が長期政府債務への需要を信用しないのは、それを「キャリー・トレード」によってもたらされたものと見ているからだという:金融プレーヤーが短期で安いお金を借りて、それを長期債の購入に使うこと。彼らは、長期金利が上昇し始めれば全てが蒸発して、キャリー・トレードを行っていた人々がキャピタル・ロスを負うことになることを恐れている。この可能性が市場によって価格に組み込まれているように見えないにも関わらず、このことが利子率を上昇させる可能性があると彼らは信じている。


Even then, this seemed awesomely wrong-headed: policy makers were being scared off dealing with a real economic disaster by threats that existed only in their imagination. Now, of course, it looks even worse.
その時ですら、それはひどく頭の悪い考えであるように思えた:政策立案者は彼らの想像の中にしか存在しない脅威によって真の経済的災厄に対処する勇気を失ってしまった。今になってみると、勿論のことそれはなおさら悪いことのように思える。

Debt and Growth in the G7/December 26, 2011, 9:40 AM

Debt and Growth in the G7 G7の債務と成長

I’ve written fairly often about the often-cited Reinhart/Rogoff claim that terrible things happen to economic growth if the ratio of debt to GDP exceeds 90 percent. It’s a claim that has been pretty thoroughly debunked – yet it continues to circulate among Very Serious People as a known fact. Anyway, I was looking at some debt data, and thought that it might be useful to look at debt of the major advanced economies since World War II, and see what gets picked out by the 90 percent criterion.
僕は、GDPに対する債務の比率が90%を超えると恐ろしいことが起こるという内容のよく引用されるラインハート/ロゴフの論文についてかなり書いてきた。その論文の主張はすっかり本質が暴露されてしまっている―だが、今でもVery Serious People(すごくまともな人々)の間ではよく知られた事実として流布し続けている。ともかく、僕はいろいろな債務のデータを見ている中で、第二次世界大戦以来の主要な先進国の債務に関するデータを見て、その90%の基準に分類される国を調べることが有益なんじゃないかと考えた。

So here’s the debt/GDP ratios of the G7 countries since 1946, together with a line representing the famous 90 percent threshold. What do we see?
そこで、以下に1946年以来のG7の債務/GDP比を有名な90%の閾値を表す線と一緒に示しておく。何が見えるだろうか?

122611krugman1-blog480.jpg

The answer is that the >90 club consists of the English-speaking nations in the immediate aftermath of World War II, Britain for a longer postwar stretch, Italy since the late 80s, Japan since the mid-90s, and a couple of years in Canada.
答えは、第二次世界大戦の直後には、90%以上クラブは英語圏の国で構成されているということであり、イギリスは戦後かなり長期間にわたり、イタリアは80年代後期、90年代中期以来の日本、そしてカナダが数年ということだ。

And what do we know about those episodes? The English-speaking economies contracted in the years immediately after the war, not because of debt, but because Rosie the Riveter went back to being a housewife. Italy and Japan both experienced sharp growth slowdowns before their debt went so high, and you can make a strong case that slow growth caused high debt, not the other way around.
そして、これらのエピソードについて分かっていることと言ったら? 英語圏の経済は戦後すぐの数年間収縮したが、それは債務のためではなく、銃後の女性が主婦に戻ったからだ。イタリアと日本はともにその債務が非常に高くなる前に急激な成長率の鈍化を経験したのだから、成長率の鈍化が高い債務率を引き起こしたのであり、逆ではないという十分強固な論拠になる。

So this really looks like a case of spurious correlation – not that this will have any influence on the people who seized on this correlation because it confirmed their preconceptions.
だから、その相関は極めて怪しいもののように見える―この相関は彼らの先入観を確信させてくれるものなので、それにしがみついている人々にはいかなる影響も与えないだろう。


翻訳の感想:アメリカにVery Serious People(すごくまともな人々)がいて、イギリスにUnduly Influential Voices(はなはだしく影響のある声)がいる。そして日本にSerious World People(まともな世界の人々)がいる。ソース

The Yen And The Low-Inflation Trap/October 2, 2011, 12:54 PM

The Yen And The Low-Inflation Trap 円と低インフレの罠

I’m in Japan for a conference tomorrow. Here’s how I expect it to go:
僕は明日の会議のために日本にいる。その会議はこんな風になるんじゃないかと予想してる:



I’ve already had one very jet-lagged meeting, in which I was asked for thoughts on the strong yen, which is making Japanese manufacturers very unhappy. Here are some thoughts.
すでにひどく時差ぼけのままで会合を持ったんだが、そこで日本の製造業を不幸にしている強い円について尋ねられた。いくつか考えがある。

The key thing, I believe, is that real interest rates in the United States and other advanced countries are now significantly lower than in Japan. If you look at the Treasury real yields, the interest rate on US 5-years indexed to inflation is now around -.5, that’s right, minus 0.5. In Japan the nominal rate is lower, but not zero even though markets are signaling that they expect continued deflation over the next 5 years.
カギになるのは、今、アメリカや他の先進国の実質利子率は日本よりずっと低いということだ。財務省証券の実質利子率を見てほしい、今、物価スライド型の5年物国債の利子率は-0.5%だ、間違いじゃないよ、マイナス0.5%。日本の名目利子率は他よりも低いが、市場は今後5年以上デフレが続くと予想しているというのに、それはゼロではない。

As I’ve tried to explain, that’s because of the option value: short-term rates can go up but they can’t go down. And the result is that Japan has a significantly positive real 5-year rate, around 0.7 percent.
僕が説明してきたように、それはオプション価値のためだ:短期利子率は上がることはできるが、下がることはできない。結果として、日本の5年物国債利子率はかなり高い正の値になっていて、およそ0.7%だ。

So Japan, having allowed deflation to get embedded in expectations, ends up being just what it doesn’t want to be: a magnet for capital fleeing low yields in the US and elsewhere.
だから、デフレが期待に組み込まれたままにしていることにより、結局、日本はまったく望ましくない状態に陥っている。つまり、アメリカや他の国の低い利回りから逃げ出した資本を引きつける磁石。

That said, I would argue that the United States is already on the edge of its own low-inflation trap. Japan is us, a few years from now, but with less misery.
とはいえ、僕は、アメリカがすでに低インフレの罠の崖っぷちにいると言いたい。日本は数年先の我々だ。でも、悲惨さは向こうのほうが少なめだけど。

Defeatism/September 30, 2011, 9:33 AM

Defeatism 敗北主義

Martin Wolf is getting frantic, as well he should. The austerians have brought us to the brink of a vast disaster. A recession in Europe looks more likely than not; and the question for the United States is not whether a lost decade is possible, but whether there is any plausible way to avoid one.
マーティン・ウルフが激怒しているが、それは当然のことだ。緊縮財政派が僕らを大災害の瀬戸際へ追い込んでいる。ヨーロッパの景気後退はありえないことではない。そして、アメリカにとっての問題は、失われた十年になる可能性があるのかということではなく、それを避けるための説得力ある方策があるのかということだ。

Wolf directs us to a recent speech by Adam Posen (pdf), which opens with a passage that very much mirrors my own thoughts:
ウルフは最近のアダム・ポーゼンのスピーチを紹介してくれているが、それは僕自身の考えとすごくよく似た一節から始まる:

Both the UK and the global economy are facing a familiar foe at present: policy defeatism. Throughout modern economic history, whether in Western Europe in the 1920s, in the US and elsewhere in the 1930s, or in Japan in the 1990s, every major financial crisis-driven downturn has been followed by premature abandonment―if not reversal―of the macroeconomic stimulus policies that are necessary to sustained recovery. Every time, this was due to unduly influential voices claiming some combination of the destructiveness of further policy stimulus, the ineffectiveness of further policy stimulus, or the political corruption from further policy stimulus. Every time those voices were wrong on each and every count. Those voices are being heard again today, much too loudly. It is the duty of economic policymakers including central bankers to rebut these false claims head on. It is even more important that we do the right thing for the economy rather than be slowed, confused, or intimidated by such false claims.
現在、イギリスと世界経済の両方がよく知られた敵に直面している:政策的敗北主義だ。近代経済史を通して、1920年代のヨーロッパで、1930年代のアメリカ等で、また1990年代の日本で、巨大な金融危機によって引き起こされた景気後退が起こるたびに、持続的な景気回復に必要となるマクロ経済学的な刺激策が早計にも放棄―逆転ではないとしても―されてきた。いつの時でも、それは、さらなる刺激策の破壊性やさらなる刺激策の無効性、または、さらなる刺激策から来る政治的腐敗との取り合わせを主張するはなはだしく影響のある声によるものだった。いつの時も、その声はあらゆる場面において間違っていた。今日、再び、その声は一層うるさく聞こえる。中央銀行総裁を含む経済政策の担当者にはそのようなとことん誤った主張を反駁する義務がある。そのような誤った主張によって遅れたり、混乱したり、怯えたりせずに、経済にとって正しいことをするのが重要なことだ。


Indeed. Posen’s “unduly influential voices” are my Very Serious People. And it has been an awesome spectacle watching the VSPs search, obsessively, for reasons not to fight mass unemployment. Fiscal policy must tighten to appease the invisible bond vigilantes and please the confidence fairy. Interest rates must rise because, well, um, inflation, well, no, low rates cause moral hazard ― yes, that must be it.
なるほど。ポーゼンの言う「はなはだしく影響のある声」というのがこちらで言うVery Serious People(すごくマジメな人々)のことだ。そしてVSPの連中が異常なほど大失業と戦わない理由を探し求めている光景には恐るべきものがある。財政政策は債券自警団をなだめて信頼の妖精を喜ばせるために引き締められなければならないんだと。利子率は上昇するに違いない、なぜなら、えっと、ううん、インフレがー、じゃないや、低い利子率はモラル・ハザードを引き起こすから―はい、それはそうじゃなきゃいけないんだと。

And we’re not (just) talking about ignorant politicians. This stuff has been coming from the European Central Bank, the Organization for Economic Cooperation and Development, the Bank for International Settlements.
そして僕らは無知な政治家について(のみ)話しているんじゃない。こういったことはヨーロッパ中央銀行、経済協力開発機構、国際決済銀行から来てるんだ。

I don’t fully understand it. But a large part of it, it seems obvious, is the intense desire to see economics as a morality play of sin and punishment, where the sinners are, of course, workers and governments, not the bankers. Pain is not an unfortunate consequence of policies, it’s what is supposed to happen.
僕はそのことを完全に理解しているわけじゃない。でも、明らかに、その大部分には経済を罪と罰の道徳劇として見ようとする強烈な願望があり、その中では、罪人は労働者や政府であって銀行ではないというのが当たり前とされる。痛みは政策の不本意な結果ではなく、当然起こるべきものとされている。

How obsessive are these people? So obsessive that when the financial doom they predict fails to materialize, they consider this a bad thing: punishment must be administered, so what are the markets waiting for? Here’s Alan Greenspan a while back:
こういった人々はどれほど執ようなのか? あまりに執ようすぎて、彼らの予言した金融的破滅が実現しなかった時には、それを悪いことだと考えてしまう:罰は執行されなければならない、それなら市場は何を待っているというのか? 少し前のアラン・グリーンスパンの発言がある:

Despite the surge in federal debt to the public during the past 18 months―to $8.6 trillion from $5.5 trillion―inflation and long-term interest rates, the typical symptoms of fiscal excess, have remained remarkably subdued. This is regrettable, because it is fostering a sense of complacency that can have dire consequences.
過去18ヶ月の間、公の連邦債務が急増している―5兆5千億ドルから8兆6千億ドルに達している―のに、インフレや長期金利といった財政の行き過ぎを示す典型的な兆候は驚くほど抑制されている。これは遺憾なことだ、なぜなら、それは悲惨な結末をもたらす可能性のある自己満足感を育てることになるから。


Gosh, it’s regrettable that the markets aren’t confirming my warnings! And today Ronald McKinnon laments, yes, laments the failure of the invisible bond vigilantes to show themselves ― they’re supposed to be “disciplining the government”, so why aren’t they here?
うへー、市場が自らの警告を確証してくれないから遺憾だって! そして、今日、ロナルド・マキノンは嘆き悲しんでいる、そう、見えない債券自警団が姿を見せてくれないことを嘆き悲しんでいる―彼らが「政府を鍛えてくれる」はずだった、それなら、どうして彼らはここにいないのか?

Just to reiterate a point I’ve made before, none of this reflects actual economic theory. Throughout this crisis, people like Adam Posen and yours truly have been basing our arguments on standard textbook macroeconomics, whereas the Very Serious People have been making up stories on the fly to justify their calls for pain. As Wolf, who really seems to have eaten his Wheetabix, puts it,
僕が以前から主張していることを今反復させてもらうと、これらの中に実際の経済理論を反映したものは何もない。この危機を通して、アダム・ポーゼンやこの僕のような人々はその論拠を標準的なマクロ経済学の教科書に置いてきた。他方では、VSPの連中は痛みを求めることを正当化してくれるようなお話をでっち上げてきた。ウィータビクス(訳注:イギリスのシリアル)を食い続けてきたウルフはこう言う、

The waste is more than unnecessary; it is cruel. Sadists seem to revel in that cruelty. Sane people should reject it. It is wrong, intellectually and morally.
無駄は無用以上のものである。それは残酷なものだ。サディストにはその残酷さが大いに楽しいらしい。気の確かな人々はそれを拒絶すべきだ。それは知的にも、道徳的にも間違っている。


And this cruelty rules our world.
そして、この残酷さが僕らの世界を支配している。

The Method Of Comparative Statics (Very, Very Wonkish)/January 15, 2012, 8:10 PM

The Method Of Comparative Statics (Very, Very Wonkish) 比較静学の手法(超オタク風)

Well, I read Scott Sumner’s claim that Simon Wren-Lewis and I are making basic errors, and at first I couldn’t figure out at all what his problem is. Then it struck me: he doesn’t understand that Wren-Lewis and I were doing comparative statics.
さて、サイモン・レン-ルイスと僕が基礎的な間違いを犯しているというスコット・サムナーの主張を目にして、最初は彼が何を問題としているのか全く分からなかった。それからピンときた:彼はレン-ルイスと僕が比較静学をやっていることを理解していないんだと。

What do I mean by that? I thought this was part of every economist’s training, but maybe not any more. Anyway, there are a variety of problems in economics ― by no means only in macro ― where you want to understand how some kind of shock will affect some equilibrating variable. You want to know, say, how an excise tax will affect the price of coffee, or how an international transfer will affect the terms of trade, or how a change in the savings rate will affect GDP.
それってどういう意味かって? 僕にとって、それはあらゆる経済学者が修練している類のものだと思ってたんだけど、どうやら、もはやそうじゃないみたいだね。いずれにせよ、経済学には―決してマクロだけではない―ある種類のショックがどれだけ均衡変数に影響を与えるのか知りたくなる様々な問題がある。例えば、物品税がコーヒーの価格にどんな影響を与えるのか、あるいは、国際移転が交易条件にどんな影響を与えるのか、もしくは、貯蓄率の変化がGDPにどんな影響を与えるのか、といったような。

How do you do this? It’s often helpful to do the analysis in two stages. First, you ask how some desired quantities would change holding the equilibrating variable constant; then you ask how that variable has to change to restore equilibrium. So, for example, if I ask how an excise tax will affect the price of coffee, I start by asking how that tax would affect the excess supply of coffee ― the difference between the quantity of coffee demanded and the quantity supplied ― holding the price constant; then I ask how much the price of coffee has to fall to eliminate that excess supply.
どうすればこういったことを理解できるのか? この分析を2段階に分けて行うのが有効である場合がよくある。まず、均衡にある特定の変数が変化しないものとして、ある量がどれだけ変化するかを求める。その次に、その変数が均衡を回復するためにはどれだけ変化しないといけないかを求める。例えば、物品税がどれだけコーヒーの供給に影響を与えるのか求めたいとしよう。まず、価格が変化しないものとして、その税がどれだけコーヒーの過剰供給―コーヒーの需要量と供給量の違い―を引き起こすかを求める。その次に、その過剰供給をなくすためにはどれだけコーヒーの価格が下落する必要があるのかを求める。

Notice that in that first step I am not forgetting that in the end the quantity of coffee demanded must equal the quantity supplied; I’m reasoning in the subjunctive, asking how the quantities would shift if it the price were temporarily held constant.
最初のステップにおいて、コーヒーの需要量は供給量と最終的には等しくなるということを僕が忘れているわけではないことに注意して欲しい。一時的な推論として、価格が一時的に動かないものとすると、ある量がどれだけ変化するかを求めている。

So what are people like Wren-Lewis and
me doing when we ask how savings or investment would change from some given shock? We’re not forgetting that in the end savings must equal investment; we’re just doing the first step in a comparative statics exercise. Suppose that I want to ask how, say, a fall in housing wealth affects the economy. First I ask how much this would increase savings, holding GDP constant; then I ask how much GDP has to fall to restore the equality between savings and investment. The picture ― which is something everyone used to learn in Econ 101 ― looks like this:
それでは、貯蓄や投資が一定のショックによってどれだけ変化するのかを求める時には、レン-ルイスや僕のような人々は何をしているのか? 僕らは貯蓄と投資が最終的には等しくなるということを忘れているわけじゃない。僕らは最初のステップとして比較静学の手続きを踏んでいるだけだ。例えば、住宅価格の下落がどれだけ経済に影響を与えるのか求めたいとしよう。まず、GDPが変化しないものとして、このことがどれだけ貯蓄を増やすことになるかを求める。その次に、貯蓄と投資の均衡を回復するためには、GDPがどれだけ下落しないといけないかを求める。図にすると―これはかつてあらゆる人がEcon101(経済原論)で学んでいたものだった―こんな感じになる:

011512krugman3-blog480.jpg

Here the savings curve shifts up from S1 to S2; the upward shift of the curve at a given level of GDP is what Wren-Lewis and I mean by the “increase in savings”. In the end, of course, savings must equal investment, which is why GDP must fall from Y1 to Y2. But Wren-Lewis and I haven’t forgotten that S=I; we’re just using the perfectly ordinary method and language of comparative statics.
ここで、貯蓄曲線はS1からS2へと上方にシフトする。GDPを所与の値としての貯蓄曲線の上方シフトこそ、レン-ルイスや僕が「貯蓄の増加」と言うときに意味するものだ。もちろん、最終的には貯蓄と投資は等しくならないといけないので、GDPはY1からY2に下落する必要がある。だが、レン-ルイスと僕はS=Iとなることを忘れているわけではない。僕らは完全に通常の比較静学の手法と言葉を使っているだけだ。

And Sumner thinks we have made some kind of basic error, and ties himself into knots trying to set us straight. It’s really very sad.
そして、サムナーは僕らがなにか基本的な間違いをしていると考えて、それを正そうと悩んでいる。それは本当にすごく悲しいことだ。

Quick Hits On A Busy Day/November 6, 2011, 1:13 PM

Quick Hits On A Busy Day 多忙な日のクイックヒット

Column is going into some new territory for me, so more time on research than usual. Also, doing a local event in about an hour …
コラムが僕にとって新たな領域に入りつつあるので、いつもより研究に時間を費やしている。おまけに、もう一時間ほどで地方のイベントがある…

So, just a couple of quick links.
そこで、ほんの二つだけ簡単にリンクしておく

Our new robot overlords are in the discussion these days. I think the automation of white-collar jobs has nothing to do with current unemployment, but it is a potentially large issue. And I wrote about it 15 years ago! This piece was written for a special issue celebrating the 100th anniversary of the magazine, with writers urged to write as if from the perspective of the year 2096; I had some fun.
最近、我らが新たなロボット大君主が話題になっている。僕は、ホワイトカラーの仕事の自動化は現在の失業と関係がないと思っているが、それは潜在的には重要な問題だ。そして、僕はそのことを15年前に書いた! その記事はある雑誌の100周年を祝う特別企画として書かれたもので、その中で、書き手はまるで2096年にいるかのように展望を述べているかのように書くことを求められた。それには楽しいものがあった。

Brad DeLong apologizes for not taking the liquidity trap seriously:
ブラッド・デロングが流動性の罠を真剣に取り合わなかったことを謝罪している:

On my shelf is a slim, turn-of-the-millennium volume by Paul Krugman titled “The Return of Depression Economics.” In it he argued that we mainstream economists had been too quick to ditch the insights of Hicks ― and of economists Walter Bagehot and Hyman Minsky. Krugman warned that their analysis was still relevant, and that if we dismissed it we would be sorry.
棚の上に、ポール・クルーグマンによる「恐慌経済の復活」という題名のミレニアムの変わり目に出版された本があった。その中で、彼は、主流派経済学者はせっかちすぎて、ヒックス―そして、経済学者の中でもウォルター・バジョットやハイマン・ミンスキー―の洞察を置き去りにしていると論じていた。クルーグマンは、彼らの分析は妥当なものであり、我々がそれを見逃してしまえば、謝罪するはめになるかもしれないと警告した。

I am sorry.
申し訳ない。


In the comments, he adds:
コメントの中で、彼は補足している:

Yes. I was thinking: “Japan is weird, and has little to do with us over here on this side of the Pacific.”
そうだ、僕は思っていた:「日本が変なのであって、太平洋のこちら側とはほとんど関係がない」と。

Yes, I am very stupid. Yes, I have greatly sinned through my own fault.
そうだ、僕は大バカだった。そうだ、僕の犯した過ちは非常に罪深いものだ。


This ties in with a proposal of mine: I think that a delegation of major US economists and policymakers should make a pilgrimage to Tokyo, and apologize to the emperor. We ― even me ― thought that we would not suffer the kinds of problems Japan faced. And we were right: we’re doing worse than they ever did.
それは僕自身の提案とも結びつきがある:主要なアメリカの経済学者や政策当局者は東京に巡礼して天皇に謝罪すべきだ。我々―僕ですら―は日本が直面したような問題に苦しむことはないと考えていた。そして、我々は正しかった:我々のやっていることはかつての日本よりずっと酷いものだ。

More later, maybe, after I’ve been edited.
たぶん校訂が終わった後に、また何か付け加えるかも。

Dear Ben: It’s Not 2007 Anymore/November 3, 2011, 9:58 AM

Dear Ben: It’s Not 2007 Anymore 親愛なるベン:もう2007年じゃないんだ

The Federal Open Market Committee has spoken. It expects very high unemployment for at least the next three years, while it expects inflation to be below target. By any interpretation I can think of, the Fed therefore expects to fail to honor its dual mandate of price stability and full employment. To deal with this shortfall, it proposes doing … nothing.
連邦公開市場委員会が声明を発表した。少なくともあと3年間は非常に高い失業率が続く一方、インフレは目標を下回るという予想だ。どう解釈しても、FRBは物価の安定と完全雇用という二重の任務の遂行に失敗すると予想していることになる。この失態に対処するためにFRBが提案していることといったら…なにもない。

But that’s not what has me upset, since that’s been the way of things all along. What got me was Ben Bernanke’s response to a question about whether the Fed might adopt nominal GDP targeting, or more broadly change its policy framework in some way that might help us escape the Lesser Depression. And his answer was no, because the standard approach has demonstrated “its benefits in terms of macroeconomic stabilization”.
だが、こんな流れはずっと続いているから、僕を驚かせたのはそのことじゃない。僕をイラつかさせたのは、FRBが小恐慌から我々を救い出すために名目GDPターゲットを採用するのか、もしくは、ある意味もっと広範囲に政策フレームワークを変更する可能性があるのかという疑問に対してのベン・バーナンキの返答だ。彼の答えはノーだ、なぜなら標準的なアプローチは「マクロ経済学的安定化の条件の下で、その利点」が証明されているからだと言う。

Oh, my. Look, here’s a crude calculation – the variance of the unemployment rate over the previous 10 years:
なんとまあ。ほら、ここに加工されてない計算値がある―過去十年にかかる失業率の分散:

110311krugman1-blog480.jpg

You can see the Great Moderation, which might have led the Fed to believe, circa 2007, that it had this stabilization thing under control. But now, after four years and counting of slump?
FRBが安定化とやらをコントロールできていたと信じさせようとしている2007年ごろの大安定期を見てとれるだろう。だけど今、その後4年以上続いている不況は?

And anyway, we don’t want “stabilization” right now – we want an escape from a slump that is crushing our future. This is no time to be basing policy on hopes that one of these years we’ll find ourselves back in the Great Moderation.
いずれにせよ、僕らは今「安定化」なんて求めてない―僕らが求めているのは未来を押し潰している不況から抜け出すことだ。近い将来、ひとりでに大安定期にまい戻るという願望に政策の基礎を置いている時間なんてない。

I have always had the working assumption that Bernanke was being as dovish as he could manage given his board, that in private he understood just how much we need radical action. Maybe not – and that’s very bad news.
僕は、常に、バーナンキは彼の立場で可能な限りハト派であり、個人としてはどれほど急進的な行動が必要であるか理解していると考えようとしてきた。たぶん、それは間違いなんだろう―そして、それは非常に悪いニュースだ。
CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。