スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lake Wobegon, Europe/December 5, 2011, 11:01 AM

Lake Wobegon, Europe ヨーロッパのレイク・ウォビゴン村

Ezra Klein reports on his conversations with Germans:
エズラ・クラインがドイツ人と行った対話について報告してくれている:

The German embrace of austerity raises an obvious question: If Southern Europe is to cut and tax, how will they grow? The German answer, put simply, is, “like we did.” Ten years ago, the Germans are quick to note, unemployment in Germany was 10 percent and structural deficits were large. Germany was called “the sick man of Europe.” They attribute their subsequent success to a series of painful reforms they made to their unemployment insurance system, their health-care sector, and other pieces of their social safety net. Many figure that if they could do it, so too can Southern Europe. In truth, it’s probably not that easy ― Southern Europe doesn’t have the industrial strength that Germany does, and no longer even controls its own currency levels ― but it makes sense to the man on the street.
ドイツが緊縮財政を奉じていることについて明白な疑問がある:もし南ヨーロッパが支出削減をして増税をしないといけないのなら、彼らはどうやって成長すればいいのか? ドイツ人の答えは簡単に言うと「我々がやったようにやればいい」だ。 10年前、ドイツ人は失業率が10%にもなり、構造的赤字が巨額であることを迅速に認めた。ドイツは「ヨーロッパの病人」と呼ばれた。彼らはその後の成功を失業保険システムやヘルスケア部門、その他の社会保険システムになされた一連の痛みのある改革に帰している。多くの人は、彼らがそれをできたのなら南ヨーロッパにもできるだろうと考えている。実際には、おそらくそれほど簡単ではない―南ヨーロッパはドイツほどの産業力を持たないし、通貨をコントロールすることさえもはやできない―それは一般の人でもわかることだ。


Actually, it’s much worse than Ezra says. Here’s the key to the German recovery:
実際には、エズラが言うよりもずっと酷い。これがドイツ復活の鍵だ:

120511krugman2-blog480.jpg

Germany moved from small current account deficits (the current account is a broad version of the trade balance) to massive, and I mean massive, surpluses.
ドイツの経常収支は少しの赤字(経常収支とは貿易収支の広義のもの)から巨額の、そうだ、巨額の黒字になった。

So what the Germans are in effect saying is that everyone should run huge trade surpluses.
だから、ドイツ人が結果として言っていることは、全ての国が巨額の貿易黒字を計上すべきだということになる

May I humbly suggest that this poses an arithmetic problem?
僕は腰を低くして、それには算術的な問題が生じますよって言ったほうがいいのかな?

And this isn’t trivial ― the adding-up constraint, the point that if Southern Europe is going to shrink its trade deficits somebody has to move in the opposite direction, is the core of the problem.
そして、これは些細なことじゃない―加法制約、つまり南ヨーロッパの貿易赤字が縮小すれば、どこかの国は逆方向に行かないといけないということこそがこの問題の核心なんだ。


翻訳の感想:Lake Wobegonとは、レーリー・ホーム・コンパニオンというラジオ番組に登場する架空の村のこと。その町に住む人々は「誰もが平均以上」の能力を持っている……と思っている。転じて、意識調査などで対象者のほぼ全員が「自分が平均以上」という意識を持つというような、事実と矛盾するような状況をさす。ソース
スポンサーサイト

Things That Never Happened In The History Of Macroeconomics/December 5, 2011, 5:28 PM

Things That Never Happened In The History Of Macroeconomics マクロ経済学の歴史に起こらなかったこと

Via Mark Thoma, David Warsh finally says what someone needed to say: Friedrich Hayek is not an important figure in the history of macroeconomics.
マーク・トーマのブログによると、デビッド・ウォルシュがついに誰かが言わないといけないことを言ってくれた:フリードリッヒ・ハイエクはマクロ経済学の歴史において重要な人物ではないということだ。

These days, you constantly see articles that make it seem as if there was a great debate in the 1930s between Keynes and Hayek, and that this debate has continued through the generations. As Warsh says, nothing like this happened. Hayek essentially made a fool of himself early in the Great Depression, and his ideas vanished from the professional discussion.
最近では、1930年代にケインズとハイエクの間で名高い論戦が行われて、それは世代を超えて続いているかのような論説を頻繁に目にしているだろう。ウォルシュが言うように、そんなことは起こらなかった。ハイエクは大恐慌の初期に致命的な大失態を演じて、彼のアイデアは専門的な議論からは消えうせてしまった。

So why is his name invoked so much now? Because The Road to Serfdom struck a political chord with the American right, which adopted Hayek as a sort of mascot ? and retroactively inflated his role as an economic thinker. Warsh is even crueler about this than I would have been; he compares Hayek (or rather the “Hayek” invented by his admirers) to Rosie Ruiz, who claimed to have won the marathon, but actually took the subway to the finish line.
それなら、今、どうして彼の名はこんなにも引き合いに出されるのか? それは『隷属への道』がアメリカの右派の政治的感情を喚起させて、彼らがハイエクをマスコットとして採用したからだ―そして、遡って経済思想における彼の役割は釣り上げられた。ウォルシュはこの事にかつての僕よりもずっと手厳しい;彼はハイエクをマラソンでの勝利を宣言したが、実際にはゴールに着くまでに地下鉄を使ったロージー・ルイズになぞらえている(あるいは、「ハイエク」は崇拝者によって発明されたとまで言っている)。

Now, given my criticisms of where macro has gone since the 1970s, I of all people should be careful to say that ideas ignored or rejected by the professional mainstream aren’t necessarily without value. To take the most obvious example, Hyman Minsky now looms large in many peoples’ thinking, my own included, even though he died a very marginal figure.
現在、僕が1970年代以来のマクロ経済学の成り行きに批判的であることを考えると、専門的な主流派から無視されていたり、拒絶されているアイデアだからといって必ずしも無価値ではないと慎重になるべきだろう。その最も明らかな例として、ハイマン・ミンスキーは非常に危うい人物として死んだが、今では僕を含む多くの人々に大きな影響を与えている。

But the Hayek thing is almost entirely about politics rather than economics. Without The Road To Serfdom ? and the way that book was used by vested interests to oppose the welfare state ? nobody would be talking about his business cycle ideas.
だが、ハイエクはほぼ完全に経済学ではなく政治学の人だ。『隷属への道』がなかったら―そして、その本が福祉国家への異議申し立てとして既得権益者によって使われていなかったら―彼の景気循環のアイデアについて語るものなど誰もいなかっただろう。

Irish Competitiveness (Wonkish)/December 19, 2011, 9:20 AM

Irish Competitiveness (Wonkish) アイルランドの競争力(オタク風)

More abut Ireland: one of the reasons it has been touted as a great success story for austerity is the fact that unit labor costs have fallen sharply, suggesting that Ireland is well along in the process of “internal devaluation”.
さらにアイルランドについて:その国が財政緊縮策の偉大なサクセス・ストーリーとして喧伝されている理由の一つは単位労働コストが急速に下落しているという事実があるからで、そのことはアイルランドがうまいこと「内的切り下げ」の過程にあるということを提示している。

But there’s a puzzle here. If you look at Irish nominal wages, they have fallen only slightly:
だがここに難問がある。アイルランドの名目賃金を見ると、少しだけしか下落していないんだ:

121011krugman1-blog480.jpg

That still adds up to a significant fall in relative costs, because wages have risen elsewhere in the euro area. But it’s nothing like the big competitiveness gain we’ve been hearing about. That, it turns out, comes in large part from a surge in measured productivity, calculated, as best I can tell, by real value-added per worker.
他のユーロ圏では賃金が上昇しているから、それは相対コストの有意味な下落に向けての一助にはなってる。だが、それは我々が聞いている競争力が大幅に向上しているといったものではない。それは、実際、僕が理解しているところでは、大部分が労働者一人当たりの実質付加価値によって計算される生産性の測定値の急上昇から来ている。

And I had a suspicion here, which I shared with Kevin O’Rourke, who it turns out had the same suspicion ― and who pointed me to work by the Irish central bank (see Box A in the first-quarter 2011 report) that lends support to this argument. It seems likely that a large part of the apparent gain in Irish competitiveness is a statistical illusion.
僕はこのことに疑念を持っていたんだが、ケビン・オルークもそうだった、そしてそれは同じ疑念だったんだ―彼はアイルランド中央銀行の報告書(2011年第一四半期のボックスAを見てほしい)がこの論点の裏づけとなることを指摘してくれた。アイルランドにおける外見上の競争力向上の大部分は統計的な幻覚のようだ。

How so? Well, Ireland is an economy that generates a lot of GDP ― but not much GNP ― out of capital-intensive, foreign-owned export sectors, such as pharma. And what has happened in the austerity era is that these sectors, which aren’t selling to the domestic market, have held up much better than labor-intensive sectors serving that domestic market. And this causes a spurious increase in labor productivity: if you lay off a construction worker but don’t lay off a pharma worker who basically watches over very expensive machines that produce a lot of output, it looks as if productivity has gone up, but in any individual sector nothing has happened.
どうしてそうなるのかって? アイルランドは製薬会社のような資本集約的な外資の輸出部門によって多額のGDP(国内総生産)を生み出す経済だ―だがGNP(国民総生産)はそれほどではない。財政緊縮の時代に起こったことは、それらの国内市場では販売をしていない部門が国内市場に従事する労働集約的な部門よりもずっと上手く持ちこたえていたということだ。そして、このことがうわべだけの労働生産性向上をもたらした:もし建設作業員を解雇する一方で、基本的には大量の製品を製造する非常に高価な機械を監督している製薬会社の社員を解雇しないなら、生産性が上昇しているように見えるが、個人に目を向けるとそんなことは起きていない。

The Irish central bank has tried to tease out these effects; here’s a picture up through 2010:
アイルランド中央銀行はこれらの効果を抜き出そうとしている;ここに2010年までのグラフがある:

121911krugman1-blog480.jpg

It’s a bit small, but the line at the bottom shows relative unit labor costs the way they’re often reported; the blue line at the top shows what happens when you correct for compositional effects.
ちょっと小さいんだけど、一番下の線がたびたび報告されている相対的な単位労働コストを示している;一番上の青い線が組成上の効果を是正したらどうなるかを示している。

I’d like to see an update, of course. But it looks as though much ― not all ― of the apparent success of Ireland in achieving internal devaluation may be a statistical illusion.
もちろん、僕は最新のデータを待ちたいと思う。だが、アイルランドが内的切り下げを達成したという外見上の成功は大部分―全てではないが―統計上の幻覚のようだ。

They Have Made A Desert, Ireland Edition/December 17, 2011, 9:05 AM

They Have Made A Desert, Ireland Edition 彼らは砂漠を作り、アイルランド版

And called it a successful example of austerity, of course:
そして、当然のように、それを財政緊縮策の成功例と呼ぶ:

121711krugman1-blog480.jpg

Like that other implausible candidate for role model, Latvia, Ireland has been hailed as a success story ― and a challenge to Keynesians like me ― when there was never anything that looked like real success and nothing that posed any sort of puzzle. (Even in a Keynesian world, internal devaluation will work in the long run if you can stick to it ― but in the long run, well, you know the rest.)
もう一つの模範例とされるには信じがたい候補者であるラトビアと同じように、なんら真の成功と見られるものはないし当惑させるようなものは存在しないのに、アイルランドはサクセスストーリーに―そして僕のようなケインズ主義者に対して異議を申し立てるものとして―祭り上げられている。(ケインジアン的世界の中ですら、内的切り下げは、それに固執することができるなら、長期的には機能する―だが長期的には、ええと、残りは分かるよね。)

The sad thing here is that textbook Keynesian macro has been a very good guide all through this crisis ― but nobody will believe it.
このことで悲しいのは、ケインズ的マクロの教科書はこの危機を通してずっと素晴らしい手引きだった―だけど、誰もそれを信じないだろうってことだ。

Kenen, Mundell, and Europe/January 14, 2011, 8:47 AM

Kenen, Mundell, and Europe ケネン、マンデル、そしてヨーロッパ

In my euro article I managed to avoid even using the phrase “optimum currency area”, but as some readers no doubt realized, OCA theory (pdf) is at the heart of the piece. In the course of writing the article, however, my views shifted at least a bit.
ユーロの記事の中で、私はどうにかして「最適通貨圏」という言葉を使うのを避けるようにしたが、明らかにお気づきの読者もいるように、最適通貨圏理論はその記事の核心である。だが、今のこの記事を書くにあたって、私の見方は少なくともわずかに変化した。

Optimum currency area theory started with Mundell, who emphasized labor mobility. (It’s ironic that Mundell is sometimes called the “father of the euro”, given the fact that his own model strongly suggested that Europe was not an optimum currency area.) And my thinking about the subject has tended to follow Mundell’s emphasis.
最適通貨圏理論はマンデルによって始まるものだが、彼は労働流動性を重視した。(マンデルが時折「ユーロの父」と呼ばれるのは、彼自身のモデルがヨーロッパは最適通貨圏ではないと強く提示しているという事実を考えると皮肉なものだ。)そしてこの主題についての私の考えはマンデルが重視したものを踏襲しがちだった

There are, however, other things to consider. McKinnon emphasized openness ? the share of traded goods in the economy ? as a factor in making adjustment easier. I didn’t say anything about that, partly because my sense is that the share of nontraded goods in value-added is quite large even in very small economies. And my colleague Peter Kenen emphasized fiscal integration.
しかし、考慮すべきことは他にも存在する。マキノンは調整を容易にする要因として開放性―経済の中での貿易財の比率―を重視した。私がそのことについて何も語ってこなかったのは、私の感覚では非常に小さい経済であっても付加価値の中に占める非貿易財の割合はとても大きいというのが理由の一部だ。そして、私の同僚であるピーター・ケネンは財政的統合を重視した。

So what I found, as I worked on this piece, was that I was getting more into Kenen and less into Mundell. On one side, European labor mobility, although not up to US levels, has clearly risen. On the other, this crisis has manifested itself in large though not exclusive part as a fiscal shock, which makes the Kenen approach especially relevant.
この記事に取り組む中で、私はマンデルに同意する部分が少なくなり、ケネンの方に同意する部分が大きくなっているのに気づいた。一方で、アメリカのレベルには及ばないにしても、ヨーロッパの労働移動性は明らかに向上しているのに、他方、この危機は決定的とは言えないまでも大部分財政的ショックとして立ち現れたものである。このことはケネンのアプローチを特に妥当性があるものに見せる。

Some readers have pointed out that there are fiscal transfesr within Europe, via cohesion funds and the Common Agricultural Policy. Yes, but they’re trivial compared with interstate transfers in the US.
読者の中には、ヨーロッパには結束基金や共通農業政策を通して財政移転があると指摘してくれたものもいる。それはそうなんだが、アメリカにおける州間の移転と比べると些細なものと言える。

One thing about my conclusion that Kenen > Mundell, at least for Europe, is that it suggests that making the euro work is more feasible than I used to think. True American-style labor market integration isn’t possible unless you have a common European language, and jokes about Germanized English aside, that’s not going to happen. But more fiscal integration could.
ケネン>マンデルという私の結論によって導き出されるのは、少なくともヨーロッパにおいて、ユーロを機能させることは以前考えていたよりもずっと実現可能だということだ。真性アメリカ型の労働市場の統合は、ドイツ風英語のジョークを脇にどけたとしても、成立するわけない共通ヨーロッパ言語でも想定しない限り不可能だ。だが、もっと財政的統合を進めるのは可能だろう。

We’ll just have to wait and see.
我々はよく注視する必要がある。
CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。