スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Oh! What A Lovely War!/August 15, 2011, 10:58 AM

Oh! What A Lovely War! オー! なんとステキな戦争!

World War II is the great natural experiment in the effects of large increases in government spending, and as such has always served as an important positive example for those of us who favor an activist approach to a depressed economy. Christy Romer is very much on the same wavelength.
第二次世界大戦は政府支出を激増させることによる効果を示す壮大な自然実験だ。そして、それは、経済が落ち込んでいる時に積極的なアプローチを取ることを支持する我々のような人々にとって、常に、重要な肯定的事例として機能している。クリスティ・ローマーはまったくもって同じ波長の人物だ。

It’s especially relevant because in the 1930s, as today, many wise heads insisted that unemployment was structural, that many of the unemployed could not be gainfully employed no matter how much demand increased. Then demand actually did increase, and as Christy says,
今日と1930年代は、多くの賢い人々が失業は構造的なものであり、失業者の多くは、需要がどれほど増加しようと、給料をもらえる仕事に就くことはできないと主張している点で特に関連が深い。その後、需要は実際に増加した。そしてクリスティは言う、

But World War II has something to tell us here, too. Because nearly 10 million men of prime working age were drafted into the military, there was a huge skills gap between the jobs that needed to be done on the home front and the remaining work force. Yet businesses and workers found a way to get the job done. Factories simplified production methods and housewives learned to rivet.
だが、第二次世界大戦が我々に教えてくれることがまだある。なぜなら、ほぼ1000万人の働き盛りの男性が軍事部門に召集されたが、銃後で必要とされる仕事と残されていた仕事との間には大きなスキル・ギャップがあった。だが、ビジネスと労働者は仕事をこなすための手段を見出した。工場は生産方法を単純化して、主婦はリベットの留め方を身につけた。

Here the lesson is that demand is crucial ― and that jobs don’t go unfilled for long. If jobs were widely available today, unemployed workers would quickly find a way to acquire needed skills or move to where the jobs were located.
ここでの教訓とは、需要は決定的であるということだ―そして、仕事がずっと埋められないでいることはない。今日、失業者は仕事に就くことができれば、すぐに必要なスキルを獲得するし、仕事のある場所に移っていくだろう。


Oddly, however, people on the right have taken to claiming that World War II actually weakens the case for stimulus. One line, due to Robert Barro, is that it shows fiscal expansion failing because private spending actually fell. Duh. As Christy says, there was consumer rationing ― spending was forced to fall. Also, something she doesn’t note, there were severe restrictions on private construction, which meant that investment not related to the war effort was also forced to fall.
しかし、奇妙なことに、右派の人々は、第二次世界大戦は刺激策を支持する論拠を弱めるものと受け取っている。一方の路線が、ロバート・バローによるもので、財政拡張策は、民間支出が実際に落ち込むことによって、失敗したという主張だ。当たり前だ。クリスティが言うように、配給があったんだ―支出は落ち込むよう強制された。彼女は言ってないが、民間の建設にも厳しい制限があった。戦争遂行努力に関係のない投資も減らされるように強制された。

Recent work by Gordon and Krenn takes this even further by looking at the effects of the prewar defense buildup:
ゴードンとクレンによる最近の研究は、戦争前の防衛増強の影響を見ることによって、このことをより深く取り上げている:

After reviewing evidence from the 1940-41 editions of Business Week, Fortune, and The New York Times, Gordon and Krenn document that the American economy went to war starting in June 1940, fully 18 months before Pearl Harbor. In February 1941 fully one percent of the American labor force was at work building army training camps for 1.4 million new draftees. Employment in ship-building to expand the U. S. Navy and to supply Lend-Lease aid to Britain accounted for another one percent of the labor force in 1941. As early as June 1941, capacity utilization had reached 100 percent in the production of iron and steel and durable goods of all types.
1940-41年に発行されたビジネス・ウィーク、フォーチューン、ニューヨーク・タイムズを再調査した後に、ゴードンとクレンは、アメリカ経済は1940年6月、真珠湾の優に18ヶ月前には戦争に突入していたことを証明している。1941年2月には、アメリカの労働力の優に1%が140万人の新規兵のためのトレーニング・キャンプ建設に従事していた。アメリカ海軍拡張のための船舶建造とイギリスへの武器貸与のための雇用が、1941年の労働力の内さらに1%を占めることになった。1941年6月の時点で早くも、鉄鋼とあらゆる種類の耐久財の生産にかかる働率は100%に達していた。


And they show that during the period before capacity constraints were hit, the multiplier was actually fairly high.
そして、彼らが示すところによると、生産能力が限界に達する前には、乗数は実際かなり高かった。

But never mind. Matt Yglesias heroically actually reads Rick Perry’s book, and learns that
だが、気にする必要はない。マット・イグレシアスは、英雄的にも、実際にリック・ペリーの本を読んで、次のことを学んだ

― 9. Private Enterprise Blossomed Under Conscription and Wartime Price Controls: Not only does he argue that the New Deal failed to end the Great Depression, but he asserts “recovery did not come until World War II, when FDR was finally persuaded to unleash private enterprise.” (page 48)
―9. 民間企業は徴兵と戦時価格制限の下で花開いた:彼が主張するには、ニューディール政策は大恐慌を終わらせることに失敗しただけでなく、「第二次世界大戦が始まるまで景気回復は来なかった。その時になって、ルーズベルトは説得されてようやく民間企業を解き放った」(48ページ)。


Nothing shakes the faith of a true believer.
真の信奉者が抱く信念を揺り動かすものなど存在しない。
スポンサーサイト

Wages, Jobs, Texas, and the World/August 15, 2011, 8:36 AM

Wages, Jobs, Texas, and the World 賃金、仕事、テキサス、そして世界

I’m starting to get reactions to today’s column. Some of them are the kind that make me despair: “The fact is that free-market Texas is doing great while socialist California is a disaster!” Sometimes I really do wonder whether it’s even worth trying to make rational arguments.」
そろそろ今日のコラムの反応が返ってきている。その中にはうんざりさせられる種類のものもある:事実は、自由市場のテキサスが上手く行っている一方で、社会主義のカリフォルニアは悲惨ってことだ! 時々、私は本当に理性的な議論をする価値があるのか分からなくなる。

But there’s a fair bit about my assertion that an individual state can attract jobs from other states via low wages, but this won’t work if every state tries to do it. Readers ask, what about competing with other countries? Fair question, which I had nowhere enough space to address in the column. So here’s the explanation.
だが、低賃金を通して、一つの州が他の州から仕事を引っ張ってくることはできるが、全ての州が同じことをすれば、これは機能しないと私が断言したことに関して、かなり反響があった。読者は問う、他の国との競争についてはどうなるのか? 適正な疑問だ。そのコラムで扱うには十分なスペースがなかった。だから、ここで説明しておこう。

First, there’s a huge quantitative difference. Yes, the United States as a whole is open to trade with the rest of the world, but not nearly to the same extent that Texas is open to trade with the world including the other states. Cost competition just matters much more at the state level.
最初に、重大な量的相違が存在する。確かに、全体としてのアメリカは他国との貿易に開放的だが、テキサスが他の州も含む残りの世界との貿易に開放的である程度には程遠い。コスト競争力は州レベルではずっと重要である。

Second, a large part of US trade is with countries whose currencies float freely against the dollar. And lower US wages would lead to a stronger dollar, negating any cost advantage against these countries. What’s left is a few emerging market nations, above all China. That’s significant, but when all is said and done competition with China affects only a few percent of GDP ― enough to matter, but not enough to make cost competition on that front nearly as important as cost competition between US states.
2つ目に、アメリカの貿易は、ドルに対してその通貨が自由に変動する国とのものが大部分だ。アメリカの賃金が低下すると、ドルが強くなり、他国に対してのコスト優位性は打ち消される。残されるのは少数の新興市場国、とりわけ中国だ。それは重要ではあるが、結局のところ、中国との競争はGDPの数%ほどしか影響を与えない―重要というには十分だが、アメリカの州間においてコスト競争力がもつ重要性とは比べものにならない。

Finally, if you want to make the United States more competitive against China, pressure China to let the renminbi rise. Cutting wages all across the economy, with all the pain and deflationary pressure that would involve, so as to compensate for China’s currency peg would be crazy.
最後に、もしアメリカの競争力を中国に対してもっと高めたいなら、中国に人民元を上昇するに任せるように圧迫すればいい。あらゆる苦痛とそこに含まれるデフレ圧力があるのに、中国の通貨ペッグ制を埋め合わるために、全般的な経済で賃金を引下げるというのはクレイジーだ。

So yes, the case is a bit more complicated than I could get into in 800 words, but the end conclusion is the same.
だから、このことは、私が800語で説明するには少し複雑すぎるかもしれないが、最終的な結論は同じものになる。

Is France In Trouble?/August 11, 2011, 10:30 AM

Is France In Trouble? フランスは苦境にあるのか?

I continue to be frustrated by reporting on financial turmoil that seems determined to portray this as a sovereign debt thing despite lots of contrary evidence. The latest is the talk about France on the brink.
私は、それに反する証拠がたくさんあるのに、この金融的混乱をソブリン債の問題として描こうと決め込んでいるような報道の仕方にずっとイラついている。最近では、フランスが崖っぷちにいるという話がそうだ。

It’s true that some spreads between France and Germany have widened lately. But still, just look at French borrowing costs:
最近、フランスとドイツのスプレッドがいくらか拡がったのは事実だ。そうだとしても、フランスの借り入れコストを見てほしい:

081111krugman1-blog480.jpg

Does this look to you like a country on the brink?
これが崖っぷちにある国に見えるだろうか?

Also, Italy, which was genuinely on the brink last week, seems to have pulled back a lot thanks to ECB intervention. Stay tuned: we’ve seen rallies on Euro action before, and they went splat a bit later. But right now it’s really hard to see what’s going on as a sovereign debt affair, despite the apparent determination of many news organizations to shoehorn it into that narrative.
先週、実際に崖っぷちにいたイタリアも、ヨーロッパ中央銀行の介入によって、かなり元に戻しているようだ。よく注意してほしい:我々の見ているものは、ヨーロッパによる行動の前の上昇局面と、その後すぐの沈滞だ。だが、、現在、ソブリン債の問題に何かが起こっていると考えるのは本当に困難だ。多くの報道機関がそれを物語の中に靴べらで押し込もうと明らかに決め込んでいるとしてもだ。

Franc Thoughts on Long-Run Fiscal Issues/August 11, 2011, 10:18 AM

Franc Thoughts on Long-Run Fiscal Issues 長期的な財政問題についてのフラン考

Regular readers of comments will notice a continual stream of criticism from MMT (modern monetary theory) types, who insist that deficits are never a problem as long as you have your own currency. I really don’t want to get into that fight right now, because for the time being the MMT people and yours truly are on the same side of the policy debate. Right now it really doesn’t matter at all whether the United States issues zero-interest short-term debt or simply prints zero-interest dollar bills, and concern about crowding out is just bad economics.
このブログの愛読者なら、コメントの中で、現代金融理論(MMT)の連中が断続的に批判しに来ているのに気づくだろう。彼らが主張するには、財政赤字は独自通貨を持っている限り問題にはならない。私は本当に、今、彼らと言い争う気はない。なぜなら、現時点で、MMTの人々と私はこの政策論争に関して同じ側にいるからだ。今、アメリカが、ゼロ金利で短期国債を発行するか、単に利子のないお札を印刷するかはまったく重要ではないし、クラウディング・アウトについて心配するのは間違った経済学でしかない。

But we won’t always be in a liquidity trap. Someday private demand will be high enough that the Fed will have good reason to raise interest rates above zero, to limit inflation. And when that happens, deficits ― and the perceived willingness of the government to raise enough revenue to cover its spending ― will matter.
だが、我々は常に流動性の罠の中にいるのではない。いつか、民間需要が十分に高くなれば、FRBはインフレを制限するために、利子率をゼロ以上に引き上げる理由になるだろう。そして、それが起こる時、財政赤字―そして、政府がその支出を賄うために十分なだけ歳入を意識的に上げようとすること―は重要になる。

I have a specific example that illustrates my point: France in the 1920s, which I wrote about in my dissertation lo these many years ago. Like many nations, France came out of World War I with very large debts, peaking at 240 percent of GDP according to this recent IMF presentation (pdf, slide 17). And France was unable politically to raise enough taxes to cover the cost of servicing that debt. And investors lost confidence in the government’s solvency.
この点を具体的に例証するよい例がある:1920年代のフランスだ。私は数年前にこのことを学術論文に書いている。多くの国と同じように、フランスは第一次世界大戦が終わったときには多額の債務を抱えていて、最近のIMFの発表によると(pdf、17ページを見てほしい)、ピーク時にはGDPの240%に達していた。フランスは政治的にその(行政)サービスのコストを賄うために十分なほど税金を上げることができなかった。そして、投資家は政府の弁済能力を信頼しなくなった。

Various expedients were tried, including ― late in the game ― creation of monetary base, which was advocated by a finance minister on the (very MMT) grounds that the division of government liabilities between currency and short-term bills made no difference. But it turned out that it did: the franc plunged, and the price level soared.
様々な対症療法が試みられた、その中には―ゲームの終盤で―マネタリー・ベースの創造も含まれる。それは、政府債務を貨幣と短期国債で分けるのは意味がないという(まさにMMT的な)理論の元、財務大臣によって提唱されたものであった。だが、実際には違いがあることが明らかになった:フランは下落し、物価水準は急騰した。

Now as it turned out this was just what the doctor ordered: because France’s budget problem was overwhelmingly the debt overhang rather than current spending, inflation eroded the real value of that debt and made possible the Poincare stabilization of 1926.
現在では、これは、医師が指示するであろう政策そのものであることが分かっている:ならなら、フランスの予算の問題は、現在の支出と比べて、圧倒的に債務が大きすぎるということであるから、インフレが債務の実質価値を浸食することになり、1926年のポアンカレ安定が可能になった。

So what does this say about the United States? At a future date, when we’re out of the liquidity trap, public finances will matter ― and not just because of their role in raising or reducing aggregate demand. The composition of public liabilities as between debt and monetary base does matter in normal times ― hey, if it didn’t, the Fed would have no influence, ever. So if we try at that point to finance the deficit by money issue rather than bond sales, it will be inflationary.
この事はアメリカについて何を語っているのだろうか? 将来、流動性の罠から抜け出した時、公的な資金繰りが重要になる―政府の役割は総需要を上げ下げするだけではない。公的負債の借金とマネタリー・ベースの間の構成は、通常時には重要である。まあ、それが重要でないと言うなら、FRBはどんな影響も与えることはできないだろう。だから、この点において、我々が国債を売ることよりも、貨幣を発行することで借金を埋めようとするなら、それはインフレを引き起こすだろう。

And unlike France in the 1920s, such a hypothetical US deficit crisis wouldn’t be self-correcting: the biggest source of our long-run deficit isn’t the overhang of debt, it’s the prospective current cost of paying for retirement, health care, and defense. So such a crisis ― again, it’s very much hypothetical ― could spiral into something very nasty, with very high inflation and, yes, hyperinflation.
そして、1920年代のフランスとは違って、仮想的なアメリカの財政危機は自己制御的なものにはならない:長期的な財政赤字の最も大きい源は債務が大きすぎることではない。それは、将来見込まれる年金、医療費、そして防衛費コストの現在原価である。そして、そのような危機は―再び言うが、まったくの仮想的なものである―非常に辛いもの、非常に高いインフレ、そして、ああ、ハイパーインフレにまでスパイラル的に悪化する可能性がある。

Now, all of this is remote right now. And notice too that France in the 1920s stabilized with debt of 140 percent of GDP ― far higher than the numbers that are supposed to terrify us now. So none of this is relevant to the current policy debate.
今現在では、こういった事とはほど遠い。そして、1920年代のフランスがGDPの140%で安定していた―これは、今、我々を恐れさせるであろう数字よりずっと高いものだ―ことにも注意してほしい。だから、これは現在の政策論争と関係がない。

But since the MMTers seem to have decided to harass those of us who want stronger action now but think there really is a long-run fiscal issue, I needed to put this out there.
だが、MMTの連中は、現在は積極的な行動を求めているものの長期的な財政問題というものは実際に存在すると考える我々を困らせようと決め込んでいるので、私はこのことについて説明しておく必要があった。

Good News From Europe/August 9, 2011, 4:44 PM

Good News From Europe ヨーロッパからのグッドニュース

No, you didn’t misread that. Amid all the turmoil here, it’s worth noting that so far the ECB’s attempt to stop a self-fulfilling panic is going pretty well:
いや、あなたの読み間違いじゃないよ。こちらが混乱している間にも、ヨーロッパ中央銀行の自己実現的なパニックを止めようという試みがかなり上手く言っていることは注目するに値する:

080911krugman1-blog480.jpg

Much too soon to declare victory, of course. But maybe, just maybe, something has gone right for once.
もちろん、勝利宣言をするにはまだ早すぎる。だが、たぶん、たぶん、今回限りは良い方向に向かっているものがある。

The Waste/August 11, 2011, 3:19 PM

The Waste 無駄

08111krugman2-blog480.jpg

FRED now makes it easy to compare potential GDP, as estimated by the CBO, with actual GDP; data here. To make it easier to interpret the numbers, I like to compare nominal (current dollar) values rather than stuff in 2005 dollars; that’s what is shown above.
今やFREDのおかげで、議会予算局(CBO)によって推計された潜在GDPと実際のGDPを比べるのが簡単になっている。データはこれ。その数字をもっと解釈しやすくするために、私は2005年のドル価値を用いるより、(現在のドルによる)名目的な価値を比較しようと思う。それが上の図だ。

If we believe these estimates ― and I see no good reason to believe that CBO is overstating the output gap ― we’re now sacrificing output we should be producing, goods and services that we have the capacity to produce but aren’t producing due to insufficient demand, at the rate of more than $900 billion a year. By the way, the cumulative loss since the recession began is almost $2.8 trillion.
この推計を信じるなら―そして、私には、CBOが生産ギャップを過大評価していると信じるような理由は何もないと思う―今、我々は実現できたはずの生産高、十分な需要がないため、生産できる能力があるのに実際には生産できなかった財サービスを犠牲にしていることになるが、それは1年に9000億ドル以上になる。ところで、景気後退が始まって以来、蓄積された損失はほぼ2.8兆ドルになる。

So next time someone tells you that it would be irresponsible to engage in more stimulus, monetary, fiscal, or both, ask: in what universe is wasting almost a trillion a year, not to mention the human costs, a responsible thing to do?
だから、次に誰がが、これ以上、財政的、金融的、あるいはその両方の刺激策を採るのは無責任じゃないかと言う人がいれば、こう尋ねてみればいい:どこの世界で、人的コストに加えて、1年にほぼ1兆ドル無駄にすることが採るべき責任ある事になるんだ?

Update: The stair-stepping is indeed some kind of bug in the FRED-in-Excel translation; what should be months are labeled as quarters, or something. Meanwhile, about potential output: it is, in principle, a measure of productive capacity, like an auto plant capable of assembling 200,000 cars a year. In that case, we say that the plant’s potential is 200,000 cars a year, even if it turns out that many of the people buying cars actually couldn’t afford to pay off their loans.
更新:FREDをExcelに変換する際に、段々が生じるのはバグの一種だ。月ごとの目盛りであるはずのところが四半期とかになっている。一方、潜在生産高について:原理的に、それは生産能力を測るものだ。例えば、1年に20万台車を生産できる自動工場とか。たとえ、車を買う多くの人が実際にはローンを返済できないことが明らかだとしてもである。

What If They Announced A Downgrade And Nobody Cared?/August 8, 2011, 7:44 AM

What If They Announced A Downgrade And Nobody Cared? もし格下げが発表されたらどうなるのか? そして、誰か気にするやつがいるのだろうか?

S&P has triggered another invisible attack by the invisible bond vigilantes:
S&Pが見えざる債券自警団による更なる見えない攻撃の引き金を引いた:

080811krugman1-blog480.jpg

Meanwhile, via Mark Thoma, Economics of Contempt ― who has dealt with S&P ― confirms that they aren’t the sharpest tools in the drawer.
一方、マーク・トーマのブログによると、Economics of Contempt―彼はS&Pと仕事をしたことがある―は、S&Pが賢くない人々であると確認している。

I’m fairly sure that if and when we get the whole story here, it will turn out that S&P was being political here, trying to do someone a favor ― and it just wasn’t going to let facts get in the way of the downgrade it wanted.
私はこの話の筋書きが全てはっきりすれば、S&Pはこの件に関して政治的であり、何者かの要望に答えようとしてのことであったことが明らかになると強く確信している―そして、この格下げによって、彼らが望むような方向へ事実を動かすということにはならなかった。

What’s going to be painful over the next few weeks is listening to all the Very Serious People keep treating these clowns as if their opinion was worth anything. And they will ― remember that Snoopy Snoopy Poop Dog is still a member in good standing of the VSP club.
今後、数週間にわたり繰り広げられる不快なことは、あらゆる「非常に真面目な人々」がこれらの道化師たちの意見を、まるで何らかの価値があるかのように扱い続けるのを聞かされることだ。そして、彼らは―スヌーピー・スヌーピー・プープ・ドッグを思い出してくれ―VSPクラブの高い地位のメンバー居続けることになるだろう。


翻訳の感想:the VSP clubは、the Very Serious People club。

Aaauuuggghhh! Market Commentary Edition/August 8, 2011, 11:08 AM

Aaauuuggghhh! Market Commentary Edition あああああ!市場論評版

Carnage in stock markets as I write ― and all of the headlines I see attribute it to S&P’s downgrade.
私が書いたように、株式市場の大虐殺だ―そして、私が見た全てのニュース見出しで、それをS&Pの格下げのせいにしている。

They really are trying to make my head explode, aren’t they?
彼らは本当に私をキレさせようとしてるんじゃないのか?

Once again: S&P declared that US debt is no longer a safe investment; yet investors are piling into US debt, not out of it, driving the 10-year interest rate below 2.4%. This amounts to a massive market rejection of S&P’s concerns.
もう一度言おう:S&Pは、米国債がもはや安全な投資対象ではないと宣告した。だが、投資家は米国債に殺到しているんであって、逃げ出しているんじゃないから、10年物国債の利子率は2.4%を切っている。これは、S&Pの懸念を市場は頑強に拒絶していることを意味する。

The “signature” of debt concerns should be stock and bond prices both falling; what we actually see is those prices moving in opposite directions. And that’s normally the signature of concerns about a weak economy and deflation risk (see Japan, decline of).
債権への懸念の「サイン」は、株価と債券価格両方が下落することになるはずだろう:我々が実際に見ているものは、それらの価格がそれぞれ逆方向に動いているということだ。そして、一般的に、それは弱い経済とデフレの危機への懸念のサインである(日本を見よ、あの国の衰退を)。

What triggered economy fears? To some extent I think this is a Wile E. Coyote moment, with investors suddenly noticing just how weak the fundamentals are. Also, the mess in Europe.
何が経済的不安の引き金を引いたのか? ある程度まで、私はこれをワイリー・コヨーテ・モーメントだと思う。投資家は、突然、ファンダメンタルがどれほど弱いか気づいてしまった。そして、ヨーロッパの混乱にも。

And maybe, maybe there is an S&P story ― but not the one you think. Arguably, that downgrade will bully policy makers into even more deflationary, contractionary policies than they would have undertaken otherwise, which has the perverse effect of making US debt more attractive, since the alternatives are worse.
そして、たぶん、たぶんS&Pストーリーは存在する―だが、皆さんが考えるものではない。おそらく、この格下げは政策担当者をいじめて、それがなかった場合よりもっとデフレ的で、緊縮的な政策へと追い込むことになるだろう。だが、その政策は、代替資産の価値を悪化させることにより、米国債をもっと魅力的にするという天邪鬼な効果がある。

But all the Very Serious People, having totally misdiagnosed our problems so far, will probably double down on that wrong diagnosis as markets fall.
だが、我々の問題を完全に誤診している全ての「非常に真面目な人々」は、おそらく、市場が続落するのに合わせて、さらにその間違った診断に賭けることになるだろう。


翻訳の感想:Wile E. Coyote momentは、『トムとジェリー』のアニメなんかで、追いかけっこしてる時などに崖に気づかずにしばらく空中を走って、一拍おいてから落ちていくというネタがある。その気づいた瞬間のようだと言うこと。
coyotemarch11.jpg


追記:この記事は道草でもう伊藤春彦さんが翻訳してましたね。

Pulling Rank/August 5, 2011, 9:12 AM

Pulling Rank 地位を笠に着る

John Quiggin has some fun with an economist named Stephen Williamson who attacks his work from a position of robust ignorance; Noah Smith has even more fun.
ジョン・クイギンは、スティーブン・ウィリアムソンという名の経済学者が強固な無知の立場から彼の仕事を攻撃してくることをいくらか楽しんでいる。ノア・スミスはもっと楽しんでいる。

I’ll pass the specific arguments by, and note another feature of this “debate” that has struck me a lot during recent economic controversies: the way Williamson tries to settle the argument by pulling rank, portraying Quiggin as some kind of obscure and unqualified guy.
私は具体的な議論をやり過ごして、最近の経済的な論争の中で何度も驚かされてきた、こういった「議論」におけるまた一つの特徴について述べておこう。ウィリアムソンは、クイギンがなにか無名で、不適当な男であるかのように描き、地位を笠に着ることでこの議論を収めようとしている。

It’s funny in this case, because Quiggin is in fact a prominent economist, Williamson not so much. But even if this weren’t true, that’s no way to argue. Which is why it has been so sad to see how common this kind of argument has been in recent years.
この場合には、それは奇妙なことだ。なぜなら、クイギンは実際に著名な経済学者だが、ウィリアムソンはほとんど知られていないから。もし、この事が正しくないとしても、それは議論のやり方ではない。そういうわけで、近年、この手の議論がどれほど一般的になっているかを考えると非常に悲しくなる。

I don’t have time right now to track down all the examples, but if you look at how many freshwater macroeconomists have responded to Keynesian arguments in this crisis, you find over and over again that they resort to assertions of privilege ― basically, I am a famous macroeconomic expert and you aren’t ― rather than really addressing the issues. And this is so ingrained a response, apparently, that they use it in situations where it’s truly ridiculous: Lucas accusing Christy Romer of not understanding basic macro, then demonstrating that he doesn’t understand Ricardian equivalence; Barro belittling the credentials of yours truly, just after forgetting that there was rationing and investment controls during World War II.
今、私は全ての事例を探している時間はないが、この危機の中で、多くの淡水学派のマクロ経済学者がどのようにケインズ的な議論に対応してきたかを見れば、彼らが実際に問題に取りかかるよりもむしろ、何度も何度も特権を主張する―基本的に、私は有名なマクロ経済学の専門家だが、あなたはそうではない―という手段に訴えていることに気づくはずだ。これは非常に深く身に付いた反応であるので、彼らはそれを使うのが明らかに馬鹿げた所でもそうしてしまう。ルーカスは、クリスティー・ローマーが基本的なマクロを理解していないことを非難して、間もなく、彼がリカードの等価性を理解していないことを証明してしまった。バローが私の資格をけなしたのは、彼が第二次世界大戦のころには配給制と投資管理があったことを忘れたすぐ後のことだった。

But in any case, this is never an appropriate way to argue ― least of all at a time like this, when events have strongly suggested that a lot of work in economics these past few decades, very much including the work on which these guys’ reputations are based, was on the wrong track.
いずれの場合でも、これは議論するのにふさわしいやり方ではない―少なくとも、現在のような時代、こういった経済学者の評判の元になった仕事も含む、過去数十年の経済学における数多くの仕事は方針を誤っていたと、現実の出来事が強く示唆するような時には。

Do I do this myself? Probably on occasion, when I don’t catch myself. But I try not to. I would say that commenters who begin with “I can’t believe that a Nobel prize winner doesn’t understand that …” might want to think a bit harder; mostly, though not always, I have actually thought whatever you’re saying through, and the obvious fallacy you think you’ve found, isn’t. But “Me big famous economist, you nobody” is not a valid argument.
私自身もこういったことをしているのだろうか? おそらく、気づかない内にしてしまっているだろう。だが、私はそれをしないようにしている。「ノーベル賞受賞者が…を分からないなんて信じられない」で始まるようなコメントをする人には、常にではないが大抵、もう少ししっかり考えたほうがいいと言っているだろう。私は、実際に、そういった人が何をもとに語っているのか、そして、その人が明らかに間違っていると思っていることは、実際はそうではないということを全て考えている。だが、「俺はビッグで有名な経済学者、お前なんか誰も知らない」は、有効な議論ではない。


翻訳の感想:クルーグマンはマクロ経済学の専門家ではないので、マクロについての言説はそれほど信用するに当たらない、というのは日本でもよくある論法です。
「Noah Smith has even more fun.」の内容は、ジョン・クイギンをウィキペディアで調べたら「オーストラリアで最も多産な経済学者」とか色々出てくるけど、スティーブン・ウィリアムソンで同じように調べたら記事そのものがなかったwとからかってます。

Psychodrama Queens/July 12, 2011, 1:25 PM

Psychodrama Queens 心理ドラマの女王

Greg Sargent tells us that the White House is promoting a Gerald Seib piece which summarizes the political strategy thus:
グレッグ・サージェントが教えてくれるところによると、ホワイト・ハウスはジェラルド・セイブの記事を推奨しているという。その中で、その政治的戦略をこんな風に要約している:

A big deal would reassure independents who fear the country is out of control; position Obama as the adult who made Washington work again; allow the President to tell Dems he put entitlements on sounder financial footing; and clear the decks to enact other priorities later.
偉大な政策が、国は管理不能になっているという人々の恐れを解きほぐすだろう;オバマがワシントンを再び機能させる大人であると位置づけ;民主党員に、大統領が健全な財政的な足場のための法的権限を与えると言えるようにする:そして、後に他の優先順位を規定するための用意をする。


[Bangs head against wall]
(壁に頭をぶつける)

What I learn from political scientists is that this is all fantasy ― albeit a kind of fantasy beloved of political pundits, who love to imagine that complicated psychodramas are playing out in the minds of voters. Well, here’s a little secret: most voters don’t sit around reading Clive Crook columns or debating the Bowles-Simpson plan. They have a gut sense ― things are getting better or they’re getting worse ― and mainly vote on that basis. They’re not paying attention at all to this stuff.
私が政治学者から学んだことといえば、それがまったくの幻想だということだ―政治の専門家に愛される幻想か知らないが、彼らは、複雑な心理ドラマが有権者の頭の中で繰り広げられていると想像することを愛している。ああ、ここにちょっとした秘密がある:ほとんどの有権者はクライブ・クルックのコラムをじっくりと読んだりしないし、ボウルズ-シンプソン・プランについて議論したりしない。彼らには直感力がある―物事はうまく行っているのか、あるいは、悪くなっているのか―そして、大方これを基に投票する。彼らはその中身にはまったく注意を払っていない。

Wait, it gets worse. Even if voters were trying to make decisions based on things like fiscal responsibility, how likely are they to have remotely accurate information? Not at all if they watch Fox; but the truth is that even if they watch a reputable network, or for that matter even if they read the Times the way most people read it, getting fast impressions rather than scanning articles carefully for the nuances hidden in the 12th paragraph, they probably have only the vaguest sense of what’s going on.
いや、それはもっと酷いことになる。たとえ、有権者が財政的責任のようなことを基に決断をしようとしたとしても、遠く離れたところから、彼らが正確な情報を得る可能性なんてどれだけあるだろうか? フォックス・チャンネルを見てもまったく無理だ。だが、本当のところ、評判の高いメディアを見るとしても、あるいは、ついでに言わせてもらうが、ニューヨーク・タイムズを見るとしても、ほとんどの人々の読み方は、12段落に隠されたニュアンスのために記事を注意深く読み解くというよりは、ざっとした印象を得るためのものなので、おそらく、起こっていることを本当に曖昧な感覚で把握しているだけだろう。

How many Americans truly understand just how extreme and dangerous a game the GOP is playing with the debt limit? Surely it’s a small minority ― partly because conventions of “balance” prevent most media outlets from ever saying too clearly what’s happening.
債務上限について共和党員がどれほど極端で危険なゲームをもてあそんでいるかを、一体どれほどのアメリカ人が真に理解しているだろうか? 間違いなく、それは非常に少数派である。部分的には、「バランスをとる」という慣習のために、ほとんどのメディアは何が起こっているのかをあまりはっきりと言うことができない。

Oh, and about independent voters: if you think that they’re strong-minded, solid citizens repelled by the partisanship ― well, there may be a guy like that somewhere in America. But by and large, given the vast differences between the parties these days, independent voters are basically confused, clueless people ― not exactly the kind of people likely to take reassurance from Obama’s stance on entitlement programs. On the contrary, they’re the sort of people likely to be stampeded by “Obama wants to raise the Medicare age!”
おお、そして無党派について。彼らを意志の強い、党派主義によって追いやられた堅固な市民であると考えるなら―ああ、そんなやつもアメリカのどこかにはいるかもしれない。だが、ほとんどの場合、最近の二大政党の違いの大きさを考えると、無党派は基本的に混乱した、無知な人々である―こういう種の人々が、オバマの受給権制度についての立場から自信を取り戻すとは思えない。反対に、彼らは「オバマがメディケアの受給年齢を上げたがっている」と考えて、逃げ出すような種類の人々である。

When pundits talk this kind of stuff, it’s mainly funny in a tiring sort of way. But if the White House actually believes this stuff ― well, that’s scary.
専門家がこういったことを話す時、それは退屈させるような種類の、概ねこっけいなものである。だが、ホワイト・ハウスが実際にこういったことを信じるなら―ああ、それは恐ろしいことだ。


翻訳の感想:Clive Crookは、ファイナンシャル・タイムズのコラムニスト。

Macroeconomic Folly/August 2, 2011, 9:51 AM

Macroeconomic Folly マクロ経済学的愚行

All of a sudden, people seem to have noticed that policy is moving in exactly the wrong direction. We’re getting headlines like this: Debt Deal Puts U.S. on Austerity Path as Economy Falters.
突如として、人々は、政策が明らかに間違った方向に向かっていることに気づき始めているように思う。こんな見出しを見かけるようになってきている:債務法案は経済のつまずきとなる財政緊縮策に向かう。

I’ll need to write up my thoughts here at greater length, but let’s just say for now that what we’ve witnessed pretty much throughout the western world is a kind of inverse miracle of intellectual failure. Given a crisis that should have been relatively easy to solve ? and, more than that, a crisis that anyone who knew macroeconomics 101 should have been well-prepared to deal with ? what we actually got was an obsession with problems we didn’t have. We’ve obsessed over the deficit in the face of near-record low interest rates, obsessed over inflation in the face of stagnant wages, and counted on the confidence fairy to make job-destroying policies somehow job-creating.
私はじっくりと腰をすえてこの問題についての考えを書き上げる必要があるが、今のところとしては、私が証言してきた、欧米世界の至る所での知的失敗の逆奇跡について言っておくことにする。比較的に解決するのはたやすい危機―そして、それ以上のものでも、初等マクロ経済学を学んだものなら誰でも対処する準備ができているはずの危機―が起こった時、実際に、我々が採った行動は懸案の問題ではないものに執着することだった。我々は近年まれな低利子率でありながら、財政赤字に執着した。我々は賃金が停滞する中、インフレに執着した、そして、雇用破壊的な政策をどのようにしてか雇用創出的にしてくれるという信頼の妖精を当てにしすぎた。

It’s a disaster ? and maybe not only an economic disaster.
これは災厄だ―そして、たぶん、経済的な災厄にとどまるものではない。

Fears of far-right rise in crisis-hit Greece
危機が直撃しているギリシアで極右が増大する恐れ

ATHENS, Greece ? They descended by the hundreds ? black-shirted, bat-wielding youths chasing down dark-skinned immigrants through the streets of Athens and beating them senseless in an unprecedented show of force by Greece’s far-right extremists.
ギリシア、アテネ―何百という集団が町に繰り出している―黒シャツでバットを振り回した若者がアテネの通りで褐色の肌の移民を追い掛け回し、打ちのめすという前例のない暴力行為がギリシアの極右過激派によって行われている。

In Greece, alarm is rising that the twin crises of financial meltdown and soaring illegal immigration are creating the conditions for a right-wing rise ? and the Norway massacre on Monday drove authorities to beef up security.
ギリシアでは、金融的メルトダウンと急上昇する移民との二重の危機が、右翼を増加させる状況を作り出しているため、不安が増大している―そして月曜日のノルウェーでの大量虐殺もあり、当局は治安維持を強化している。

The move comes amid spiraling social unrest that has unleashed waves of rioting and vigilante thuggery on the streets of Athens. The U.N.’s refugee agency warns that some Athens neighborhoods have become zones where “fascist groups have established an odd lawless regime.”
アテネの街中での暴動や自警団による暴力という抑えの利かない広がりとなっているこの動きは、スパイラル的に悪化する社会的な不安から来るものだ。国連難民高等弁務官事務所はアテネ近郊のいくつの場所で、「ファシストグループが奇妙な無法地帯を作り出している」と警告している。


Got that 30s feeling, all the way.
あの1930年代の感覚がはるばるとやってきた。

The Malevolent Ex-Maestro/July 30, 2011, 10:05 AM

The Malevolent Ex-Maestro 悪徳の元マエストロ

After playing a key role in creating the greatest economic disaster in three generations, you might have expected Alan Greenspan to lie low. But no, he’s out there issuing opinions, which for some reason still get listened to. Worse: he keeps calling for a return to the very regime he favored before, the regime that led to disaster.
過去三世代で最大の経済的災厄をもたらすことに主要な役割を担った後、アラン・グリーンスパンは息を潜めることになるだろうと想像した人もいるかもしれない。さにあらず。彼は外に向けて意見を発表しているし、それがなぜか傾聴されてしまっている。それはもっと悪いものだ:彼はかつて愛したその制度、災厄を導いたその制度へ回帰することを求め続けている。

Felix Salmon reads his latest, so we don’t have to. It’s terrible on all counts; but the most offensive thing intellectually is the incredible fallacy of claiming that higher capital requirements for banks amount to keeping resources idle.
フェリックス・サーモンが彼の最新の発言を読んでくれているので、我々は読まずにすむ。それはあらゆる点で酷いものだ。だが、その中でも知的に最も不快なのは、銀行の自己資本比率を上げることが資源を遊ばせておくことにつながるという信じがたい誤謬を主張していることだ。

Hello? Bank capital doesn’t consist of canned food or steel ingots held in a vault somewhere, and raising capital requirements doesn’t mean that food or raw materials have be stored in a bunker. All that’s happening when you increase capital requirements is that you are requiring that banks reduce their leverage, financing more of their portfolio from equity and less from deposits or borrowing. And this has nothing to do with resource use; it’s about the distribution of risk. Specifically, raising capital requirements means that if something goes wrong, more of the cost will be borne by the bank’s owners, less by depositors, lenders, and/or whoever (including the taxpayer) insures those deposits or loans.
もしもーし? 銀行の資本は、どこかの天井に保管された缶詰食品や鋼塊で構成されているわけじゃないし、自己資本率を引き上げることは、食品や原材料を貯蔵庫に保存するということじゃないよ。自己資本率を引き上げると言う時にそれが意味することは、銀行がレバレッジを減らし、そのポートフォリオに占める株主資本の割合を増やして、預金や借り入れの割合を減らすと言うことだけである。そして、これは資源の利用とは関係がない。それはリスクの配分の問題である。具体的に言えば、自己資本率を引き上げることは、何か悪いことが起こった場合、そのコストの多くを銀行の所有者に負担させるようにするものであり、預金者や貸し手、そして/あるいは、その預金やローンに保険をかけているあらゆる人(納税者を含む)人の負担を減らすことである。

It’s true that shifting the equation in this way will discourage risk-taking ― but that’s a feature, not a bug. In case you hadn’t noticed, banks took too many risks in the past, helping land us in the mess we’re in.
これをすることにより、均衡式が変わり、リスクを引き受けることに水を差すのは真実だ。だが、それは特色であって、欠陥ではない。もしあなたが忘れてしまっているなら、銀行は過去にあまりにも多くのリスクを取りすぎたのであり、そのことが我々を現在いるような苦境に陥らせる一因となった。

The fact that Greenspan imagines that bank capital is like installing seat belts suggests that the man once revered as a demigod of finance doesn’t understand basic economics ― or, more likely, that he chooses not to understand what he, amazingly, is still being paid to not understand.
グリーンスパンが銀行の資本を、シートベルトを備え付けるようなこととして考えているという事実は、かつて金融の半神半人とあがめられていたその男が基本的な経済学を理解していないことを示している―あるいは、もっとありえそうだが、彼は基本的な経済学を理解しないことにより、驚くべきことだが、今でもお金をもらえるので、理解しないことにしているのだろう。


追記:コメント欄にて誤訳を指摘をしていただいたのでかなり変更。そちらもぜひお読みください。
「he chooses not to understand what he, amazingly, is still being paid to not understand.」という文は、It is difficult to get a man to understand something, when his salary depends upon his not understanding.」(何かを理解しないことで給料をもらっている人に、それを理解させるのはむずかしい)という文の応用のようです。
・「彼は外に向けて意見を発表している。それには今でも耳を傾けるべき理由がいくつかある。悪い意味であるが」を「彼は外に向けて意見を発表しているし、それがなぜか傾聴されてしまっている。それはもっと悪いものだ」に差し替え。
・「フェリックス・サーモンは彼の最新の論文を読んでいるが、我々がそうする必要はない。」を「フェリックス・サーモンが彼の最新の発言を読んでくれているので、我々は読まずにすむ。」に差し替え。
・「驚くべきことに、理解しないことが今でもお金になるので、理解しないことを選択しているのだろう。」を「彼は基本的な経済学を理解しないことにより、驚くべきことだが、今でもお金をもらえるので、理解しないことにしているのだろう。」に変更。

Eurofail/July 28, 2011, 7:31 AM

Eurofail ユーロの失敗

For some reason events in European bonds markets aren’t making big headlines. But they should be: even as the GOP does its best to destroy America’s credit, things are falling apart, with a vengeance, on the other side of the Atlantic.
いくつかの理由により、ヨーロッパの債券市場で起こったことはニュースの大見出しになっていない。でも、そうなるべきである:共和党がアメリカへの信頼を破壊するのに全力を尽くしているにしても、大西洋の反対側では、物事が徹底的にバラバラになろうとしているのである。

The interest rate spread between Italian and German bonds is now higher than it was before the big European rescue package was announced. Since the purpose of that package was, first and foremost, to calm markets before Italy and Spain sank into self-fulfilling debt spirals, this is very bad news.
イタリア国債とドイツ国債間の利子率のスプレッドは、現在、ヨーロッパの大型の救済パッケージが発表される前よりも高くなっている。そのパッケージの目的は、第一に、イタリアとスペインが自己実現的な借金スパイラルに陥る前に市場を宥めることだったので、これは非常に悪いニュースである。

Also, German interest rates are plunging. This does not reflect greater confidence in German solvency; if anything, investors are less confident in that respect, as the potential costs of a peripheral bailout start to get reflected in credit assessments of the core economies. What this is surely about, instead, is the growing sense that European recovery is sputtering out, and that the European Central Bank ― which sets short-term rates ― will eventually call off or even reverse its planned rate hikes, with rates staying low for a long time.
また、ドイツの利子率は低下している。これはドイツの支払い能力への信頼が大きいことを反映しているのではない。周縁国救済のための潜在的なコストが中核国の信用評価へと影響を及ぼし始めているので、どちらかと言えば、その点における投資家の信用は低下している。その代わりに、このことが間違いなく示していることは、ヨーロッパの回復が失速しているため、ヨーロッパ中央銀行―ここが短期金利を決定する―は、結局、計画されている利子率の上昇を中止するか、あるいは、逆に低下させることにすらなるのではないかという認識が増大しているということである。

In short, what the markets seem to be seeing is disaster on the periphery and the Japanification of the core. And I can’t say they’re wrong.
要するに、市場が見ていると思われるのは、周縁国の災厄と中核国の日本化である。そして、私はそれが間違っているとは言うことはできない。

The Truth About Federal Spending/July 29, 2011, 12:39 PM

The Truth About Federal Spending 連邦支出についての真実

Whenever someone like me or Bruce Bartlett points out how little Obama resembles the right’s portrait of a raging leftist, someone is sure to come back with the assertion that Obama has presided over a vast expansion of federal spending. Even people who really should know better, like John Taylor, do it.
私やブルース・バーレットのような人が、オバマは右派が描写するような激烈な左翼とどれほど違っているかを指摘する時は常に、オバマが連邦支出の急拡大を統括していると断定的に言い返す人が出てくる。ジョン・テイラーのようなもっと分別があっていいはずの人でさえ、そんなことを言う。

So what’s the truth? I’ve written about this before, but here’s another take.
それなら、真実は一体なにか? 私は以前そのことを書いたことがあるが、ここでもう一度繰り返そう。

The fact is that federal spending rose from 19.6% of GDP in fiscal 2007 to 23.8% of GDP in fiscal 2010. So isn’t that a huge spending spree? Well, no.
事実は、連邦支出は、2007年予算のGDPに対する比率19.6%から2010年予算のGDPに対する比率23.8%にまで上昇している。それなら、巨大な大盤振る舞いの支出があったんじゃないの? いや、そうじゃない。

First of all, the size of a ratio depends on the denominator as well as the numerator. GDP has fallen sharply relative to the economy’s potential; here’s the ratio of real GDP to the CBO’s estimate of potential GDP:
まず最初に、比率の大きさは分子と同様に分母にも依存する。GDPは経済の潜在能力と比較して急激に落ち込んでいる。これが、米国議会予算局(以下、CBO)の推計による潜在GDPに対する実質GDPの比率だ:

072911krugman5-blog480.jpg

A 6 percent fall in GDP relative to trend, all by itself, would have raised the ratio of spending to GDP from 19.6 to 20.8, or about 30 percent of the actual rise.
トレンドと比較してGDPが6%低いと、それだけで、GDPに対する支出の割合が19.6%から20.8に上昇することになり、それは実際の上昇の内の約30%になる

That still leaves a rise in spending; but most of that is safety-net programs, which spend more in hard times because more people are in distress. The CBO breaks out “income security” (Table E-10 in Historical Budget Tables), which is unemployment insurance, food stamps, etc., and also gives us numbers on Medicaid; here’s what they look like as percentages of GDP:
それでも、まだ支出の増加が残っていることになる。だが、その内のほとんどはセーフティー・ネット関連の支出であり、それは、厳しい時代にあって、多くの人が困難な状態にあるために増えている支出である。CBOは「所得保障」を発動したのであり(表10は歴史的な予算の表)、それは、失業補償、食料費援助、その他から成り、メディケイドのために支払われるお金も含まれる。GDPに占めるそれらの予算の割合がどうなものかを示す表がこれ:

072911krugman6-blog480.jpg

That’s another 2 points of GDP, or about half the rise.
これがさらにGDPの2%分、支出上昇のおよそ半分になる。

So we’re still left with a bit, around 1 point of GDP. That’s the stimulus, more or less. And there are two things you need to know about it. First, it’s temporary, and already fading out fast. Second, a large part of the stimulus “spending” was actually aid to state and local governments, intended not to expand spending but to avert a fall ― that is, it was about maintaining government, not expanding it.
まだ少し残っているものがある、GDPの1%ほど。それが、多かれ少なかれ、財政刺激策によるものだ。そのことについて知らないといけないことが2つある。一つめに、それは一時的なものであり、もはや消えてしまったものであるということ。二つめに、その刺激策のための「支出」の大部分が実際には州や地方自治体のための補助金であり、支出を拡大するためのものではなく、転落を防ぐためのもの―すなわち、政府を維持するためのものであり、政府を拡張するものではない―ということ。

Now, pointing out the Obama spending binge is a myth generally produces rage: people know that it happened, because Rush Limbaugh and the Wall Street Journal say so. But that doesn’t make it true.
今、オバマの過度の支出が神話であることを指摘すると、一般的に怒りを作り出してしまう:人々はそれがあったことを知っている。なぜなら、ラッシュ・リンボーやウォール・ストリート・ジャーナルがそう言うものだから。だが、そのことによって、それが真実になるわけではない。
 
CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。