スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

President Pushover/July 24, 2011, 10:11 AM

President Pushover カモ大統領

Updated: Drew article now available.
更新:現在、ドリューの記事は閲覧可能。

The redoubtable Elizabeth Drew has a forthcoming article in the New York Review of Booksnot yet online ― that confirms all our worst fears. She tells us that past concessions have
てごわいエリザベス・ドリューによる、『the New York Review of Books』の今度の記事は―まだネット上にはない―我々全ての最悪の恐れを確信に変える。彼女が言うには、過去の譲歩が

established in both Democrats’ and Republicans’ minds the thought that Obama was a weak negotiator―a “pushover.” He was more widely seen among Democrats and other close observers as having a strategy of starting near where he thinks the Republicans are―at the fifty-yard line―and then moving closer to their position.
オバマは脆弱な交渉者―「カモ」―であるという考えを民主党員と共和党員のどちらにも認識させることになった。民主党員の間でも、他の近しい観察者にとっても、彼は、まず共和党員の立場に近いと思うところから出発し―そこを中心にして―さらにその立場に近づいていくという戦略を採っているとますます広く認識されるようになった。


Even more alarming, however, is her window on what the White House is thinking:
しかしながら、さらにもっと驚かせるのは、ホワイト・ハウスが何を考えているかについての彼女の分析である:

It all goes back to the “shellacking” Obama took in the 2010 elections. The President’s political advisers studied the numbers and concluded that the voters wanted the government to spend less. This was an arguable interpretation. Nevertheless, the political advisers believed that elections are decided by middle-of-the-road independent voters, and this group became the target for determining the policies of the next two years.
それは全て2010年選挙においてオバマが屈した「大敗」にさかのぼる。大統領の政治的アドバイザーはこの数字を分析し、有権者は政府の支出を減らすことを望んでいると結論づけた。これは疑わしい解釈である。にもかかわらず、政治的アドバイザー達は、選挙は中道派で無党派の有権者によって左右されるものであり、このグループがこれから2年先の政策を決める際のターゲットになると考えた。


OK, I’ve never won a tough election. But neither has Obama! The 2008 race was looking close until Sarah Palin and Lehman came along. And as far as I can tell, this assessment both of what 2010 was about and what matters for 2012 is just ludicrous.
OK、私は厳しい選挙を勝ち抜いたことなんてないよ。でも、オバマもないだろ! 2008年の選挙が接戦だと見られていたのは、サラ・ペイリンとリーマン・ショックがやって来るまでのことだ。私の理解している限り、2010年の選挙がどんなものであったか、そして、2012年の選挙において何が重要かについての彼らの評価は馬鹿げたものでしかない。

As I recall, two things happened last year: voters were angry about the weak economy, and older voters believed that Obama was going to take away their Medicare and send them to the death panels. And so the way to win those voters back is to cut Medicare and weaken the economy?
私の記憶では、去年2つのことが起こった。つまり、有権者は弱い経済について怒った。そして、年寄りの有権者は、オバマが彼らからメディケアを奪い取って、抹殺委員会を渡されることになると考えた。そして、それらの有権者を取り戻す方法が、メディケアを削減して、経済を弱めることになるのか?

A further point: even if Obama really does cut spending, will anyone notice? Even people who are supposedly well informed believe that there was a vast expansion of government under Obama, when in fact there wasn’t. So we’re supposed to believe that independent voters will actually be able to cut through the fog ― the deliberate fog of Fox, the he-said-she-said of most other media organizations ― and give him credit for spending cuts? Remember, whatever he does Republicans will claim that the government is getting bigger ― and news organization will report only that “Democrats say” that this isn’t true.
さらなるポイント:もしオバマが本当に支出を削減したとして、誰がそれに気づくのか? 知識があると考えられる人々ですら、実際にはそうではないのに、オバマ政権下で政府の急拡大があったと信じている。それならどうして、我々が、有権者は実際に霧―その霧はフォックス・チャンネルや、「客観報道」主義である他のほとんどのメディアによって故意に作られたもの―を切り裂くことができて、オバマの支出削減への功績を認めると期待できると言うのか?
覚えておいてほしいんだが、オバマが何をしようと、共和党員は政府が巨大化していると主張するだろう―そして、報道機関は「民主党が言うには」それは間違っている、と報道するだけだろう。


What a disaster.
なんという災厄か。


翻訳の感想:the he-said-she-saidは、「彼はこう言った、彼女はこう言った」というような事実報道中心の報道手法のことで、価値判断を避けようとするもの。参照
at the fifty-yard lineは、アメフトの中間ラインのこと。
スポンサーサイト

The End of Eurosclerosis/July 26, 2011, 8:43 AM

The End of Eurosclerosis ユーロ動脈硬化症の終わり

I’ve written a number of times about the weird way American perceptions of Europe seem stuck in the past. It’s common ― especially on the right, but more broadly too ― to see Europe as a land of stagnant economies and lack of jobs. This vision had some truth in the 1990s, but was becoming less and less true even before the crisis, which hit US employment much harder than European employment.
私はこれまで何度も、ヨーロッパに関するアメリカ人の認識が過去にはまり込んでしまっていることの奇妙さについて書いてきた。ヨーロッパを経済が停滞した、仕事が欠乏した地域であるとみなすのは一般的なものである―右派は特にだが、もっと広い範囲でもそうだ。この観点は1990年代にはいくらか真実であったが、ヨーロッパの雇用よりアメリカの雇用にずっと厳しい打撃を与えたこの危機の以前ですら、それはずっと真実から遠ざかりつつあった。

The New York Fed has noticed. Via Mark Thoma, the Liberty Street blog has a piece on the vanishing US-EU employment gap. If you want a simple takeaway, here’s the picture:
ニューヨーク連邦準備銀行はそのことに気づいている。マーク・トーマ経由で知ったのだが、the Liberty Streetブログが、消滅しつつあるアメリカとEUの雇用ギャップに関する記事を掲載している。もしシンプルな理解がお望みなら、ここに図がある:

072611krugman1-blog480.jpg

More detailed analysis shows that the remaining gap comes from lower employment rates in Europe for the young and old; prime-age workers, especially men, are if anything more likely to be working in Europe.
より詳細な分析が示すところによると、残されたギャップは、ヨーロッパの若者と老人の雇用率が低いところから来ている。プライム・エイジの労働者、特に男性は、どちらかと言えば、ヨーロッパのほうが雇用に就いている可能性が高い。

And you should note that this European performance comes despite the fact that tax levels and levels of social benefits are vastly higher than they are here. Any US politician proposing even a partial move in Europe’s direction would be accused of being a job-killer. Somehow, though, the jobs survive.
そして、アメリカと比べると、ヨーロッパは税水準と社会給付の水準がずっと高いにもかかわらず、このパフォーマンスを実現していることに注意すべきだ。いかなるアメリカの政治家であれ、たとえ部分的であっても、ヨーロッパ的な方向への動きを提案すれば、ジョブ・キラーだと非難されるだろう。でも、どうにかして、ヨーロッパの仕事は生き残っている。

Oh, and as many people have noticed, America now has European levels of joblessness without a European safety net. We’re definitely leading in the misery race.
おお、そして多くの人が気づいているように、現在のアメリカは、ヨーロッパ型のセーフティー・ネットを持たないままに、ヨーロッパと同じレベルで仕事がない。我々は明らかに悲惨レースで先を行っている。


翻訳の感想:prime-ageは、25~54歳の働き盛りの世代。寛大な退職年金等が労働市場に与える影響を切り離すための年齢区分。

Default In A Liquidity Trap (Very Wonkish)/July 25, 2011, 3:26 PM

Default In A Liquidity Trap (Very Wonkish) 流動性の罠にある時のデフォルト(超オタク風

Nick Rowe asks a good question: if we took our models seriously, what would we expect the effects of threatened default to be on the larger economy? His answer is that expected default should work just like expected inflation, which means that if anything it should be favorable right now.
ニック・ロウが良い疑問を発している:もし、我々の経済モデルを真剣に受け取るなら、切迫したデフォルトは、より広範囲な経済にどのような影響をもたらすと予想されるのか? 彼の答えは、予想されたデフォルトは予想されたインフレと同じような働きをするというものであり、それは、今現在では、どちらかと言えば、好ましいものであることを意味する。

I think this is wrong ― but in an interesting way.
それは間違っていると思う―だが、興味深いものがある。

It’s true that, say, a 1 percent possibility that your bond holdings will become worthless within a year is similar to the expectation that inflation will erode those bonds’ real value by 1 percent over the next year. But inflation doesn’t just erode the value of bonds; it also erodes the value of cash. And that’s why expected inflation can help in a liquidity trap: it makes sitting on cash less attractive. The threat of default doesn’t do that. As far as I know, we’re not talking about a loss of confidence in pieces of paper bearing pictures of dead presidents. And that’s why the threat of default isn’t equivalent ― and not expansionary.
例えば、所有する債券の価値が1年以内に1%の確率で消失するという可能性は、インフレが次の年にわたって債券の実質価値を1%侵食するという予想と似ている。だが、インフレはただ債券の価値を浸食するだけでなく、現金の価値もまた侵食する。そして、そういうわけで、流動性の罠にある中では、予想されたインフレは役に立つ。つまり、それは現金を寝かせておくことの魅力を減少させる。デフォルトの脅威ではそれが全くない。私の知る限り、我々は死んだ大統領が載っている紙切れに対する信頼の喪失について話していない。そして、それゆえに、デフォルトの脅威とは等価ではない―そして、それは景気を拡大しない。

In fact, I’d argue that it is in fact contractionary, because it raises interest rates even in a liquidity trap. How, you ask. Well, here’s a first cut.
実際に、それは事実として景気を縮小させると私なら主張するだろう。なぜなら、それは流動性の罠にあってさえ、利子率を引き上げるから。どうやって、あなたは聞くだろう。ああ、ここからは初披露になる。

What we normally say in a liquidity trap is that the Fed is keeping short-term interest rates at zero, which is as low as they can go because below that cash dominates bonds. And the Fed achieves that zero rate by being willing to buy short-term government debt whenever the rate threatens to rise above zero.
通常、流動性の罠の中で言われていることは、FRBが短期金利をゼロに保っているのであり、それは可能な限り最も低い利子率であるということだ。なぜなら、それ以下になると、現金のほうが債券よりも有利になってしまう。そして、利子率がゼロ以上になる恐れがある時にはいつでも、FRBが進んで短期政府債券を買い取ることによってゼロ金利を達成する。

But now introduce the threat of default. This makes short-term debt worse than cash, unless it offers a sufficiently positive interest rate. Yet we’ve just posited that the Fed is ready to buy bonds to keep the rate at zero. So what happens? In a simple model, investors sell *all* short-term US debt to the Fed.
だが、今、デフォルトの脅威を導入してみよう。これがあると、十分な額の利子率が提示されない限り、短期債券の価値は現金以下になる。だが、我々は先程、金利をゼロに保つために、FRBが債券を買い取る用意ができていると仮定したばかりだ。そうなると、何が起こる? シンプルなモデルでは、投資家は*全ての*アメリカ短期国債をFRBに売る。

Then what? In practice, the hawks at the Fed might force Uncle Ben to stop the purchases, out of fear of too great an expansion in the monetary base. (Misplaced fear, but never mind). But suppose the Fed does in fact buy all the short-term debt. Then there is no longer a market interest rate on that debt. But there is still a “shadow” rate, the rate at which private investors would be willing to buy short-term US debt ― and that rate can easily go well above zero.
その時、何が起こる? 実際に、FRBのタカ派は、マネタリ・ベースの膨張が大きくなりすぎる恐れから、ベンおじさんが国債を買うのを止めさせようとするかもしれない。(見当違いな恐れだが、ここでは気にしないでいい)。でも、実際にFRBが全ての短期国債を買い取ってしまうと想定しよう。その時、その国債には、もはや市場利子率が存在しないことになる。だが、「影の」利子率はそれでも存在する。それは、民間の投資家がアメリカ国債を進んで買うような利子率だ―そして、それは容易にゼロよりずっと高いものになりうる。

This shadow rate, in turn, is ― if I’m getting this right ― the rate that feeds into the determination of longer-term rates. So we should expect rates to rise all along the term structure.
次に、この影の利子率は―私が正しく認識しているなら―長期利子率の決定にも波及していく。だから、あらゆる期間構造の利子率が上昇すると予想すべきだろう。

What gets tricky here is the question of whether private borrowing costs rise in tandem. For corporate bonds, maybe not. But the GSEs pay rates that are tied to the cost of government borrowing, and they are the main sources of housing finance, so mortgage rates would probably rise.
ここで、やっかいなのは、民間の借り入れコストも一緒に上昇するかという問題である。社債に関しては、たぶんそうではない。だが、政府援助法人の払う利子率は、政府の借り入れコストとつながっているので、それが住宅金融の主要な源泉であることを考えると、住宅ローン金利はおそらく上昇するだろう。

There’s also, by the way, the question of what happens to the functioning of financial markets. Anil Kashyap tells me that everything will collapse, because repo depends on Treasuries as collateral. But why not just use cash instead?
ところで、金融市場の機能に何が起こるかという問題もある。アニル・カシャプは、全てが崩壊するだろうと言う。レポ取引(買い戻し条件付取引)は担保としての財務省証券に依存しているからだ。でも、代わりに現金を使えばいいだけじゃないの?

Hey, this is fun! But, you know, I’d rather not test the analysis in practice.
そう、これはおもしろい! でも、私はこの分析を実際に検証せずにすむ方がむしろいいんだよ。


翻訳の感想:Uncle Benは、ベン・バーナンキFRB議長のこと。


追記:「まだ、金利をゼロに保つために、FRBが債券を買い取る用意ができていると仮定しておこう。」を「だが、我々は先程、金利をゼロに保つために、FRBが債券を買い取る用意ができていると仮定したばかりだ。」に差し替え。

Guess Who’s Tanking?/uly 25, 2011, 1:29 PM

Guess Who’s Tanking? 酔っ払っているのは誰か考えよう

Many people feared a calamitous morning in the markets, as investors reacted to the continuing stalemate over the debt ceiling. Well, it has been fairly calamitous ― but not for the United States. The big news, instead, is that Italian and Spanish spreads ― the difference between interest rates on their bonds and interest rates on (presumably safe) German bonds ― have widened drastically again. Last week’s big rescue plan apparently didn’t restore confidence.
投資家が、債務の天井について、手詰まりが続いていることに反応したように、多くの人々は市場での悲惨な朝を恐れていた。ああ、かなり悲惨なことになっている―でも、アメリカではない。それよりも、重大なニュースは、イタリアとスペインのスプレッド―これらの国の金利と(おそらく安全な)ドイツの金利との差異の部分―が再び急激に拡大していることだ。先週の大型の救済プランは、明らかに信頼を取り戻すものでなかった。

Sometimes it looks as if the Europeans and the Americans are in a contest to see who can do the most to mess up an economy that should be very strong. Today, surprisingly, the Europeans seem to have won a round.
時々、ヨーロッパ人とアメリカ人は、頑強であるべき経済を、誰が最もめちゃくちゃにできるか競っているように見えるときがある。
驚いたことに、今日の試合は、ヨーロッパ人が勝利を収めたようだ。

3.5 Out of 4/June 28, 2011, 4:32 PM

3.5 Out of 4 4つの内の3.5

A moment of self-reflection: to what extent has this slump played out the way I thought it would?
自己反省の時間だ:私はどの程度まで、この不況の成り行きについて予想できていたのか?

I’d think of myself as having held, from early days, four main views that were at odds with a substantial number of other commentators. They were:
私は、初めのころから、相当な数の他のコメンテーターとは対照的な4つの主要な見解を持っていたと自身として考えている。それらは次のようなものだ:

1. The slump would be very prolonged, with an extended period of jobless recovery.
1. この不況は非常に長引いたものになる、そして、雇用なき景気回復も間延びしたものになる。

2. As long as we were in the liquidity trap, interest rates would stay low despite large budget deficits.
2. 流動性の罠にとどまっている限り、財政赤字が大きくても、利子率は低いままであろう。

3. Also, as long as we were in a liquidity trap, large increases in the monetary base would ― as in the case of Japan ― matter not at all for inflation or nominal GDP.
3. また、流動性の罠にとどまっている限り、マネタリー・ベースの大幅な増加は―日本と同じように―インフレにとっても、名目GDPにとっても全く重要ではないだろう。

4. Sustained high unemployment would keep wages and core inflation low, and quite likely push us toward Japan-style deflation.
4. 持続的な高失業率が賃金とコア・インフレを低いままに留めるだろうし、日本型デフレへと押しやる可能性もありそうだ。

On the first three I think I was completely right. On the last, nominal wages have proved much more resistant to falling than I expected; I should have taken the downward nominal rigidity notion much more seriously. In general, I should have realized that we know less about wage and price determination under conditions of high unemployment than we do about savings, investment, and the liquidity trap. If we are going to have Japan-type deflation, it obviously won’t happen for quite a while.
最初の3つに関しては、私は完全に正しかった。最後の一つに関して、名目賃金は、私が予想したよりもずっと下げ渋っていることが分かっている。私はもっと真剣に名目賃金の下方硬直性という観念を考慮しておくべきだった。一般的に言えば、私は、失業率が高い状態にある時、貯蓄や投資について知っていることと比べてもなお、賃金や価格の決定について、また、流動性の罠に関しての我々の知識は少ないことを理解しておくべきだった。もし我々が日本型のデフレに向かっているとしても、それはしばらくは起こりそうにない。

But compared with the people predicting a V-shaped recovery, soaring rates, and/or hyperinflation by 2010, not too bad. I’d put it at 3.5 out of 4.
だが、V字回復や利子率の急上昇そして、あるいは2010年までのハイパーインフレを予想した人々と比べると、そんなに悪いものではない。私は4つの内3.5を当てた。


翻訳の感想:100個目の翻訳。

Get Them From The Greeks/July 17, 2011, 2:32 PM

Get Them From The Greeks ギリシアとは区別しろ

I’ve complained a lot about the Hellenization of our economic discourse ― the insistence, in the teeth of evidence, that America is just like Greece in budget terms. Now comes Lindsey Graham to promote the fallacy. So let’s talk, again, about why it’s nonsense.
私は何度もわが国の経済議論のヘレニズム化に不平を述べてきた―証拠に反した、その典型例が、アメリカは予算問題に関してギリシアとそっくりであるというものである。今、リンゼー・グラハムがこの誤謬を煽っている。だから、再び、それがなぜでたらめなのか語らせてほしい。

Here are net debt levels as a percentage of GDP; source here. Just to forestall the objections, these reflect all levels of government, not just federal:
ここでGDPに占める純債務の水準を示す。ソースはこれ。反論に先回りしておくが、これは国だけでなく各種地方自治体レベルも含んだものであり、連邦政府だけのものではない:

071711krugman1-blog480.jpg

So the US has much less debt than Greece. Also worth noting is the pattern over time. Greece ran up debt relative to GDP at a fairly good clip even during good times, while the United States ― despite the Bush administration’s best efforts ― did not. So America does not have a comparable record of sustained fiscal irresponsibility; we’ve only developed large deficits in response to the crisis, which happens to be exactly when we should be running large deficits.
このように、アメリカの債務はギリシアよりもずっと少ない。このパターンはずっと続いているものであることも言っておく価値がある。ギリシアは、好景気の時ですら、GDPに比較してかなり急速に債務を積み上げている。一方、アメリカは―ブッシュ政権の最高の努力にもかかわらず―そうではない。だから、アメリカには持続的な財政的無責任について、ギリシアと比較できる様な記録はない。我々は危機の影響のために巨額の財政赤字を出してしまっただけであり、それは、まさに我々が巨額の財政赤字を出すべき時であった。

And that’s not even to get into the issue of us having our own currency.
そして、これには、我々が自身の通貨を持っているという問題を考慮に入れてさえいないのである。

One more thing: even if you believe, despite all this evidence, that we resemble Greece, what does that say? Fiscal austerity in the face of a depressed economy does little to improve your long-run debt position, and may even hurt it. One thing the advocates of austerity never mention is that it isn’t working anywhere right now. Remember how Ireland’s early and savage turn to austerity was supposed to reassure markets and bring borrowing costs down?
さらにもう一つ:もしあなたが、あらゆる証拠に反して、我々がギリシアと似ていると考えるなら、それは何を意味するのか? 不景気に直面しての財政緊縮策は、長期的な債務状況をほとんど改善することにならないし、それを傷つける可能性すらある。財政緊縮策の提唱者が言わないことの一つが、現在、それはあらゆる場所で機能していないということだ。アイルランドが素早く残忍な財政緊縮策へ転換したことが、どれだけ市場の不信を取り除き、借り入れコストを引き下げると考えられていたかを思い出してほしい。

Steve Benen has it right here:
Steve Benenは正しくも、次のように述べる:

If Graham sincerely believes his own rhetoric, he has no idea what he’s talking about. If Graham is just playing some kind of cynical game, he’s a hack.
もしグラハムが彼のレトリックを心から信じているなら、彼は自分の話している事が分かっていない。もしグラハムが皮肉なゲームを楽しんでいるだけなら、彼は三文文士だ。


I vote for both.
私はその両方だというのに賛成だ。


翻訳の感想:Lindsey Grahamは、共和党の上院議員。
Hellenizationは、元の意味は、ギリシアのマナーや文化を採用する事。ギリシア危機以来、欧米では財政赤字が何でもギリシアに結び付けられて批判されるようになっていることを皮肉ったもの。


追記:「これはあらゆるレベルの政治機構を反映したものであり」を「これは国だけでなく各種地方自治体レベルも含んだものであり」に差し替え。

1937! 1937! 1937!/July 21, 2011, 11:51 AM

1937! 1937! 1937!

The Telegraph has a leaked draft of the eurozone rescue plan for Greece. The financial engineering is Rube Goldbergish and unconvincing. But here’s what leaped out at me:
テレグラフ誌が、ギリシアのためのユーロ圏の救済プランに関するリークされた草稿を持っている。その金融的な技術工学はルーブ・ゴールドバーグ・マシン的であり、説得力がない。

9. All euro area Member States will adhere strictly to the agreed fiscal targets, improve competitiveness and address macro-economic imbalances. Deficits in all countries except those under a programme will be brought below 3% by 2013 at the latest.
9. 全てのユーロを採用している国は、同意された財政目標を厳密に追求して、競争力を向上させ、マクロ経済学的不均衡に対処する。特定のカリキュラムが組まれている国を除いて、全ての国で、財政赤字を遅くても2013年までに3%以下に引き下げる。


OK, so we’re going to demand harsh austerity in the debt-crisis countries; and meanwhile, we’re also going to have austerity in the non-debt-crisis countries.
OK、我々は債務国に厳しい財政緊縮策を要求しようとしている。そして、一方、非債務国にも財政緊縮策を要求しようとしている。

Plus, the ECB is raising rates.
それに加えて、ECBは利子率を引き上げようとしている。

So demand will be depressed in both crisis and non-crisis economies; this will lead to a vigorous recovery through … what?
だから、需要は危機にある国の経済でも、それ以外の国の経済でも落ち込むことになる。このことが活発な景気回復を導くことになる…なに?

The Serious People are determined to destroy all the advanced economies in the name of prudence.
「真面目な人々」は慎重さの名のもとに、全ての先進国経済を破壊することを思い定めている。


翻訳の感想:Rube Goldbergishは、ルーブ・ゴールドバーグ・マシーン、普通にすれば簡単にできることをわざわざ複雑にした装置のようであるということ。
image_1.jpg

Welcome to the Recovery/July 21, 2011, 10:47 AM

Welcome to the Recovery 景気回復へようこそ

Companies step up layoffs.
企業は一時退職を増やしている。

In Washington-speak, coming from both the White House and the Fed, we’re always on the road to recovery, with a few setbacks on the way. But the reality is that we’ve been basically flat on the employment front since late 2009, with nothing suggesting a sustained break back toward better performance:
ホワイト・ハウスであれFRBであれ、ワシントンの連中が話している分には、我々は常に回復の途上にあり、停滞はほんの少ししかない。だが、現実は、2009年以来、雇用戦線は基本的に落ち込んだままであり、良いパフォーマンスへと持続的に復活していることを示すようなものは何もない:

072111krugman1-blog480.jpg

Maybe someone should talk about doing something? Nah.
たぶん、誰かが何かすることを話し合うべきじゃないのか?

Oh, by the way, why are companies stepping up layoffs? It’s because of fear of the Islamic socialist Kenyan president weak demand.
ところで、なぜ、企業は一時解雇を増やしているのか? それは、イスラム教徒で社会主義者でケニア人の大統領への恐れ需要が弱いからだ。

The Glenn Beck / DeBeers Connection/July 19, 2011, 7:44 PM

The Glenn Beck / DeBeers Connection グレン・ベックとデビアスのつながり

Kash, at the Street Light, has a very good post on the price of gold and its relationship or lack thereof to inflation fears. He points out that the market for gold is surprisingly small, so that it would take only a relatively small number of extra buyers to push the price way up, even when other, more direct measures of expected inflation remain low. And he draws a parallel with diamonds:
『Street Light』のカッシュが金の価格と、それがインフレへの恐れと関係性があるかないかについてのすばらしいコラムを書いている。彼は金の市場が驚くほど小さいと指摘する。そのため、その価格を押し上げるには、予想インフレの他のもっと直接的な測定手段が低いままであっても、比較的に少ない数の追加的な購入者で事足りる。彼はダイアモンドとの相似を指摘する:

It’s also conceivable that a good advertising campaign by gold producers could be enough to move the price of gold. Imagine that an effective, sustained advertising campaign, targeted at wealthy, conservative individuals in the US, is able to persuade 25,000 of them per month to switch a portion of their financial assets into gold. (Note that the target audience would be those roughly 3 million US households that have over $1 million in financial assets.) Suppose for the sake of argument that each of them is persuaded to shift just 5%, or $50,000, of their portfolio into gold. Such an advertising campaign would have the effect of pushing $15 bn per year into the market for investment gold ― very possibly enough to have a significant impact on the price of gold, given how small the overall market for gold is.
金の生産者による巧妙な広告キャンペーンが、十分なほど金の価格を動かすことも考えられることだ。裕福で、保守的なアメリカの個人をターゲットにした効果的で、持続的な広告キャンペーンが、月ごとにその内の25000人を説得して金融資産を金に変えさせることができたと想像してほしい(そのターゲットになる聴衆は、100万ドル以上の金融資産を持つほぼ300万人のアメリカの家計であることも注意しておく)。議論のために、彼らのそれぞれが説得されて、ポートフォリオの内のほんの5%、5万ドルを金に移行すると想定しよう。そのような広告キャンペーンにより、1年に150億ドルが金投資の市場に流れ込む効果がある―おそらく、全体としての金市場の小ささを考えると、金の価格に重大な影響を与えるのに十分であろう。

Note that a very similar thing happened to the market for diamonds in the middle of the 20th century. The DeBeers diamond cartel used an incredibly successful advertising campaign in the 1950s to cement the idea of the diamond as the premier gemstone, and in so doing permanently changed the value of diamonds.
これと非常によく似たことが、20世紀中ごろのダイアモンドの市場でも起こったことも言っておく。デビアスのダイアモンド・カルテルは、1950年代に信じがたいほど成功した広告キャンペーンを使って、ダイアモンドを第一級の宝石という概念と結びつけ、それをやり続けることで、ダイアモンドの価値を変えた。


Surprisingly, though, Kash doesn’t say explicitly that this parallel is not at all hypothetical. Glenn Beck was financially intertwined with Goldline, and therefore had a financial stake in pushing fears of hyperinflation. And he had many, many viewers. So there was a direct channel through which conservative Americans were being pushed into buying gold.
だが、驚くことに、カッシュは、この相似が仮定のものでは全くないと言い切っていなかった。グレン・ベックは金銭的にゴールドライン・インターナショナル社との深いつながりがある。そして、それゆえに、彼はハイパーインフレへの恐れを煽ることに金銭的利権を持っていた。そして、彼には多くの、多くの視聴者がいる。だから、保守的なアメリカ人に金を買わせるための直接的な経路が存在することになる。

Market prices almost always tell you something useful. But sometimes what they tell you is that there’s a marketing scam in progress.
市場価格は、ほとんど常に有益な何かを教えてくれる。だが、時には、それは進行中のマーケティング詐欺があることも教えてくれる。

A history lesson for Alan Meltzer/May 4, 2009, 8:57 AM

A history lesson for Alan Meltzer アラン・メルツァーのための歴史授業

From today’s Times:
今日のニューヨーク・タイムズから:

Besides, no country facing enormous budget deficits, rapid growth in the money supply and the prospect of a sustained currency devaluation as we are has ever experienced deflation. These factors are harbingers of inflation.
加えて、現在の我々のように莫大な赤字予算、貨幣供給の急速な成長、持続的な通貨下落の見通しに直面して、デフレを経験した国はこれまでに存在しない。それらの要因はインフレの前兆である。


Japan’s lost decade:
日本の失われた十年:

meltzer.png
Source: IMF, OECD


翻訳の感想:2年前のもの。クルーグマン本人の推奨記事。ここ

The Political Economy of the Lesser Depression/July 16, 2011, 9:07 AM

The Political Economy of the Lesser Depression 「小恐慌」の政治経済学

Everyone in the forecasting business is scrambling to mark down both their estimates of second-quarter growth and their forecasts for later in the year. Goldman Sachs (no link) was pretty optimistic a few months ago; now they’ve grown quite pessimistic:
経済予想業界のあらゆる人が、第2四半期の成長率と1年後の予想を我先に引き下げている。数ヶ月前、ゴールドマン・サックス(リンクはない)は非常に楽観的だった。今、彼らは非常に悲観的になってきている:

071611krugman1-blog480.jpg

At this point, GS is predicting an unemployment rate of 8 3/4 percent at the end of 2012 ― five years after the Great Recession began.
この点に関して、ゴールドマン・サックスは、2012年末―「大不況」が始まって5年になる―の失業率が8+3/4%になると予想している。

They also note that the bump in underlying inflation due to commodity price hikes seems to be ebbing:
彼らは、商品価格の急騰による、潜在的なインフレの突起は減衰してきているということも記している:

071611krugman2-blog480.jpg

As I pointed out yesterday, the same thing is true of the sticky-price CPI, which is arguably the conceptually closest thing to what we really mean by core inflation:
私が昨日指摘したように、おそらくコアインフレが本当に意味するものに概念的に最も近いものである、粘着価格CPIにもそれが当てはまる:

071511krugman3-blog480.jpg

So, terrible growth prospects; low inflation; oh, and low interest rates, with no sign of the bond vigilantes. Ordinary macroeconomic analysis tells you very clearly what we should be doing: fiscal expansion and monetary expansion by any means we can manage; in fact, the case for a higher inflation target pops right out of just about any model capable of producing the kind of mess we’re in.
本当に酷い成長率の予想である。低いインフレ、そして低い利子率、債券自警団が出てくる兆しはない。通常のマクロ経済学的な分析で言えば、我々がするべきことは明らかだ。つまり、できることはどんなことをしてでも、財政的な拡大と金融的な拡大である。実際に、高めのインフレターゲットを支える論拠は、我々の苦境の一種を説明することができるほとんど全てのモデルから来るものである。

And what are we talking about in policy terms? Spending cuts and an end to monetary expansion.
そして、政策的な事柄に関して、我々は何について討論しているだろうか? 支出の削減と金融拡大の終わりだ。

I know the arguments ― fear of invisible bond vigilantes, fear that 70s-style stagflation is just around the corner despite the absence of any evidence to that effect. But why do such arguments have so much traction, while everything economists have spent the last three generations learning is brushed aside?
私はこれらの議論を知っている―そのような結果になるような証拠はまったく存在しないのに、目に見えない債券自警団への恐れ、70年代型のスタグフレーションが迫っているという恐れ。だが、なぜ、この種の議論がそんなにも牽引力を持つ一方、過去3世代にわたって経済学者が学んできたことの全てが無視されているのか?

One answer is that macroeconomics is hard; the idea that if families are tightening their belts, the government should do the same, is as deeply intuitive as it is deeply wrong.
一つの答えとしては、マクロ経済学は難しいからだ。家計が財布の紐を締めるなら、政府も同じことをすべきだ、といった考えは、それがまったく間違っているのと同じくらい、直感的に理解しやすいものだ。

But the susceptibility of politicians ― including, alas, the president ― and pundits to these wrong ideas demands a deeper explanation.
だが、政治家の流されやすさ―悲しいかな、大統領もそこに含まれる―と、こういう悪い考え方の専門家にはもっと深い説明が必要だ。

Mike Konczal ratchets up my rentier argument, arguing that what we’re seeing is
マイク・コンツァルは、私の利子生活者の議論についてのポストを一歩進めて、次のように論じている、我々が目にしているのは

a wide refocusing of the mechanisms of our society towards the crucial obsession of oligarchs: wealth and income defense.
我々の社会のメカニズムは、再び寡頭政治の本質的な強迫観念―富と所得の防衛―に広い焦点を当てるようになっている。


That has to be right. It doesn’t necessarily take the form of pure cynicism; it’s more a matter of the wealthy gravitating toward views of economic policy that make immediate sense in terms of their own interests, and politicians believing that only these views count as Serious because they’re the views of wealthy people.
それは正しいに違いない。それは必ずしも純粋な皮肉主義の形をとる必要はない。それは、裕福な人は、彼らの利益にかなうような直感的に理解できる経済政策の視点に引き寄せられる、そして、政治家は、そういった見解がまさに裕福な人々の見解であるから「まじめ」と受け取られると信じる、ということになる。

But the upshot is terrible: more and more, this really does look like the Lesser Depression, a prolonged era of disastrous economic performance. And it’s entirely gratuitous.
だが、結末は恐ろしいものだ:ますます、これは本当に「小恐慌」、長引く破壊的な経済パフォーマンスの時代に見えてくる。そして、それには完全に何の利益もない。

Italy Versus Japan/July 16, 2011, 6:51 PM

Italy Versus Japan イタリア対日本

A question (to which I don’t have the full answer): why are the interest rates on Italian and Japanese debt so different? As of right now, 10-year Japanese bonds are yielding 1.09%; 10-year Italian bonds 5.76%.
疑問(私もそれに対する完全な答えを持っていない):なぜ、イタリアと日本の債務に掛かる利子率はこれほど違っているのか? 現在、日本の10年物国債の利回りは1.09%だが、イタリアの10年物国債の利回りは5.76%である。

I ask this because in a number of ways the two countries look similar. Both have high debt levels, although Japan’s is higher. Both have awful demography. In other respects, the numbers if anything favor Italy, which has a much smaller current deficit as a percentage of GDP.
多くの面で、この2国は似ているため、私はこのことを疑問に思う。どちらも債務水準が高いが、日本のほうがより高い。どちらの人口統計学もすさまじいものがある。他の点については、むしろ、数字はイタリアのほうが有利である。現在のイタリアのGDPに占める財政赤字の割合は日本よりずっと小さい。

So what’s going on? I normally argue that members of the euro zone that have excessive costs ― which certainly includes Italy ― face a straightjacket in the sense that they will be forced to go through a period of grinding deflation to restore competitiveness. But while Japan has its own currency, it’s suffering from its own deflation all the same.
それなら、何が起こっているのか? 私は基本的には、過大なコストが掛かるユーロ圏のメンバー―イタリアも確かにそこに含まれる―は、ある意味で、競争力を回復するためには骨の折れるデフレの期間を経ることが強制される拘束着に直面している。だが、日本は独自の通貨を持っているので、彼らが苦しんでいるデフレは、それ自身の問題である。

What is true is that the Bank of Japan is keeping rates at zero, while the European Central Bank seems determined to raise rates. Is that enough to explain the difference? Or is it something about the absence of a proper lender-of-last-resort function?
確かなことは、日本銀行が利子率をゼロに保とうとしている一方、ヨーロッパ中央銀行はり利子率を上げることを決めているように思えるということだ。それで、この違いを十分に説明できるだろうか? あるいは、適切な「最後の貸し手」機能の不在についての何かがあるのか?

Or, finally, do Japanese politics ― for all their disappointments ― just look more mature than those of Italy?
あるいは、最終的に、日本の政策は―それらが期待はずれであったとしても―イタリアよりも熟練しているように見えているのか?

I actually don’t have a firm view. But it seems to be an important puzzle to resolve.
実際、私は確定的な見解を持っていない。だが、それは解かれるべき重要なパズルであるように思える。

S&P/April 18, 2011, 10:47 AM

S&P

OK, so Standard and Poors has warned that it might downgrade the US one of these days. At first read, what it says doesn’t seem too silly: it lays stress, rightly, on political gridlock. The point should be that the US is perfectly capable both of running large deficits now and getting its fiscal house in order over time; but not if the parties cannot agree on any kind of solution. What we do to spending this year or next is irrelevant.
OK、スタンダード・アンド・プアーズが近々アメリカを格下げする可能性を警告している。初見では、それが言っていることは、それほど馬鹿げているとは思えない。それは、正しくも、政治的な停滞に圧力をかけている。重要なのは、アメリカが現在の巨大な赤字予算を完全に運営する力を持つことであり、財務状況を経時的に秩序ある状態に保つことである。もし全ての政党があらゆる種類の解決策に同意できないのであれば、それは不可能だ。今年や来年の支出のためにすることは、関係がない。

That said, it’s worth remembering that S&P downgraded Japan in 2002 ? and here’s what happened:
とは言うものの、S&Pが2002年に日本を格下げしたことも覚えておく価値がある―そして、これが起きたことだ:

jgb10.jpg

Japanese bonds became known as the “trade of death”, because people kept betting on an interest rate rise, and it kept not happening.
日本の国債は「死の取引」として知られるようになった。なぜなら、人々はずっと利子率が上昇するほうに賭け続けていたのに、それはずっと起こらないままだったからだ。

So, no big deal.
だから、大したことはない。

Update: Like I said, no big deal:
更新:私が言ったとおり、大したことはない:

sandp.jpg

It Was Debt What Did It/July 15, 2011, 9:16 AM

It Was Debt What Did It 借金こそがそれをした

Never mind William Galston’s strange belief that debt-deleveraging is a new theory, unknown to Keynesian economics; Mian and Sufi are in fact doing terrific work. They have been testing the effects of household leverage by looking at cross-sectional evidence, in particular county-level US data. Here’s the chart I found most compelling:
ウィリアム・ガルストンが、債務のレバレッジ解消は新たな理論であり、ケインズ経済学では知られていないという奇妙な信念を持っていることを気にすることはない。実際に、MianとSufiは驚くべき仕事をしている。彼らは横断的な証拠、特に、郡レベルでのアメリカのデータを見ることによって家計のレバレッジの効果を検証している。ここに、私が非常に説得力があると思うチャートがある:

071511krugman2-blog480.jpg

What you can see is that there was a drop in demand even in low-debt counties during the OGWAGD (Oh God we’re all gonna die) period that followed the fall of Lehman; but since then demand in these counties has fully recovered. What’s holding the economy back despite the easing of the financial crisis per se, the evidence suggests, is the overhang of household debt.
ここから見て取れることは、リーマンの倒産に続く、OGWAGD(Oh God we’re all gonna die:我々全てが死にそう)の期間には、低債務の郡であっても需要の低落がある。だが、その時以来、これらの郡の需要は完全に回復している。本来の金融危機が落ち着いているのに、経済が萎縮しているのは、家計の債務が過大であるからだ。

This does not say that there’s nothing policy can do. On the contrary, debt-deleveraging models say that fiscal policy can help bridge the gap while households pay down debts, and that debt relief ― either directly or via inflation that erodes the real value of debt, can make a big difference.
これは、政策でできることは何もないと言うことではない。反対に、債務のレバレッジ解消モデルでは、財政政策は、家計が債務を返済している間、そのギャップを埋めるのに資することができるし、債務免除は―直接的であろうと、債務の実質価値を侵食するインフレを通してであれ―大きな違いをもたらすことができる。

What this type of analysis does suggest ― and I keep wanting to write a column about this ― is that at this point we’re much too solicitous of the banks. They are not where the problem lies; it’s households we want to worry about.
この種の分析から見ると―そして、私はそのことをコラムでずっと書きたいと思っている―現時点で、我々は銀行の問題を気にしすぎているということだ。そこに問題があるのではない。我々が心配したほうがいいのは家計である。 

Japan 1998/August 31, 2010, 9:19 PM

Japan 1998 1998年の日本

I’m starting to see another curious myth popping up in comments ― namely, that I claimed that Japan’s policy of quantitative easing, which consisted simply of stuffing more reserves into the banks, would work.
コメントの中にまた新しい奇異な神話が出現し始めている―すなわち、銀行に更なる預金準備を与えることを意味するだけである、日本の量的緩和政策は機能すると、私が主張しているという神話だ。

So, just for the record, here’s the little wonkish paper (pdf) I wrote back in 1998 ― the one that alerted me to the danger of falling into a liquidity trap, so that I was intellectually prepared for the mess we’re in. The whole point of that paper was that when you’re up against the zero lower bound, it doesn’t matter how much money you print ― not unless you credibly promise higher inflation.
念のため、私が1998年に書いた少し専門的な論文がここにある―それが、流動の罠に陥る危険性を目覚めさせてくれたので、私は現在の苦境のための知的な準備ができていた。この論文のすごく重要なところは、ゼロ下限の金利に直面する時には、どれだけお金を刷るかは問題ではないということである―もっと高いインフレを確実に保証できない限り。

And of course, now we’re all Japanese.
そして、もちろん、我々は今や全て日本人だ。


翻訳の感想:クルーグマン本人の推奨記事。ここ
「now we’re all Japanese」は、たぶん、ミルトン・フリードマンとニクソン元大統領の言葉「We’re all Keynesians now」のもじり。

Why Are Wages Still Rising? (Wonkish)July 9, 2011, 4:17 PM

Why Are Wages Still Rising? (Wonkish) なぜ賃金は今でも上昇しているのか?(オタク風)

One reason comparisons between current events and the 1970s are so wrong ― and fears that stagflation is just around the corner are so wrong (and have been wrong for three years running) ― is the absence of any surge in wages:
現在の出来事を1970年代になぞらえるのが大間違いである理由の一つ―そして、スタグフレーションが差し迫っているという恐れが大間違いな理由―は、賃金の急上昇がまったくないからである:

070911krugman3-blog480.jpg

But some people have asked me, with all this unemployment, why are wages still rising at all?
だが、私は尋ねられることがある、こんなに失業があるのに、なぜ賃金は今でも少しであれ上昇しているのか?

Well, one answer is that there is still some leapfrogging going on, with wages rising because they’re expected to rise, a process I wrote about when trying to explain why we need a concept like core inflation.
ああ、一つの答えとしては、賃金は上昇すると予想されるから上昇するという、蛙飛びのような過程が今でも続いているからだ。それは、なぜコアインフレのような概念が必要なのかを説明しようとする時に、私が描写したプロセスである。

But I suspect that’s not the whole story, that downward nominal wage rigidity ― the great reluctance of employers to demand, and workers to accept, actual wage cuts ― is also at work.
だが、私は、これが話の全てではなく、名目賃金の下方硬直性―賃金カットは、雇用主が求めることも、労働者が受け入れることも非常に忌避される―も同様に作用しているのではないかと思っている。

But wait ― how can a zero lower bound on wage changes explain rising wages?
でも、待ってほしい―どうやったら、賃金変化のゼロ下限によって、賃金の上昇を説明できるのか?

Think of it this way: people are different, with different skills, different locations, etc.. As a result, a labor market in which supply and demand “want” to keep average wages unchanged would actually “want” some peoples’ wages to rise, while others’ wages fall. it would look something like this:
こんな風に考えてほしい:人々はそれぞれ違っており、異なるスキルを持ち、異なる場所にいる、等々…。結果として、需要側と供給側が共に平均賃金を不変のままにしておくことを「望む」労働市場は、実際には、ある人々の賃金は上昇する一方、他の人の賃金は下落することを「望んでいる」ことになる。それはこんな風に見えるだろう:

070911krugman4-blog480.jpg

But suppose that it’s very hard to get wage cuts. Then the actual distribution of wage changes will be truncated, with very few negative entries:
だが、賃金カットはすごく難しいと考えてほしい。その時、賃金変化の実際の分布は、負の符号のものがほとんどない、断ち切られた形になるだろう:

070911krugman5-blog480.jpg

And the result will be that average wages are actually rising even in a slack labor market.
結果としては、買い手労働市場であっても、平均賃金は実際に上昇することになる。

Does the labor market actually look like this? Recent work by Barrattieri, Basu, and Gottschalk tries to get at the actual distribution of wage changes. They’re very cautious about the downward nominal wage rigidity thing, but their data (which come from the late 1990s, a time of strong labor demand, but not for everyone) sure look like it:
実際の労働市場はこんな風に見えるのだろうか? Barrattieri、 Basu、Gottschalkによる最近の論文は、実際の賃金変化の分布を捉えようとする試みである。彼らは名目賃金の下方硬直性といったことに非常に用心深い人々であるが、彼らのデータ(1990年代後期のデータ。その頃は労働需要が強かったが、全ての人という訳ではない)は、まさにそれを示している:

070911krugman6-blog480.jpg

So as I see it, we’re in a state of censored wage deflation; underlying forces are trying to make wages fall, but thanks to the combination of dispersion and rigidity actual average wages are still rising slowly.
私の見るところ、我々は検閲された賃金デフレの状態にある。根底にある力は賃金を押し下げようとしているが、ばらつきと硬直性の組み合わせによって、実際の平均賃金は今でもゆっくりと上昇している。

And yes, that means that we’re looking at an economy with desperately deficient demand.
そして、そう、このことは、我々が目にしている経済が、絶望的なほど需要不足であるということを意味している。

The Fatalist Temptation/July 9, 2011, 9:47 AM

The Fatalist Temptation 運命論者の誘惑

I’m seeing more and more pieces like this one, in which pundits look at stubbornly high unemployment and declare that it must be structural ― something we just have to live with, or at least something that will take long-term policies (translation ― someone else’s problem) rather than mere stimulus, to correct.
私はますますこんな感じの記事を見かけるようになっている。その中で、専門家たちは頑固な高失業率を見て、それは構造的なものに違いないと宣言する―我々が耐え忍ぶべき何か、あるいは少なくとも、単なる刺激策以上の長期的な政策(翻訳―自分以外の誰かの問題)を必要とする何か。

Bah humbug. Actually, worse than that, because this kind of fatalism corrodes whatever will we might have to actually deal with our problems.
ふふん、戯言だ。実際には、もっと悪いことに、何事であれ現に我々が問題に対処するのを邪魔しているのは、この種の運命論者である。

Why is unemployment remaining high? Because growth is weak ― period, full stop, end of story. Historically, low or negative growth has meant rising unemployment, fast growth falling unemployment (Okun’s Law). Here’s a scatterplot of quarterly data since 1948, with pre-Great Recession observations in blue and observations since 2008 in red:
なぜ、失業率は高いままなのか? それは成長率が低いからだ―ピリオド、終止符、話は終わり。歴史的に、低いかマイナスの成長率は失業率の上昇を、速い成長率は失業率の低下を意味している(オークンの法則)。ここに1948年以来の散布図がある。「大不況」前の観測を青で、2008年以来の観測を赤で示してある:

070911krugman1-blog480.jpg
St. Louis Fed

The relationship is a bit noisy, as economic relationships generally are ― and what we’ve been seeing lately is well within the normal range of noise. There’s no hint in these data that we’ve entered new territory in which decent growth fails to create jobs; the problem is that we haven’t had decent growth.
この関連性は、経済的な関連性が一般にそうであるように、少しノイズがある―そして、我々が最近目にしているものは、通常のノイズの範囲内である。これらのデータの中に、しっかりした成長が職を創出するのに失敗するというような、新たな領域に突入したとほのめかすものは何もない。つまり、問題はしっかりした成長がないということだ。

And if we had a structural unemployment problem, we’d be seeing labor shortages and rising wages. We aren’t: wages actually fell last month.
そして、もし、それが構造的失業の問題であるなら、我々は労働力不足と賃金の上昇を目にしているはずだ。そうではない、賃金は実際に先月下落した。

So what’s with the rush to declare our problems structural, not amenable to easy solution?
それなら、我々の問題は構造的なものであり、安易な解決策の出てくる余地はないという宣言が殺到しているのはなんなんだ?

Partly, that’s what always happens ― it’s what happened during the Great Depression.
部分的には、それはいつも起こることだからだ―それは大恐慌の間にも起こっていた。

But I’d add a second factor: the truth about our slump ― that we know how to fix it, that we could fix it in a year if we had the political will, but that bad ideas and worse politicians are standing in the way ― makes people uncomfortable. They want to believe that we have a deep problem, and that’s why we’re in such a mess.
だが、私は二つ目の要因を付け加えたい:我々の不景気の真実―我々はその治し方を知っているし、政治的な意思があれば一年以内に治すことができるだろうが、悪い考え方ともっと悪い政治家が邪魔をしている―は、人々を居心地悪くさせてしまう。彼らは深遠な問題があるのだと信じたがっている、そして、そのために我々はこんな窮地に陥ってしまった。

The truth is that the fault lies not in our structure, but in ourselves.
本当のところ、過ちは我々の構造にあるのではなく、我々自身の中にある。

Fall of Rome?/July 11, 2011, 8:01 AM

Fall of Rome? ローマの没落?

I’ve been relatively sanguine about Italy, in a depressed sort of way: the debt level is high, but the deficits have been fairly modest, so I thought the Italians could limp along for a long time.
私はどちらかと言えば、不景気であるとはいえ、イタリアについて楽観視していた:債務の水準は高いが、財政赤字はまあ穏当なものである。だから、私は、イタリアが長期間にわたりのろのろ進んでいくことができると考えていた。

I may have been wrong:
私は間違っていたのかもしれない:

071111krugman1-blog480.jpg
Italy 10-year

This could get very interesting, in the worst sense. The chances of a real euro breakup (as opposed to one or more small peripheral economies falling off) are still small, but no longer negligible.
これは、悪い意味で、非常に興味深いものになるかもしれない。現実のユーロが崩壊する可能性は依然として小さい(一つまたは複数の小規模な周縁国の経済が脱落する可能性とは対照的に)が、もはや無視できるものではない。

Update: That’s the interest rate on Italian 10-year bonds.
更新:これはイタリアの10年物国債の利子率。

Austerity USA/July 8, 2011, 2:05 PM

Austerity USA アメリカの財政緊縮策

I’m not the only one making this point, but when you hear Republicans saying that what we need to do to create jobs is slash government spending and cut government payrolls, that’s exactly what has been happening for the past year, as the Obama stimulus has faded out. Here’s government employment (that bulge was Census hiring):
私がこの件を主張する初めての人間というわけではないのだが、共和党員が、職を創出するために必要なことは政府支出を大幅に削減して、政府の従業員数をカットすることだと言っているのを聞くと、オバマの景気刺激策がすでに消えうせてしまったのと同じように、それはまさにここ数年にわたって実際に実行されてきたことだ、と言っておきたくもなる。以下に、政府雇用のデータを示す(突出した部分は、国勢調査のための雇用):

070811krugman2-blog480.jpg

And here’s government purchases of goods and services (so it doesn’t count transfer payments like unemployment insurance):
そして、こちらが政府による財サービスの購入額だ(失業保険のような移転支出は含まない):

070811krugman3-blog480.jpg

Basically, government has been shrinking for the past year ― in practice, fiscal policy has been doing exactly what Republicans say it should be doing. Where’s my confidence fairy?
基本的には、政府はここ数年縮小している―実際に、財政政策は、共和党員がやるべきであると主張する通りのことをしてきている。どこに信頼の妖精がいるんだ?

Cash Is Not the Problem/July 2, 2011, 10:58 AM

Cash Is Not the Problem 現金は問題ではない

A couple of followups to my repatriation post.
私の本国還流に関するポストへのいくつかの補足。

First, are corporations really awash in cash? Yes. Here’s corporate cash flow versus business investment spending; since not all investment spending comes from corporations, this actually understates the degree to which corporations are taking in more cash than they are willing to invest:
最初に、企業は本当に現金が有り余っているのか? ああ、ここに企業の現金の流出入とビジネス投資を対比した図がある。全ての投資が企業によって行われるわけでないので、これは、企業が投資をするよりも、現金を内部に取り込もうとしている度合いを実際には過小評価している:

070211krugman3-blog480.jpg

Second, banks are also sitting on large amounts of cash that they aren’t lending:
2つ目に、銀行もまた、貸し出していない現金の大部分を寝かせたままにしている:

070211krugman4-blog480.jpg

These aren’t abstruse points. On the contrary, the fact that corporations aren’t investing as much as they could has become a major right-wing talking point, with repeated claims that companies are holding back because of political uncertainty. Actually, they’re holding back because they don’t see enough consumer demand ― but in any case, cash is not the problem.
これらは難しい問題ではない。反対に、企業が可能なだけの投資をしていないという事実は、右翼の主要な論点になっていて、企業は政治的不確実性のために抑制的になっていると繰り返し主張されている。実際には、企業は消費者の需要が十分でないと見ているために抑制的になっている―だが、どちらの場合でも、現金は重要ではない。

So it’s truly remarkable ― an impressive case of doublethink ― that the same people who decry the fact that firms and banks are sitting on cash insist that it’s totally vital that we give those firms and banks more cash, so that they can invest and create jobs.
企業や銀行が現金を寝かせたままにしていることを非難している人々が、企業や銀行にもっと現金を与えることが、投資を増やし、雇用を創出するためにまったく死活的であると主張するのは本当に驚くべきこと―二重思考の印象的な例―である。

You see this in a number of contexts. The repatriation issue ― in which we’re going to give companies a big tax incentive to bring cash home, and then sit on it or use it to buy back their own stock ― is one.
こういったことは様々な文脈で見られる。本国還流問題―企業が本国に現金を持ってくるように大きな税的インセンティブを与えること、そして、その時には彼らはその現金を寝かせておくか、自己株式を買い戻すために使う―がその一つだ。

Another is the way Republicans are defending against attempts to curb things like the tax break on corporate jets; as Greg Sargent reports, they’re basically saying that if you take money away from “the wage payer offering a job”, you’ll reduce employment. Um, but those “wage payers” are sitting on lots of cash already, and not using it to pay wages or anything else.
共和党員が、社用飛行機に対する税制優遇措置のようなものを抑制しようとすることに反対しているのも同じことだ。グレッグ・サージェントが報告するように、彼らが基本的に言っていることは、「職を提供する賃金の払い手」からお金を奪えば、雇用が減ることになると言うことだ。うーん、でも、それらの「賃金の払い手」は既に大量の現金を寝かせたままにしていて、それは給料を払うといったことのために使われていない。

And then there are the banking issues. We mustn’t hold the banks accountable for the mortgage mess, or impose higher capital standards, or anything, because that would reduce their ability to lend; never mind the fact that if they wanted to lend, all they would have to do is withdraw some of those huge excess deposits they have at the Fed.
それから、銀行の問題がある。我々は銀行に住宅ローンの混乱の責任を負わしてはならない、あるいは、高い資本基準を課してはならない、なぜなら、そういったことは彼らの貸し出しする能力を減らすから。もし彼らが貸し出しをしたいなら、FRBにある膨大な預金準備の余剰を引き出せばいいだけであるという事実は気にするな。

So repeat after me: lack of cash at major corporations, both financial and nonfinancial, is not the problem with our economy. And showering more cash on these players will do nothing except, well, shower cash on these players.
そこで、私の後に続いてくれ:大企業における現金の不足は、金融的にも非金融的にも、我が国の経済にとって問題ではない。そして、これらのプレイヤーにさらにどっさりと現金を与えることは、えーと、これらのプレイヤーにどっさりと現金を与えることを除いて何の効果もない。

Core Logic/February 26, 2010, 9:39 AM

Core Logic コアの論理

Since I’m taking a break from shoveling, I thought I might take a few minutes to address an issue that seems to confuse many people: the idea of core inflation. Why do we need such a concept, and how should it be measured?
私は最近掘り下げれていないんだが、多くの人々を混乱させているように思える問題を位置づけるべく数分かけてみようと思った。それはコア・インフレについての観念のことだ。なぜ、こんな概念が必要なのか? そして、それはどのように測られるべきなのか?

So: core inflation is usually measured by taking food and energy out of the price index; but there are alternative measures, like trimmed-mean and median inflation, which are getting increasing attention.
通常、コア・インフレは物価から食料とエネルギーを除くことによって測られる。だが、トリムド・ミーンやメディアン・インフレといった、注目を集めつつある代替の測定方法もある。

First, let me clear up a couple of misconceptions. Core inflation is not used for things like calculating cost-of-living adjustments for Social Security; those use the regular CPI.
最初に、いくつかの誤解を訂正させてほしい。コア・インフレは社会保障のための生計費調整分を計算すると言ったことのためには使われていない。それらには通常のCPIを使う。

And people who say things like “That’s a stupid concept ― people have to spend money on food and gas, so they should be in your inflation measures” are missing the point. Core inflation isn’t supposed to measure the cost of living, it’s supposed to measure something else: inflation inertia.
「そんな概念はばかげている―人々は食料やガソリンにもお金を使わなければならないのだから、インフレを測る時にも、それらは含められなければならない」というような事を言っている人はポイントがずれている。コア・インフレは生活費を測るためのものではない。それはその他の何かを測る為のものである。つまり、インフレの慣性だ。

Think about it this way. Some prices in the economy fluctuate all the time in the face of supply and demand; food and fuel are the obvious examples. Many prices, however, don’t fluctuate this way ― they’re set by oligopolistic firms, or negotiated in long-term contracts, so they’re only revised at intervals ranging from months to years. Many wages are set the same way.
こんな風に考えてもらいたい。経済の中で、ある価格は需要と供給に応じて、常に変化している。食料と石油が代表的な例だ。しかしながら、多くの価格はこんな風には変動しない。それは寡占企業によって決められ、あるいは長期的な契約交渉のもとで決められるので、数ヶ月から数年の間隔ごとにしか改定されない。多くの賃金も同じような方法で決まる。

The key thing about these less flexible prices ― the insight that got Ned Phelps his Nobel ― is that because they aren’t revised very often, they’re set with future inflation in mind. Suppose that I’m setting my price for the next year, and that I expect the overall level of prices ― including things like the average price of competing goods ― to rise 10 percent over the course of the year. Then I’m probably going to set my price about 5 percent higher than I would if I were only taking current conditions into account.
この変動性の低い価格がカギとなるのは―ネッド・フェルプスがノーベル賞を獲得することになった洞察―それらの価格は非常に頻繁には改定されないため、頭の中にある将来のインフレを組み入れて決まるということだ。私が来年の価格を決めるとしよう。そして、私は、全般的な価格水準―競合財の平均価格のようなものを含む―が1年間に10%増加すると予想する。その時に、私は、単に現在の状況を考慮する時よりも、たぶん、5%ほど高く価格を設定するだろう。

And that’s not the whole story: because temporarily fixed prices are only revised at intervals, their resets often involve catchup. Again, suppose that I set my prices once a year, and there’s an overall inflation rate of 10 percent. Then at the time I reset my prices, they’ll probably be about 5 percent lower than they “should” be; add that effect to the anticipation of future inflation, and I’ll probably mark up my price by 10 percent ― even if supply and demand are more or less balanced right now.
そして、それがこの話の全てではない。なぜなら、一時的な固定価格は、一定の間隔ごとに改定するしかないので、それが置き換えられる時には、しばしばキャッチアップ分が含まれる。再び、私が1年に1回価格を決めるとして、全般的なインフレ率が10%だとしよう。私が価格を置き換える時には、その価格は「あるべき」価格よりも5%ほど低くなっているだろう。将来のインフレの予想への影響を加えれば、たぶん、私は10%価格を値上げするだろう―たとえ、現時点において、需要と供給が多かれ少なかれ均衡しているとしてもだ

Now imagine an economy in which everyone is doing this. What this tells us is that inflation tends to be self-perpetuating, unless there’s a big excess of either supply or demand. In particular, once expectations of, say, persistent 10 percent inflation have become “embedded” in the economy, it will take a major period of slack ― years of high unemployment ― to get that rate down. Case in point: the extremely expensive disinflation of the early 1980s.
今、経済の中で、全ての人がそうすると想像してほしい。このことから分かるのは、需要か供給どちらかの大きな過剰がない限り、インフレは自己永続的な傾向があるということだ。特に、いったん、例えば10%の永続的なインフレ期待が、経済の中に「埋め込まれてしまう」と、その率を下げるためには、かなりな期間の弛緩―高失業率の数年間―が必要になる。その例が、1980年代初期の非常に費用のかかったディスインフレだ。

Now, the measurement issue: we’d like to keep track of this sort of inflation inertia, both on the upside and on the downside ― because just as embedded inflation is hard to get rid of, so is embedded deflation (ask the Japanese). But in the real world, while some (many) goods behave like this, some don’t: their prices rise quickly with supply and demand changes, and don’t display inertia. So we need a measure that extracts the signal from the noise, getting at the inertial part of the story.
今、測定の問題について:我々は、上方であれ下方であれ、インフレの慣性のようなものを追跡したい―なぜなら、埋め込まれたインフレを取り除くのが難しいのと同じように、埋め込まれたデフレを取り除くのも難しいから(日本に聞いてくれ)。だが、現実の世界では、ある(多くの)財はこんな風にふるまうが、そうではない財もある。それらの価格は需要と供給の変動に応じて即座に上昇するものであり、慣性は見られない。だから、我々は雑音から信号を抽出するための測定手段、この筋書きでは慣性の部分を捉える手段が必要となる。

The standard measure tries to do this by excluding the obviously non-inertial prices: food and energy. But are they the whole story? Of course not ― and standard core measures have been behaving a bit erratically lately. Hence the growing preference among many economists for measures like medians and trimmed means, which exclude prices that move by a lot in any given month, presumably therefore isolating the prices that move sluggishly, which is what we want.
標準的な測定手段では、明白に非慣性的な価格、つまり食料とエネルギーを取り除くことによって、これを行おうとしている。これが話の全てだろうか? もちろん違う。標準的なコアの測定手段は、最近、少し随伴的になっている。それゆえ、多くの経済学者の間で、メディアンやトリムド・ミーンのような測定手段を好む傾向が強くなっている。それらは、所与の月に何度も変動する価格を除外することによって、鈍重な動きの価格を隔離しているが、それこそ我々が求めているものである。

And what these measures show is an ongoing process of disinflation that could, in not too long, turn into outright deflation:
これらの測定手段が示しているのは、現在進行中のディスインフレの過程が、そう遠くない将来、明らかなデフレに転じる可能性があるということである:

coredeflate.png
Cleveland Fed

Japan, here we come.
日本、そこに我々は向かっている。


翻訳の感想:クルーグマン自身の推奨記事。ここ

Charting Our Policy Insanity/July 8, 2011, 12:47 PM

Charting Our Policy Insanity 我らが政策の狂気を表にする

070811krugman1-blog480.jpg
Federal Reserve Bank of St. Louis

Just to say what should be obvious: unemployment is extremely high by historical standards, while interest rates are very low. Yet unemployment has almost disappeared from policy discussion, which is preoccupied with the need to appease hypothetical bond vigilantes.
どう考えても明らかなことについて言っておこう:失業率は歴史的な基準から見て極端に高い。一方、利子率は非常に低い。それにもかかわらず、失業の問題は政策的な議論からほとんど消えうせてしまい、仮想の債券自警団が出現する必然性に気を取られている。

Awesome.
驚くべきことだ。

Wrong To Be Right/June 30, 2011, 5:24 PM

Wrong To Be Right 正しくあろうとして間違える

Atrios is annoyed at David Wessel, and rightly so. I’d summarize Wessel’s column a bit differently: it’s roughly “Some people thought from the beginning that the stimulus should have been much bigger. Hahaha! Also, it turns out that the stimulus was too small, so we need some more.”
Atriosがデヴィッド・ウェッセルに困惑しているが、無理もない話だ。私がウェッセルのブログをちょっと変えて要約しよう。それは大まかに言えば、「当初から財政刺激策はもっと大規模であるべきだと考えていた人々がいた。ハハハ! それから、財政刺激策は少なすぎたことが明らかになって、我々はさらなる追加策を必要としている」。

This is actually a fairly familiar thing from my years as a pundit: the surest way to get branded as not Serious is to figure things out too soon. To be considered credible on politics you have to have considered Bush a great leader, and not realized until Katrina that he was a disaster; to be considered credible on national security you have to have supported the Iraq War, and not realized until 2005 that it was a terrible mistake; to be credible on economics you have to have regarded Greenspan as a great mind, and not become disillusioned until 2007 or maybe 2008.
実際に、これは、私の専門家としての年月の中で、かなりよくあることだ。すなわち、「まじめ」でないと烙印を押されるもっとも確実な方法は、あまりにも早く物事を理解してしまうことである。政治的に信頼できるとみなされるためには、ブッシュを偉大なリーダーと考えなければならなかった。そして、カトリーナまでずっと、彼が厄病神だと悟ってはならなかった。国家的な安全保障について信頼できるとみなされるためには、イラク戦争を支持しなければならなかった。そして、2005年までずっと、それが恐ろしい誤ちであると悟ってはならなかった。経済問題について信頼できる人であるためには、グリーンスパンを偉人とみなさなければならなかった。そして、2007年までずっと、あるいは2008年まで幻滅を感じてはならなかった。

But something else struck me about Wessel’s piece: among the things he suggests to raise employment is passing more free trade agreements. Where did that come from?
だが、ウェッセルの記事について、他にも私に驚きを与えたものがある。彼が雇用を増やすために、さらなる自由貿易協定の導入を提案していることだ。それはどこから来る話なのか?

The case for free trade is about microeconomics, about raising efficiency. There’s no particular reason to think that trade liberalization is good for fixing problems of inadequate demand. I mean, you learn in Econ 101 that aggregate spending is Y = C+I+G+X-M; that is, consumer spending, plus investment spending, plus government purchases, plus exports, minus imports. Trade liberalization raises X, but it also raises M. For any individual county it can go either way; for the world as a whole it’s a wash, since total exports equal total imports.
自由貿易に賛同する論拠はミクロ経済学についてのもの、効率性を上げることについてのものである。貿易自由化が不十分な需要という定着した問題にとって良いものであると考える特別な理由はない。要するに、Econ101で教わるように、総支出とはY=C+I+X-Mのことだ。これは、消費支出、足す投資支出、足す政府支出、足す輸出、引く輸入を意味する。貿易自由化はXを増加させるが、Mも増加させる。どんな国であっても、これは両方向に作用する。全体としての世界で見ると、総輸出と総輸入は等しくなるので、差し引きゼロになる。

So why is trade liberalization an answer to our current problems? Because, says Wessel, it would shore up business confidence. Why, exactly?
そうであるなら、なぜ、貿易自由化が我々の現在の問題への答えとなるのか? ウェッセルが言うには、それがビジネスの信頼をてこ入れするからである。なぜ、そう言えるのか?

The reason this struck me is that the need to reduce trade barriers is a central argument in that 1934 book by Lionel Robbins I blogged about the other day. And the same incoherence was present there.
これが私を驚かせた理由は、私が先日のブログで書いた1934年のライオネル・ロビンズの本でも、貿易障壁を少なくすることが中心的な問題となっていたからである。そして、同じような支離滅裂さが現在にもあったことだ。

For what it’s worth, by the way, the economies of Western Europe in the 1950s retained many of the protectionist measures introduced during the 1930s; capital controls, in particular, stayed in place for a long time. And they had full employment.
ところで、お役に立つか分からないが、1950年代の西ヨーロッパ経済は、1930年代に導入された保護貿易的な制度の多くを維持していた。特に、資本規制は長期間にわたり存続した。それでいて、西ヨーロッパは完全雇用であった。


翻訳の感想:Econ101は、大学の非常に基礎的な経済学の講義。経済原論。

Stocks, Flows, and Pimco (Wonkish)/April 19, 2011, 3:55 PM

Stocks, Flows, and Pimco (Wonkish) ストック、フロー、そしてピムコ(オタク風)

I’ve been getting questions about what happens when the Fed wraps up QE2 ― related especially to Bill Gross’s public view that interest rates will shoot up. This is related to the question of the extent to which QE2 has kept interest rates low. So a quick exposition of my theoretical position, which also happens to be more or less standard economics.
私は、特にビル・グロースが利子率の急騰を公言したことに関連して、FRBがQE2を行っている時には、何が起こっているのかについて質問をよく受ける。これは、QE2がどの程度まで利子率を低く抑えていたのかという疑問にも関連する。そこで、私の理論的な立場を簡単に示しておくことにする。それは偶然にも、多かれ少なかれ、標準的な経済学のものだ。

So: I basically think of asset prices in a Tobin-type stock equilibrium framework (pdf). People make portfolio choices, allocating their wealth among bonds, stocks, etc.. Asset prices – including the famous “q” – rise and fall to match these portfolio choices to the actual asset supplies.
私は基本的には、資産価格をトービン型のストック均衡フレームワークで考える。人々はポートフォリオの選択をして、彼らの資産を債権、株式等の間で割り当てる。資産価格―有名なトービンの「q」も含む―は、そのポートフォリオの選択と実際の資産供給が適合するように上下する。

On this view asset purchases matter because over time they change the stocks of assets available : by buying long term federal debt, the Fed takes some of that debt off the market, and hence drives up the price of what’s left, reducing interest rates. The flow – the rate of purchases – matters only to the extent that it affects expected returns.
この視点から言えば、人々は、利用可能な資産のストックを何度も交換することになるので、資産を購入することは重要である。つまり、長期の連邦債務を購入することによって、FRBは市場からその債務のうちいくらかを持ち去ることになり、それゆえ、残された債務の価格は上昇して、利子率は下がる。そのフロー―購入する速度―は、それが予想される収益に影響を与える程度において重要である。

On this view, the fact that the Fed is currently buying some large fraction of debt issuance is irrelevant; interest rates are determined by the willingness at the margin of private investors to hold the existing stock of debt, regardless.
この視点から言えば、現在、FRBが、発行される債務の大きな割合を購入しているという事実は関係がない。利子率は、それとは別に、民間の投資家が現存する債務のストックを喜んで保持するような利ざやによって決まる。

This view could be wrong, or at least incomplete. Investor inertia – a tendency to leave funds where they are – could give flows an independent role. But how much of a role? If you believe that it is obvious that rates will spike as soon as QE2 ends, you have to ask why investors aren’t moving out of US debt now in anticipation; you don’t have to believe in efficient markets to believe that totally obvious gains or losses will be anticipated.
この見方は間違っているか、あるいは少なくとも不完全である可能性がある。投資家の慣性―基金を現状のままにしておく傾向―が、フローに独立した役割を与える可能性がある。でも、その役割はどれほど大きいのか? もし、QE2が終了すればすぐに、利子率が跳ね上がるのは明らかと予想するなら、なぜ、投資家は、今、それを予想してアメリカの債務を外さないのかを考えなければならない。完全に明白な利益あるいは損失が予想可能であると考えるのに、効率的市場を信じる必要性はない。

I’d also add that if flows matter a lot ― if it’s hard to persuade investors to buy a suddenly increased quantity of newly issued Treasuries per month, as opposed to being willing to hold the total amount of Treasuries outstanding ― the big shift into budget deficits and the corresponding increase in Treasury issuance should have led to sharply rising interest rates. And as you may recall, some people did predict just that ― and ended up not just with egg on their faces, but losing a lot of money for their investors.
もし、フローが非常に重要であるなら、米国債残高の全体としての量を基準にするのとは違って、投資家に、月ごとに新たに発行される量が突然に増えた米国債を買うように説得するのは難しくなるということも付け加えておく―赤字予算への大きな転換と、それに伴う米国債の増加は急激な利子率の上昇を導くだろう。そして、覚えているかは分からないが、まさにそう予言した人々がいた―そして、結局、彼らは恥をかくだけではなく、顧客のお金を相当失うことになった。

So I don’t buy the notion that rates are low only because the Fed is doing QE2; if there were really a problem with the marketability of US debt, rates would be high regardless. And so I don’t expect rates to spike when QE2 ends unless there’s good economic news that gives us a reason to believe that the zero-rate policy on short-term rates will end sooner than expected.
そういうわけで、私は、FRBがQE2を行っているために、利子率が低いという考えを受け入れられない。本当に、アメリカの債務の市場性に問題があるなら、利子率はそれと関係なく上昇しているはずだ。そして、短期のゼロ金利が予想されるよりも早く終了すると信じる理由になるような良いニュースがない限り、私は、QE2が終わる時に利子率が跳ね上がるとは思わない。

Update: Also, if you think that US interest rates are being held down by the fact that in some sense the Treasury hasn’t had to go to the market lately, since the Fed is buying debt ― although the Fed isn’t actually buying it direct from Treasury ― consider the case of Greeece. Greece isn’t going to the market at all these days, since it’s getting all its funding from the bailout package. That hasn’t stopped the 10-year interest rate on its outstanding debt from reflecting investors’ perception of its underlying solvency:
更新:さらに、最近、FRBが債務を買い取っているために―実際には、FRBは直接に財務省から国債を買い取ってはいない―ある意味では、アメリカ国債が市場に流れる必要がないから、アメリカの利子率が低く抑えられていると考えているなら、ギリシアの例を考えてほしい。ギリシア国債は最近、その全てが緊急融資による基金によって賄われるようになって以来、まったく市場に流れていない。そのことは、根底にある支払い能力への投資家の認識を反映して、その債務残高の10年物の利子率が上昇するのを止める手立てとなっていない:

44chart.png

Interest Rates: A Dowist Perspective/July 2, 2011, 10:07 AM

Interest Rates: A Dowist Perspective 利子率:ダウ主義者の見通し

One of my principles of 21st-century public discourse is that nobody ever admits that they were wrong about anything. And so it is with the totally obvious failure of the prediction that interest rates would soar once the Fed stopped adding to its bond holdings. These predictions were made by many people early this year; here’s what actually happened:
21世紀の公の議論において、私が見つけた法則の一つが、今までどんな事柄であれ自分が間違っていたと認めた人はいないということだ。それは、いったんFRBが国債の保有量を積み増すことを止めれば、利子率は暴騰するだろうという完全に明らかな予言の失敗であってもだ。そういう予言を、今年の始めごろ多くの人々がした。これが実際に起こったことだ:

070211krugman1-blog480.jpg
10-year bond rate

So sure enough, the usual suspects are claiming that the uptick at the end vindicates their argument.
そして、案の定、いつもながらの容疑者は終端での上昇が、彼らの議論への嫌疑を晴らすものと主張している。

Now, the first point is obviously that the QE2-blamers were warning about soaring rates when the 10-year bond rate was 3.6 or 3.7; having it bump up to 3.2 after having briefly having fallen to 2.9 isn’t exactly what they were telling us would happen.
今、まず明らかに重要なことは、QE2の批判者は、10年物国債の利子率が3.6%から3.7%の時に利子率の暴騰を警告していたと言うことだ。一時的に2.9%まで落ち込んだ後、3.2%まで上昇するというのは、彼らが起こると言っていた事ではない。

But more than that, it’s obvious that the recent rise in rates reflects increased optimism, not a fear that bond vigilantes are about to pull the plug on America.
だが、それ以上のこととして、最近の利子率の上昇は、債券自警団がいまにもアメリカの生命維持装置を外そうとしているという恐れではなく、楽観主義の増大を反映している。

How do we know that? Partly by reading the news: the upturn started when Greece passed its austerity package, and continued when the latest manufacturing survey came in better than expected.
どうやって私にそれが分かるのかって? 部分的にはニュースを読むことによってだ。つまり、ギリシアが財政緊縮案を受け入れた時にその上昇は始まり、最近の製造業に関する調査が予想されたよりも良かったことがそれに続いた。

But there’s also the behavior of other asset prices, in particular stock prices. If what we were seeing was a collapse of investor confidence in America, we’d expect to see stock prices falling. What we actually see is this:
だが、他の資産価格、特に株価の動向もある。もし、我々の目にしているものが、アメリカに対する投資家の信頼の崩壊であるなら、我々は株価の下落を見ると予想するはずだ。実際に、我々が見にしているのがこれだ:

070211krugman2-blog480.jpg
The Dow

Yep, stock prices soared as interest rates ticked up.
そう、株価は、利子率が上昇するのに合わせて急上昇している。

The people who claimed that the only thing keeping rates low was the fact that the Fed was buying bonds were wrong ― full stop. But they will never admit it.
利子率が低く抑えられているのは、唯一、FRBが国債を買っているという事実によると主張していた人々は間違っていた―終わり。だが、彼らがそれを認めることは決してないだろう。


翻訳の感想:full stopは終止符、ピリオドの意味。

British Inflation: A Teachable Moment/June 28, 2011, 11:35 AM

British Inflation: A Teachable Moment イギリスのインフレ:学びの時

Adam Posen gave a talk yesterday (pdf) about British monetary policy that drives home a point I’ve been meaning to make; namely, that what’s happening in Britain on the monetary front right now is very much a teachable moment for monetary policy more generally. The Bank of England faces the same kind conflict between what it should be doing and what it’s under pressure to do that faces the Fed, but in starker form. And if the BoE holds its ground, we should soon have a clear demonstration that one side is right and the other is wrong.
昨日、アダム・ポーゼンがイギリスの金融政策についての講演を行ったが、それは、まさに私が言わんとすることそのものである。すなわち、現在、イギリスの金融の最前線で起こっていることは、より一般的な金融政策において非常に学ぶことが多い機会である。イングランド銀行(以下、BoE)は、何をすべきかという事と、何をするように圧力をかけられているかという事の間の葛藤に直面している。FRBもそれに直面しているが、BoEのほうがより際立ったものである。そして、BoEが現在の立場を堅持すれば、我々は一方が正しくて、もう一方が間違っていると明白に分かる論証をすぐに得ることになる。

The story so far: Britain is currently experiencing relatively high headline inflation, more than 4 percent over the previous year. And so there are demands that the BoE tighten. Yet the bulk of the rise in inflation clearly represents temporary or one-time factors: a rise in value-added taxes as temporary breaks introduced during the recession expired, commodity prices, and the once-off effects of the fall in the value of the pound against the euro.
粗筋:現在、イギリスは相対的に高いヘッドライン・インフレ、去年は4%以上を経験している。そして、BoEには金融引き締めを求める声がある。だが、このインフレ上昇の大部分は明らかに一時的、もしくは一回限りの要因によるものである。つまり、景気後退期の減税措置の終了にともなう付加価値税の増加、商品価格(の上昇)、そしてユーロに対してポンドの価値が下落したことによる1回きりの効果。

Nonetheless, the inflation hawks demand a rate rise, arguing that despite the still very depressed state of the economy, inflation must be nipped in the bud or it will turn into stagflation, 70s-style.
それにもかかわらず、インフレ・タカ派は、いまだ経済が非常に落ち込んだ状況にいるというのに、インフレはつぼみの間に摘み取られなければならず、そうでなければ70年代型のスタグフレーションに突入するだろうと論じて、利子率を上げることを求めている。

What Posen points out is that the case for preemptive monetary tightening to head off stagflation is entirely based on the 70s experience; there have been no other similar episodes in history. before or since. And the situation in Britain today bears little resemblance to the situation preceding any modern takeoff in inflation. Here’s unit labor costs in the quarters preceding several modern British inflation episodes, and this time around:
ポーゼンが指摘しているのは、スタグフレーションを避けるための先制的な金融引き締めを求める議論が、完全に70年代の経験に基づいているということだ。歴史上、他に似たエピソードはない。その前もその後も。そして、今日のイギリスの状況は、あらゆる現代のインフレが起こる前の状況とほとんど似ているところはない。以下の図は、現代の様々なイギリスのインフレが起こった時と現在とに先立って、生産一単位当たりの人件費がどう推移していたかを四半期ごとに示したものだ:

062811krugman1-blog480.jpg

So it really does not look as if there’s much risk that this blip in inflation will turn permanent. And on the other hand, there’s every risk that a premature tightening will ensure that Britain faces a lost decade or more.
それは、現在のインフレの一時的な上昇が永続的なものになるリスクが高いようにはまったく見えない。そして、一方では、早すぎる引き締め政策により、イギリスが確実に失われた十年やそれ以上のものに直面するリスクはふんだんにある。

All the same issues apply in the United States, although in less extreme form: we didn’t have the VAT increase, but we did have the commodity shock, and the depreciation of the dollar has had some effect, although probably not as much as the depreciation of the pound.
同じこと全てが、極端なところは少ないものの、アメリカにも適用できる。つまり、アメリカは付加価値税を引き上げていないが、商品価格のショックはあったし、ドル安もたぶんポンド安ほど大きいものではないが、なんらかの効果はある

What we can hope for is that the BoE stays the course; and when inflation in the UK drops sharply, as it almost surely will, that will be an object lesson in the folly of always making policy as if it were 1979.
我々が望むのは、BoEが現在の政策を続けることである。そうすれば、イギリスのインフレが急速に下落したあかつきには、それはほぼ確実にそうなるので、その政策は、常にまるで今が1979年であるかのように政策決定を行うことの愚かさを示す良い実例となるだろうから。

The Old Superstition/June 28, 2011, 7:05 AM

The Old Superstition 古き迷信

I picked up a copy of Lionel Robbins’s 1934 book The Great Depression in a used book shop in Norwich. It’s quite revealing: judicious in tone, full of tables and facts, clearly meant to be seen as the work of a wise observer – indeed, a Very Serious Person.
私はノリッジの古本屋で、1934年に出版されたライオネル・ロビンズ著『大恐慌』を手に取った。それは非常に啓発的なものである:思慮分別があるような調子で、図表や事実がいっぱいで、明らかに賢明な観察者―そう、「非常に真面目な人々」だ―による作品として見られることを意図している。

And utterly, utterly wrongheaded
そして、本当に、本当に間違っている

“The first essential of any recovery from the position in which the world now finds itself is a return of business confidence,” declares Robbins. “But how is confidence to be restored?” He comes out against expansionary monetary policy, even to reverse the deflation of 1929-33 – he doesn’t really have any logical explanation, but having decided that the problem is “confidence”, he declares that monetary expansion would create “uncertainty” and therefore hurt confidence. He condemns exchange rate flexibility, again because it creates uncertainty and undermines confidence.
ロビンズは「世界が今ある状況からどうにか復活するためにまず重要なことは、ビジネスの信頼を回復することだ」と宣言する。「だが、どうやったら信頼を回復できるのか?」 彼は1923-33年の間のデフレを逆転させるためですら、拡張的な金融政策に反対すると公言する―そして、彼はまったく論理的な説明をせずに、問題は「信頼」にあると決め付けて、金融緩和が「不確実性」を生み、それゆえに信頼を傷つけると宣言する。彼は為替相場の変動性を非難する。なぜなら、再び、それは不確実性を生み、信頼を傷つけるからだ。

And after surveying the wreckage all around him, he declares that the cause of the depression was excessive government intervention, and the remedy, the thing needed to restore that all-essential confidence was … drum roll .. a return to the gold standard.
彼は周囲の残骸を調べた後で、恐慌の原因は過剰な政府の介入のためであると宣言する。そしてその治療法は、全てに不可欠の信頼を回復するために必要なことは…ドラムロール…金本位制への復帰だ。

You can sort of see how this kind of policy analysis based on superstition might have seemed plausible in 1934, although even pre-General Theory Keynes could have explained just how wrong Robbins was (and did). But one would have hoped that we were past this sort of thing today.
いったいどうすれば、迷信に基づいたこんな種の政策分析が1934年にはもっともらしいものだったかもしれないと分かってもらえるだろう。「一般理論」以前のケインズですら、ロビンズがどれほど間違っているか説明できた(そして、事実そうした)のだから。でも、今日なら、こんな種のことは過去のことだと期待しても良さそうなものだが。

The point, of course, is that we aren’t. The new BIS report is very much in the same vein as Robbins 1934, with much less excuse. Robbins suffered from the lack of a framework to make sense of events; the BIS, like so many economists, faced with exactly the economic syndrome Keynes analyzed, and for that matter even Milton Friedman would have seen as demanding strong action, has chosen to ignore that framework and play monetary Calvinball instead.
もちろん、重要なのは、現在の我々がそうじゃないということだ。国際決済銀行(以下、BIS)の新たな報告書は、1934年のロビンズの著作とまったく同様のものであり、説明はさらに少なくなっている。ロビンズは出来事を理解するためのフレームワークが欠如していることに悩んでいた。BISの報告書は、非常に多くの経済学者と同じように、ケインズが分析した経済の病状、さらに言えば、ミルトン・フリードマンですら強い行動を必要とするものと見なしたであろう病状にまさに直面しているというのに、そのフレームワークを無視することを選んで、代わりに金融の「ルールなきゲーム」をもてあそんでいる

I was originally going to end this post by saying something about stupidity, but that’s not right: the people at the BIS aren’t stupid. What’s going on here is something different and worse: we’re seeing the desire for conventional respectability outweighing the lessons of history; we’re seeing vague prejudice (prejudice that just so happens to serve the interests of rentiers) trumping analysis.
私は、元々、このポストを何らかの愚かさについて述べることで終わるつもりだった。だが、それは正しくない。BISの人々は愚かではない。ここで起こっていることはそれとは違って、さらに悪いものだ。我々が見ているものは、伝統的に尊敬すべきとされてきた人物でありたいという願望が、歴史の教訓よりも重きを置かれているということである。我々が見ているものは、曖昧な偏見(たまたまちょうど利子生活者にとって都合のいい偏見)が分析を打ち負かしているということである。

History will not forgive these people.
歴史はこういった人々を許さないだろう。
CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。