スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Speaking of International Money (Wonkish)/April 25, 2011, 9:21 am

Speaking of International Money (Wonkish) 国際通貨のお話(オタク風)

Aha — no sooner do I suggest that the craziness associated with discussions of international money has now shifted to money in general than I see Steve Pearlstein writing a column about global economics that I agree with halfway through, but that veers off into a misplaced focus on the international role of the dollar as the key concern. Now, Pearlstein isn’t crazy the way the goldbugs are — but he does seem to share the common tendency to exaggerate the importance of owning a global currency.
ほら―国際通貨に関する議論に付き物のトンデモが、いまや一般的な通貨の問題にまで及んでいると私が書いたとたんに、スティーヴ・パールスタインがグローバルな通貨についてコラムを書いているのを見つけてしまった。私は彼の意見に半分ほどは賛成だが、話がそれて、ドルの国際通貨としての役割を主要な関心事として焦点を当ててしまっているのは見当違いだ。今、パールステインは「ゴールドバグの連中」ほどクレイジーではない―だが彼はグローバル通貨を所有することの重要性を過大評価するという傾向を彼らと共有している。

By the way, this is home turf for me; I’ve been writing about these issues for a long time (pdf). And one of the odd things about international money is that the more you know about it, the less important you tend to think it is: lay observers think it’s huge, economists who don’t specialize in international macro think it’s pretty big, actual researchers on international monetary issues disagree about exactly how important it is, but by and large they don’t think it’s all that important.
ところで、この話題は私のホームグラウンドだ。かなり前からこの問題について書いてきている。国際通貨の問題に関して奇妙なことの一つが、それをよく知れば知るほど、それを重要なものとして考えないようになるという傾向がある。素人の観察者はそれを巨大なものと考える、国際マクロの専門でない経済学者はそれをかなり大きいものと考える、国際通貨問題の実際の研究者は、それがその程度については細部では意見の違いがあるものの、おおむねそれがすごく重要であるとは考えない。

So, what does America gain from the dollar’s special status? One clear gain is that foreigners are holding a lot of pieces of green paper with dead presidents on them — maybe $500 billion worth. That’s in effect a zero-interest loan; in normal times, when short-term interest rates are 4 or 5 percent, it’s worth something like $25 billion a year. Nice, but not a big deal in a $15 trillion economy.
それならアメリカはドルの特別な地位から何を得るのか? 一つ明らかな利益としては、外国人が死んだ大統領が印刷された緑の紙をたくさん持っているということがある―たぶん5000億ドルほど。それはゼロ金利のローンと同じ効果を持つ。平常時、短期金利が4か5%の時には、それは一年間に250億ドルほどの価値がある。ナイス、でも15兆ドルの経済の中では大したものじゃない。

Then come the more dubious parts.
それからもっと怪しい部分が来る。

It’s often asserted that it’s only because of the dollar’s special status that America can run persistent trade deficits. But that’s just not true: other countries whose currencies have no special role can do the same, and have.
ドルに特別な地位があるから、アメリカはずっと貿易赤字を計上できているという主張がよくある。しかしそれはまったく真実ではない。なぜなら他の通貨を持つ国も特別な役割もなく同じことができるし、そうしている。

aussiecab.jpg

Still, it could be that purchases of Treasuries by foreign central banks keep the dollar stronger and interest rates lower than they would otherwise be. The way to think about this is that Chinese reserve accumulation (say) is a sterilized intervention in the dollar [i.e., one that isn't allowed to affect the money supply]. In general, we tend to think that sterilized intervention is only modestly effective, because it tends to be offset by private capital moving the other way. But maybe there’s something there.
他にも、外国の中央銀行がアメリカ国債を購入することによって、他の通貨の国よりドルが強いままで、利子率が低いままで保たれているかもしれない。このことを考えるには、中国による外貨準備の積み増しがドルの不胎化介入(換言すれば、マネーサプライに影響を与えないということ)になっていることを考えればよい。一般的には、我々は不胎化介入を控えめな効果しか持たないと考える傾向がある。なぜならそれは民間の逆方向の資本移動によって相殺されてしまう傾向があるから。しかしたぶん何らかの効果はあるだろう。

It’s really hard, though, to see how the benefits of the dollar’s reserve status could be more than a fraction of a percent of GDP. It’s not a trivial issue, but it’s not among the things that should be a key driver of economic concern.
だがドルの準備通貨としての地位がもたらす利益が、GDPの1%の一部ほどでしかないということ理解するのは難しいことだ。それは些細な問題ではないが、経済的な関心事の主要な原動力ではない。
スポンサーサイト

With Friends Like These, Who Needs the Enema Man?/April 12, 2011, 9:02 am

With Friends Like These, Who Needs the Enema Man? こんなのが友達なら、エネママンはいらない

The Post says that Obama is going to more or less endorse Bowles-Simpson in his Wednesday talk.
ワシントンポストによると、水曜日の談話において、オバマは多かれ少なかれボウルズ-シンプソンの案に賛同しようとしているという。

Sigh.
ため息。

Now, I know that Bowles and Simpson are Serious People, who say things like this:
今、私はボウルズとシンプソンが「真面目な人々」だと知っている。こんな風な物言いをするような:

“This is a fakery,” Simpson said on Fox News. “If they care at all about their children or grandchildren, and sometimes I doubt that – I think, you know, grandchildren now don’t write a thank-you for the Christmas presents, they’re walking on their pants with the cap on backwards listening to the enema man and Snoopy Snoopy Poop Dogg, and they don’t like them!”

「これはでたらめ」シンプソンはフォックスニュースで語った。「彼らが少しでも子供たちや孫たちのことを気にかけたか、時々私は怪しんでる―思うんだがね、孫たちは今クリスマスプレゼントをもらっても、ありがとうって手紙もよこさない。彼らは帽子を後ろ向きにかぶって、エネマ・マンやスヌーピー・スヌーピー・プープ・ドッグを聞きながら、ズボンを引きずって歩いている。彼らはお祖父さんのことが好きじゃないんじゃ!」


(I think the enema man is Eminem.)
(エネマ・マンはエミネムのことだと思う。)

Beyond that, though, Bowles-Simpson was a really bad proposal. Its cost-containment plan for Medicare was nothing but a magic asterisk; it proposed raising the retirement age without giving any consideration to the fact that life expectancy hasn’t risen much among lower-income Americans; it arbitrarily set a cap on revenues as a share of GDP.
それはともかく、ボウルズ-シンプソン案は本当に酷い提案だ。そのメディケアコスト封じ込めプランは、「魔法の星印」そのものである。それはアメリカにおける低所得者の間で、平均余命がそれほど上昇していないという事実をまったく考慮せずに、退職年齢を引き上げることを提案している。それはGDPに占める歳入の割合に、勝手に上限を設けている。

And by endorsing an already right-leaning document, Obama will of course define the center as being somewhere between the right and the far right.
そして既に右よりの法案に賛同することによって、当然のことだが、オバマは中心を右と極右の間のどこかにあるものとして定義することになってしまう。


翻訳の感想:Snoopy Snoopy Poop DoggはたぶんSnoop Doggのこと。
Magic asteriskはしっかりしたメカニズムを定義することなく、コストをコントロールしようとする予算案のこと。
表題は、”With friends like these, who needs enemies?”という言い回しをもじったもので、「こんな酷い友達がいるんなら、誰が敵を必要とするだろうか?」という意味らしいです。詳しくはここ
enemiesとenema manがかかってます。

Chinese Confusions/December 17, 2010, 9:54 am

Chinese Confusions 中国的混乱

These days, China seems to play the same role in much of our discourse that Japan did two decades ago. We look at our own follies — which are immense — and then look at the Chinese, and ascribe to them all the virtues of foresight and determination we lack.
最近の我々の議論の中で、中国は二十年前の日本と非常によく似た役割を演じているように思われる。我々が自身の愚行に目を向け―それは酷いものだ―そしてそれから中国を見ると、彼らは我々に足りない先見性や決断力といった美徳を全て持っていると考えてしまう。

But just like the Japanese, the Chinese are human, and their policy makers are subject to the same kinds of confusion and inability to make hard choices that are part of the human condition. And Chinese macroeconomic policy is in the process of becoming a cautionary tale.
しかし日本人と同じように、中国人も人間である。その政策を決定する人々は、人間の性分として、難しい選択を行う時に、混乱することや実行する能力がないこともある。そして中国のマクロ経済政策は訓話になりつつある。

Basic economics says that by deciding to keep the renminbi undervalued, the Chinese put themselves under inflationary pressure; and sure enough, inflation is rapidly becoming a serious problem.
基本的な経済学で考えると、人民元を過小評価のままで留めておくという決定は、中国をインフレの圧力の下に置くことになる。そして案の定、インフレは急速に深刻な問題になりつつある。

But political considerations seem to be ruling out all the reasonable responses. They won’t revalue, because that would hurt politically influential exporters. They’re reluctant to raise interest rates, because that would hurt politically influential real estate developers. They’re trying to impose quantitative limits on credit, but are finding that borrowers have enough influence to circumvent the limits. And now they’re trying price controls — which will inevitably come apart at the seams unless they do something about the underlying pressures.
しかし政治的な思惑から、彼らは合理的な対応を採ることを排除してしまっているように思われる。彼らは切り上げをしないだろう、なぜならそれは政治的に影響力のある輸出業者を害することになるから。彼らは利子率を上げようとしない、なぜならそれは政治的に影響力のある不動産開発業者を害するから。彼らは信用の量的制限を課そうとしている、だが借り手がその制限を回避するほどの影響力を持っていることが分かってしまう。そして今、彼らは価格統制を行おうとしている―根底にある圧力について何らかの手を打たないと、そのほころびから破綻するのは避けられないだろう。

It’s an edifying spectacle.
それは啓発的な光景だ。

Now, schadenfreude should not lead to any complaceny on our part; China may be corrupt and unable to make sensible short-run choices, but in terms of fundamental inability to deal with long-term problems, we still have them beat hands down. Still, it’s worth remembering that all giants have feet of clay.
今「他人の不幸は蜜の味」という感情によって、我々は自己満足に浸るべきではない。中国は腐敗していて、賢明に短期的な選択を決定できないかもしれない。しかし長期的な問題に対処するのに根本的に不適格という条件になると、我々の方が上だ。どんな巨人にも弱点はあると覚えておくのは重要なことだ。


翻訳の感想:去年の記事ですが、最近クルーグマンは中国についてあまり語っていないので紹介。
schadenfreudeは、他人の不幸や災難を喜ぶこと[ドイツ語]

Still Crazy After All These Months/May 26, 2011, 2:31 am

Still Crazy After All These Months 幾月を経てもまだクレイジー
A year ago I had some harsh words for the OECD, which inexplicably demanded sharp increases in advanced-country interest rates even though its own projections suggested that unemployment would remain high and underlying inflation low for years to come.
一年前、私はOECDが、失業率が高いままでとどまり、かつその根底にある低すぎるインフレは数年続くと予想しているにもかかわらず、どういう訳か先進国が利子率を急激に引き上げることを要求したことについて苦言を述べた。

Well, they’re still at it.
いや彼らは今でもそうである。

The latest OECD Economic Outlook once again calls for rising rates — the term of art now, which I see is also being used by Mario Draghi, is “normalizing” rates. Um, the economic situation remains deeply abnormal, with unprecedented long-term unemployment; why should monetary policy be normal?
最近のOECD Economic Outlookは、再び利子率を上げることを要求している―現在の技術的な用語で言えば、マリオ・ドラギも使っているようだが、利子率の「正常化」だ。うーん、現在の経済状況は、前例のない長期間の非失業率が続くという、ひどく非正常なままである。なぜ金融政策は正常でなければならないのか?

Here’s what the OECD is forecasting for inflation:
これがOECDのインフレに関する予測:

052611krugman1-blog480.jpg

So the OECD believes, as it should, that headline inflation is experiencing only a temporary bump, and that core inflation will remain low — indeed, below target. So why should we be raising rates? The report says (pdf) that
そこでOECDは、ヘッドラインインフレは一時的に上昇するが、コアインフレは低いままである―ターゲットの中におさまる―と信じているし、そうであるべきだ。それなのになぜ利子率を上げなければならないのか? その報告書の中で、次のように述べられている。

the need to keep close-to-zero policy rates for risk management reasons has now faded and an early upward adjustment in policy rates to establish a visibly positive level, as in the euro area, is merited in the United States and the United Kingdom, but not yet in Japan. This would also help to guard against a renewed buildup of financial fragilities and provide a better starting point in event of a need to react to upside inflation surprises.


リスク管理を理由として、ほぼゼロの政策金利を維持する必要性は、いまやなくなった。そして政策金利を、ユーロエリアと同じくらいの明白に正の値といえるレベルに達するために、早期に上方調整することが、アメリカやイギリスでは望ましいが、日本はまだその時期ではない。そのことはまた、新たに作り上げられた金融の脆弱性を保護することにも役立ち、不意のインフレ上昇に対応する必要が生じた時のよい出発点を提供する。


What does this mean? I have no idea. Why must rates be “visibly positive”? Why does a visibly positive rate offer a “better starting point” to respond to inflation surprises? (As far as I know, it’s as easy to raise rates from 0 to 1 as it is to raise them from 1 to 2). Basically, this is mumbo-jumbo, a blizzard of words to justify tighter money despite the absence of any rational argument for doing so.
これはどういう意味なのか? 私には分からない。なぜ利子率は「明白に正の値」でないといけないのか? なぜ明白に正の値の利子率が、不意のインフレに対応するための「よい出発点」を提供するのか?(私が知る限りでは、利子率を1から2に上げるのは、0から1に上げるのと同じくらい簡単だ。)基本的には、これはそうするための合理的な理由がないにもかかわらず、金融引き締めを正当化しようとするための言葉の羅列にすぎず、呪術でのおまじないのようなものだ。

To return to a regular theme of mine: we’re living in a world in which Very Serious People keep inventing theories and justifications on the fly to justify policy orthodoxy in a highly unorthodox situation; meanwhile, those of us who rely on actual, coherent analysis based on standard economics are considered dangerous radicals.
私がいつも取り上げるテーマに戻ろう。つまり我々が今いる世界では、「とても誠実な人々」が、非常に異端の状況において、正統な政策を採ることを正当化するために、急ごしらえで理論や言い訳を発明し続けている。一方、スタンダードな経済学に基づいて、事実に即したまとまりのある分析を取る我々が、危険なほど急進的と考えられているのだ。


翻訳の感想:クルーグマンは知っているか分かりませんが、日本のゼロ金利解除の時の論争とすごく似ています。
Mario Draghiはトリシェの次のECB総裁候補。

Interest Rate Convergence/April 15, 2011, 5:00 pm

Interest Rate Convergence 利子率の収斂

10-year bond rates:
10年物国債価格:

Germany:
ドイツ:

1chart.png

United States:
アメリカ:

1chart2.png

Britain:
イギリス:

1chart3.png

Last year Germany ran a deficit of 3.3 percent of GDP; the United States more than 10; Britain similar to the US, but now embarked on a harsh austerity program. Very different, you might think. Yet as of the time of posting, US borrowing costs were within 3 basis points — .03 percentage points — of Germany, while Britain was about 20 basis points higher.
去年、ドイツはGDP比3.3%の財政赤字を計上した。アメリカは10%以上。イギリスはアメリカと似たようなものだが、現在、厳しい財政厳格主義のプログラムに着手している。非常に違いが大きいと思うかもしれない。しかし投稿する時点で、アメリカの借り入れコストはドイツの3ベーシスポイント以内―0.3%ポイント。一方、イギリスは約20ベーシスポイント高い。

You might almost think that deficits aren’t making much difference here.
ここらで財政赤字は、それほどたいした違いはもたらしていないと考えてみてはどうか。

Debt Arithmetic (Wonkish)/May 24, 2011, 4:14 am

Debt Arithmetic (Wonkish) 借金の算術(オタク風)

The whole tone of current discussion about deficits is one of urgency: deficits must be brought down now now now or crisis looms. Where is this coming from? Not from the arithmetic.
現在の財政赤字に関する議論の全体的なトーンは、それが緊急事態にあるというものだ。つまり財政赤字は今、今、今まさに削減されなければならないとか、危機が差し迫っているというような。これはどこから来てるのか? 算術からではない。

The way the story is often told, deficits mean higher debt, which means higher interest payments, which can mean a spiral into bankruptcy. And qualitatively that’s not wrong. If you put numbers to it, however, for countries that are not facing huge risk premia, the spiral is very, very slow.
この話が語られる様子は、たいていこんな感じだ。財政赤字はより高い借金を意味する、そしてその事はより高い利子の支払いを意味する、そしてさらにその事は破綻へと至るスパイラルの可能性を意味している。それは定性的には間違っていない。しかし実際に数字を当てはめてみると、高いリスクプレミアムに直面していない国では、そのスパイラルは非常に、非常にゆっくりしたものになる。

Here’s a sample calculation.
ここで計算例を示そう。

The latest IMF Fiscal Monitor predicts that general government in the US — that’s federal, state and local combined — will run a deficit of 7.5 percent of GDP next year, and that net debt will be 75 percent of GDP.
最近のIMFのFiscal Monitorは、アメリカの全般的な政府―それは連邦、州と地方を一緒にしたもの―が、来年、GDPの7%の財政赤字を計上し、そして純債務はGDPの75%になると予想している。

So how fast would the debt spiral be going?
それで債務のスパイラルは、どれほど早いものになるだろうか?

You need to bear in mind that growth and inflation limit the rate of rise in the debt ratio. Suppose that we have 4 percent nominal GDP growth, which is actually low by historical standards. This shaves 3 percentage points off the rise in the debt/GDP ratio. So a year later, given those numbers, debt rises by 4.5 percentage points of GDP.
心に留めなければいけないのは、経済成長とインフレが債務の増加率に歯止めをかけることだ。歴史的な基準では十分低いものだが、名目成長率が4%あると仮定してほしい。それは債務/GDP比率の上昇を3%ポイント減少させる。だから一年後、想定された数字の元で、債務はGDPの4.5%増加することになる

What’s the interest burden of that rise? At minimum we should correct for inflation, so use the TIPS yield. That’s currently below 1, but let’s be pessimistic and call it 2. Even so, the added interest burden is less than one-tenth of one percent of GDP.
債務の増加による、利子率の負担についてはどうか? 最低でも、インフレを補正すべきなので、TIPSイールドを使おう。それは現在、1以下だ。だが悲観的に見て、2としよう。そうであっても、追加される利子率の負担は、GDPの1%の10分の1よりも低い。

So even with substantial deficits, the pace of long-term budget worsening is very slow. If it’s a debt death spiral, it’s a slooooowww motion death spiral.
だからたとえ十分に大きい赤字予算であっても、長期的に見た債務の悪化のペースは、とてもゆっくりしたものになる。もしそれが債務の死のスパイラルだとしたら、スローーーモーションの死のスパイラルだ。

But, say the critics, psychology can change suddenly, sharply raising those interest costs. The question then is why psychology should change. Investors can do the same arithmetic I’ve just done; why should they panic over a small rise in the interest burden?
だがしかし、心理学が突然変化して、急激な利子率の上昇があるかもしれないと批評家は言う。そこで疑問なのは、なぜ心理学が変化するのかということだ。投資家は、まさに私が使ったのと同じ算術を使うことができる。なぜ利子率の負担のわずかな増加で、彼らはパニックになるのか?

Now, investors might well panic over signs of political deadlock — but that could happen regardless of the current year’s deficit.
今、投資家は政治的な膠着の兆しを受けて、パニックになってもいいはずだ―今年の赤字財政とは関係なく、それが起こる可能性があるというなら。

Still, Serious People tell us that investors will turn on us unless we slash the deficit immediately — and they know this because, well, um …
今でも「誠実な人々」は、財政赤字が即座に削られないと、投資家が攻撃に転ずると言っている―彼らがどうやってそれを知ったかって、それはだね、えっと、ううん…

As I’ve often written, we’re in a strange state now where people who actually take textbook economics and simple arithmetic seriously are seen as dangerously radical and irresponsible, while people who believe in invisible bond vigilantes and confidence fairies, who claim to know what the market will want even though there’s no sign of that desire in current asset prices, are viewed as Very Serious.
私がよく書いてることだが、我々は今、奇妙な状態にいる。そこでは経済学の教科書を使い、まじめにシンプルな算術を使っている人々が、危険なほど急進的で無責任な人間とみなされている。一方、見えない「債券自警団」や「信頼の妖精」を信じ、現在の資産価格にその願望の兆しが少しも見られないにもかかわらず、市場が何を望んでいるのか分かると主張している人々が、「とても誠実」とみなされている。

Anyway, the arithmetic of debt is much less scary than you might think.
いずれにせよ、債務の算術はあなたが想像する様な、おっかないものではない。


翻訳の感想:TIPS yieldのTIPSはTresury Inflation Protected Securitiesの頭文字。

Supercore! (Wonkish)/May 23, 2011, 3:57 am

Supercore! (Wonkish) スーパーコア!(オタク風)

Two questions about inflation:
インフレについての2つの質問:

1. What would the ECB be doing if it were the Fed?
2. Why have some measures of US core inflation ticked up slightly recently?
1. もしFRBがECBの立場にあったら、何をしているだろうか?
2. なぜアメリカのコアインフレの指標の中で、最近少し上昇しているものがあるのか?


On the first question, Eurostat offers us a consumer price index sans energy, food, and tobacco, which is more or less US-style core. Here’s what the 12-month change looks like:
最初の質問に関しては、ヨーロッパ統計局がエネルギー、食料、タバコを除いた消費者物価指数を公表しているが、それは多かれ少なかれアメリカ型のコアインフレだ。ここ12ヶ月の変化がこれ:

052311krugman1-blog480.jpg

The eurozone looks like the United States — there is no good reason to raise rates. To be fair, on the labor side things look a bit different: there are actual labor shortages in some parts of Europe, reflecting both low labor mobility and the extreme asymmetry of the European shock. But raising rates for all of Europe because parts of Germany are doing well is, as I’ve written before, worse than the one-size-fits-all policy euroskeptics warned about; it’s one size fits one. And the case for a somewhat higher inflation target is even stronger for the euro zone than it is for the US.
ユーロ圏はアメリカと似ている―利子率を上げる正当な理由はない。公平に言えば、労働の側ではちょっと違いがある。つまりヨーロッパでは、低い労働移動性とヨーロッパショックの極度の非対称性を反映して、いくらの地域で実際に労働力が不足している。だがドイツが上手くやっているという理由で、ヨーロッパの全ての利子率を上げるのは、私がかつて指摘したことだが、ユーロ懐疑主義者が警告した「一つのサイズで全てに合う」政策よりも酷いものだ。それは一つのサイズで一つにあう政策だからだ。そしていくらか高いインフレターゲットは、アメリカよりもユーロ圏においてこそ強い説得力を持つ。

Meanwhile, back in the new country: US core inflation has ticked up slightly recently. What’s that about?
さて、あの新国家の話に戻ろう。つまりアメリカのコアインフレが最近少し上昇していることだ。何があったのか?

I’ve suspected that what we’re really seeing is the inadequacy of even core inflation as a way to purge transitory effects of volatile prices: the measure takes out purchases of food and energy, but it doesn’t take out indirect effects of raw material prices on costs. New research from Goldman Sachs (no link) seems to support that view: it finds that core inflation is getting a temporary bump from the prices of imported raw materials, and will probably subside if the commodity surge is in fact over.
私は現在目にしているのが、変動しやすい価格の一時的な効果を除外するための手法として、コアインフレですら不十分な証ではないかと疑っている。つまりその指標は食料やエネルギーを取り除いているが、コストにかかる原材料価格の非直接的な効果は取り除いていない。ゴールドマンサックスの新しい調査(リンクはない)は、この見方を裏付けていると思われる。つまりコアインフレは、原材料品価格によって一時的に上昇しているので、実際その商品価格の上昇が終われば、おそらく低下するだろうと考えられる。

This in turn suggests that policy should really be based on some kind of “supercore” inflation. Should this simply be wage growth? Adam Posen at the Bank of England has certainly gone well down this route, arguing that the relatively high rate of even core inflation in the UK reflects one-off factors and that stagnant wages show that there are few risks. And I totally agree with Posen about the UK policy issues.
したがって、政策は「スーパーコア」インフレのような種類のものに基づいて実行されるべきであるということになる。これは単純に賃金成長率になるんだろうか? アダム・ポーゼンは確かにこの路線で行っている。そこで彼は、イギリスの比較的高いコアインフレ率ですら一時的な要因を反映しているものであり、賃金が落ち込んでいることから、ほとんどそのリスクはないと論じている。そして私はイギリスの政策問題について、完全にポーゼンに同意する。

Yet there are problems with a wage target — mainly, you don’t want to base policy on the notion that wage gains are always a bad thing. Maybe adding a trend productivity adjustment would do the trick. More systematic thoughts when I have time.
だが賃金ターゲットには問題がある―主として、賃金の上昇が常に悪いことになる観念に政策の基礎を置くのは、世間では好まれないということだ。たぶんトレンド生産性調整を加えれば、上手くいくだろう。時間がある時、もっとシステマチックに考えてみる。

Anyway, the bottom line for now is that neither the Fed nor the ECB should be at all concerned about inflation. Unfortunately, the ECB is not interested in having its orthodoxy challenged.
いずれにせよ結論としては、今FRBもECBもインフレを全く懸念するべきではないということだ。不幸にも、ECBは彼らの正統教義を変更することには関心がない。

Origins of the Crisis, Fake and Real/May 21, 2011, 2:41 pm

Origins of the Crisis, Fake and Real 危機の起源、真と偽

I don’t spend too much time these days talking about the origins of the financial crisis — right now the burning question is what comes next. Still, history is a battlefield, and the usual suspects are trying hard to rewrite that history in their interests.
私は最近、金融危機の起源について、それほど時間をかけて話していない―現在、話題沸騰の疑問を次にとりあげてみよう。今、歴史は戦場になっている。いつもながらの容疑者が、彼らの意図に沿うように歴史を書き換えようと奮闘している。

In fact, for a lot of people that has already happened: it’s orthodoxy on the right that Fannie and Freddie caused the housing bubble and bust. It was all the government’s fault!
実際、多くの人々の間で、その書き換えは既に起こっている。つまりファニーメイとフレディーマックが住宅バブルを引き起こしたという考えは、右派の中で正統なものとされている。それはすべて政府の失敗だ!というわけだ

And where does that idea come from? Well, a lot of it turns out to rest on publications by Edward Pinto at AEI, who claims that Fannie and Freddie held a large proportion of “subprime and other high-risk mortgages” — an assertion often transformed in casual discussion into the claim that F&F held a large fraction of subprime mortgages.
そしてその考えはどこから来てるのか? うん、その内の多くが、AEIのエドワード・ピントによる出版物に依拠していることが分かっている。彼はファニーとフレディーが、「サブプライムと他のハイリスクの住宅ローン」の大きな割合を占めていたと主張している―しばしば世間の議論の中では、ファニーとフレディーがサブプライム住宅ローンの大きな割合を占めていたという主張に変換されている。

So it’s good to have Mike Konczal reminding us that Pinto’s definition of “subprime-like” mortgages is just something he made up — and that it turns out that his supposed high-risk categories weren’t that risky at all, that in fact they look more like traditional conforming mortgages than like true subprime:
そこで、ピントの「サブプライムのような」住宅ローンの定義は、でっち上げのようなものであるとMike Konczalが思い起こさせてくれるのはありがたい事と言える。彼の想定したハイリスクのカテゴリーは、まったくリスキーなものでなく、実際には真のサブプライムというより、伝統的な優良住宅ローンに近いものであることが明らかになっている:

052111krugman1-blog480.jpg

The paper from which this figure is taken, by David Min, makes it clear that Fannie-Freddie loans were much less risky than those originated in the private sector — and in particular that “private-label” mortgage-backed securities, which were essentially unregulated, were vastly riskier than anything the government was promoting.
David Minの論文から取られたこの図を見れば、ファニーとフレディーのローンは民間で発行されたもの―特に「プライベートブランド」の不動産担保証券は本質的に規制外にあり、政府が売り込んでいたどんなものより非常にリスキーだった―よりリスクがより低かったことが明らかだ。

The whole “the government did it” claim is, in short, based on deeply misleading numbers — and it’s hard to read this story without believing that these numbers were deliberately constructed to mislead.
全て「政府のせいだ」という主張は、端的に言って、非常に誤解を誘う数字に基づいている―そしてこの数字がわざとミスリードを誘うように作られたものと仮定せずに、この話を理解するのは難しい。

There Are No TV Series About Heroic Economists/April 21, 2011, 11:09 am

There Are No TV Series About Heroic Economists 経済学者のヒーローが出てくるテレビシリーズはない

But there was a so-bad-it-was-good movie about a villainous, murderous chairman of the Council of Economic Advisers:
だが極悪で残忍な経済諮問委員会委員長が出てくる「酷すぎて、かえって面白い」映画は存在する:




翻訳の感想:"so bad it's good"という表現は映画関連ではよく使われるみたいで、クルーグマンは形容詞として使ってます。みうらじゅんが紹介するようなバカ映画と思われます。

U.S. Manufacturing Trade (Wonkish)/May 19, 2011, 3:38 pm

U.S. Manufacturing Trade (Wonkish) アメリカの製造業貿易(オタク風)

I’ve been doing some number-crunching on trade issues, and thought I’d put something up for those who are interested: a picture of the recent improvement in the US manufacturing trade position.
私は貿易問題に関するいくつかの数値計算に取り組んでいるところだが、そのことに興味ある人のために提示しようと思うものがある:アメリカの製造業の状況が最近改善していることを示す図だ

This isn’t quite as easy as you might think. We used to use the “nonag-nonoil” balance provided by the BEA — nonagricultural exports, nonoil imports — as a quickly available proxy for manufacturing trade, but that’s not quite as good as it used to be because America now imports a significant amount of food. So I’ve been using an adjusted nonag-nonoil that subtracts food, feed, and agricultural inputs from the import side. Here’s that balance as a percentage of GDP:
これはあなたが想像するほど簡単なものではない。我々はかつてBEAによる「非農業-非石油」収支―農業を除いた輸出、石油を除いた輸入―を、すぐに利用可能な製造業の貿易を示すものとして使用してきた。だがアメリカはいまや重大な規模の食料を輸入しているので、それはかつてのようにしっくりくるものではなくなってしまった。そこで私は、食料と飼料、農業用の投入物を輸入側から控除したものである、調整された非農業-非石油収支を使っている。これがその収支のGDPに対するパーセンテージである:

051911krugman2-blog480.jpg

The weaker dollar really has made a big difference.
弱いドルは確かに大きな違いを作り出す。

Has the World Run Out of Spare Capacity?/January 22, 2011, 11:07 am

Has the World Run Out of Spare Capacity? 世界は生産余力を使い果たしたのか?

Samuel Brittan points us to John Kemp suggesting that global growth is hitting supply-side limits. The argument is that while high unemployment and low inflation may prevail in advanced economies, the rest of the world is facing accelerating inflation, together with rising commodity prices. And that is, indeed, a fair picture of what’s going on.
サミュエル・ブリッタンがジョン・ケンプの世界の成長は供給サイドの限界に達しつつあるという論文を紹介してくれている。高失業率と低インフレが先進国を席巻する一方、世界の残りは商品価格の上昇と共に、加速するインフレに直面しているというのがその論旨である。そして確かにそれは起こっていることを正しく示している。

What’s more questionable is the assertion that “The problem is not aggregate demand but its distribution.” In fact, it’s both.
疑わしいと言えるのは、「問題は総需要ではなく、その分配である」という主張だ。事実としてはその両方が重要なのである。

Let’s look at measures of industrial production from the World Trade Monitor; I’ve indexed everything to Dec. 2005=100, so you can see the 5-year trend. Here’s the world:
World Trade Monitorの工業生産高の測定値を見てみよう。私は全て2005年12月を100とした指標としているので、5年間のトレンドが分かる。これが世界だ:

worldprod.jpg

Production has recovered the ground lost during the recession, but it’s still only slightly higher than the previous peak, which puts it well below any reasonable estimate of trend.
生産は景気後退の間、失っていた地面を取り戻した。しかしまだ以前のピークをちょっと超えているだけで、それはどんな合理的な推測よりもかなり低いものだ。

But this overall picture hides a sharp divergence between advanced and emerging economies:
だがこの全体としての図は、先進国と新興国の間にある急速な分岐を隠してしまう:

worldprodae.jpg

Emerging economies are well above previous peak, and arguably more or less back to trend. Advanced economies, however, are still well below pre-crisis output, let alone the pre-crisis trend. No wonder, then, that we’re seeing inflationary pressures in the South even as disinflation remains the rule in the North.
新興国は以前のピークよりもかなり上方にいるし、たぶん多かれ少なかれトレンドは元に戻っている。しかし先進国は危機前のトレンドはおろか、その危機前の生産高のかなり下方にある。「北」でディスインフレが支配的であるのと同時に、「南」でインフレ圧力が高まっているのは不思議なことではない。

But what this says is that if global aggregate demand were redistributed, so that more of it fell on advanced countries, we could expand further without putting pressure on capacity worldwide. And there’s a simple way to get such a redistribution of demand: an appreciation of emerging-market currencies against advanced-country currencies. It’s the fact that the emerging nations aren’t willing to let this happen that is causing them to face inflationary pressures, even as it helps keep the advanced economies depressed.
でもこれが示すのは、世界の総需要が再配分されれば、すなわちもっと多くの総需要が先進国に向かえば、我々は世界的な生産能力に圧力をかけることなく、さらに経済を拡大できることになるということだ。そのような需要の再配分を行うためのシンプルな方法がある。つまり先進国の通貨に対しての新興国市場での通貨の増価だ。新興国の政府がそれを望んでいるないのは事実である。たとえその事によって先進国の経済が低迷し続けるとしても。

Kemp more or less acknowledges this, but seems to believe that an exchange rate adjustment would somehow impoverish advanced countries:
ケンプは多かれ少なかれこのことが分かっている。しかし為替レートの調節が、なぜか先進国を駄目にすると信じているように思える:

Until firms significantly raise productivity, especially resource efficiency, the painful remedy is likely to involve increased competitiveness and reduced living standards across North America and Western Europe (through a combination of commodity price inflation, weaker exchange rates, higher import prices and falling real wages and incomes).

企業が大幅に生産性、特に資源効率性を上昇させるまで、北アメリカや西ヨーロッパでは、競争力の上昇や生活水準の引き下げといった痛みのある治療がいることになるだろう(商品価格のインフレ、為替レートの低下、輸入価格の上昇そして実質賃金・所得の下落の組み合わせを通して)。


That’s way over the top. Advanced-country imports from emerging markets are still well under 10 percent of GDP; even a large depreciation would have only a modest effect on real incomes.
それは行き過ぎだ。先進国の新興国からの輸入は、今でもGDPの10%以下なのである。だからたとえ大幅な通貨安があったとしても、実質所得には控えめな影響しか生じない。

The bottom line here is that advanced countries still have plenty of room to grow — and inflation in China has no bearing on that fact.
ここでの結論としては、先進国は今でも多くの成長余力を残しているということだ―そして中国のインフレはその事実と関係がない。

Patients Are Not Consumers/April 20, 2011, 6:31 pm

Patients Are Not Consumers 患者は消費者ではない

I keep encountering discussions of health economics in which patients are referred to as “consumers”, after which the usual mantra of freedom of choice is invoked on behalf of voucherizing Medicare, or whatever.
医療経済学の議論の中で、メディケアをバウチャー制にするためや、その他のあらゆることに関して、選択の自由というお決まりのマントラが唱えられた後、患者が「消費者」として言及されている例にたびたび遭遇する。

We used to know better than this.
我々は以前はもっと賢明であったはずなのに。

Medical care is an area in which crucial decisions — life and death decisions — must be made; yet making those decisions intelligently requires a vast amount of specialized knowledge; and often those decisions must also be made under conditions in which the patient is incapacitated, under severe stress, or needs action immediately, with no time for discussion, let alone comparison shopping.
医療は本質的な決断―生や死の決断―をしなければならない場所だ。賢明にその決断をするためには、膨大な量の専門知識が必要だ。そしてその決断は、患者の能力が奪われていたり、深刻なストレスにさらされている時にも実行されなければばならないこともある。あるいは決断を下すための時間がないのに、すぐに行動を起こさないといけない場合もある。買い物と比べるなんてとんでもないことだ。

That’s why we have medical ethics. That’s why doctors have traditionally both been viewed as something special and been expected to behave according to higher standards than the average professional. There’s a reason we have TV series about heroic doctors, while we don’t have TV series about heroic middle managers or heroic economists.
それが医療倫理が存在する理由である。それが医者が伝統的に特別な存在とみなされ、平均的な専門家よりも高い基準に従って行動すると期待されている理由でもある。医者のヒーローが登場するテレビシリーズがある一方、中間管理職のヒーローや経済学者のヒーローが出てくる番組がないのには理由がある。

The idea that all this can be reduced to money — that doctors are just people selling services to consumers of health care — is, well, sickening. And the prevalence of this kind of language is a sign that something has gone very wrong not just with this discussion, but with our society’s values.
全てのことがお金に還元できるという考え―医者は単に医療行為の消費者に、サービスを売っているに過ぎないというような―は病的なものだ。そしてこういう言葉が蔓延しているのは、なにか非情に悪い方向に進んでいる証拠である。この議論についてのことだけでなく、我々の社会の価値観に関しても。

Why Does Inequality Make the Rich Feel Poorer?/January 12, 2011, 4:23 pm

Why Does Inequality Make the Rich Feel Poorer? なぜ不平等は金持ちを貧乏に感じさせるのか?

Catherine Rampell has a very nice piece about why the objectively rich feel poor, although Brad DeLong is right, a log-income chart is better:
キャサリン・ランペルが、なぜ客観的に金持ちな人が貧しく感じるのかについての非常にすばらしい記事を書いている。ブラッド・デロングは正しいんだろうが、その所得の対数チャートはさらによいものだ:

444.jpg

I’d like to elaborate a bit here.
私はここでさらに詳しく述べたい。

What Rampell has in mind is a vision of society as being something like a long street running up a hill, in which rising altitude goes along with rising income. And each person along that street evaluates himself or herself relative to the neighbors on either side, rather than the whole street.
ランペルの頭にあるのは、高さを増していく丘への長い道のようなものとしての社会のビジョンである。そこで上昇する高度は上昇する所得に対応している。そして道のそれぞれの地点で人々は、自身を全ての道というより、両側の隣人と比べて評価する。

Now, there are two slightly different interpretations of this story. What Rampell seems to suggest is that people compare themselves only to their uphill neighbors — and since the hill gets steeper as you move up the street, the rich feel worse because the guy to the right is increasingly different from themselves.
今この話には少し異なった解釈がある。ランペルが提案しているように思えるのは、人々は自身を上り坂の方にいる隣人とだけ比べるというものだ。道を進むたびにその丘はますます急になっていくに従い、右側にいる人はますます彼らとかけ離れていくので、彼らの感情はさらに悪化していく。

An alternative is that people compare themselves to neighbors on both sides, but it’s the convexity that changes: if you’re in the middle of the income distribution, your uphill neighbor is about as much richer than you than your downhill neighbor is poorer, but in the upper reaches that’s no longer true. (I was taught, long ago, that the income distribution is more or less lognormal for most of its range, but turns Pareto at the upper tail. If you have no idea what I’m talking about, never mind.)
もう一つの説は、人々は自身を両隣の人と比べるというものだ。そこで変化するのは凸面性である。もしあなたが所得分布の真ん中にいるとしたら、あなたの上り坂の方にいる隣人は、あなたの下り坂の方にいる隣人が貧乏である程度よりも、ずっと金持ちである。だが実際上方に達すると、それはもはや当てはまらない。(私が昔教えられたのは、所得分布は多かれ少なかれほとんどの範囲で対数正規であるということだ。しかし上方の端でパレートはひっくり返る。私の言ってることが分からなくても気にしないでくれ。)

Either way, what’s true is that the gap between the rich and the superrich has grown dramatically. Here’s the Piketty-Saez data showing the top 1 percent pulling away from the next 4; the same thing is happening for the top 0.1 versus the losers who are in the 99.0-99.9 range, and so on:
どちらにせよ、金持ちと超金持ちの間のギャップは劇的に広がっている。ここにトップ1%が1-5%の間にいる人を引き離していることを示すPikettyとSaezのデータがある。同じことはトップ0.1%対0.1-1.0%の間にいる負け犬との間にも起こっている。それはさらに続いていく:

saez-shares.jpg

The net result is a society of winners as whiners, where people who are not only doing fine but doing much better relative to the median than they were a generation ago nonetheless feel left behind.
最終的な結果は、泣き言を言う勝者の社会だ。そこでは単に上手くやっているだけでなく、一世代前の状態と比べてというより、中央値にいる人と比べてもさらに上手くやってる人も取り残されてるように感じることになる。

A personal note: I’ve always found extreme inequality at the top rather relaxing from my own point of view. Robin and I are doing very well, of course, but others are much richer; the fact, however, is that especially in New York you know that no matter how much you make, there are other people making so much that your earnings look trivial. So what’s the point of evaluating yourself that way? Of course, it’s probably a lot easier to feel that way when you’ve gotten plenty of other ego-boosters.
個人的なノート:私自身の観点からは安心する以上に、トップの人たちにはいつも極端な不平等を見つけてしまう。ロビンと私はかなりよくやっている。もちろんもっと金持ちはいる。しかし特にニューヨークにいれば、あなたがどれだけ稼いだとしても、その稼ぎがショボく感じるほど稼ぐ人々がいる。自分自身を評価するために大切なものは何か? たぶん他のエゴを高めるものをたくさん持つことが、そのための極めて簡単な方法だろう。

Marcos, Suharto, Mubarak/February 2, 2011, 12:17 pm

Marcos, Suharto, Mubarak マルコス、スハルト、ムバラク

threecrises.jpg

A quick thought about the Egyptian uprising. Many people have sought parallels either in the Philippines 1986 or in Indonesia 1998; I’ve done it myself. But there is a possibly important or revealing difference. As the chart above shows, both of those political crises followed on drastic economic crises — Marcos was caught up in the Latin American debt crisis of the 1980s (in some important ways the Philippines was in effect a Latin American economy at the time), Suharto in the Asian financial crisis. Nothing comparable for Egypt now.
エジプトの暴動についてちょっと考えてみよう。多くの人々はそれを1986年のフィリピンや1998年のインドネシアの出来事に相当するものと考えている。私自身もそうだ。でも重要で明白な違いがあるのかもしれない。上記の図が示すように、どちらの政治的危機も経済的危機の後に起こっている―マルコスは1980年代のラテンアメリカの債務危機に捕らえられた(重要な意味において、フィリピンはそのころ実質的にラテンアメリカ経済の中にいた)。スハルトにはアジアの金融危機があった。現在それに近いものはエジプトにはない。

Which is not to say that economics had nothing to do with it. Egypt had decent growth — but the gains weren’t trickling down, and youth unemployment was and is a huge problem.
経済がまったく関係ないというつもりはない。エジプトはちゃんと成長していた―だがその利益は下々までは落ちていかなかったし、若者の失業率はその時も今も大きな問題だ。

The moral is that GDP isn’t the whole story. Yes, sensible people already knew that, but this is a graphic reminder.
教訓としては、GDPが全てではないという事だ。そう、賢明な人はすでにそのことを知っていた。でもこれは視覚的にそのことを思い出させてくれる。

Multidimensional Europe/January 26, 2011, 4:55 pm

Multidimensional Europe 多面的なヨーロッパ

One thing I tend to see in comments — especially from our resident troll, but from others as well — is an insistence that economies must be either all good or all bad. They seem to think that you can’t say good things about European employment performance and technology, on one side, and talk about the monetary and fiscal mess, on the other.
私がブログのコメントで見かけるものの一つとして―特に常駐してる荒らしから、そうじゃない人もいるが―経済はまったく良いか、まったく悪いかのどちらかしかないという主張がある。彼らは一方で、ヨーロッパの雇用状況やテクノロジーに良いことを言って、他方で金融政策や財政政策のでたらめさについて言うことはできないと考えている。

But as I often find myself saying, economics is not a morality play. America in the early 1930s was a nation of great dynamism, by far at the forefront of technology; that didn’t prevent it from having a worse Great Depression than most other advanced countries. America from 1973 to 1995 was a nation with remarkably poor productivity performance and stagnant median income; but it was also quite successful at job creation (as was Britain from 1950 to 1970, even as it was in relative economic decline.) And so on. Just as an individual can be good at some things and bad at others, economies can have strong and weak points.
だが私がよく言っていると思うが、経済学は道徳劇ではないんだ。1930年初期のアメリカは、偉大な最先端のテクノロジーによるダイナミズムを持った大国だった。だがそのことは他の先進国より大恐慌が悪化するのを妨げることはできなかった。1973年から1995年までのアメリカは、著しく乏しい生産性のパフォーマンスと停滞した平均所得の国だった。しかし雇用の創出にはかなり成功していた(相対的にもっと経済的に衰退していたが、1950年から1970年の間のイギリスと比べて)。そして続けよう。個人が得意なことも苦手なこともあるように、経済にも強い点と弱い点がある。

So, about Europe: the continent has made great strides in overcoming Eurosclerosis, the persistent failure of job creation that afflicted Europe from the early 70s into the mid 90s. Here’s prime-age employment — the percentage of adults aged 25-54 with jobs — for the 15 “old” members of the EU versus the United States, this time brought up to 2010 3rd quarter:
そこでヨーロッパについてだ:その大陸は70年代初頭から90年代半ばまで苦しんできた、永続的な雇用創出の失敗を意味するユーロ硬化症の克服に長足の進歩を遂げている。ここにプライムエイジの雇用―25歳から54歳までの職に就いている成人のパーセンテージ―のEUの15の「古い」メンバーとアメリカのデータがある、今回は2010年第3四半期まで:

untitled5.jpg

I focus on prime-age employment because the generosity of retirement programs is a separate issue from the functioning of the job market. But if you want to look at the population 15-64, Eurostat has a table; same trend, but Europe still slightly below US.
私がプライムエイジの雇用に焦点を当てたのは、寛大な退職年金が労働市場に与える影響を切り離すためだ。もし15-64歳の人口のものが見たいなら、EU統計局の表がある。同じような傾向だが、ヨーロッパはアメリカよりちょっと下方にある。

There’s no contradiction between noting these good signs and pointing out that the euro is functioning badly.
これらの良い兆候に注目することと、ユーロの酷い作用を指摘することの間に矛盾はない。

And my gripe about American attitudes is that many people have an outmoded view of Europe’s condition — they still think that Eurosclerosis is in full force — and assume that the monetary woes of the present must be connected to the old ailment. Not so.
そしてアメリカ人の態度について私が不満なのは、ヨーロッパの状況を古臭い見識で捉える人が多いことだ―彼らは今でもユーロ硬化症が猛威をふるっていると思っている―そして現在の金融の苦境が古い病気につながっているに違いないと決め付けている。そうじゃないんだ。

Money 1937 (Slightly Wonkish)/May 15, 2011, 3:56 pm

Money 1937 (Slightly Wonkish) マネー1937(ちょっとオタク風)
A followup on my note on monetarist pathos: I’ve been rereading Friedman and Schwartz, and it’s striking just how much the debate in 1936-7 paralleled the debate now.
「マネタリストの哀愁」の付け足し:私はフリードマンとシュワルツの論文を再読しているが、1936-7年の論争が現在のそれとそっくりなことに驚かされている。

We usually focus on the great fiscal error of 1937, as FDR decided that it was time to slash spending and reduce the deficit. But there was also a turn toward contractionary monetary policy: the Fed got nervous over the alleged inflation risks from the existence of large excess bank reserves, even though those reserves weren’t being lent out, and decided to sharply raise reserve requirements. F&S say that this caused the 1937-8 downturn, although the Romers pointed out long ago (pdf) that their evidence was far less conclusive than advertised.
1937年に、FRBが支出を切り詰め、赤字を削減することを決定したという財政上の大きな間違いは常に注目されてきた。しかし緊縮的な金融政策への変更もあったのだ。貸し出しに回っていないにも関わらず、過剰な預金準備の存在による怪しいインフレリスクに過敏になり、大幅に預金準備率を引き上げることを決定した。フリードマンとシュワルツはこれが1937-8年の景気低迷を引き起こしたという。だがローマーはかなり前に、その証拠は喧伝されているほど決定的ではないと指摘している。

But anyway, when people talk about the Fed “printing money” now they mainly mean (whether they know it or not) the large increase in excess reserves:
それはともかく人々が、FRBが「貨幣を刷る」と言う時、それは大概(それを知っているか、いないかに関わりなく)預金準備の余剰を大幅に増やすことを意味する:

051511krugman1-blog480.jpg

And so by clamoring for a reduction in money to head off nonexistent domestic inflationary pressures, they’re repeating precisely the monetary mistake of 1937.
そして存在しない国内のインフレ圧力をそらすために、マネーを減らそうと主張している人たちは、1937年の金融的な過ちをそのまま繰り返している。

Soaring Food Prices/February 5, 2011, 12:05 pm

Soaring Food Prices 急騰する食料品価格

What’s behind the surge in food prices? The usual suspects have made the usual claims — it’s all about the Fed, or it’s all about speculators. But I’ve been looking at the USDA World supply and demand estimates, and what stands out from the data is mainly that we’ve had a huge global harvest failure.
食料品価格の急上昇の背後には何があるのか? お決まりの犯罪にはお決まりの容疑者がつきものだ―それをすべてFRBのせいにしたり、あるいは全部投機家のせいにしてみたり。でも私がUSDAの「世界の需要と供給の推計」を見たところ、データから分かるのは、主にそれは甚大な世界的な収穫の不作のためであるということだ。

Here are some percentage changes in world grain production between 2008/2009 and 2010/2011, according to the USDA estimates:
これが2008/2009年と2010/2011年で、世界的な穀物生産がどれだけ変化したかをパーセンテージで示すUSDAの推計値である:

badharvest.jpg

Overall grain production is down — and it’s down substantially more when you take account of a growing world population. Wheat production (this time not per capita) is way down.
全般的な穀物生産が落ち込んでいる―そしてそれは世界人口の成長を考慮に入れると、実質的にはもっと落ち込んでいると言える。小麦生産(今回は一人当たりのものではない)はさらにその下だ。

You might ask why a production shortfall of 5 percent leads to a doubling of prices. Part of the answer is that some kinds of demand are growing faster than population — in particular, China is becoming a growing importer of feed to meet the demand for meat. But the main point is that the demand for grain is highly price-inelastic: it takes big price rises to induce people to consume less, yet collectively that’s what they must do given the shortfall in production.
なぜ5%生産量が不足することにより、価格が2倍も上昇するのか聞きたいかもしれない。その答えの一部は、ある種の需要は人口より早く増加するからである。特に中国は食肉の需要を満たすため、ますます大きな食料の輸入国になってきている。しかし主要な理由は、穀物の需要が非常に価格弾力性が低いことによるものだ。その意味は消費を減らすには、大きな価格の上昇が必要だということである。生産量が不足している時には、そうなる必要がある。

Why is production down? Most of the decline in world wheat production, and about half of the total decline in grain production, has taken place in the former Soviet Union — mainly Russia, Ukraine, and Kazakhstan. And we know what that’s about: an incredible, unprecedented heat wave.
なぜ生産量は低下したのか? 世界での小麦生産の落ち込みのほとんど、そして全体的な穀物生産の落ち込みの半分が、旧ソ連―主にロシア、ウクライナそしてカザフスタン―でのものである。そして私はなぜそれが起こったか分かっている。つまり信じがたい前例のない熱波だ。

Obligatory disclaimer: no one event can be definitively assigned to climate change, just as you can’t necessarily claim that any one of the fender-benders taking place right now in central New Jersey was caused by the sheet of black ice currently coating our roads. But it sure looks like climate change is a major culprit. And it’s not just the FSU: extreme weather elsewhere, which again is the sort of thing you should expect from climate change, has played a role in bad harvest around the world.
義務免責事項:どんな出来事も気候変動へ決定的に結びつけることはできない。ニュージャージー州の真ん中で今起こった衝突事故が、現在道路を覆っている黒氷によって引き起こされたものであると必ずしも言えないのと同じことだ。でも気候変動は主要な下手人であると確信している。そしてそれは旧ソ連だけではない。気候変動というものから予想できるように、他の地域での極端な気象も、世界での不作に影響を与えている

Back to the economics: if you want to know why we’re having a spike in food prices, the data suggest that the key cause is terrible weather leading to bad harvests, especially in the former Soviet Union.
経済学の話に戻ろう。なぜ食料価格が急上昇したのか知りたいなら、それはデータが示すところによると、その不作の主な原因は、特に旧ソ連での酷い気象によるもであると言える。

Update: The USDA has estimates of price elasticities. For the United States, they put the price elasticity of demand for breads and cereals at 0.04 — that is, it would take a 25 percent rise in price to induce a 1 percent fall in consumption.
更新:USDAの価格弾力性の推計。アメリカにおける、パンや穀物に関する需要の価格弾力性は0.04―それは消費量を1%減らすためには、価格が25%上昇する必要があることを意味する。

A Commodity Peak?/May 2, 2011, 8:54 am

A Commodity Peak? 原材料品のピーク?

WSJ: Commodity Surprise: Some Are Now Heading Down.
WSJ:原材料品のサプライズ:現在下落しているものがある。

Good reporting on the slumps in cotton, copper, etc. But why, exactly, is this such a surprise?
綿や銅その他の物が下落しているといういいニュースだ。しかしこれがなぜそんなに驚きなんだろうか?

Real commodity prices — that is, prices relative to the prices of goods that aren’t as volatile — have gotten very high by historical standards:
実質的な原材料品の価格―つまりもっと変動の少ない生産物の価格と比較しての価格―は歴史的な水準よりもかなり高くなっている:

primarycom.jpg

Some of this probably represents a long-term upward trend, as emerging economies place pressure on limited resources, but even so, you wouldn’t expect continued rapid rises, and in fact you should expect some regression toward normal levels as supplies and to some extent demand respond.
そのうちいくつかは新興国の限られた資源への需要による長期的な上昇傾向を反映している。しかしそうであっても、急速な価格上昇が続くと予想すべきではない。事実の問題として、需要がある程度まで供給に対応することにより、通常のレベルに向けていくぶん回帰すると考えるべきだろう。

The only reason to believe that commodity prices would continue to soar would be if you thought that they were the harbinger of runaway inflation. But they aren’t.
物価が上がり続けると信じるためには、それをインフレが暴走する前触れと考える必要がある。でもそうではない。

So if commodity prices come down, and headline inflation declines back toward core, we’ll see the inflationistas admit that they were wrong, right? Also, pigs will fly.
そしてもし物価が下がり、ヘッドラインインフレがコアインフレに向けて下落すれば、インフレを叫んでいた連中が自らの誤りを認めるのを見れるだろうか? その時には豚が空跳んでるよ。

Recent Inflation History/May 14, 2011, 11:35 am

Recent Inflation History 近年のインフレの歴史

During the Bush years, I used to get triumphant letters from conservatives saying things like, “You say Bush’s policies are bad, but the economy added 110,000 jobs last month” — as if that was a big number; they had no idea what good job creation looks like.
ブッシュの時代、私は保守派から次のような勝ち誇った手紙をよくもらった。「あんたはブッシュの政策が間違ってるって言ってるけど、先月11万もの雇用が増えたんだぞ」と―まるでそれがたいした数字であるかのように。彼らは良い雇用創出がどんなものか分かってなかった。

Now I get a lot of mail from people saying, “You say inflation is not a problem — but consumer prices rose 3.1 percent over the past year.”
現在、「あなたはインフレは問題じゃないと言っている―だけど去年消費者物価は3.1%増加したじゃないか」と言う手紙をよくもらう。

Again, it’s useful to have some perspective.
いま一度いくつかの見通しを示しておくのは有益だろう。

So, here’s consumer price inflation since 1985 — that is, after the Volcker disinflation, and after morning in America and all that:
ここに1985年以来の消費者物価を示そう―すなわちヴォルカーのディスインフレ、そして「アメリカの夜明け」以後のものだ:

051411krugman1-blog480.jpg

Do you remember a lot of hysteria about runaway inflation in, say, September 2005, when prices were 4.7 percent higher than they had been a year earlier? I don’t; I remember things like this:
あなたは2005年の9月、物価が前年より4.7%上昇していた時に、暴走するインフレについて皆ヒステリックだったという記憶がある? 私はない。私はこんな風にその時のことを覚えている:

051411krugman2-blog480.jpg

Oh, and about commodity prices: rises on the order of what we’ve seen lately aren’t at all unusual, even during periods now considered to have been characterized by low and stable inflation. Here’s the IMF commodity price index:
ああ、それで物価についてなんだが。今目にしているような上昇なんて、インフレが低くて安定していたと現在思われている期間ですら珍しいものではないんだ。これがIMFの消費者物価指数:

051411krugman3-blog480.jpg

Just not something to get frantic about.
必死になる必要なんてない。

Monetarist Pathos/May 14, 2011, 8:31 am

Monetarist Pathos マネタリストの哀愁

I feel David Beckworth’s pain. Really, I do.
私はデヴィッド・ベックワークの苦しみが分かる。本当によく分かる。

Beckworth and a few others are trying to keep the spirit of monetarism alive. What I mean by that is that, like Friedman, they’re trying to reconcile a conservative view of government’s proper role with a bit of macroeconomic realism. They accept that a recession represents a huge market failure demanding policy action. But they want to keep that policy action narrowly technocratic, limited to open-market operations by the central bank.
ベックワースと少数の仲間は、マネタリズムの魂が生き続けるようにがんばってる。
それが何を意味しているかと言うと、フリードマンがそうであったように、彼らは政府の適切な役割に関する保守的な見方を、ちょっとばかしの現実主義と調和させようとしているということだ。不景気が政府の行動を必要とする巨大な市場の失敗を示すことを、彼らは認識している。しかし彼らはその政府の役割というのを、中央銀行による公開市場操作に限定された、技術的に狭いものにしたがっている。


As I’ve argued before, this doctrine has failed the reality test: liquidity traps are real, and blithe assertions that central banks can easily pump up demand even in the face of zero short-term rates have not proved correct.
私が以前論じたように、その方針は現実のテストで失敗した。流動性の罠は現実のものだった。そしてたとえ短期金利がゼロであっても、中央銀行は簡単に需要を増やすことができるという軽率な主張は、正しいと証明されなかった。

But what our modern monetarists are facing is a different problem: it turns out that they have no political home. The modern American conservative movement has no room for nuance, for the idea that some forms of government activism are a good idea. Ayn Rand, not Milton Friedman, is their patron saint; in fact, if Friedman were alive today, he’d be shunned as a dangerous radical with inflationary ideas.
しかし現代のマネタリストは別の問題に直面している。彼らが政治的なふるさとを失ってしまったことだ。現在のアメリカの保守的な運動には、どんな形であれ政府の行動主義が良いものであると認めるようなニュアンスや考えの入り込む余地はない。ミルトン・フリードマンではなく、アイン・ランドが彼らの守護聖人なのである。実際もしフリードマンが今日生きていたとしたら、インフレ許容的な思想を持った危険な急進主義者として敬遠されていただろう。

And no amount of data will change their minds. If you look at what these people say, they’ve taken to putting scare quotes around the word “data”. Numbers, you see, have a clear liberal bias.
そしてどれだけのデータをもってしても彼らの心は変えられない。これらの人々が語っている事を吟味すれば、「データ」という言葉の周りにscare quotesをつけているはずだ。まあ数字は明らかにリベラル寄りだから。

So again, I feel the monetarists’ pain. But they should have realized that this was coming.
だから繰り返すが、私はマネタリストの苦しみが分かる。でも彼らはこうなることを悟っておくべきだったんだが。


翻訳の感想:わざとらしく同情するふりして、最後に落としているのがさすがです。
scare quotesの意味は、作者によって好まれた用語でないことを示すための引用符の使用

Hitting the Ceiling/May 13, 2011, 5:29 pm

Hitting the Ceiling 天井に達する

How bad will it be if we don’t manage to raise the debt ceiling? And what should Obama’s negotiating strategy be? A few thoughts.
もし債務の天井を引き上げていなかったとしたら、世の中はどんなに悪くなっていただろうか? そしてオバマの金を使うという戦略は正しかったんだろうか? ちょっと考えてみよう。

The direct effects of hitting the ceiling would be bad enough — sharp cutbacks in spending, which would undermine essential services, not to mention derail the economy. It’s not clear to me whether there would be some wiggle room through the accumulation of arrears — say, not actually paying workers and contractors but promising to make it up when sanity returns. But it would be ugly indeed.
天井にぶつかることの直接の効果は十分悪いものだ―支出が大幅に削減される、それは経済を駄目にするのはもちろん、不可欠なサービスが受けられなくなる。延滞―実際に労働者や請負会社に支払う代わりに、正常に戻った時に支払うと約束すること―を重ねる余地があるのかは明らかではない。しかし確実に酷いことになるだろう。

What might make it even worse would be indirect effects, of two kinds.
その間接的な効果は、二つの点でさらに悪いものになるかもしれない。

First, US government debt plays a special role in the financial system: T-bills are the universal safe asset, the ultimate collateral. That’s why, during moments of financial stress, the interest rate on T-bills has actually gone negative. Make that safe asset suddenly unsafe, and it might cause vast disruption.
まず最初に、アメリカ政府の債務は金融システムの中で特別の役割を果たしている:アメリカ国債は世界的な安全資産であり、究極の担保である。そういうわけで金融的に緊張が高まってる間、アメリカ国債の利子率はネガティブなものだった。安全資産が突然、不安全なものに変わり、それは大混乱を引き起こす可能性がある。

Second — and I don’t think this is getting enough attention — failure to raise the debt limit could act as a terrible signal about the US political system.
二つ目に―私はそれが十分注目されてると思わない―債務の上限を上げることに失敗することが、アメリカの政治システムにとって恐ろしいシグナルになる可能性がある。

When you look at the US fiscal position in terms of what we’re capable of as a nation, it’s not a big problem. Never mind those big numbers you hear about implicit liabilities; we have a big economy, too. So modest tax increases and reasonable efforts to limit health care costs could bring our long-run finances into line.
一つの国としてのアメリカの能力を考えて、その財政的な状況を見るなら大きな問題はない。あなたがよく耳にする見えない事実上の負債のことなど気にするな。アメリカは巨大な国だ。適度な増税とヘルスケアのコストに限界を設けるよう合理的な努力をすることにより、長期的な財政は健全なものにできるだろう。

But all this depends on our having the political will and cohesion to do what’s necessary. What if it turns out that we’re a banana republic, with crazy extremists having so much blocking power that we can’t get our house in order?
しかしそれは我々が必要なことをするための意思と協力できるかにかかっている。もし狂った過激派が、我々が整然と協力することを妨げる巨大な権力を手にし、アメリカがバナナ共和国になったら、いったいどうなるかのか?

And failing to raise the debt limit could be widely read as a signal that we are, in fact, a banana republic.
そして債務の上限を引き上げることに失敗することは、アメリカが実際バナナ共和国であるというシグナルとして受け止められる可能性があるのだ。

In that case, however, what should Obama do? My answer is that despite all that, he must not let himself be blackmailed.
しかしそうであるなら、オバマは何をすべきなのか? 私の答えは、彼は絶対に脅しに屈するべきでないということだ。

Partly that’s because once he gives in the first time, the blackmail will never stop. Once the crazies know that they can get whatever they want by threatening to blow up the economy, they’ll just keep demanding more and more. Obama just can’t let that dynamic get started without setting up an even worse crash down the road.
一回でも彼が脅しに屈すれば、恐喝は止まらないというのがその一つの理由だ。いったん狂人が経済を破壊するように脅すことで、望みのものが手に入れられると分かると、彼らはますます多くのものを要求し続けることになる。オバマはさらに悪い混乱を作り出すことなしに、経済活動を再開させることはできないだろう。

Plus, the hard right may claim that it’s worried about deficits, but it’s actually deeply fiscally irresponsible. Realistically, the Ryan plan would sharply increase the deficit — because its spending cuts are in many cases impossible, and its supposed revenue neutrality is a sham. So giving in to the right would be just as much a signal of banana-republic-hood as a temporary default.
さらに極右が、政府は財政赤字を懸念しているが、実際にはまったく財政的に無責任だと主張するかもしれない。現実的に言えば、ライアンプランは財政赤字を急増させるだろう―なぜならその支出削減は多くの場合不可能で、歳入中立的という想定はごまかしだからだ。だから右派に屈することは、一時的なデフォルトと同じくらいバナナ共和国としてのシグナルになる。

This is going to be very ugly. But I don’t think there’s any way to avoid taking it all the way to the edge, and possibly over it.
これは本当に酷いことだ。しかし崖っぷちへと到ることを避けられるとは思えない、そしてもしかするとそれを超えてしまうかも。


翻訳の感想:banana republicというのは、中南米などのでたらめな統治機構の国のことらしい。

Send In The Cranks/May 12, 2011, 3:49 pm

Send In The Cranks 奇人の中に

Matt Yglesias notes that another GOP senator, in addition to declaring that Peter Diamond, one of the world’s greatest economists, isn’t fit to be on the board of the Fed, has joined the ranks of monetary cranks:
世界でもっとも偉大な経済学者の一人であるピーター・ダイアモンドはFRBの理事にふさわしくないと主張したことにより、マット・イグレシアスはまた共和党の上院議員を「金融奇人」にランク入りさせた:

“We must be increasingly wary of the threat of inflation, yet the Fed continues to print money with reckless abandon,” Johanns said in a statement.
「我々はインフレの脅威をますます警戒しなければならない。いまだFRBは無謀な奔放さでお金を刷り続けている。」とヨハンスは声明を出した。

I have to admit that the triumph of the hard-money/goldbug view among Republicans has surprised even me. After all, Milton Friedman — who castigated the Fed for not printing enough money during the Great Depression — used to be the patron saint of conservative economics.
私はハードマネー/ゴールドバグ的観念が、共和党の中で大勝利を収めていることに驚きを禁じえない。さらに言えば、ミルトン・フリードマン―彼は大恐慌の間、十分に貨幣を刷らなかったことでFRBを厳しく批判した―はかつて保守的な経済学者の守護聖人とみなされていたのに。

And let’s also note that we’ve had a strong test of monetary doctrines these past three years, and the inflation worriers have been proved overwhelmingly wrong. Yes, they’ve seized on the rise in commodity prices since last summer; but they have yet to find any signs of domestic inflation, as opposed to movements in prices determined on world markets and strongly driven by China and other emerging markets.
過去3年にわたり、我々は様々な金融に関する説をしっかりとテストする機会をもち、インフレへの懸念が圧倒的に間違っていることが証明されたことも言っておこう。彼らは昨年の夏以来、物価の上昇に執着しているが、世界の市場、特に中国やその他の新興国の影響を強く受ける価格の動きとは対照的に、国内のインフレへのいかなる兆しも見つけることができない。

Look, very early on I tried to explain that “printing money” — what people who say that really mean is increases in the monetary base, which includes bank reserves as well as currency — doesn’t cause inflation, or even a rise in broader definitions of the money supply, when you’re in a liquidity trap. And I illustrated the point with historical examples. Here’s Japan:
まあ私はかなり早い段階で、「貨幣を刷ること」―その本当の意味は、貨幣と預金準備からなるマネタリーベースの増加―は、流動性の罠に囚われている時、インフレや広義でのマネーサプライの増加を引き起こさないと説得しようと試みた。そして歴史的な例を挙げてこの点を示した。これが日本についてだ:

05111krugman3-blog480.jpg

And here’s America in the 30s:
これが1930年代のアメリカ:

051211krugman3-blog480.jpg

And I predicted that we’d see the same kind of result — huge increases in the monetary base not translating into rises either in broader money or in prices — this time around. And sure enough:
私は今回も同じような結果―マネタリーベースの急上昇が、広義でのマネーサプライや物価の増加には結びつかない―になることを予言した。そして案の定これだ:

051211krugman4-blog480.jpg

So we have the whole Republican party jumping on to a doctrine that has not only been wrong historically, but has been wrong in the very recent past.
そういう訳で、全て共和党は歴史的に間違っているだけでなく、ごく最近の歴史に照らしても間違っている説に飛びついているということだ。

Amazing. And will Obama do anything about Peter Diamond?
驚きである。そしてオバマはピーター・ダイアモンドについてどうするのか?

Update: And now the Hair Club for Growth has turned the Diamond nomination into a loyalty test.
更新:現在ヘア・クラブ・フォー・グロウスはダイアモンドの任命を踏み絵にしようとしている。

More Greek Out/May 10, 2011, 6:36 pm

More Greek Out さらにギリシアの退出

An Argentine commenter on my Greece-leaving-the-euro post notes that Argentina, in addition to letting the peso drop, both defaulted on its debt and imposed temporary restrictions on bank withdrawals. Indeed. Something similar would have to happen for a euro exit to take place.
あるアルゼンチンのコメンテーターが、私のギリシアのユーロからの退出に関する記事について、アルゼンチンはペソを下落させるままにしておいたのに加え、借金をデフォルトし、銀行引き出しの一時的規制を実施したことを述べている。確かにユーロからの退出に際し、似たような事が起こるに違いない。

But bear in mind that the first piece is already a foregone conclusion: everyone knows that Greece won’t repay its debt in full. The problem is that even if the country defaults on its debt, it still faces the problem of wages and prices way out of line with the core euro countries. So devaluation is what you do when default isn’t enough.
しかしまず心に留めて欲しいのは、既に確定的な結論のことだ:ギリシアがその借金を全額返済することはないのは誰でも分かっている。問題はたとえ借金をデフォルトしたとしても、賃金と物価のEUの中核国との繋がりが断ち切れてしまうことだ。通貨切り下げは、デフォルトが十分でない時行うものである。

As for the second point, the main argument against the possibility of a euro breakup has been precisely that any hint of exit would unleash the mother of all bank runs. So how could exit take place? I argued some time ago that it would have to take place in the context of a banking crisis that forces a temporary closure of the banks — something along the lines of the Argentine corralito — in any case.
2つ目に、ユーロの分裂に反対する主な争点として、その退出のいかなる予兆も全体的な取り付け騒ぎを引き起こすことになるだろうという意見がある。それならどのように退出すればいいのか? 私は以前、いずれにせよそれは、一時的な銀行の閉鎖―アルゼンチンの預金封鎖の線に沿うもの―を強制するような銀行危機の中で起こるだろうと述べた。

This is why I find it hard to see any European government making a solemn, deliberate decision to leave the euro. But I can easily see how events could lead to a situation in which euro exit becomes the least bad option.
そういうわけで、どんなヨーロッパの政府も厳粛で、意図的な決断のもとで、ユーロから退出するとは思えない。しかしユーロから退出することが、最も悪くない選択肢となる状況に導くのは、どんな出来事は簡単に分かる。

Greek Out?/May 10, 2011, 10:28 am

Greek Out? ギリシアの退出?

Kudos to Mark Weisbrot for saying the unsayable, and making a case for Greek exit from the euro.
言葉に表現しづらいことを言ってくれたことと、ギリシアがユーロから脱出するための案を考案してくれたマーク・ウェイズブロットに賛辞。

I agree with a lot of what he says, but am still not ready to counsel that step, for a couple of reasons. First, while I agree that Argentina is the right parallel, it’s an imperfect parallel: although Argentina had a supposedly irreversible peg, it still had peso notes in circulation, so the mechanics of exit from the peg were much easier than exiting the euro would be. And the mechanics matter a lot; they could make all the difference between a brief period of shock and an extended financial breakdown.
私は彼の言うことの多くに同意するが、いくつかの理由によりその措置を勧める準備はまだしていない。まず私はアルゼンチンのケースが類似しているものと認めるが、それは不完全な類似である:アルゼンチンは不可逆的と思われていたペッグ制を採っていたが、それはその流通の中でペソの紙幣も持っていた。ペッグ制から抜け出る時の力学は、ユーロから退出する時よりずっと容易だ。その力学はとても重要である。それは短期のショックとより長期の金融破たんとの違いの全てを作り出すものといえる。

Second, Greece, as a relatively poor country with a history of shaky governance, has a lot to gain from being a citizen in good standing of the European project — concrete things like aid from cohesion funds, hard-to-quantity but probably important things like the stabilizing effect, economically and politically, of being part of a grand democratic alliance. A euro exit could do much more damage to Greece in the long run that Argentina faced from its devaluation.
2つ目に、不安定な統治の歴史を持つ相対的に貧困国であるギリシアは、ヨーロッパのプロジェクトの中でよい地位の市民でいることによって大きな利益がある。具体的には結束基金からの援助などがあり、量的に表しにくいがたぶん重要なものとしては、壮大な民主主義の同盟の一部であることにより政治的、経済的に安定する効果がある。ユーロから脱出することは、アルゼンチンがその通貨安により被ったものより、ギリシアへのダメージはもっと大きいものになる可能性がある。

That said, Weisbrot is right in saying that the program for Greece is not working; it’s not even close to working. At the very least there must be a debt restructuring that actually reduces the debt burden rather than simply stretching it out. And the longer this situation remains unresolved, the less hope I have that Greece will be able to stay in the euro, even if it wants to.
そうは言うものの、ウェイズブロットがギリシアのためのプログラムは機能していないというのは正しい。それは機能する気配すらない。実質的に借金の重荷を減らすためには、単に引き延ばすだけではなく、少なくとも借金の再編成が不可欠だ。状況が解決されないままでいればいるほど、たとえそれを望もうと、ギリシアがユーロに残ることができるという希望は薄くなっていく。

“Currency Wars” and the Impossible Trinity (Wonkish)/May 9, 2011, 9:38 am

“Currency Wars” and the Impossible Trinity (Wonkish) 「通貨戦争」と不整合な三角形(オタク風)

Putin says we’re hooligans; Brazil accuses us of “currency wars”; and the Chinese are, well, being their usual charming selves. But what’s going on in the international currency scene?
プーチンが我々をフーリガンと呼んでいる。ブラジルは我々を「通貨戦争」のことで非難している。そして中国は、まあいつものように自己をよく見せようとしている。しかし国際的な通貨の状況に何が起こっているのか?

I don’t know why I didn’t think to put it this way before — and I don’t know if anyone else is saying this — but what we have here is a classic example of the Mundellian impossible trinity, aka the trilemma, which says that you can’t simultaneously have free movement of capital, a stable exchange rate, and independent monetary policy. Here’s an illustration:
私はなぜ以前こう考えなかったのかわからないのだが―そして他の人でそのことを言ってる人がいるのか分からない―現在の状況というのは、マンデルの不整合な三角形、別名トリレンマの古典的な例である。それが示すのは、自由な資本移動と安定的な為替レート、そして独立した金融政策を同時に実行することはできないということだ。
ここに図を示そう:


050911krugman1-blog480.jpg

So, how does this apply to current issues? Advanced countries, very much including the United States, are weighed down by the aftereffects of the 2008 financial crisis; this has led to low investment returns. Meanwhile, emerging markets are in much better shape, so capital wants to go there.
そしてこれを現在の問題にどう適用するのか? アメリカを含む先進国は、2008年の金融危機の後遺症に苦しめられている。これは投資の収益率低下をもたらす。その間、新興国の市場はますます活況を呈していて、そのため資本はそちらに流れようとする。

And this creates a problem for the EMs. They don’t want their currencies to rise sharply; Brazil is not at all happy about this:
そしてこのことが新興国にひとつの問題を作り出す。彼らはその通貨が急速に高くなることを望まない。ブラジルにとってそれは全く喜ばしいことではないのだ:

050911krugman2-blog480.jpg

But not letting the currency rise would be inflationary – that is, Brazil doesn’t want to give up on its independent monetary policy. So what’s the answer?
だが通貨の上昇を許容しないことは、インフレにつながりうる―すなわちブラジルは独自の金融政策を放棄したくはない。そこで出てくる答えは?

All those accusation of hooliganism, currency wars etc. are in effect demands that the trilemma be resolved by having America give up having an independent monetary policy — basically, that the Fed give up on trying to stabilize the US economy so that emerging markets aren’t faced with the uncomfortable tradeoff between massive appreciation and imported inflation. But this shouldn’t and won’t happen.
フーリガニズムや通貨戦争その他の非難は、アメリカに独自の金融政策を放棄させることにより、トリレンマを解決しようという強い欲求によるものである。基本的に言えば、FRBがアメリカ経済を安定化しようという試みを放棄すれば、新興国は大規模な通貨高とインフレの輸入との間の不快なトレードオフに直面せずにすむのだ。しかしこれは起こるべきではないし、起こることもないだろう。

The alternative, trilemma analysis suggests, is capital controls. China already has these, but they’re looking a bit porous. Brazil has been making some efforts in this direction, but they obviously haven’t been enough.
トリレンマの分析がもたらす代替案は資本管理だ。中国はすでにそうしているが、それらはちょっと穴があると見られている。ブラジルはこの方向にいくらか努力しているが、明らかに十分なものではない。

But to come back to the issue of monetary policy, what this analysis tells us is that the hard choices emerging markets are facing don’t reflect any kind of spectacular misbehavior on the part of the United States. All that we’re seeing is the classic set of tradeoffs that any currency regime faces — and it’s not the business of the Fed to save other countries from the necessity of making choices.
しかし金融政策の問題に戻ろう。この分析から分かるのは、新興国が直面する難しい選択は、アメリカの投資家による不正行為とは何の関係もないということだ。我々が見ているのは、あらゆる通貨の管理体制が直面するトレードオフの古典的な組み合わせだ―そして他国が必要な選択をせずにすむようにすることはFRBの仕事ではない。

The Lump of Austerity Doctrine (Wonkish)/April 29, 2011, 2:26 pm.

The Lump of Austerity Doctrine (Wonkish) まぬけな厳格主義(オタク風)

Steve Randy Waldman has a good post critiquing the now widespread notion that debt-troubled economies will have to engage in the same amount of austerity regardless of what they do with their currencies.
スティーブ・ランディー・ウォルドマンが、借金に苦しむ経済は、独自通貨を持っているのに関わらず、その借金と同じ程度の緊縮財政を採らなければならないという観念を批判したすばらしい記事を投稿している。

But I would go further than Waldman here; it’s not just that the fiscal deficit and the external deficit are different things; even the fiscal deficit becomes much easier to reduce if you can have a devaluation-led boom.
しかし私はここでその先に進もう。それは財政赤字と対外赤字は別々の物事ではないということだ。もし通貨安により好景気をもたらすことができれば、財政赤字を減らすのはもっと簡単になる。

Look at Argentina before and after the 2001-2002 devaluation/default:
2001-2001年のアルゼンチンの通貨安/デフォルトの前後を見てほしい:

argentina.jpg

Trade moved into large surplus, while the budget deficit was actually (after a brief spike) brought below its pre-crisis levels; but the suffering that had induced the crisis was greatly reduced thanks to a huge export-led boom, and rising revenues made budget control relatively easy.
貿易は巨額の黒字に転じ、一方財政赤字は実際に(束の間急増した後)危機が起こる前のレベル以下になっている。危機をもたらした困難は、巨大な輸出主導の好景気のおかげで大幅に縮減されたし、増加した歳入は予算をコントロールするのを比較的容易にした。

This wasn’t a unique experience: default-and-devaluation episodes have often been followed by “phoenix-like” economic recoveries (pdf).
これは特異な経験ではない:デフォルトと通貨安のエピソードは「不死鳥のような経済回復」という論文の中でもしばしば出てくる。

The point is that austerity the way peripheral Europe is doing it — with a fixed exchange rate (because they’re on the euro) — imposes costs that are much greater than those needed simply to bring spending into line with income. The austerity programs depress demand, leading to depressed economies, which not only magnifies the pain but even makes fiscal adjustment difficult thanks to reduced revenue.
問題は、ヨーロッパの周縁国が行っているような厳格主義は―(これらの国はユーロに参加しているため)固定為替相場である―単に収入に応じた支出をするのに求められるより、ずっと重いコストを課すことになることだ。厳格主義のプログラムは、需要を低下させることにより不景気をもたらし、そのことが苦痛を増やすだけでなく、歳入の減少により財政の調整を困難なものにしてしまう。

There may be no easy alternative given the way the euro is set up: no country can even think about exiting without triggering a huge bank run. But there’s no law of economics that says that the cost of reducing spending is the same no matter what you do with monetary and exchange rate policy.
ユーロがすでに設定されているので代替案を見つけるのは容易なことではないかもしれない:どの国も甚大な取り付け騒ぎの引き金を引くことなく、ユーロから抜けることは考えられない。だが、支出を減らすコストは、どんな金融政策や為替政策を採ろうと同じであるという経済の法則は存在しない。
CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。