スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Austerity Games, Here And There/March 30, 2011, 10:17 am

Austerity Games, Here And There あちこちで厳格主義のゲーム

Early last year, many people on both sides of the Atlantic seized on the idea that less is more — that cutting spending would actually help, not hinder, recovery. There was a paper by Alesina and Ardagna that seemed to provide evidence to that effect, and nothing succeeds like telling people what they want to hear.
去年の初めごろ、大西洋の両岸で多くの人が少ないことは多いことだという考え―財政支出の削減が景気回復を阻害するのでなく、実際には助けるものとする―を引っ込めた。アレシナとアーダグナによる論文はその効果の証拠を提示するものとされたが、人は常に自分が聞きたいと思うことを聞くものだ。

Since then, the whole intellectual edifice has collapsed. The Alesina et al methodology turns out to be deeply flawed, which should have been obvious from the start (and was, to some of us.) The alleged cases of expansionary austerity have, without exception, turned out to be bad examples, either involving cuts when the economy was booming or situations in which sharp interest rate declines and/or currency depreciations were the actual sources of expansion.
あの時以来その知的建造物は全壊してしまった。アレシナらの方法論は本質的に欠陥だらけだと分かった、もっとも当初から自明であるはずだったんだが(我々にとってはそうだった)。財政緊縮による景気拡大を示すものとされた怪しい事例も、例外なく良くないサンプルだと判明した。それは、景気が過熱してる時の支出削減や大幅な利子率削減や通貨切り下げが主因となって起こった景気拡大の状況による事例だったのだ。

But by then expansionary austerity was the official doctrine of the Conservatives in Britain (and also the ECB) and of the GOP here.
しかしその時までに財政緊縮による景気拡大論はイギリスの保守党(ECBを含む)やこちらでの共和党の公式の教義になっていた。

So, how are they dealing with the collapse of their doctrine?
そこで、この教義の崩壊をどう扱えばいいんだろうか?

Karl Smith notes that the JEC report is actually even sleazier than I realized on first read. It doesn’t actually say that contraction is expansionary; it engages in innuendo, talking about things that could or might happen, conveying the impression that it’s demonstrating a fact while providing deniability, because it never actually says outright that less is more.
カール・スミスはJECレポートが私が最初に読んだとき理解したものより実際もっと低俗でさえあると書いている。
実際には緊縮財政が景気拡大をもたらすとは書かれておらず、当てこすりに終始し、起こる可能性があることについて述べられたもので、事実を証明しようという印象を与える一方、少ないことは多いことだとはっきりとは言明しないことによって否認権を用意している。


Meanwhile, in Britain, via Yves Smith, people have been digging into the details of the government forecast, and finding that it relies on the assumption that household debt will rise to new heights relative to income:
その間イギリスでは、イーブス・スミスによって、人々は政府の予想を掘り下げ、それが家計の借金が所得に占める割合が史上最高になるだろうという仮定に依存しすぎていることに気づかされた:

ukdebt.jpg

Why? Because the only way the economy can avoid taking a hit from government cuts is if private spending rises to fill the gap — and although you rarely hear the austerians admitting this, the only way that can happen is if people take on more debt. So we have the spectacle of a government that inveighs against the evils of debt pinning all its hopes on an assumption that over-indebted households will dig their hole even deeper.
どうしてかって? 経済が財政支出削減からくる打撃を避けるには、民間の支出がそのギャップを埋めるしかないからだ―そして厳格主義者たちはめったにこのことを認めないが、それは人々がもっと借金をするかにかかっているということだ。借金の弊害に抗議する政府が、すでに借金を抱えた家計がさらにその穴を広げることに全ての希望を託しているというのは壮観である。

All in all, it’s quite a spectacle. It would be funny, except that millions of people will suffer the cost of this folly.
それは本当に壮観である。何百万の人々がその愚かさの犠牲を払わされるということがないなら、滑稽であると言えただろう。
スポンサーサイト

Friedrich Hayek, Zombie/March 29, 2011, 2:55 pm

Friedrich Hayek, Zombie フリードリッヒ・ハイエクのゾンビ

Brad DeLong directs us to a 1932 letter by Friedrich Hayek and others arguing that (a) deficits somehow caused the Great Depression (b) deficit spending would drive up interest rates and make the Depression worse.
ブラッド・デロングが(a)赤字財政がどのようにしてか大恐慌を引き起こした(b)赤字支出が利子率を上昇させ、大恐慌を悪化させていると主張する1932年のフリードリッヒ・ハイエクの手紙や他の議論を紹介してくれている

Truly, nothing ever changes. The insistence that big deficits somehow caused the crisis even thought they actually didn’t appear until after the crisis was well underway — and were clearly caused by the crisis, not the other way around — prefigures the debate in Europe, in which everyone declares that fiscal irresponsibility is the core issue even though both Ireland and Spain had low debt and budget surpluses on the eve of crisis.
本当に何も変わってない。巨額の財政赤字がどのようにしてか危機を引き起こしたという主張は、実際には財政赤字は危機が起こるまで生じていなかったのだが―それは明らかに危機によって財政赤字が引き起こされたのであり、逆ではない―ヨーロッパでの論争を先取りしている。そこではあらゆる人が、アイルランドやスペインは危機が起こった時借金は少なく財政黒字だったにもかかわらず、無責任な財政こそが問題の核だと断言している。

And Hayek’s prediction that deficits would drive up interest rates despite high unemployment was, of course, totally wrong.
そして高い失業質にもかかわらず赤字財政が利子率を上昇させるというハイエクの予言は、もちろん完全に間違っていた。

Here’s the picture for the United States. (Yay FRED!) Budget balance, in millions of dollars, red line, right scale; long-term interest rates, blue line, left scale:
ここにアメリカのグラフがある。財政収支は赤い線で右側に百万ドル単位、長期利子率は青い線で左側:

fredgraph.png

You can see that the deficit came after the slump began, not before, and that much bigger deficits never did push rates up. You can also see the big mistake of 1937, when FDR gave in to the austerians of his era.
財政赤字は景気後退の前でなく、後に生じているし、巨額の財政赤字が利子率を上昇させていないことも分かるだろう。また1937年の大きな失敗も見てとれるだろう、その時FRBはオーストリア学派に服従していた。

Still, you can make excuses for Hayek and friends: this was all new territory, and macroeconomics barely existed as a field.
今でもハイエクとその仲間を弁護することもできるだろう:これは完全に新しい領域だ、マクロ経済学は分野としてはかろうじて生き残っているに過ぎないと。

What’s terrifying is the fact that, as Brad notes, the arguments of today’s pain caucus are exactly the same as those Hayek was making in 1932, except that they’re less well expressed. And they’re sticking with their doctrine even though the economic story — deficits mainly the result of the slump, not the cause, and interest rates not rising in the face of those slump-caused deficits — is playing out the same way:
恐ろしいのは、ブラッドが言うように、今日の苦痛委員会とでもいった連中の議論は、彼らがあまり影響力がないことを除いてはハイエクが1932年にしたのと完全に同じ間違いだということだ。経済の筋書き―赤字財政は主に景気収縮の結果であって原因ではない、利子率は景気後退の結果生じた赤字財政によって上昇しない―は同じように動いているのに、彼らは自らの教義に固執したままだ:

fredgraph2.png

Braiiiinnnnzzz!
脳みそを使え!

Two-faced Sweden/March 29, 2011, 12:47 pm

Two-faced Sweden 2つの顔を持つスウェーデン

I have, in the past, used Sweden’s experience in the 1990s to illustrate the difficulties we face in recovering from a global financial crisis: Sweden recovered from crisis, but it did so only by devaluing its currency and moving from trade deficit to trade surplus, a route that’s not available to the world as a whole (unless we can find another planet to trade with).
私は過去に世界的金融危機からの回復が難しいわけを説明するためスウェーデンの経験を使った。通貨を切り下げて、貿易赤字国から貿易黒字国に変わるだけでスウェーデンは危機から回復したが、世界全体として見た時その方法は利用できない(もし他の惑星と貿易できないなら)。

In response, right-wingers often trash Swedish performance — they know that the place is a socialist hell, and assert that it did terribly, not well, after devaluation.
それへの反論として、右翼たちはよくスウェーデンの実績をくさす―その場所が社会主義の地獄であって、切り下げの後よくなるどころか酷い状態だと主張する。

But whaddya know: the new Republican slavery is freedom austerity is expansionary (pdf) report cites Sweden in the mid-1990s as, yes, a role model:
でも知ってのとおり新しい共和党員は、隷属は自由である財政の厳格主義は景気を拡大させると主張するレポートの中で1990年代中ごろのスウェーデンを模範として挙げている:

sweden_austerity.jpg

Strange to say, there’s no mention of the swing in Sweden’s trade, which was equivalent to a 6 percent of GDP stimulus:奇妙なことだが、スウェーデンの貿易急上昇が言及されることはない、それはGDPの6%に相当する景気刺激効果があった:

cab_austerity.jpg

I’ve put Canada in there too, because it’s another alleged example of expansionary austerity.
私はまたカナダの例も挙げたことがある、それが財政厳格主義による景気拡大論者が疑わしいもう一つの事例であるからだ。

I have to say, it’s remarkable how quickly expansionary austerity has gone from interesting speculation to zombie idea, repeatedly killed by evidence but still shambling towards us, trying to eat our brains.
財政厳格主義による景気拡大という考えが、こんなに早く興味深い洞察からゾンビ発想へと転落するのは興味深いと言わざるを得ない。さらに言えば、証拠によって抹殺されながら今でもよろめきながら、我々の脳を食おうとしているのだ。



翻訳の感想
文中で出てくる「隷属は自由である」というのは、ジョージ・オーウェルの『1984年』に出てくる言葉です。そこでは超管理社会のディストピアで、矛盾したことをそのまま信じるdouble thinkinというのを身に付ける為に、いろんな標語を唱えさせられますが、その中の一つです。expansionary austerityの言い分が矛盾してることをからかってるんでしょう。

Wages and Employment, Yet Again/March 27, 2011, 5:08 pm

Wages and Employment, Yet Again もう一度賃金と雇用について

Oh, my. Even Matt Yglesias doesn’t quite get it.
ああマット・イグレシアスは全く理解してない。

Writing about Republican plans to raise employment by reducing it, he writes
雇用を減らすことによって増やすという共和党の政策について私は書いた、そして彼が書いたのが

America is just too big to adjust primarily through the currency channel. So one possible route is nominal deflation. You cut nominal public sector salaries, lay off public sector workers, and reduce nominal transfer payments (Security Security, SNAP, etc.). This ought to drive down wages in the private sector, too, and eventually everyone is making sufficiently little money that it makes sense to start hiring more people.


アメリカはあまりにも大きすぎるため主に通貨を使っての調整ではうまくいかない。そこで有り得る道筋のひとつとして名目的なデフレがある。名目的な公共部門の賃金をカットし、公務員を解雇して、名目的な移転支出(安全保障やSNAPなど)を減らす。このことは民間部門での賃金をも下げるだろうから、結局十分少ないマネーでより多くの人々が雇用されるようになることが分かる。


Then he turns, rightly, to the problem of nominally denominated debt. But look: even if we didn’t have that problem, there would be no reason to expect a general fall in wages to raise employment.
それから彼は、当然なことに名目的なデノミによる債務の問題に向かう。でもいいかい、たとえその問題がなかったとしても全般的な賃金の下落が雇用を増やす理由はない。

Why? Don’t demand curves usually slope downward? Yes, but that’s because when you cut the price of something, it normally gets cheaper relative to other things, leading people to redistribute their spending toward the cheaper good.
どうして? 需要曲線は常に右下がりじゃないの? それは違う、なぜなら何かの価格が下がる時、通常他の物と比較して安くなることによって、人々により安い物に対する支出へ予算を再分配させることにつながるのである

But when you cut the price of everything — which is more or less what happens when wages fall across the board — there’s nothing else to substitute away from.
しかしあらゆるものの価格が下がるなら―賃金が一斉に下がるなら多かれ少なかれそうなる―代替となるものは存在しない。

Yes, economics textbooks typically show a downward-sloping “aggregate demand curve”. But the reasons for that curve’s downward slope aren’t the same as for your ordinary demand curve. It’s a process that works like this: lower prices -> lower demand for money -> lower interest rates -> higher spending. And that process doesn’t operate when, as is currently the case, short-term interest rates (which are the ones that matter for money demand) are zero.
そう経済学の教科書には通常右下がりの「総需要曲線」が載っている。でもその曲線が右下がりになる理由は通常の需要曲線と同じ理由からではない。それはこんな風に作用する:物価が下がる→貨幣の需要が下がる→利子率が下がる→支出が増える。そのプロセスは現在の状況、短期金利(それが貨幣需要にとって問題となる)がゼロの時には作用しない。

Things are different for a country that shares a currency with other countries. Ireland can raise employment by cutting wages of Irish workers relative to German workers. But America, with its floating dollar, gains nothing — nothing at all — from overall wage cuts. All we get is a magnified real debt burden.
そのことは他の国と通貨を共有している国では異なる。アイルランドはギリシアの労働者と比較して賃金を下げれば雇用を増やすことができる。しかし変動貨幣であるドルを持つアメリカでは、全般的な賃金カットをしても得るものは何もない―全く何も。我々が得るのは、増大した実質債務の負担だけである。

The Euro Straitjacket/March 27, 2011, 5:18 pm

The Euro Straitjacket ユーロの拘束着

I think Dean Baker and I are converging on deficits and independent currencies. He asserts that having your own currency makes a big difference — you can still end up like Zimbabwe, but not like Greece right now. I’m fine with that.
私とディーン・ベイカーとの議論は赤字予算と独自通貨の問題に収斂してきているように思う。彼は独自の通貨を持つことが大きな違いを作り出すと主張する―最終的にジンバブエになるかもしれないが、今のギリシアのようにはならない。そのことは正しい。

Specifically, the reason Greece (and Ireland, and Portugal, and to some extent Spain) are in so much trouble is that by adopting the euro they’ve left themselves with no good way out of the aftereffects of the pre-2008 bubble. To regain competitiveness, they need massive deflation; but that deflation, in addition to involving an extended period of very high unemployment, worsens the real burden of their outstanding debt. Countries that still have their own currencies don’t face the same problems.
具体的に言えば、ギリシア(そしてアイルランド、ポルトガル、ある分ではスペイン)がこれほどの苦境に陥った理由はユーロを採用したことによって、プレ2008年バブルの後遺症から抜け出す方法がないためである。再び競争力を取り戻すためには、かなりのデフレを必要とする;しかしデフレは長期間の高失業率に加え、彼らの顕著な債務の負担を悪化させてしまう。独自通貨を持っている国ではこれと同じ問題は起こらない。

I like to use this picture, showing deficits and debt as of the end of 2010:
2010年終わりの赤字予算と債務を示す図を示そう:

deficit_debt.jpg

Source. I’ve used the 2009 deficit for Ireland, so as not to include the one-time costs of the bank bailout.
これがソースだ。アイルランドは2009年の赤字予算を使っている、そこに銀行救済のための一時的なコストは含まない。

What you can see here is that the US and the UK look as if they should be in a similar category with the troubled European peripherals; and Japan is literally off the chart. But having our own currencies makes a big difference.
この図を見ると、アメリカとイギリスがまるで困難にあるユーロの周縁国と同じカテゴリーにあるように思えてくる。そして日本は文字通り図の外側に存在する。しかし独自通貨を持つことは大きな違いだ。

All I’m saying is that dollar or no dollar, fiscal solvency is still an issue — not now, not for some time to come, but not something we can always ignore.
私が言いたいのは、ドルであろうとなかろうと政府の支払い能力は重要だということだ―今しばらくといった話ではなく、いつでも無視できるようなものではない。

Deficits and the Printing Press (Somewhat Wonkish)/March 25, 2011, 3:32 pm

Deficits and the Printing Press (Somewhat Wonkish) 赤字予算と輪転機(ちょっとオタク風)

Right now, deficits don’t matter — a point borne out by all the evidence. But there’s a school of thought — the modern monetary theory people — who say that deficits never matter, as long as you have your own currency.
今現在赤字は重要じゃない―あらゆる証拠から鑑みてそうだ。だが自国通貨を持っている限り、赤字は全く重要じゃないと考える思想の流派―現代金融理論家の一派―がある。

I wish I could agree with that view — and it’s not a fight I especially want, since the clear and present policy danger is from the deficit peacocks of the right. But for the record, it’s just not right.
私は彼らの意見に同意したい気持ちもある―明らかな現在の政治的な脅威は右派の赤字孔雀によりもたらされているんだから、でもはっきり言ってそれは全く正しくない。

The key thing to remember is that current conditions — lots of excess capacity in the economy, and a liquidity trap in which short-term government debt carries a roughly zero interest rate — won’t always prevail. As long as those conditions DO prevail, it doesn’t matter how much the Fed increases the monetary base, and it therefore doesn’t matter how much of the deficit is monetized. But this too shall pass, and when it does, things will be very different.
思い起こして欲しいのは、現在の状況―経済に巨大な余剰生産能力があり、短期国債金利がほぼゼロになる流動性のわな―はいつまでも続くものじゃないということだ。そういった状況がある限り、FRBがマネタリーベースをどれほど増やすかじゃ重要じゃないし、それゆえ赤字がどれほど貨幣化されているかも重要ではない。しかしその状況が過ぎ去れば、その時物事はまるで違うものとなる。

So suppose that we eventually go back to a situation in which interest rates are positive, so that monetary base and T-bills are once again imperfect substitutes; also, we’re close enough to full employment that rapid economic expansion will once again lead to inflation. The last time we were in that situation, the monetary base was around $800 billion.
利子率が再び正の値をとる状況に立ち返る時、マネタリーベースと政府短期証券は再び不完全な代替物となる;そして完全雇用に近い状況になると、急速な経済拡大は再びインフレをもたらすだろう。我々がその状況にいた最後の時、マネタリーベースは約8000億ドルだった。

So then what? The Fed could directly finance the government by buying debt, or it could launder the process by having banks buy debt and then sell that debt via open-market operations; either way, the government would in effect be financing itself through creation of base money. So?
我々が今政府が1年に1兆ドル以上の借金、1ヶ月では1000億ドルを抱えたまま、その状況に戻ることを想像して欲しい。そしてどんな理由があるにせよ、突然国債購入者の一撃に向き合った時のことを―誰もアメリカの債務を法外な利子でないと買おうとしないということだ。

So then what? The Fed could directly finance the government by buying debt, or it could launder the process by having banks buy debt and then sell that debt via open-market operations; either way, the government would in effect be financing itself through creation of base money. So?
その時何が起こる? FRBは直接国債を買うことによって政府をファイナンスできる、あるいは銀行に国債を買わせてからそれを公開市場操作で売らせることによって、その過程をロンダリングできる;どちらにせよ政府はマネタリーベースの創造を通して結果として自身をファイナンスすることになる。それで?

Well, the first month’s financing would increase the monetary base by around 12 percent. And in my hypothesized normal environment, you’d expect the overall price level to rise (with some lag, but that’s not crucial) roughly in proportion to the increase in monetary base. And rising prices would, to a first approximation, raise the deficit in proportion.
最初の月のファイナンスは約12%マネタリーーベースを増やすとしよう。そして仮定される通常の環境では、ほぼマネタリーベースの増加に比例した割合での全般的な価格レベルの増加が想定される(遅れはあっても、それは本質的ではない)。物価の上昇は、最初の近似値としては比例的に赤字を増加させるだろう。

So we’re talking about a monetary base that rises 12 percent a month, or about 400 percent a year.
我々が今話しているのは1ヶ月に12%、あるいは1年に約400%のマネタリーベースの増加の話だ。

Does this mean 400 percent inflation? No, it means more — because people would find ways to avoid holding green pieces of paper, raising prices still further.
これは400%のインフレを意味しているのだろうか? 違う、それ以上だ―なぜなら物価上昇が加速すると人々は緑色の紙幣を持たない方向を模索するからだ。

I could go on, but you get the point: once we’re no longer in a liquidity trap, running large deficits without access to bond markets is a recipe for very high inflation, perhaps even hyperinflation. And no amount of talk about actual financial flows, about who buys what from whom, can make that point disappear: if you’re going to finance deficits by creating monetary base, someone has to be persuaded to hold the additional base.
理解していただいたことと思うが、いったん流動性のわなを脱すると、債券市場へのアクセスなしに巨額の赤字予算を計上することは、高インフレ、悪ければハイパーインフレへのレシピなのである。実際の金融の流れを論じること、誰が誰から何を買ってるかといった話をすることでこの問題が消え去るわけではない:結局もしマネタリーベースの創造で赤字予算をファイナンスしようとするなら、その追加的なマネタリーベースを思いとどまるように説得されるべきだろう。

At this point I have to say that I DON’T EXPECT THIS TO HAPPEN — America is a very long way from losing access to bond markets, and in any case we’re still in liquidity trap territory and likely to stay there for a while. But the idea that deficits can never matter, that our possession of an independent national currency makes the whole issue go away, is something I just don’t understand.bv [Sorry, looks as if Doris hit the Fcat key just before I hit save.]
この点に関して、私はこれが起こると思わないと言っておかないとならない―アメリカが最後に債券市場にアクセスできない状態になってからかなり長期間経っている、いずれにせよ我々は現在流動性のわなにまだ陥っているし、もうしばらくそこに留まりそうだ。しかし赤字予算は問題となり得ないという考え、独立国として独自の通貨を所有していることが全ての問題を払いのけるという考えは、私には理解できない。bv(すまない、まるでセーブする直前にドリスがFcatキーを押したみたいだな)

A Further Note On Deficits and the Printing Press/March 26, 2011, 3:50 pm

A Further Note On Deficits and the Printing Press 赤字予算と輪転機のことでもう一言

A followup on my printing press post: I think one way to clarify my difference with, say, Jamie Galbraith is this: imagine that at some future date, say in 2017, we’re more or less at full employment and have a federal deficit equal to 6 percent of GDP. Does it matter whether the United States can still sell bonds on international markets?
私の輪転機の記事への補足:ジェミー・ガルブレイスと私の違いを明らかにするのは次のようなことだ:将来のいつかの時点で、2017年としよう、我々が多かれ少なかれ完全雇用で、なおかつGDPの6%に等しい赤字予算を計上しているとする。アメリカが国際債券市場で国債を売ることができるかどうかが重要だろうか?

As I understand the MMT position, it is that the only thing we need to consider is whether the deficit creates excess demand to such an extent to be inflationary. The perceived future solvency of the government is not an issue.
私はMMTの立ち位置を理解している。そこでは考える必要がある唯一のことは、赤字がインフレを引き起こす程度まで超過需要を作り出せるかどうかだ。将来の政府の支払い能力は問題じゃない。

I disagree. A 6 percent deficit would, under normal conditions, be very expansionary; but it could be offset with tight monetary policy, so that it need not be inflationary. But if the U.S. government has lost access to the bond market, the Fed can’t pursue a tight-money policy — on the contrary, it has to increase the monetary base fast enough to finance the revenue hole. And so a deficit that would be manageable with capital-market access becomes disastrous without.
私はそれに同意しない。正常な状態では6%の赤字予算はかなり膨張的なものだ:それは将来の金融政策の引き締めによって相殺される、だからそれはインフレ的であることを必要としない。しかしアメリカ政府が債券市場にアクセスできなくなれば、FRBは金融引き締めを追及できない―反対に、歳入の穴を埋めるのに十分なほどマネタリーベースを増やさなければいけなくなる。そして資本市場へアクセスできれば維持可能であった赤字予算が、それなしでは大災害となっていしまう。

Now, this has NOTHING TO DO WITH OUR CURRENT SITUATION: the rapid growth in monetary base since 2007 has taken place because the Fed is trying to rescue the economy, not because it’s trying to finance the government — and that base growth can and will be reversed as soon as the economy gets anywhere close to full employment. (Actually, the big danger is that it will be reversed too soon.) So at the moment this is just an intellectual exercise. Still, it’s a point that needed making.
このことは我々の現在の状況とは関係がない。2007年以来マネタリーベースは急成長しているが、それはFRBが経済を救おうとしてのことであって、政府をファイナンスするためではない。マネタリーベースの成長は完全雇用に近い状態になればすぐに逆回転できるし、そうなるだろう(実際、大きな危険はそれがあまりにも早く逆回転されることだ)。そう、現在は知的なエクササイズの時だ。必要とされるのはそのことである。

Nobodies of Macroeconomics (Very Wonkish)/March 21, 2011, 2:21 pm

Nobodies of Macroeconomics (Very Wonkish) 存在しないはずのマクロ経済学者(超オタク風)

Brad DeLong, in writing about the dubious state of economics as a discipline (at least in some quarters), offers a useful set of quotes and links from freshwater economists who were shocked, shocked at the idea that anyone imagined that fiscal expansion might be expansionary. Brad stresses these economists’ ignorance of intellectual tradition. But they were and still are amazingly ignorant of what contemporary economists who don’t happen to be part of their hermetic world have been doing.
学問としての経済学の危うい状態について書いている(少なくともここ数四半期は)ブラッド・デロングが、あらゆる人が財政の拡大は経済を拡張させるものという考えを持ってることにショックを受けている淡水学派の経済学者による発言を引用したものやリンクを便利なことにまとめて提示してくれている。ブラッドはこれらの経済学者が知的伝統に無知であることを強調している。でも彼らはたまたまその閉鎖的な世界に所属していないというわけではない現代の経済学者がやっていることにも驚くほど無知である

In my world — and by this I mean my narrowly professional world as a research economist — the big development of the 1990s was the updating of Mundell-Fleming by Maury Obstfeld and Ken Rogoff. Mundell-Fleming is the classic application of IS-LM models to open economies; Obstfeld-Rogoff redid it in terms of New Keynesian modeling, which itself was created during the 1980s by Akerlof, Yellen, Mankiw, Blanchard, Kiyotaki, and others. Over time, the O-R work gave rise to a whole genre of New Open Economy Macroeconomics.
私の世界では―今までずっと私の中でどうにかプロの世界といえるのは、調査研究をする経済学者である―1990年代の大きな発展はモーリス・オブスフェルドとケン・ロゴフによるマンデル・フレミング理論の更新である。マンデル・フレミング理論はISモデルの開放経済への古典的な応用である。そしてオブスフェルド・ロゴフはそれをニューケインジアンモデルのもとでとらえなおしたものだ、そのモデル自体は1980年代のアカロフ、イエレン、マンキュー、ブランシャール、清滝らによって構築された。時を経て、O-R理論は新しい開放マクロ経済学の全てのジャンルの元となった。

When I started working on the liquidity trap, Obstfeld-Rogoff was in the back of my mind, although I was always looking for ways to make the models (much) simpler, among other things by pushing the open-economy side of things to the background. To be clear, I don’t actually believe in all the intertemporal maximization that goes on in these models; but I find it very useful nonetheless to see whether my intuitions can be borne out within that kind of framework, if only to be sure that the argument is internally consistent.
私が流動性のわなを研究し始めた時、オブスフェルド・ロゴフ理論は心の隅にあった。(もっと)モデルをシンプルにする方法を考えていたのに、開放経済のことは後ろにどけて他の事を考えていた。当然だが、私はこれらのモデルに出てくる異時点間最適化を実際には全く信じていない。でも私の直感が、これらの種類の枠組みから生まれるかどうか見るだけでも役に立つと分かった、その論理が内部的に一貫性があるか確認するだけであったとしてもだ。

And one of the things O-R considered, right from the get-go, was fiscal policy. In the linked 1994 paper they showed, among other things, that a temporary fiscal expansion “works” even with Ricardian equivalence; and that when there are unemployed resources, the expansion of government spending need not come at the expense of private spending, but instead comes from putting additional resources to work.
そしてその始めからO-R理論が考慮したものの一つが財政政策だ。後の1994年の論文で彼らは、他のことと共に、一時的な財政拡大はリカードの等価原理の元であれ「作用する」ことを示した。つまり失業者が存在するなら、政府の支出拡大は民間の支出を妨げとならず、代わりに追加的なリソースを動員する。

And so I was somewhat stunned when, as the fiscal debate unfolded, we had all these Chicago types sneeringly asserting that “nobody”, except possibly people at “third-tier” departments, has believed for decades that fiscal expansion can actually expand demand; Obstfeld and Rogoff are pretty prominent nobodies. I was equally stunned by assertions that Ricardian equivalence would wipe out any expansionary effect from fiscal policy, and that government spending necessarily crowds out an equal amount of private spending, when influential modern papers have shown quite clearly, and as rigorously as anyone could want, that it just ain’t so.
そして財政政策が議論される際、シカゴタイプの経済学者が、ここ数十年「三流の」大学のやつ以外に財政政策が需要を拡大するなんて信じるやつは「誰もいない」だろうと嘲笑って主張するのはいくらか驚きである。オブスフェルドとロゴフは著名であるのに存在しないことになっているからだ。またリカードの等価原理が財政政策のあらゆる景気拡大効果を無効化し、政府支出が必ずそれと同額の民間支出を締め出すという主張も、現代の影響ある論文がどんなに厳密に考えてもそれが明らかに正しくないことを示していることを考えると同じように驚かされる。

But in retrospect, it’s quite clear: Lucas and Sargent declared final victory over all things Keynesian in the 1970s, and the closed minds of their followers were such that they didn’t even notice the revival of Keynesianism that took place over the three decades that followed.
しかし振り返ってみると、それは当然のことなのだろう。1970年代にルーカスとサージェントはあらゆるケインジアンに最終的な勝利を宣言した。彼らの後継者は酷く狭量であったので、続く30年間に起こるケインジアンの復活を気づくことさえできなかったんだから。

And Brad is right: if you’ve reached the point where you don’t pay attention to anything that might disturb your orthodoxy, you’re not doing science, you’re not even pursuing a discipline. All you’re doing is perpetuating a smug, closed-minded sect.
そしてブラッドは正しい。もしその信念をかき乱すようなことには注意を払わないというなら、それは科学じゃない。それは教義を追求することすらしていない。独り善がりで、狭量なセクトを永続しようとしてるだけだ。

Asymmetrical Ignorance (Wonkish and Self-Indulgent)/March 21, 2011, 5:32 pm

Asymmetrical Ignorance (Wonkish and Self-Indulgent) 非対称の無知(オタク風かつゴーマン)

Just a brief note on a couple of things that came up in comments on my Nobodies post.
私のNobodies postに寄せられた一連のコメントにちょっと言及しておこう。

The first is, isn’t my rejection of real business cycle theory just like the failure of freshwater economists to know about New Keynesian theory?
まず最初に、私のリアルビジネスサイクル理論家への拒絶は、淡水学派経済学者がニューケインジアン理論を理解する努力に失敗しているからではないのか?というものだ。

No, not at all. I know that RBC exists; I know how it works; I just think it’s wrong. That’s very different from the reaction of the freshwater types to Keynesian arguments, which makes it clear that they just don’t know that modern Keynesianism exists, and have no idea what underlies the arguments people on the other side are making. This is, by the way, not a new asymmetry: it’s been clear for decades that a grad student from Princeton or MIT, asked how an equilibrium business cycle type would answer a question, can do that; but a student from Minnesota or (less reliably) Chicago hasn’t the least idea how alternative models work.
違う、そうではない。私はRBCが存在することを知ってるし、その理論がどういうものかも知ってる、ただそれが間違ってると思っているだけだ。そのことはこれら淡水学派の経済学者が、ケインジアンの議論に示す反応とは全く異なっている、彼らが現代のケインジアンの理論の存在を知らないのは明らかだし、反対の陣営の人々の議論がどんな前提に基づくのか見当もつかないでいる。これは新しい類の非対称ではない。つまりここ数十年プリンストンやMITの卒業生たちは、ビジネスサイクル理論家が疑問に答えようとしている、あるいはできる均衡とはどういったものか質問し続けてきたが、ミネソタや(もっと信用できない)シカゴ出身の学生たちは代替のモデルがどう作用するのかまったくアイデアを提示していないでいる。

Um, folks, the whole point of the liquidity trap analysis is that sometimes even a zero interest rate isn’t low enough; that’s the Japanese lesson. So I’m supposed to consider that view refuted because, in Japan’s case, a zero rate has turned out not to be low enough?
皆さん、流動性のわなの分析の肝心なところは、時にゼロ金利でさえ十分低いわけじゃないということなんだ。それは日本の授業である。私は日本のケースで、ゼロ金利が十分低いわけではないということを悟ったので、ああいう見方は当然拒絶されるべきと考えた。

As for fiscal policy: again, the whole message of the analysis is that the fiscal expansion has to be large enough to close the output gap — which is why I was tearing my hair out, from day one, over the inadequate scale of the Obama stimulus. And while Japanese fiscal expansion has always been expansionary when tried (pdf), it was always stop-go, never reaching the point of actually ending deflation.
財政政策について言えば、再びその分析の肝は、財政拡大は生産ギャップを埋めるのに十分大きいものでないといけないということだ―そのことは始めの頃からオバマの不十分なスケールの財政拡大による刺激策まで私が頭をかきむしってきた問題だ。一方日本の財政拡大は、それがなされる時は拡大的であるのに、いつもそれはストップアンドゴー的なものだったので、デフレを終息させるまでの点に達することはなかった。

More broadly, I do pay attention to contrary arguments and points of view. I don’t make economists who I consider consistently wrong-headed part of my daily reading, since life is short, but I check in whenever I have reason to think that they’re making a case I need to take seriously. Regular readers may remember, for example, how I responded to fiscal policy critiques by Alesina and others — not by sneering at their academic qualifications, not by pulling rank, but by explaining why I didn’t trust their evidence; a lack of trust borne out a bit later by researchers at the IMF.
もっと広く言えば、私は反対の立場の議論や視点にも注意を払っている。私は日々目にする常に馬鹿な受け取り方をする連中をエコノミストに育てる気はない、人生は短いんだから。でも真剣に受け取るべき問題が提示されていると考えたときは、いつでもチェックしている。例えば、私の愛読者なら覚えていてくれてるかもしれないが、アレシナ達による財政政策への批判に私がどのように反応しただろうか―学問的な資格について嘲笑ったり、自己をひけらかしたりといったものでなく、彼らが示した証拠が信用できない理由を説明した;ちょっと後にIMFの調査で信頼性が欠如していることが分かった。

The point is that it’s OK to consider other economists, even a whole school of thought, wrong; what’s not OK is to be so closed-minded that you aren’t even aware that there are not obviously stupid people who disagree with you.
要は、他の経済学者のことを考えるのもいい、それが悪い種類の思想的グループであっても。駄目なのは、偏狭でありすぎるため、あなたに同意しない明らかに馬鹿というわけではない人が存在するとということを気づかなくなってしまうことだ

The (Nature of) Shock Doctrine/March 23, 2011, 10:21 am

The (Nature of) Shock Doctrine ショック・ドクトリン(その本質)

Just a thought on market movements: you often see news stories confidently asserting that factor X was responsible for any given market movement. Serious observers rightly make fun of such stories; after all, how do they know? And it goes beyond funny to downright harmful when the stories assert supposed facts that actually serve some policy agenda. Lately we’ve seen that with regard to interest rates: again and again, upticks in US interest rates are asserted to be the result of debt fears, as evidence that the bond vigilantes have arrived.
市場の動きについてちょっと考えて欲しい。あなたはよく自信たっぷりにXという要因が、ある特定の市場の動きの原因であるという話を聞くだろう。真剣な観察者のそういった話は確かに面白いものだ。でも結局彼らはどうやってそのことを知ったんだろうか? そういったお話が実際には政治的アジェンダを支えるために主張されるものであるなら、おかしいというより明らかに有害であろう。最近私は利子率の上昇に関しそういったものを見た。何度も何度も。アメリカの利子率の上昇は借金の恐怖がもたらす結果であり、債務自警団が到着した証拠であるといったような主張だ。

But how can you place an interpretation on market movements? What’s the nature of the shock? One way to answer this question would be to ask the traders — although my sense is that really good traders have intuitions that generally go beyond their ability to articulate reasons. Another approach, however, is to look at more than one asset price; if you have a story about what’s driving one price, that story should make sense for the other, too.
でも市場の動きをどのようにして解釈できるだろう? そのショックの本質とは何なのか? この疑問に対する一つの答えとしては、トレーダーに聞いてみることだろう―私の感覚では、本当に有能なトレーダーにははっきりとした理由付けはできないまでも直観力を持っている。もう一つのアプローチとして一つ以上の資産価格を見ることがある。もしあなたが一つの価格を上昇させるものの話が分かるなら、他のものの価格も理解できるはずだから。

Many years ago, when the Fed still claimed to pay attention to targets for monetary aggregates, there was an observable pattern: whenever the money supply came in higher than expected, interest rates rose. But there were two interpretations. Some people said that rates went up because markets believed rising money supplies heralded future inflation; others, that rates rose because people expected the Fed to tighten to get the money supply back on target.
何年も前FRBは、貨幣量を目標にすることに注意を払っていた。そこには明らかパターンがあったから。つまりマネーサプライが予想より高くなると、利子率は高くなった。しかしその解釈には二種類あった。一方の人々は利子率の上昇は、市場が将来のインフレを予知しているためであるという考えた。他の人々は利子率が上昇しているのは、FRBがその目標に沿ってマネーサプライを引き締めると予想されるためであるという考えである。

Jeff Frankel cut through this debate by pointing out that we could look at what happened to the exchange rate. In fact, high money numbers were associated with a rise, not a fall, in the dollar — and this meant that fears of Fed tightening, not fears of inflation, were the real story.
ジェフ・フランケルはその論争に割って入り、為替相場で起こったことを我々は見ることができると指摘した。実際、マネーサプライの上昇がドル安ではなく、ドル高に結びつくなら―それはインフレへの恐れではなく、FRBの金融引き締めへの恐れが正しい話だということを意味している。

Which brings me to today’s figure: 10-year interest rates versus stock prices.
それで今日一つの図を紹介しようと思う。10年物国債の利子率と株価。

If fears of default, attacks of the bond vigilantes, were driving rates, a rise in interest rates should be associated with a fall in stock prices — because the change was about bad news. If, on the other hand, it’s about economic optimism — rates rise because people think the US will emerge from the liquidity trap sooner — stocks and rates should move in the same direction. And here’s what it looks like:
もしデフォルトや債務自警団への恐れが利子率の上昇をもたらしたなら、利子率の上昇は株価の下落と結びついているはずだ―なぜなら悪いニュースが元でその変化が起こったのだから。一方、それが経済の楽観主義―人々がすぐにアメリカが流動性のわなから脱出するだろうと考えている―が利子率を上昇させたなら、株価と利子率は同じ方向に変化するに違いない。そしてこれが示されているものだ:

fredgraph.png

It’s all about economic optimism.
それは完全に経済の楽観主義についてのものだ。

Work of Depressions Watch/March 22, 2011, 9:02 am

Work of Depressions Watch 不況の役割をウォッチする

Mark Thoma leads us to new research from the San Francisco Fed showing that recent college graduates have experienced a large rise in unemployment and sharp fall in full-time employment, coupled with a decline in wages. Why is this significant?
マーク・トーマはサンフランシスコ連邦準備銀行の新しい調査研究を紹介してくれている。その調査によると、最近の大学の卒業生たちの内、かなりの数が失業とフルタイムの仕事の急激な減少を体験している(賃金もまた共に減少している)。このことが重要であるのはなぜだろうか?

The answer is that it’s one more nail in the coffin of the notion that employment is depressed because we have the wrong kind of workers, or maybe workers in the wrong place.
答えはそのことが、雇用が減少しているのは、労働者が駄目だから、あるいは労働者のいる場所が悪いからだという観念の棺桶にまた釘を打つことになるからだ。

In some ways I think framing the discussion in terms of “structural unemployment” isn’t helpful. It may be better to say that a number of influential people want us to believe that Great Recession is serving some useful purpose — that the economy is “recalculating”, that it’s getting carpenters out of Nevada to jobs where they’re needed, etc.. It’s the same idea that Schumpeter pushed in the now-infamous passage in which he opposed any attempt to mitigate the Great Depression, even through monetary policy:
いくつかの理由により、私は「構造的失業」に係る議論は理解に役立つものではないと枠付けしている。確かにたくさんの影響ある人々が大恐慌は何らかの有用な役割を果たしていると主張している―経済はネバダの大工が彼らを必要とする場所に移させたりその他のいろんな目的のために「再計算」しているんだというような。同じような考え方によりシュンペーターが現在では無名の一節の中で、大恐慌を緩和するような金融政策をも含むあらゆる試みに反対していた。

schump.png

私が分析した2つのケースだけでなくあらゆるケースにおいて、回復はそれ自身からもたらされた。産業システムの回復力をめぐる議論には確かな真実が存在する。しかしこれは全てではない。つまり回復は自ずから達成されるしかないということを我々の分析は示している。どんな回復のときであれ、人為的な刺激策でしかないものは不況のもたらす作用のいくらかを働かなくさせてしまい、さらに清算されるべきであったのに、残されたままになった調整不良の残りがまた新たな調整不良をもたらし、そのことが経済を次の危機に脅えさせる。特に貨幣と信用を通じた治療法は間違っていると認識できる。問題は根本的には貨幣や信用にあるわけではないし、そういった政策は調整不良を持続し、増大させ将来にまた新たな問題を引き起こすことになりがちなのだから。


The right question to ask, with regard to all such arguments, is, where are the scarcities? If we have the wrong kind of workers, then the right kind of workers must be in high demand, and either be in short supply or have rapidly rising wages. So where are these people? If the problem is lack of skill, then highly skilled workers — such as recent college graduates — should be doing well. If the problem is too many carpenters in Nevada, then non-carpenters somewhere else must be doing well. Who? Where?
この種の議論に関しての正しい疑問は、欠乏というのがどこにあるのかということだ。もし我々の社会が悪い種類の労働者を持っているというなら、よい種類の労働者は需要が高く、供給も少ないわけだから、急速に賃金は上昇してるはずだ。そんな人たちがどこにいる? もし問題がスキルの欠如にあるなら、高いスキルの労働者(最近の大学卒業生のような)はうまくやれてなきゃおかしいはずだから。誰が? どこで?

Well, if there are such people, they’re doing a very good job of hiding.
分かった、もしそんな人たちがいるなら、彼らは何か秘密のすごくいい仕事をしてるんだろう。

This is a demand-side slump; the evidence is grossly inconsistent with any other story.
これは需要サイドの不況だ。証拠はそれ以外のお話とまったく一致していない。

Greenspan Deconstructed/March 21, 2011, 9:42 am

Greenspan Deconstructed 解体されたグリーンスパン

I wrote my quick reaction to Greenspan after a hard day of column-writing. If you want a bit more economic analysis, read Brad DeLong. As Brad says, to accept Greenspan’s thesis you have to believe, simultaneously, that businesses are terrified of future confiscatory government action, and that investors are so bullish on business prospects that they’ve bid stock prices ofup hugely since Obama took office. Oh, and business surveys show that poor sales, not any imagined threat from government, are the reason for low investment.
私はコラムを書くのに忙しかった日の後すぐにグリーンスパンのことを書いた。もしもうちょっと経済学的な分析が聞きたいならブラッド・デロングを読んでくれ。ブラッドが言うように、グリーンスパンのテーゼを受け入れるには、将来政府に資産を没収されることを経済界が心配していることとオバマが政権について以来、投資家は非常の経済の見通しが良くなっているので、株価が上昇する目算が高くなっているということを同時に信じる必要がある。経済調査が示すように、売上の不振(政府からの脅威を想像させるようなものは何もない)が投資が低い理由であるというのに。

Greenspan is just making stuff up — out of his deep wisdom, which he still believes in despite his failures — to support a political agenda.
グリーンスパンは政治的アジェンデに与すのに必死なだけだ―彼は深い知性からしていることと今でも思ってる、あんな失敗をしたというのに。

Rantings of an Ex-Maestro/March 20, 2011, 5:02 pm

Rantings of an Ex-Maestro 元マエストロの大言壮語

Some people have asked me for reactions to this piece by Alan Greenspan (pdf) on how Obama’s activism is preventing economic recovery. I could go through the weak reasoning, the shoddy econometrics that ignores a large literature on business investment and ignores simultaneity problems, etc., etc..
いくらかの人がオバマの行動主義が経済の回復を妨げているという趣旨のアラン・グリーンスパンの記事について私がどう思っているか質問があった。私は貧弱な推論、つまりビジネス投資に関する膨大な文献を無視したり、同時性の問題その他様々なことを考慮に入れない似非計量経済学を受け流すことができるようになっている。

But never mind; just consider the tone.
気にする必要はない、どんな調子かだけを考えればいい

Greenspan writes in characteristic form: other people may have their models, but he’s the wise oracle who knows the deep mysteries of human behavior, who can discern patterns based on his ineffable knowledge of economic psychology and history.
グリーンスパンは特徴的な文章を書く。他の人にも独自のものを持つ人はいるかもしれないが、彼は人間行動の深遠な謎を知り、経済の心理学と歴史の言い表すことのできない知識を元にパターンを分別できる賢明な神官なのである。

Sorry, but he doesn’t get to do that any more. 2011 is not 2006. Greenspan is an ex-Maestro; his reputation is pushing up the daisies, it’s gone to meet its maker, it’s joined the choir invisible.
申し訳ない、彼はもうそんなことをしていない。2011年は2006年じゃない。グリーンスパンは元マエストロなのである。彼の名声はヒナギクを押し花にすること、そのメーカーに会いに行くこと、見学不可の合唱団に参加することだ。

He’s no longer the Man Who Knows; he’s the man who presided over an economy careening to the worst economic crisis since the Great Depression — and who saw no evil, heard no evil, refused to do anything about subprime, insisted that derivatives made the financial system more stable, denied not only that there was a national housing bubble but that such a bubble was even possible.
彼はもはやMan Who Knowsではない。彼は大恐慌以来、最悪に経済が転落する事態において議長であった男だ―そしていかなる災厄も見ることも聞くこともなかった彼はサブプライム問題に関し何かを行動を起こすことを拒絶し、代わりにデリバティブは金融システムをより安定的にするものであり、国家的な住宅バブルが存在するということだけでなく、そんなバブルが存在する可能性すら否定した。

If he wants to redeem himself through hard and serious reflection about how he got it so wrong, fine — and I’d be interested in listening. If he thinks he can still lecture us from his pedestal of wisdom, he’s wasting our time.
もし彼が自らがどれほどの過ちを犯したかを真剣かつ熱心に贖いたいなら、それはいいだろう―私は興味深くそれを聞くつもりだ。もし彼が今でも知恵の台座から我々を指導しようというなら、聞くのは時間の無駄遣いというものだ。


翻訳の感想
Man Who Knowsてどこかで見たような気がするんだが、ハリーポッターだったかな? Man Who Knowsとその後に出てくるwho saw no evil, heard no evilがかかってると思うんだが。

Meltdown Macroeconomics/March 15, 2011, 11:56 am

Meltdown Macroeconomics メルトダウンのマクロ経済学

Life and business go on; so I guess we have to talk about the economic impact of the Fukushima nightmare.
人生と経済は続く、私は福島の悪夢の経済的な衝撃が語られなければならないと思う。

One set of impacts involves disruption of supply chains: Japanese chips and other components are an important part of world manufacturing — you really need to think of China, Korea, Japan and so on as being part of an East Asian manufacturing complex –and it’s not clear yet just how much damage will be done.
一連の衝撃には供給網の破壊も含まれる:日本のコンピューターチップやその他の部品は世界の生産の重要な役割を担っている―中国、韓国、日本などを東アジアの生産複合体の部分として考えていただきたい―そして、その被害がどれほどのものになるかはまだ明らかではない。

But what I’m hearing a lot is worries about financial impacts. Japan will clearly have to spend hundreds of billions (dollars, not yen) on damage control and recovery, even as revenue falls thanks to the direct economic impact. So Japan will become less of a capital exporter, maybe even a capital importer, for a while. And this, so the story goes, will lead to soaring interest rates.
しかし私がよく聞くのは、金融的な衝撃についての懸念だ。明らかに日本はその被害の管理と復旧に1000億(ドルであって、円ではない)の支出を必要とするだろう、ただでさえ直接的な経済的被害により歳入が減るというのにである。そこで日本の資本流出は減少し、しばらくの間資本の流入国になる可能性もある。そしてそのことが利子率を上昇させることにつながるというのだ。

But so far, um, not. Japan 10-year:
しかしそれは間違っている。日本の10年物国債:
chart.png

And US 10-year:
そしてアメリカの10年物国債:
chart2.png

What’s going on? The story about rising interest rates would be right in normal times. But we’re not in normal times: we’re — still — in a liquidity trap, with short-term rates up against the zero lower bound.
何が起こっているのだろう。利子率が上昇するという話は通常時なら正しい。しかし今は平時ではない。つまり短期の利子率がゼロ金利近傍にある流動性のわなに―まだ―はまっているのだ。

As I tried to explain almost two years ago, one way to think about a liquidity trap is that it’s a situation in which the amount people would save if we were at full employment — S in the figure below — is greater than the amount businesses would want to invest, even at a zero interest rate. So there are, in effect, excess desired savings floating around:
私がほぼ二年前、流動性のわなについての考え方のひとつとして説明しようとしたのは、それは我々が完全雇用にあるのに―下の図のS―たとえ利子率がゼロでさえ、なお人々が投資をしようとする額を超える貯金をするような状況だというものである。結果として余った計画された貯蓄が浮流する。
lplf4.png


So government borrowing doesn’t have to come at the expense of private investment, driving up interest rates; instead, it just mobilizes some of those desired but unrealized savings.
そういうわけだから政府の借り入れは、利子率を上昇させるような民間の投資支出と重ならない。代わりにそれは計画されたが未実現の貯蓄を動員するだけだ。

And yes, this does mean that the nuclear catastrophe could end up being expansionary, if not for Japan then at least for the world as a whole. If this sounds crazy, well, liquidity-trap economics is like that — remember, World War II ended the Great Depression.
そしてそれは核の大惨事が結果として経済の拡大につながることを意味している、日本にとってというより少なくとも全体としては世界の残りにとっての。もしこのことがクレイジーに感じるというなら覚えておいて欲しい、第二次世界大戦が大恐慌を終わらせたということを。

So, back to Japan: I’m terrified about the possible loss of life; nervous about the disruption of world production; not worried at all about the impact of Japanese borrowing on world bond markets.
日本についての話に戻ると、私は人命の損失については心配しているし、世界の生産の破壊に関してはナーバスだ。でも世界の債券市場における日本の借り入れがもたらす衝撃についてはまったく心配していない。

Disagreement Among Economists/March 19, 2011, 1:26 pm

Disagreement Among Economists 経済学者の間の不一致

Henry Farrell has an interesting “model” — as he says, more of a sketch than a fully-worked-out thesis, but provocative all the same — of disagreement among economists. The core of it is that when there are powerful political interests that want certain economic conclusions, and which believe that voters will be influenced by what economists say, economists who are politically aligned with one faction or another get suborned into providing analysis that backs that position.
ヘンリー・ファレルは経済学間の不一致に関して興味深いモデルを持っている―彼が言うには深く練られた命題というよりは粗描といったもののようだが、それでも挑発的なものだ。そのモデルの真髄は確かな経済的な結論を望む強力な政治的意図があり、かつ有権者が経済学者の言うことに影響を受けるだろうとどちらかの側に信じられるとき、政治的に一つないし二つの派閥と結託している経済学者は、自らを偽りその立場をバックアップするような分析をするようになるというものだ。

It’s a good story, which I’m sure contains a good deal of truth. So I’ve been trying to think about how it applies to the debate over macroeconomic policy.
それはよくできた話だ。わたしはそこに十分な真実が含まれていると確信している。そこで私はマクロ経済学における論争にそれをどう適用しようか考えている。

What makes the story a bit tricky, I’d say, is that until 2008 there was a slightly peculiar situation in macroeconomic theory and practice — namely, there was sharp division over theory, but broad consensus over practice.
そのお話がちょっと扱いずらかったのは、2008年までずっとマクロ経済学の理論と実践においてちょっと奇妙な状況があったからだ、というのは理論においては鋭い意見の違いがあったものの、実践の面では広いコンセンサスがあったということである。


On the theoretical side, there was a huge gulf between economists who insisted that business cycles reflected technological shocks, and denied any role for demand-side policies — so-called “freshwater” economists, a term Bob Hall coined reflecting the fact that they tended to dominate departments in the nation’s interior — and those who continued to hold a more or less updated Keynesian view of how the world worked — “saltwater”, because they tended to be in coastal schools.
理論の側では、ビジネスサイクルはテクノロジーによるショックを反映するものであり、需要サイドの政策はいかなる役割も果たさないと信じるエコノミスト―いわゆる「淡水学派」、彼らがアメリカの内陸部の学部を支配している傾向があることを表すボブ・ホールの造語―と多かれ少なかれケインジアンの世界の見方を更新し続けてきたエコノミスト―「海水学派」、彼らが海岸沿いの学校に所属している傾向があったことに由来する―とはその間に巨大な大海が存在する。


On the practical side, however, everyone was more or less happy with the job the Fed was doing, and was prepared to leave stabilization of the economy up to Uncle Alan.
しかしながら実践の側では、全ての人が多かれ少なかれFRBがしていた仕事に満足していたし、経済の安定化はアラン(グリーンスパン)おじさんに任せる用意ができていた。

There was a clear but imperfect correlation between politics and theoretical views here. I’d venture to say that almost all freshwater economists are conservative, while most saltwater economists are liberal. But there are a significant number of economists who combine conservative political orientation with a saltwater view of the way the economy works: Martin Feldstein, Greg Mankiw, John Taylor are the obvious examples.
政治と理論的な見方との間には、完全と言うわけではないがはっきりとした相関がある。思い切って言うが、ほとんど全ての淡水学派の経済学者は保守派で、一方ほとんどの海水学派の経済学者はリベラルだ。しかし保守的な政治志向と経済がどう動くかについての海水学派的見方を結合させているかなりの数の経済学者がいる。それはマーティン・フェルドシュタイン、グレッグ・マンキュー、ジョン・テイラーといった人たちがその典型的な例だ。

What Henry Farrell’s model would suggest is that faced with a conflict between their economic views and their political orientation — which would happen if a liberal Democratic administration was trying to use saltwater-type theory to support its policies — many of these conservative saltwater types would find ways to reject the implications of their own previous analysis.
ヘンリー・ファレルのモデルが示すのは、経済学的な見方と政治志向が齟齬を生じる際、―リベラルな民主党政権がその政策の裏づけとするために海水学派的理論を使おうとしている時などに起こることだ―多くの保守的な海水学派は彼ら自身の過去の分析の内容をかなぐり捨てる道を選んでしまうということである。

And my sense is that this is indeed what happened. Brad DeLong often suggests that if a President McCain had proposed the very same fiscal policies President Obama did, in fact, propose, he would have received support from many of the Republican economists who found all sorts of reasons to find fault with the Obama plan. And I’d add that quantitative easing has been received with far more skepticism than it would have if Bernanke were operating under a GOP administration.
私の感覚ではそれはまさに実際に起こったことだ。ブラッド・デロングはもしマケインがオバマ大統領が行った政策を提案したとしたら、どんな種類のものであれオバマの政策の欠陥を見つけることにやぶさかでない共和党系の経済学者からの賛同を受けたことだろうとよく言っている。私が付け加えるなら、もしバーナンキが共和党政権の下で量的緩和を行っていたら、現在のような懐疑的な態度で受け取られることはなかっただろうということだ。

All in all, this has not been the profession’s finest hour …
概して、専門職の最良な時代なんかじゃない…

Mind-Changing Events/March 19, 2011, 2:08 pm 

Mind-Changing Events 心変わりさせるような出来事

One question that comes up occasionally in comments is, what would make me change my mind about how the economy works? Associated with this is the question of whether I have ever changed my views drastically in the face of events.
コメントの中にたまに出てくる質問の一つが、経済がどう動くかについてがらりと考え方を変えさせるものがあるかというものだ。またこれに伴って、私がかつてイベントに直面して大胆に見方を変えたことがあるかという質問もある。

Let me answer the latter question first. I had a major change of views in the late 1990s, driven by events in Asia.
後者のほうを先に答えよう。私は1990年後半アジアの出来事により大きく思考を転換した。

Until then I had pretty much accepted the “elegant, and conceptually simple” framework described recently by Olivier Blanchard. Basically, I thought that conventional monetary policy could do the job of stabilizing the economy.
その時までずっと私はオリヴィエ・ブランシャールによって描かれたエレガントで概念的にシンプルな枠組みを心底受け入れていた。基本的に私は従来の金融政策が経済の安定化の責を担うことができると思っていた。

The Asian crisis, however, led me to rethink that orthodox view. It showed, first of all, that a market economy can suffer huge financial shocks that can’t be offset just by using monetary policy; in particular, I found myself seeing a real role for capital controls to deal with the effect of currency crises in countries with large foreign-currency-denominated debt.
しかしながらアジアの危機はオーソドックスな見方を再考させるものとなった。そのことはまず市場経済が、金融政策によって相殺できない巨大な財政上の危機に脆いということを示していた。特に私は巨額の外国通貨建て債務を抱える国の資本収支上の危機に取り組む上で資本を管理することの真の役割に気づかされた。

And the reality of Japan’s liquidity trap showed that monetary policy can lose traction even without those kinds of currency and debt-denomination issues.
そして日本の流動性のわなという事実は、資本収支や外貨建ての借金に掛かる問題がない国でさえも金融政策が効果を失うことがあることを示していた。

You could say that the Asian crisis made me more Keynesian — because it showed that 1930s-type problems could happen in the modern world, and that you could not, in fact, count on Uncle Alan or Uncle Ben to solve everything. So I came into the 2008 crisis with a framework based on my interpretation of what happened in Asia in the 1990s — a framework that has worked pretty well at making sense of events so far. Meanwhile, a lot of economists who had not taken the events of the 1990s on board were caught flat-footed.
アジアの危機が私をケインジアンにしたとも言えるだろう。なぜならそれは1930年型の危機が現代の世界においても起こりうることを示していて、それは実際問題アラン(グリーンスパン)おじさんやベン(バーナンキ)おじさんに全ての問題のを解決を任せられるわけではない。そこで私は1990年のアジアでの出来事の私なりの解釈した上で立脚したフレームワーク(理解するためにとても役に立つ)を持って2008年の危機を迎えた。その間に直に1990年に起こったことを把握していないたくさんのエコノミストは不意打ちを食らったようなものだった。

What would it take for me to decide that I needed another major rethink? A major surge in domestically-driven inflation — in particular, a surge in wages — would do it. And there has been an uptick in core inflation measures that is a bit of a surprise; but at this point it doesn’t remotely count as the kind of discordance with theory that would require a major shift.
私が再び本質的に考えを変えるを必要になるとしたらそれはどのようなものか? それは国内でのかなりの高インフレ、特に賃金の暴騰が起こる時がそうだ。そして少し驚いているのだがコアインフレは上昇している。ただしこの点において、大きな変動を予想するような理論と一致するようなものとは程遠いが。

The point is that yes, I am prepared to change my views when the evidence warrants. Are you?
重要なことは心変わりをさせるような出来事は確かにあるということだ。私は証拠が指し示すなら立場を変える用意はしている。

はじめまして

始めてブログをすることになりましたanomalocaris89と申します。

これからよろしくお願いします。
CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。