スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Macro Trumps Micro/December 7, 2012, 8:42 am

Macro Trumps Micro マクロはミクロを凌駕する

Or, as the late James Tobin used to say, it takes a lot of Harberger triangles to fill an Okun gap.
後年ジェームズ・トービンが言ったように、オークンギャップを埋めるにはたくさんのハーバーガーの三角形が必要になる。

Dean Baker catches David Ignatius suggesting that trade liberalization can provide enough economic boost to offset the effects of austerity. As Dean says, the arithmetic is totally off — almost two orders of magnitude off.
ディーン・ベイカーが、貿易自由化によって緊縮財政の影響を相殺できるほど経済を押し上げることができるというデヴィッド・イグナティウスの主張にかみついている。ディーンが言うように、その計算は完全に間違っている――ほぼ二桁かけ離れている。

The truth is that using any conventional economic model, the costs from current levels of protectionism are very small as a share of GDP. To some extent that reflects the success of decades of trade liberalization: there just isn’t that much protection any more. But it’s a more general observation that even bad microeconomic policies, which lead to substantial distortions in the use of resources, have a hard time doing remotely as much damage as a severe economic slump, which doesn’t misallocate resources — it simply wastes them. Which is the point of that Tobin quote.
本当のところ、どのような伝統的経済モデルを用いても、現行水準の保護主義のコストはGDP比で見ればすごく小さい。ある程度まで、それは過去数十年に及ぶ貿易自由化の成功を反映している:もはや大して保護主義は残ってないことだ。だが、もっと一般的な観察として、どんな酷いミクロ経済政策(資源の利用を実質的に歪める)であったとしても、厳しい経済不況(これは資源を間違って配分するんじゃない―ただ資源を浪費するだけ)ほど深刻な損失を生み出すものはほとんど存在しない。それがトービンの発言の要点だ。

Right now the U.S. economy is operating something like 6 percent below capacity. You would be hard-pressed to find any microeconomic distortion that comes anywhere close to doing that much damage, or even a tenth that much damage. The one place that might qualify is health care, where we surely do waste several points of GDP. But the problem with health care in America isn’t that we don’t let the free market work, it is that we have a semi-private system in a sector where free markets can’t work.
現在、アメリカ経済は潜在生産力を6%ほど下回っている。それほどの損失に匹敵する、というかその十分の一の損失に及ぶようなミクロ経済学的歪みですら一つでも見つけるのはすごくたいへんだ。その資格が与えられる一つの場所は医療分野で、確実にGDPの数%が浪費されている。でも、アメリカにおける医療の問題点は自由市場を機能させていないからではなく、自由市場が機能しない部門で半民間のシステムを持ってしまっているからだ。

Two more things — and back to Ignatius.
もう2点――その後にイグナティウスの話に戻る。

First, there’s an especially strong tendency to mythologize the power of free trade. Not that open world markets are a bad thing; they’re definitely a force for good, especially for small, poor countries. But my experience is that the less somebody knows about international trade, the more likely he or she is to imagine that modest moves toward or away from protectionism will have huge effects. Trade economists, who have actually worked with the models, have a much less grandiose view.
一つ目に、自由貿易の力を神話化してしまう傾向が非常に強い。開放された世界市場というのは悪いことではない。それは確かに善行だ。特に貧しい小国にとっては。だが、僕の経験では、国際貿易の知識がない人ほど、少しばかり保護主義へ向かう動きであれ、そこから離れる動きであれ、その影響を過大に見積もりがちだ。実際に経済モデルに取り組んでいる貿易経済学者はずっと控えめな見方をしている。

Second, even to the extent that trade liberalization would raise the efficiency of the world economy, it is not, repeat not, a route to overall job creation. Yes, everyone would export more; they would also import more. There is no reason at all to assume that the jobs gained from export creation would exceed the jobs lost to import competition.
二つ目に、貿易自由化が世界経済の効率性を向上させるにしても、それは全体としての雇用を創出する道にはならない。繰り返すがそうはならない。たしかに、みんなもっと輸出するようになるだろう。そして、みんなもっと輸入するようにもなる。輸出によって得られる雇用の創出が輸入競合産業による雇用の縮小を上回ると考える理由は何もない。

Globalization is not the answer to the Lesser Depression.
グローバリゼーションは小恐慌への答えにはならない。


後書き:Harberger trianglesについてはここを参照。
スポンサーサイト

A Meta Modeling Meditation/November 24, 2012, 9:53 am

A Meta Modeling Meditation メタ・モデリング思案

I’m still thinking about the whole “America could only give workers decent living standards when it didn’t face competition” discussion. For one thing, this is an old favorite discussion of mine; the “growth and trade” literature goes back more than 60 years, but there aren’t, I think, many prominent economists working today who know much about that tradition, so I may be the last of the Mohicans or something. For another, this subject is a perfect illustration of the important of actually having a model – I’ll explain in a minute what I mean by that. And one more point: what we learn from this story is that a model may be created to answer one question, or defend a particular position, but if it’s a good model it can be used in multiple settings, and sometimes may even end up supporting a different side in the political debate.
「アメリカが競争に直面してないなら、労働者たちに適切な生活水準を提供してあげられるんだけどね」式の議論全てについて僕はずっと考えている。一つには、これが僕にとって古くからのお気に入りの議論だから。「成長と貿易」に関する文献が登場するのは60年以上前にさかのぼるが、僕が考えるに、今日の現役の著名な経済学の中でその伝統についてよく知っている人は多くない。だから、僕が最後のモヒカン族みたいなもんなのかもしれない。もう一つは、その主題が実際にモデルを持つことの大切さを完全に例証しているからだ――僕がモデルという時、それが何を意味しているのかは後で少し説明する。そして、もう一点:この筋書きから学べることは、モデルは一つの疑問に答えるために作られることもあるし、特定の立場を守るために作られることもあるのだが、それが良いモデルの場合には、それは多様な環境で使うことができるものであり、時には政治的論争において反対の立場を支えるものになることさえあるということだ。

So, on the first point: the origins of this literature go back to the immediate postwar years, when it was common to argue that US technological superiority made it impossible for Europe to compete. Yet basic trade theory says that trade depends on comparative advantage, not absolute advantage – you can gain from trade even if you’re less productive across the board, simply by concentrating on the areas in which your productivity lags least. Did the “dollar shortage” argument make any sense in that framework?
最後の点に関して:この種の文献の起源は戦後すぐにさかのぼるが、その頃にはアメリカの技術力が高すぎるために、ヨーロッパがアメリカと競争することは不可能だとする説が一般的だった。だが、基礎的な貿易理論によれば、貿易は絶対優位ではなく、比較優位によって決まる――ゆえに、あらゆる方面で生産性が劣っていても、単純に生産性が劣っている度合いが最も低い部門に特化することで、貿易から利益を得ることができる。この枠組みの中で「ドル不足」説なんか全然意味ないんじゃないの?

Enter John Hicks, who rephrased it not as a question about gains from trade but as a question about the effects of technological progress in your trading partners. And he laid out a rudimentary model to address that question.
それを貿易からの利益についての疑問としてではなく、貿易相手の技術的進歩がもたらす効果についての疑問として言い換えたジョン・ヒックスに登場してもらおう。彼はその疑問に対処するための基礎的なモデルを展開した。

Some readers asked, what do I mean by a “model”? The answer is, I’m pretty generous on that front – it could be solved equations, it could be a computer simulation, it could be a physical apparatus like the Phillips hydraulic Keynesian model, or it could just be a carefully written verbal discussion like Hume’s essay on the balance of trade. What makes it a model is that however it’s presented, it involves a careful discussion of micromotives and macrobehavior – that is, it describes what individuals are doing (not necessarily out of perfect rationality), and how that individual behavior adds up to some aggregate outcome. Crucially, it’s not just a set of slogans.
僕が「モデル」と言う時、それが何を意味しているのか読者に聞かれることがある。その答えなんだけど、僕はその方面にはすごく寛大だ――それは方程式を解くことでもあるし、コンピュータ・シミュレーションの場合もあるし、フィリップスの水力学的ケインズモデルのような物理機械であってもいい。あるいは、貿易バランスに関するヒュームのエッセイのような注意深く書かれた言葉による説明でもかまわない。何がモデルを成り立たせるかは。その表現方法がどうであれ、ミクロ的な動機とマクロ的なふるまいについて慎重に検討されているかによって決まる――すなわち、モデルとは、個人がすること(必ずしも完全合理的である必要はない)と、その個人の行動がどのように全体としての結果に作用するのかを描写したものだ。本質的に、それはスローガンのようなものとは異なっている。

Now, having a model is no guarantee of being right – real business cycle theory certainly fits my definition, but I believe that it offers a fundamentally wrong account of what recessions are all about. Still, writing down a model rules out certain kinds of error, the kind that come from not thinking about things add up. Most of the bad reasoning on the postwar situation comes from an almost ridiculous error – forgetting that not having competitors doesn’t help if you also don’t have any customers. Having a model lets you avoid that sort of thing.
ここで、モデルを持つことは正しいことを保証するものじゃない――リアル・ビジネスサイクル理論は僕の定義と合致しているが、その理論による不景気がどういうものかについての説明は完全に間違っていると僕は考えている。だが、モデルを書き記すことによって、ある種の間違い、物事を詰めて考えないことによって発生する類の間違いを防ぐことができる。戦後の状況に関する間違った推論のほとんどはほぼ全部が馬鹿げた間違いから生じたものだ――競争相手がいないことは、売る相手もまたいないんだったら、助けにはならないことを忘れてしまっていた。モデルを持てばその種の事を避けることができる

What the Hicks analysis and later versions (notably Dornbusch-Fischer-Samuelson (pdf)) tells us is that technological progress in other countries can either help or hurt you, depending on which industries are affected; it also tells you to look at the terms of trade, which in practice means that it turns out to be a smaller issue than many people imagine.
ヒックスの分析とその後期バージョン(名高いドーンブッシュ-フィッシャー-サミュエルソン論文)では、他国の技術力の進歩は助けになることも損害を与えることもあり、それはどの産業が影響を受けるかによって決まってくることが示されている。また交易条件をよく見れば、実際にはそれは多くの人が想像するよりも小さな問題であることが明らかにされている。

What’s interesting about this analysis from a political point of view is that more or less the same model has served different causes at different times. In postwar Europe, Hicks-type analysis was a corrective people arguing against market economies open to trade; it was, if you like, a helpful support to free-marketeers. In the early 1990s, I and other used this kind of analysis to counter both left-of-center demands for protectionism and corporate-welfare arguments for subsidies to fight Japan and all that. Yet right now the analysis turns out to be useful mainly to counter right-wing claims that the experience of America in the 50s and 60s, when good wages and progressive taxation went hand in hand with rapid growth, can be dismissed by appealing to the lack of international competition.
この分析が政治的な観点から興味深いのは、多かれ少なかれ同じモデルが異なる時代に異なる根拠として使われていることだ。戦後のヨーロッパにおいて、ヒックス型の分析は貿易に開かれた市場経済に反対する人々への矯正薬になった。言うなれば、それは自由市場論者にとっての有益な支えになった。1990年代早期に、僕らは、日本などと戦うために保護貿易を求める中道左派の要求や補助金を求める企業福祉論と対抗するためにこの種の分析を用いた。だが、現在ではその分析は、主に、高賃金と累進的税制が手に手をとって急速な成長に導いていた50年代や60年代のアメリカの経緯を国際競争の欠如のせいにすることによって退けようとする右翼の主張に対抗するのに役立っているのは明らかだ。

The point is that a helpful economic model is not a propaganda slogan, to be discarded whenever the party line changes. It is, instead, a structure that can be used to improve your understanding in many contexts.
ポイントは、有益な経済モデルは、ある政党の立場が変われば捨て去られる運命にある宣伝用のスローガンじゃないってこと。それとは違い、モデルは多くの状況で理解を高めるのに使うことができる構造体だ。

Oh, and the best answer to “gotcha” attempts to debunk economists – “Ha! You said just the opposite in 2003!” – is to ask whether and how the economist’s model has changed. If he is using the same model, but it’s one that has different policy implications in different situations, you’ve just done a gotcha on yourself. If he has changed his model, the question is why, and whether there were good reasons for the change.
そして、経済学者の化けの皮をはがすために「論破してやろうという」試み――「おやっ、あんた2003年には正反対のこと言ってたよね!」――への一番いい解答としては、その経済学者のモデルが本当に変わったのか、どのように変わったのか尋ねてみることだ。彼が同じモデルを使っていて、それが異なる状況では異なる政策的含意を持つものなら、あなたが自己矛盾しているだけだ。もし彼がモデルを変えたのなら、問題はその理由は何か、変えるべき適切な理由はあったのかということだ。

And yes, I’ve changed my models, mainly in the face of experience. For example, I didn’t take either the liquidity trap or the possibility of self-fulfilling currency crises seriously until 1998, when events in Asia led me to change my views. And I’m proud, not ashamed, of showing that kind of intellectual flexibility. What I don’t believe I’ve done is change my models to support a predetermined political or policy position, which is a definite sin.
そして、確かに僕も主に経験から自分のモデルを変えたことはある。例えば、1998年にアジアでの出来事によって見解を変えるまでずっと、流動性の危機や自己実現的な通貨危機の可能性についてまともに受け取っていなかった。僕はその種の知的柔軟性があることを恥じるどころか、誇りに思っている。僕は自分が元々持っていた政治的または政策的立場を守るためにモデルを変えたことはなかったと信じているし、それは明らかに罪悪だ。

So you should try to think in terms of models; it will make you a better person.
というわけで、モデルを使って考えてみるべきだ。それはあなたをもっとすばらしい人間にしてくれるだろう。


後書き:水力学的ケインズモデルMONIAC(Monetary National Income Analogue Computer)。MONIACの開発者Phillips(写真の人物)はフィリップス曲線のフィリップス。
phillips 1

What You Add Is What You Get/July 9, 2012, 3:28 PM

What You Add Is What You Get 作り出した分はもらえる分

The Romney fundraiser in the Hamptons continues to inspire much justified hilarity. Matt Yglesias has fun with whining rich people complaining that they are the engine of the economy, pointing out that quite a few of the whiners make their money in ways that arguably does very little for growth — say, by running funds that collect so much in fees that they leave investors worse off.
ハンプトンズのロムニーの資金提供者が多分に自己弁護のための馬鹿騒ぎを続けている。マット・イグレシアスは、自らたちこそ経済のエンジンだと愚痴ってる金持ちを面白がって、その泣き言を言ってるやつらの大多数が、おそらくは、ほとんど成長に資することのないやり方で金を稼いでいる――例えば、手数料が馬鹿高すぎて投資家の儲けにならないようなファンドを経営するとか――と指摘している。

There is, however, an even broader critique of the whole keep taxes low on jobcreatorsenginesoftheeconomy thing — it doesn’t make sense even when the rich really earn their money. I’ve tried to make this point before, with regard to optimal top tax rates, but without as much success as I’d like; so let’s try it again.
だけど、「仕事を生み出す人経済のエンジン」への税金を総体的に低くすることにはもっと広範な批評が存在する――本当にその金持ちが自らの力で金を稼いでいる時ですら、そうしたことに道理がないってこと。僕は最適最高税率に関連して、以前そのことを指摘してみたんだけど、思っていたほどは成功しなかった。だから、もう一度やってみよう。

So, imagine a Romney supporter named John Q. Wheelerdealer, who works 3000 hours a year and makes $30 million. And let’s suppose that he really does contribute that much to the economy, that his marginal product per hour — the amount he adds to national income by working an extra hour — really is $10,000. This is, by the way, standard textbook microeconomics: in a perfectly competitive economy, factors of production are supposedly paid precisely their marginal product.
さて、ジョン・Q・ウィーラーディラーという名の1年に3000時間働いて3000万ドル稼ぐロムニーの支持者がいるとしよう。そして、彼は経済に対してその額だけ貢献していると想定してみよう。つまり彼の1時間当たりの限界生産物――彼が追加的に労働時間を増やすことによって国民所得が増加する量――は1万ドルってこと。ところで、ここで標準的教科書のミクロ経済学:完全競争市場では、生産要素はその限界生産物に等しいだけの支払いを受ける。

Now suppose that President Obama has reduced Mr. Wheelerdealer to despair; not only does the president waste money by doing things like feeding children, he says mean things about some rich people, which is just like the Nazis invading Poland, or something. So Wheelerdealer decides to go Galt. Well, actually just one-third Galt, reducing his working time to just 2000 hours a year so he can spend more time with his wife and mistress.
今、オバマ大統領がウィーラーディーラー氏のやる気をそいでしまったと想定しよう。大統領が子供たちの養育みたいなことにお金を費やすだけでなく、金持ちに意地悪いことを言ったとしよう。それはナチスのポーランド侵攻に匹敵することらしい。そこで、ウィーラーディーラー氏はゴールトする。いやっ、実際には3分の1ゴールトする、妻や愛人と費やす時間を増やすために年間労働時間を2000時間減らす。

According to marginal productivity theory, this does in fact shrink the economy: Wheelerdealer adds $10,000 worth of production for every hour he works, so his semi-withdrawal reduces GDP by $10 million. Bad!
限界生産物理論によると、これにより経済は実際に縮小する。ウィーラーディーラー氏は1時間働くごとに1万ドルに値する生産物を作り出す。だから、彼の半引退によりGDPは1000万ドルも低くなる。こりゃ酷い!

But what is the impact on the incomes of Americans other than Wheelerdealer? GDP is down by $10 million — but payments to Wheelerdealer are also down by $10 million. So the impact on the incomes of non-Wheelerdealer America is … zero. Enjoy your leisure, John!
でも、ウィーラーディーラー氏以外のアメリカ人の所得に与えるインパクトはどうなる? GDPは1000万ドル低くなる。だけど、ウィーラーディーラー氏が受け取る所得も1000万ドル少なくなる。だから、ウィーラーディーラー氏以外のアメリカ人の所得に与えるインパクトは…ゼロ。余暇をエンジョイしなよ、ジョン!

OK, there’s a catch: Wheelerdealer pays taxes, and when he chooses to work less, he pays less taxes. So there is in fact a welfare loss to the rest of America, but it comes only through the fact that revenue falls.
オッケー、これには落とし穴がある:ウィーラーディラー氏は税金を払っている。彼が働く時間を減らせば、彼が支払う税金も少なくなる。だから、残りのアメリカ人には実際に厚生の損失が存在する。でも、それは歳入が低下するという事実から来るものでしかない。

This is the basis of the result from optimal taxation theory that says that from the point of view of everyone except the very rich the optimal top tax rate is the rate that maximizes revenue — full stop. And since the rich already make so much money, their marginal utility from an extra dollar is very small, so the revenue-maximizing tax also maximizes welfare for society as a whole.
これは、大金持ちを除く全ての人の視点からすると、最適最高税率は歳入を最大化させる税率になるとする最適課税理論からの結果に基づいている――終わり。そして、金持ちは既に十分なお金を持っているので、追加的なドルから発生する限界効用はすごく小さい。だから、歳入を最大化させる税率こそが全体としての社会の厚生を最大化させる税率にもなる。

Oh, and we have pretty good evidence on the (small) actual incentive effects of changes in top tax rates, enough to suggest that the optimal rate is in the 70-80 percent range — which is where it was in the 1960s, a decade of very good economic performance.
最高税率の変化が実際のインセンティブに与える影響(の少ささ)に関して、最適税率は70-80%になる――経済実績がすごく良かった1960年代と同じくらいの税率――と言えるほどの良質な証拠がたくさんある。

Now, obviously the Romney fans have a very different view. They seem to believe that John Q. Wheelerdealer somehow adds much more to the economy than even the lavish amount he gets paid; he’s an engine of growth! Oddly, though, they also claim to believe in the perfection of markets — and the only way to justify their belief in their own special role is to claim that there is some kind of massive market failure.
今、ロムニーのファンはこれと異なる見方をしている。彼らは、どういうわけか、ジョン・Q・ウィラーディーラー氏の受け取る気前のいい給料以上に、彼が多くのものを経済に対して作り出していると信じてるようだ。彼は成長のエンジンなんだって! だけど、奇妙なことに、彼らは市場の完全性を信じているとも主張する。そういった特殊な役割への信念を正当化しようと思うなら、唯一の方法は、大規模な市場の失敗が存在するってことを主張しないといけないのに。

So there’s a huge contradiction in the whole position of the self-regarding rich — a contradiction that I’m quite sure bothers them not at all. More champagne?
だから、自分で自分を金持ちと思ってる連中のポジションには大きな矛盾がある―間違いなく彼らが一度も考えたことのない矛盾。もっとシャンパン飲んでおいたら?


後書き:go GaltのGaltは、アイン・ランドの小説『肩をすくめるアトラス』の主人公John Galtのこと。増税などが嫌になり隠遁すること。
More champagne?は、ケインズの言葉“My only regret in life is that I did not drink more Champagne.”(人生のただ一つの後悔はシャンパンをもっと飲まなかったことだ。)を下敷きにしたものかな。だとすると、「税金払いたくなかったら、とっとと引退してシャンパンでも飲んでろ」って感じになる。

Different Slopes for Different Folks/February 10, 2012, 10:32 AM

Different Slopes for Different Folks 異なる人々には異なる傾きを

David Frum, in his review of Charles Murray, quotes a passage in which Murray dismisses the notion that reduced work might be the result of reduced wages:
デヴィッド・フラムが、チャールズ・マーレイ本の書評の中で、仕事が減ったのは賃金が減った結果だという考えを却下した一説を引用している:

Put yourself in the place of a [working-class white] man who is at the bottom of the labor market, qualified only for low-skill jobs. You may wish you could make as much as your grandfather made working on a General Motors assembly line in the 1970s. You may be depressed because you’ve been trying to find a job and failed. But if a job driving a delivery truck, or being a carpenter’s helper, or working on a cleaning crew for an office building opens up, why would a bad labor market for blue-collar jobs keep you from taking it? As of 2009, a very bad year economically, the median hourly wage for drivers of delivery trucks was $13.84; for carpenter’s helpers, $12.63; for building cleaners, $13.37. That means $505 to $554 for a forty-hour week, or $25,260 to $27,680 for a fifty-week year. Those are not great incomes, but they are enough to be able to live a decent existence – almost twice the poverty level even if you are married and your wife doesn’t work. So why would you not work if a job opening landed in your lap? Why would you not work a full forty hours if the hours were available? Why not work more than forty hours?
あなたが低スキルな仕事に掛かる能力しか持たない労働市場の最下層である(白人労働者階級)男性だとしよう。あなたは1970年代にあなたの祖父が稼いだような給料が欲しいかもしれない。それでは、仕事を見つけようと頑張っても失敗するだろうから、意気消沈することになるかもしれない。でも、配送トラックの運転手や大工のヘルパーやビルの清掃員の仕事なら門戸は開かれている。ブルーカラーの仕事が不景気だからって、そういった仕事に就かない理由になるのか? 2009年のすごく景気が悪いときでも、配送トラックの運転手に対する時給の中間値は13.84ドルで、大工のヘルパーは12.63ドルで、ビル清掃員は13.37ドルだった。そうすると、週40時間働いて505ドルから554ドル、年に50週働いて25260ドルから27680ドルになる。それはすごい所得ってわけじゃないけど、それなりの生活をするには十分な額だ――あなたが結婚していて妻が働いていなかったとしても、貧困レベルのほぼ2倍になる。それなら、目の前に仕事が転がってるのに、なんで働かないのか? なんで使える時間があるのに、40時間きっちり働かないのか? なんで40時間以上働かないのか?


So Murray is suggesting that a lower wage should not lead to any decline in work effort, and maybe even to an increase, since it takes more hours to achieve a given standard of living. In effect, he’s saying that the supply curve for labor, instead of sloping upward, slopes downward ― or at any rate that it should.
マーレイは、賃金が低くなっても必ずしも労働意欲が減少するわけではなく、むしろ増加する可能性を提示している。なぜなら一定の標準的な生活を確保するために必要な時間が多くなるから。結果として、彼は、労働の供給曲線は右上がりではなく、右下がりだと――あるいは、そうなるべきだと――言っていることになる。

This is not a crazy position: “backward-bending” labor supply is a staple of economics textbooks, because income effects work against substitution effects. Raise my wage rate, and the payoff to working more increases; but I also get richer; and one of the things people consume more of when they get richer, other things equal, is leisure. So a higher wage could lead either to a rise or fall in labor supply, and a lower wage similarly could work in either direction.
これはクレイジーな立場ってわけじゃない:「後方屈曲」労働供給は経済学の教科書では必須であって、そうなる理由は、労働の所得効果が代替効果に打ち勝つからだ。僕の賃金が上がると、働くことに対しての報酬は増加する。でも、同時に僕は前よりも富裕になる。他の事情を一定として、人々が富裕になった時、消費を増やすものの一つが余暇だ。だから、賃金が高くなっても労働供給は増える可能性もあるし、減る可能性もある。同じように、賃金が低くなってもどちらの方向にも動く可能性がある。

So far so good ― although it’s one thing to assert this as a possibility, another to just assume it so that you can skip all the economic data and go straight to condemning moral values.
ここまではいい――このことを可能性として主張するのと、あらゆる経済データを無視してそれを事実だと決め付けてまっすぐ道徳価値批判に持っていくのとは別の話だけどね。

But this argument applies just as much to the rich as to the poor. And strange to say, you never do find conservatives arguing that we shouldn’t worry about higher tax rates on the rich, because they’ll just work harder to be able to afford those luxury goods; or that a higher inheritance tax probably expands work effort, because it would force the Paris Hiltons of this world to go out and get real jobs.
でも、この議論は貧民に使えるのと同じように、金持ちにも使える。不思議なことに、保守派が金持ちへの高い税金なんて心配することないと主張しているのを見たことがないはずだ。なぜって、そうしても贅沢品を買う金を稼ぐために、彼らはもっと一生懸命働くだけなんだから。あるいは、相続税を上げたら、おそらく、労働意欲は拡大するんじゃないかな。なぜなら、そうなりゃ世の中のパリス・ヒルトンみたいなやつらが外に出て、まっとうな仕事を見つけないといけなくなるんだから。

Funny how that works.
そうなったら傑作だな。

Why Does Inequality Make the Rich Feel Poorer?/January 12, 2011, 4:23 pm

Why Does Inequality Make the Rich Feel Poorer? なぜ不平等は金持ちを貧乏に感じさせるのか?

Catherine Rampell has a very nice piece about why the objectively rich feel poor, although Brad DeLong is right, a log-income chart is better:
キャサリン・ランペルが、なぜ客観的に金持ちな人が貧しく感じるのかについての非常にすばらしい記事を書いている。ブラッド・デロングは正しいんだろうが、その所得の対数チャートはさらによいものだ:

444.jpg

I’d like to elaborate a bit here.
私はここでさらに詳しく述べたい。

What Rampell has in mind is a vision of society as being something like a long street running up a hill, in which rising altitude goes along with rising income. And each person along that street evaluates himself or herself relative to the neighbors on either side, rather than the whole street.
ランペルの頭にあるのは、高さを増していく丘への長い道のようなものとしての社会のビジョンである。そこで上昇する高度は上昇する所得に対応している。そして道のそれぞれの地点で人々は、自身を全ての道というより、両側の隣人と比べて評価する。

Now, there are two slightly different interpretations of this story. What Rampell seems to suggest is that people compare themselves only to their uphill neighbors — and since the hill gets steeper as you move up the street, the rich feel worse because the guy to the right is increasingly different from themselves.
今この話には少し異なった解釈がある。ランペルが提案しているように思えるのは、人々は自身を上り坂の方にいる隣人とだけ比べるというものだ。道を進むたびにその丘はますます急になっていくに従い、右側にいる人はますます彼らとかけ離れていくので、彼らの感情はさらに悪化していく。

An alternative is that people compare themselves to neighbors on both sides, but it’s the convexity that changes: if you’re in the middle of the income distribution, your uphill neighbor is about as much richer than you than your downhill neighbor is poorer, but in the upper reaches that’s no longer true. (I was taught, long ago, that the income distribution is more or less lognormal for most of its range, but turns Pareto at the upper tail. If you have no idea what I’m talking about, never mind.)
もう一つの説は、人々は自身を両隣の人と比べるというものだ。そこで変化するのは凸面性である。もしあなたが所得分布の真ん中にいるとしたら、あなたの上り坂の方にいる隣人は、あなたの下り坂の方にいる隣人が貧乏である程度よりも、ずっと金持ちである。だが実際上方に達すると、それはもはや当てはまらない。(私が昔教えられたのは、所得分布は多かれ少なかれほとんどの範囲で対数正規であるということだ。しかし上方の端でパレートはひっくり返る。私の言ってることが分からなくても気にしないでくれ。)

Either way, what’s true is that the gap between the rich and the superrich has grown dramatically. Here’s the Piketty-Saez data showing the top 1 percent pulling away from the next 4; the same thing is happening for the top 0.1 versus the losers who are in the 99.0-99.9 range, and so on:
どちらにせよ、金持ちと超金持ちの間のギャップは劇的に広がっている。ここにトップ1%が1-5%の間にいる人を引き離していることを示すPikettyとSaezのデータがある。同じことはトップ0.1%対0.1-1.0%の間にいる負け犬との間にも起こっている。それはさらに続いていく:

saez-shares.jpg

The net result is a society of winners as whiners, where people who are not only doing fine but doing much better relative to the median than they were a generation ago nonetheless feel left behind.
最終的な結果は、泣き言を言う勝者の社会だ。そこでは単に上手くやっているだけでなく、一世代前の状態と比べてというより、中央値にいる人と比べてもさらに上手くやってる人も取り残されてるように感じることになる。

A personal note: I’ve always found extreme inequality at the top rather relaxing from my own point of view. Robin and I are doing very well, of course, but others are much richer; the fact, however, is that especially in New York you know that no matter how much you make, there are other people making so much that your earnings look trivial. So what’s the point of evaluating yourself that way? Of course, it’s probably a lot easier to feel that way when you’ve gotten plenty of other ego-boosters.
個人的なノート:私自身の観点からは安心する以上に、トップの人たちにはいつも極端な不平等を見つけてしまう。ロビンと私はかなりよくやっている。もちろんもっと金持ちはいる。しかし特にニューヨークにいれば、あなたがどれだけ稼いだとしても、その稼ぎがショボく感じるほど稼ぐ人々がいる。自分自身を評価するために大切なものは何か? たぶん他のエゴを高めるものをたくさん持つことが、そのための極めて簡単な方法だろう。
CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。