スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Choose Your Monetary Adventure, Mt. Gox Edition/February 25, 5:56 PM

Choose Your Monetary Adventure, Mt. Gox Edition 貨幣の選択、あなたならどうする? マウントゴックス版

Bitcoin was, of course, created in part to cater to libertarian dreams – to provide a way to store your wealth where governments can’t steal it through taxation or currency debasement.
言うまでもなく、ビットコインはある程度までリバタリアンの夢を叶えるために造られたものだ――政府が税金や通貨を堕落させることによって盗み取れないような富の保存手段を提供するために。

And it’s true! Thanks to Bitcoin, you can instead have your wealth stolen by private hackers.
その通りになったね! だってビットコインのおかげで、政府の代わりに、民間のハッカーに富を盗んでもらうことができたんだから。
スポンサーサイト

Power-Mad Conservatives/November 7, 2012, 7:08 PM

Power-Mad Conservatives 権力狂の保守派

Brad DeLong and others are having a lot of good clean fun ridiculing pundits who insisted, to the last, that their psychic guts perceived truths invisible to pollsters. And who knows? This ridicule may even serve a social purpose, making news organizations a bit less likely to treat these pundits as fonts of wisdom.
ブラッド・デロング達が、最後まで、世論調査では見えない真実を捉えることができる念力を持っていると主張していた専門家らを馬鹿にしまくってるのは健全なことだ。誰がそんなこと分かるのか? こうやって馬鹿にすることには、報道機関がこれらの専門家を知恵の泉として扱うのを少しでも控えさせるという意味で社会的な役割があるのかもしれない。

But I think there’s something else that needs discussing. The rejection of polling evidence wasn’t just a matter of wishful thinking on the right; it was accompanied by intense rage. (Just look at my comment thread here, which now stands as a sort of historical marker of the lunacy of the campaign’s closing days — and you should have seen the stuff that didn’t make it through moderation!)
でも、僕は他にも議論されるべきことがあると考えている。世論調査の結果を受け入れられないのは、単に右派の願望的思考の問題というだけでなく、それには強烈な怒りが伴っている(このポストのコメント欄を見てほしい。今になってみると、これは選挙終盤に差し掛かっての狂気を示す歴史的指標とも言える――そして、その時点では、こういったのは穏健なものとして通ってたんだよ!)

On the face of it, this makes no sense. The election was going to happen, and somebody was going to win. Why lash out so bitterly at people who you claimed to think would be revealed as fools in just a couple of days?
それに直面してみると、意味が分からなくなる。選挙はすぐに行われ、誰かが勝者になる。なんで、たった数日後には愚か者であることが明らかになると考えている人物に対してそんな必死に罵倒しまくらないといけないのか?

I’ll try to present some more coherent thoughts on a later occasion, but here’s my quick take: what we’ve just seen is a peek into the modern right-wing psyche, which is obsessed — more than anything else — with power. Policy is one thing; but equally or even more important is the sense of being with the winners, of being part of the team that will stamp its boots on the faces of the other guys. And while conservatives of that ilk would probably concede if pressed on it that there’s a difference between the perception of being on top and the reality determined in an election, emotionally they can’t separate the two: they perceive anyone suggesting that maybe they aren’t going to smash their opponents as a threat.
僕は後の機会にもっと首尾一貫した説明をするつもりだが、とりあえず現時点での僕の考えはこんなところ:僕らは現代右翼精神というものを垣間見ているわけだが、それは――何よりもまず――権力に取り付かれている。政治もその一つだが、それと同等か、あるいはもっと重要なのは勝ち組であるという感覚、相手側の顔を踏みつけてやれるチームの一員であるという感覚だ。一方、その同類である保守派はたぶん報道を見れば、今でも頂点にいるんだという感覚と選挙で示された現実には違いがあることを認識できるんだろうが、感情的にはその二つを区別できない:彼らは、敵をやっつけることは多分できないと仄めかしてくる者はみな脅迫をしているものと受け取ってしまう。

And we’re not just talking about teenagers blogging in their pajamas; look at Karl Rove’s temper tantrum on Fox.
そして、僕らが話しているのはパジャマを着た10代の子のブログとかに限ったことじゃない。フォックスでのカール・ローブのかんしゃく発作を見てくれ。

I’m tempted to say that all the people who went wild over skewed polls, Nate Silver is evil, and so on need to seek counseling. But if I were to say that, this would even drive them crazier. So I won’t. Oh, wait.
僕は、夢中になって、世論調査は捻じ曲げられているだの、ネイト・シルバーは邪まだとか言ってたやつら全員にカウンセリングでも受けてこいと言いたい気持ちに駆られている。でも、それを言ったら、あいつらもっと発狂する恐れがある。だから、それは言わないでおくよ。あっ、しまった。

Inequality Kills/September 22, 2012

Inequality Kills 不平等は殺人だ

Kathleen Geier makes a point I should have noticed. She points to the shocking story in yesterday’s Times about sharply declining life expectancies for less-educated whites, and points out that these declines took place at a time of rapidly rising income inequality. And we have lots of evidence that low socioeconomic status leads to higher mortality — even if you correct for things like availability of health insurance.
キャサリン・ゲアーのこの記事は、僕が気づいていてしかるべきだった点を突いている。彼女は昨日のニューヨーク・タイムズに載った、低学歴の白人の平均余命が急激に短くなっているという衝撃的な話に言及して、その余命の低下が急速に所得格差が拡大したのと同じ時期に起こっていることを指摘している。低い社会的地位が高い死亡率につながることを示す証拠はたくさんある――健康保険の利用可能性などを調整した後ですら。

Some of the effects may come through self-destructive behavior, some through simple increased stress; think about what it feels like in 21st-century America to be a worker without even a high school degree. In any case, Geier is surely right: what we’re looking at is a clear demonstration of the fact that high inequality isn’t just unfair, it kills.
そうした結果になるのは自滅的な行動や、単純にストレスの影響もあるのかもしれない。21世紀のアメリカで、高卒資格すら持たない労働者であることがどんなものか考えてほしい。いずれにせよ、ゲアーはきっと正しい:我々が目にしているものは、深刻な不平等は単に公正でないどころか、それが殺人であるという事実を明白に示している。

GOP Intellectual Decline, Monetary Edition/August 24, 2012, 3:42 PM

GOP Intellectual Decline, Monetary Edition 共和党の知的堕落、金融版

There was a time, not long ago, when Republicans — whatever you might think of their other ideas — were part of the mainstream consensus on monetary policy. Here’s the Economic Report of the President from 2004 (pdf), presumably written by Greg Mankiw:
共和党員――その他の彼らの考えがどんなものであれ――が金融政策に関して、主流派による総意と一体化するまでには時間――そう長いものでもないが――があった。これは、おそらくグレッグ・マンキューによって書かれた2004年の大統領経済報告書:

Aggressive monetary policy can reduce the depth of a recession.
積極的な金融政策は景気後退が深刻化するのを和らげることができる。


But now we have Mitt Romney declaring his intention to replace Ben Bernanke for, um, pursuing aggressive monetary policy to fight a recession (not aggressive enough, but that’s another issue). Romney:
だが、今や、ミット・ロムニーは、えー、景気後退と戦うために積極的な金融政策を採っている(十分なほど積極的なものではないが、それは別の問題だ)ことで、ベン・バーナンキを替える意思があると宣言した。ロムニー:

I want to make sure the Federal Reserve focuses on maintaining the monetary stability that leads to a strong dollar and confidence that America is not going to go down the road that other nations have gone down, to their peril.
私は、連邦準備銀行が強いドルと、アメリカは他の国のような危険な道を下ってはいないという信頼感をもたらす通貨の安定の維持に焦点を当てることを確かにしたい。


And the GOP platform will reportedly include a call for steps toward a return to the gold standard.
そして、報道によると、共和党の綱領の中に金本位制の復帰へと向かうことを求める項目が含まれていると言う

The really strange thing about all this is that this turn toward hard-money mysticism is taking place even as events have demonstrated that the advantages of not being on a gold standard, of having a fiat currency that can be printed freely in emergencies, are even greater than standard analysis had supposed.
これが本当に奇妙なのは、このハードマネー神秘主義への回帰が、金本位制を採らない事の優位性、もしくは緊急時に自由に発行できる不換紙幣を持つことの優位性が標準的な分析よりもずっと大きいことが現実の出来事として示されている中で起こってることだ。

Mark Thoma links to an old piece of mine that I think does a pretty good job of laying out that standard case; but we now know that there’s a major additional concern, the ability of the central bank to act as lender of last resort to the government as well as private banks. Consider, as Paul De Grauwe has in one of the most important analyses (pdf) to come out of the crisis, the contrast between Spain and the UK. Their medium-term fiscal outlooks are comparable, at least according to the IMF:
マーク・トーマが僕の昔のポストにリンクを貼っているが、そこでは標準的なケースについて良く描けていると思う。だが、今では他にも重要な事案、中央銀行が民間銀行だけでなく政府に対しても最後の貸し手として行動する能力があると分かっている。ポール・デ・グラウウェによる、この危機の間に発表された最も重要な分析の一つである、スペインとイギリスのコントラストについて考えてほしい。これら2国の中期的な財政展望は少なくともIMFによると同等のものだ:

082412krugman2-blog480.jpg
Source: IMF

But borrowing costs have soared in Spain, while falling in Britain:
だが、借り入れコストはスペインで急上昇している一方、イギリスでは急下降している:

082412krugman3-blog480.jpg
Source: Eurostat

So the GOP has decided that we must reject the evils of fiat money and go for the gold standard at precisely the moment when events have demonstrated that fiat money is a really useful thing and the loss of flexibility that comes from ending fiat currencies can be utterly disastrous. What’s going on?
だから、共和党は、不換紙幣が本当に有用なものであり、不換紙幣を廃止してその柔軟性を失うことになればすごく悲惨なことになりうることが現実の出来事により示されているまさにその時に、不換紙幣の悪徳を拒絶して、金本位制に向かわないといけないと決め込んでることになる。一体何が起こっているのか?

I think Yglesias has this right:
イグレシアスはこの点を正しく捉えていると思う:

Commodity-backed money is basically a solution to a non-problem. Or at least it’s not a problem you have if you don’t accept a Randian deeply moralized view of market outcomes. The existince of fiat money is embarassing to that kind of ideology, so it inspires quests for alternatives to modern central banking even when the alternatives don’t make sense.
財で担保された貨幣は基本的に何の問題にもなってないことへの解決策だ。少なくとも、市場の成果に対して酷くランド的な道徳観を持っていない人には、それは何の問題にもならない。不換紙幣が存在することはその種のイデオロギーを困惑させる。だから、代替策自体に意味がなくても、現代的な中央銀行制度に代わるものを追い求めることになってしまう。


In this sense fiat money is like, oh, Social Security. The problem it creates for conservatives is not that it doesn’t work, but that it does — which is a challenge to their philosophy. And so it must die.
この意味で、不換紙幣は社会保障に似ている。保守派にとって、それが機能しないから問題になるのではなく、それが機能するからこそ問題になる――それは彼らの哲学の邪魔になるから。だからこそ、それは消え失せないといけないのだと。

I Am Not Your Mirror Image/October 12, 2011, 5:23 PM

I Am Not Your Mirror Image 僕はあんたの合わせ鏡じゃない

Russ Roberts tries to debunk my explanation of the reasons to believe in a broadly Keynesian view of the world ― and reveals more than he intended.
ラス・ロバーツが、広い意味でのケインズ主義的世界観を信じる理由に関する僕の説明の矛盾を暴こうとしている――そして、彼が意図したもの以上のことを露にしてしまっている。

First, a few points. Roberts treats my statement that we have a lot of evidence on the effects of monetary policy, not so much on fiscal policy, as being somehow slippery. But if you are at all familiar with the reality of macroeconomic policy, you know that there’s an obvious reason: monetary policy, which is set by a small committee without the need to pass legislation, is routinely used as a tool for managing the economy; discretionary fiscal policy isn’t. The classic Romer and Romer study showing that monetary policy matters was based precisely on the frequent use of monetary policy as a deliberate tool:
最初に数点。ロバートは、金融政策の効果にはたくさんの証拠があるが、財政政策には十分な証拠がないという僕の発言を何か当てにならないものとして捉えている。だが、マクロ経済政策の現実に十分に詳しい人なら、それには明白な理由があることを知っているはずだ:法案を通す必要もなく、少数の委員会によって決定される金融政策は経済を運営するためのツールとして常に使われてきた。裁量的な財政政策はそういうわけにはいかない。金融政策の重要性を示した古典的なローマー夫妻の研究はまさに計画的なツールとして金融政策が頻繁に使用されてきた実例に基づいている:

The central part of the paper is a study of postwar U.S. monetary history. We identify six episodes in which the Federal Reserve in effect decided to attempt to create a recession to reduce inflation.
この論文の中心的な部分はアメリカの戦後の歴史に関する研究である。我々はFRBが結果的にインフレを抑えるため、景気後退を作ろうと決定するに至った6つの事例を同定した。


Six such episodes between 1945 and 1990; there is no comparable profusion of fiscal examples.
1945年から1990年までのそのような事例は6例。財政政策にはこれに相当するほどの事例はない。

Roberts also says, well, I choose some studies of austerity, but others reach different conclusions. Yes ― but not all studies are created equal. In fact, the last two years of research on fiscal policy have clarified a lot.
ロバーツはまた僕が緊縮財政の研究のうちいくつかを選び出しているが、他の研究では違う結論が出ていると言っている。はい、その通り――でも全ての研究が同等に作られているわけじゃない。実際に、ここ2年の財政政策の研究で多くのことが明らかになっている。

Initially, a lot of credence was given to work like that of Alesina and Ardagna, which tried to identity changes in fiscal policy using mildly fancy time-series analysis ― and seemed to find evidence of expansionary contraction. But everyone who looked at that work closely quickly noticed that their supposed episodes of both stimulus and austerity didn’t seem to correspond at all to known changes in policy. When economists started doing studies using the Milton Friedman/ Romer and Romer mthod –that is, using historical information to identify actual changes in policy ― the results turned clearly Keynesian.
最初の内は、アレシナ・アーダナ論文のような研究に多大な信用が与えられていた。その論文は少々とっぴな時系列分析を使って、財政政策の変化を同定しようとするものだった――そして拡張的緊縮の証拠を見出しものとされていた。だが、その研究を見たあらゆる人が即座に彼らの想定している刺激策や緊縮策のどちらもが一般に知られている政策の変化とまったく一致しているように見えないことに気づいた。経済学者たちがミルトン・フリードマン/ローマー夫妻型の手法――すなわち、実際の政策の変化を同定するのに歴史的な情報を使うこと――を使い始めると、結果は明白にケインズ主義的なものになっていった。

But the main thing wrong with Roberts’s piece is the assumption that people like me are just mirror images of people like him:
だが、ロバートの記事が本質的に間違っているのは、僕のような人々を彼のような人々の合わせ鏡でしかないと仮定していることだ。

Krugman is a Keynesian because he wants bigger government. I’m an anti-Keynesian because I want smaller government. Both of us can find evidence for our worldviews.
クルーグマンは大きい政府が好きだからケインジアン。僕は小さい政府が好きだから反ケインジアン。僕らのどちらもが自分の世界観に合う証拠を見つけることができる。


This is wrong on multiple levels. First of all, while conservatives see smaller government as an end in itself, liberals don’t see bigger government the same way. Think about it: while you often see conservatives crow about, say, reducing discretionary spending as a good thing just because the number is down, do you ever see liberals crowing about a rise in spending, never mind what on? Liberals want government to do certain things, like provide essential health care; the size of government per se isn’t the objective.
これは複合的なレベルで間違っている。一つ目に、保守派は小さい政府それ自体を到達点と見ているが、リベラルは大きい政府を同じようには見ていない。こう考えてほしい:あなたは、例えば、保守派が最小的支出の引き下げをその数字が下がっているというだけで良いことと喜んでるのをよく見ることはあっても、リベラルが支出の拡大をそれが何に使われるかも気にしないで喜んでるのを見たことがある? リベラルは政府に不可欠な医療を提供するといった特定のことをするように望んでいる。政府のサイズそれ自体が目的ではない。

Second, Keynesianism is not and never has been about promoting bigger government. Outside the US, this is obvious: there have been Tory Keynesians in Britain, the Germans favor both a big welfare state with heavy regulation and balanced budgets. Even in the US, when the political heat isn’t so intense, you find conservative economists promoting quite Keynesian views of stabilization policy ― Greg Mankiw is the editor of two volumes on New Keynesian Economics, and the Bushies were quite happy to argue for tax cuts as a way to boost spending.
二つ目に、ケインズ主義はかつても今も大きい政府を促進するものではない。アメリカの外に出ると、このことは明らかだ:イギリスにはトーリー党ケインズ主義があり、ドイツは厳しい規制付きの大きい福祉国家と均衡予算を共に賛同している。アメリカですら、政治的熱狂がそれほど激しくない時には、非常にケインジアン的観点からの安定化政策を奨励している保守派の経済学者を見つけだせる――グレッグ・マンキューは『ニューケインジアン経済学』2冊の編集者だし、ブッシュ親子は民間支出を押し上げるための方法として減税を論じるのが大好きだった。

What is true is that some conservatives in America have always opposed Keynesian thought because they believe it legitimizes an active role for government ― but that’s not what Keynesianism is about, and not the reason I or others support it.
本当のところは、アメリカには、ケインジアン的思想を政府に積極的な役割を与えることを正当化するためのものと信じ込んでしまっているため、常にその思想に反対している保守派が存在するということだ――だが、それはケインズ主義が示すものではないし、僕や他の人がそれを支持する理由でもない。

Which brings me to the final point. Russ Roberts may choose his economic views because they support his political prejudices. I try not to. Maybe I sometimes fall short ― but I try to analyze the economy as best I can, never mind what’s politically convenient, and indeed to bend over backward to avoid believing things that make me comfortable, to avoid turning everything into a morality play that confirms my political values.
そのことが最後の点にかかわってくる。ラス・ロバーツは彼の政治的偏見を支援するために経済観を選んでいるのかもしれない。僕はそれをしないようにしている。たぶん時にはその努力が足りないときもある――でも、僕は、最善を尽くして経済を分析しようとしている。政治的に何が便利かを気にせず、自分にとって快適なものを信じてしまうのを避けるように懸命に努力して、全てのことを僕の政治的価値観を確信させてくれる道徳劇に変えてしまわないようにしている。

Here’s an example: is economic inequality the source of our macroeconomic malaise? Many people think so ― and I’ve written a lot about the evils of soaring inequality. But I have not gone that route. I’m not ruling out a connection between inequality and the mess we’re in, but for now I don’t see a clear mechanism, and I often annoy liberal audiences by saying that it’s probably possible to have a full-employment economy largely producing luxury goods for the richest 1 percent. More equality would be good, but not, as far as I can tell, because it would restore full employment.
例を出そう:経済的な不平等がマクロ経済学的沈滞の根源なんだろうか? 多くの人々はそう考えている――そして、僕は不平等拡大の悪徳について今まで何度も書いている。だけど、僕はその路線は取らない。不平等と我々が今いる混乱とのつながりを除外しているんじゃない。だが、今のところ明白なメカニズムがあるとは見ていない。そして、僕は、完全雇用になってもおそらくトップ1%の金持ち用のぜいたく品ばかり作っている経済になってるだろうと言って、リベラルな聴衆をよく困らせてしまう。もっと平等になることは良いことだが、僕の知る限り、それが完全雇用を回復してくれるからじゃない。

So I’m trying to figure this thing out, as best I can. If you’re not, we’re not in the same business.
そして、今でも僕はそのことについて自分にできる限り理解をしようとしている。もしあなたがそうじゃないのなら、僕らとは住む世界が違うんだ。
CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。