スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sweden ― Sweden!!! ― as Conservative Icon/May 16, 2012, 10:29 AM

Sweden ― Sweden!!! ― as Conservative Icon 保守派のアイコンになったスウェーデン―あのスウェーデン!!!

I learn from Ezra Klein’s interview with Tom Coburn that Sweden, of all places, has become the new right-wing icon. I thought Europe’s woes were all about collapsing welfare states? But anyway, the story now is that Sweden has slashed spending and cut taxes, and is doing great; supply-side economics vindicated!
エズラ・クラインによるトム・コバーンとのインタビュー記事で知ったことだが、よりにもよってスウェーデンが新たな右翼のアイコンになってるそうだ。ヨーロッパの苦難はすべて福祉国家の崩壊に関係してるんじゃなかったの? それはともかく、ただいまのお話によると、スウェーデンは支出を大幅に削減して税金を引き下げた。そして経済は活況を呈している。サプライサイド経済学の主張が証明された!

Ezra points out, rightly, that Sweden has actually benefited a lot from very aggressive monetary policy ― one of the original Princeton zero-lower-bound Group of Four, Lars Svensson, is now deputy governor of the Riksbank. (The others were Mike Woodford, yours truly, and a fellow by the name of Ben Bernanke).
エズラが正しくも指摘しているように、スウェーデンは実際には非常に積極的な金融政策から多大な利益を得ている―元祖プリンストン・ゼロ下限四人組の一人、ラース・スベンソンが現在リスクバンクの副議長になっている。(残りはマイク・ウッドフォード、この僕、それとベン・バーナンキって名前の人)。

But Ezra didn’t challenge Coburn on the claim about spending cuts; why don’t we look at what Sweden has actually done, as opposed to the official right-wing line? Look, in particular, at actual government consumption ― purchases of stuff. Here’s Sweden versus the United States, from Eurostat:
だが、エズラは支出削減をしているというコバーンの主張を問いただしてはいない。何で我々は右翼側の公式見解に反し、スウェーデンが実際に行っていることを見れないのかな? 特に実際の政府支出――資材の購入――を見てくれ。これがユーロスタットから取ったスウェーデンとアメリカのデータ:

051612krugman1-blog480.jpg

Somebody has been practicing harsh spending-side austerity ― and it’s not Sweden.
支出面から見て厳しい緊縮政策を取っている国はある――そして、それはスウェーデンじゃない。
スポンサーサイト

Catastrophic Credibility/June 2, 2012, 4:58 AM

Catastrophic Credibility 破滅的な信頼性

A little while ago Ben Bernanke responded to suggestions that the Fed needed to do more ― in particular, that it should raise the inflation target ― by insisting that this would undermine the institution’s “hard-won credibility”. May I say that what recent events in Europe, and to some extent in the US, really suggest is that central banks have too much credibility? Or more accurately, their credibility as inflation-haters is very clear, while their willingness to tolerate even as much inflation as they say they want, let alone take some risks with inflation to rescue the real economy, is very much in doubt.
少し前、ベン・バーナンキは、FRBが更なる行動をとるべきだとする提案――具体的には、インフレターゲットの目標値を引き上げること――に反論して、それにより「苦労して勝ち取った信頼性」が損なわれることになると主張した。言わせてもらうが、最近のヨーロッパや、ある程度まではアメリカでも、そこで起こっていることが本当に示しているのは、中央銀行があまりにも信頼性を持ちすぎてるってことじゃないの? あるいは、もっと正確に言えば、こういったインフレ嫌いとしての信頼性は非常に明白なものである一方、実体経済を回復させるためにインフレのリスクを取るのはもちろんのこと、彼等が望ましいと言う程度のインフレ率でさえ進んで許容しようという意思を持っているのかは非常に疑わしい。

Yesterday I pointed to the German breakeven, a measure of euro area inflation expectations, which has plunged lately. Here’s a longer view:
昨日、僕は、ユーロ圏の予想インフレ率の測度である、ドイツのブレーク・イーブン・レートのことを指摘した。これは長期的視点から見たもの:

060212krugman1-blog480.jpg

Note the peak in April 2011. It wasn’t very high; slightly above the ECB’s target, but arguably still too low to make the needed adjustment within the euro area feasible. Nonetheless, the ECB raised rates ― and that was when the euro really began falling apart. The direct effects of the rate increase can’t explain that unraveling, but the effect on expectations ― aha, so they really are that fanatical about price stability! ― can.
2011年4月のピークに注目してほしい。それはすごく高いわけじゃなかった。ECBの目標よりも少し高いが、ユーロ圏で必要な調整を実現可能なものにするにはおそらくそれでも低すぎる。にもかかわらず、ECBは利子率を引き上げた――そして、その時からユーロが崩壊し始めた。利子率上昇の直接的な効果ではその破綻を説明できないが、期待の効果――ははっ、あいつらどんだけ物価の安定に粘着してんだよ!――を考慮するとそれが可能だ。

Now the breakeven is plunging. I’d like to think that the ECB is holding frantic meetings and planning to announce a surprise sharp rate cut, preferably to zero, the day after tomorrow. But I doubt it. The fact is that the ECB is highly credible: most observers, me included, are quite sure that it is totally allergic to inflation and relatively indifferent to the collapse of the real economy.
今、ブレーク・イーブン・レートは低下している。ECBが緊急会議を開いて、驚くほど大幅な利下げ発表、望むべくは明後日にでもゼロ金利にするのを計画していると考えたいものなんだが。でも、それは疑わしい。実のところ、ECBは非常に信頼できる:僕を含むほとんどの観察者は、ECBがインフレにはすごくアレルギーを持っているのに、それと比べると実体経済の崩壊には無関心だと確信している。

The Fed has conveyed a milder form of the same message, issuing forecasts that show inflation slightly below target and unemployment far above target; given its dual mandate, this should be a flashing siren calling for more action. Yet these forecasts have been accompanied by statements to the effect that no action is currently called for. The Fed has therefore created the credible expectation that it will move only if inflation is far below the claimed target, and doesn’t really care about unemployment.
FRBは、目標値よりはちょっと下のインフレ率と目標値よりはるかに上の失業率の予測を公表することにより、同じメッセージをマイルドな形で伝えている。二重の責務(dual mandate)を考えると、これは更なる行動を求める緊急サイレンが鳴っていると見るべきだ。だが、その予測には、現在のところ更なる行動の必要性は認められないという趣旨の文言が添えられてある。それゆえ、FRBは、インフレ率がその目標値よりずっと低い場合にのみ、行動を開始するという信頼できる予想を作り出してしまっている。

My earnest hope is that both central banks will rethink the meaning of credibility, and in particular what kind of credibility they really want to have, very soon. And by very soon I basically mean tomorrow.
僕の切なる希望は、この両中央銀行が信頼性の意味、具体的に言えば、彼等が本当に望んでいるのはどういう信頼性のことなのかを今すぐ考え直してくれることだ。あと、僕の言う今すぐにってのは、明日にでもってことだぞ。

Debt and Growth in the G7/December 26, 2011, 9:40 AM

Debt and Growth in the G7 G7の債務と成長

I’ve written fairly often about the often-cited Reinhart/Rogoff claim that terrible things happen to economic growth if the ratio of debt to GDP exceeds 90 percent. It’s a claim that has been pretty thoroughly debunked – yet it continues to circulate among Very Serious People as a known fact. Anyway, I was looking at some debt data, and thought that it might be useful to look at debt of the major advanced economies since World War II, and see what gets picked out by the 90 percent criterion.
僕は、GDPに対する債務の比率が90%を超えると恐ろしいことが起こるという内容のよく引用されるラインハート/ロゴフの論文についてかなり書いてきた。その論文の主張はすっかり本質が暴露されてしまっている―だが、今でもVery Serious People(すごくまともな人々)の間ではよく知られた事実として流布し続けている。ともかく、僕はいろいろな債務のデータを見ている中で、第二次世界大戦以来の主要な先進国の債務に関するデータを見て、その90%の基準に分類される国を調べることが有益なんじゃないかと考えた。

So here’s the debt/GDP ratios of the G7 countries since 1946, together with a line representing the famous 90 percent threshold. What do we see?
そこで、以下に1946年以来のG7の債務/GDP比を有名な90%の閾値を表す線と一緒に示しておく。何が見えるだろうか?

122611krugman1-blog480.jpg

The answer is that the >90 club consists of the English-speaking nations in the immediate aftermath of World War II, Britain for a longer postwar stretch, Italy since the late 80s, Japan since the mid-90s, and a couple of years in Canada.
答えは、第二次世界大戦の直後には、90%以上クラブは英語圏の国で構成されているということであり、イギリスは戦後かなり長期間にわたり、イタリアは80年代後期、90年代中期以来の日本、そしてカナダが数年ということだ。

And what do we know about those episodes? The English-speaking economies contracted in the years immediately after the war, not because of debt, but because Rosie the Riveter went back to being a housewife. Italy and Japan both experienced sharp growth slowdowns before their debt went so high, and you can make a strong case that slow growth caused high debt, not the other way around.
そして、これらのエピソードについて分かっていることと言ったら? 英語圏の経済は戦後すぐの数年間収縮したが、それは債務のためではなく、銃後の女性が主婦に戻ったからだ。イタリアと日本はともにその債務が非常に高くなる前に急激な成長率の鈍化を経験したのだから、成長率の鈍化が高い債務率を引き起こしたのであり、逆ではないという十分強固な論拠になる。

So this really looks like a case of spurious correlation – not that this will have any influence on the people who seized on this correlation because it confirmed their preconceptions.
だから、その相関は極めて怪しいもののように見える―この相関は彼らの先入観を確信させてくれるものなので、それにしがみついている人々にはいかなる影響も与えないだろう。


翻訳の感想:アメリカにVery Serious People(すごくまともな人々)がいて、イギリスにUnduly Influential Voices(はなはだしく影響のある声)がいる。そして日本にSerious World People(まともな世界の人々)がいる。ソース

Macroeconomic Folly/August 2, 2011, 9:51 AM

Macroeconomic Folly マクロ経済学的愚行

All of a sudden, people seem to have noticed that policy is moving in exactly the wrong direction. We’re getting headlines like this: Debt Deal Puts U.S. on Austerity Path as Economy Falters.
突如として、人々は、政策が明らかに間違った方向に向かっていることに気づき始めているように思う。こんな見出しを見かけるようになってきている:債務法案は経済のつまずきとなる財政緊縮策に向かう。

I’ll need to write up my thoughts here at greater length, but let’s just say for now that what we’ve witnessed pretty much throughout the western world is a kind of inverse miracle of intellectual failure. Given a crisis that should have been relatively easy to solve ? and, more than that, a crisis that anyone who knew macroeconomics 101 should have been well-prepared to deal with ? what we actually got was an obsession with problems we didn’t have. We’ve obsessed over the deficit in the face of near-record low interest rates, obsessed over inflation in the face of stagnant wages, and counted on the confidence fairy to make job-destroying policies somehow job-creating.
私はじっくりと腰をすえてこの問題についての考えを書き上げる必要があるが、今のところとしては、私が証言してきた、欧米世界の至る所での知的失敗の逆奇跡について言っておくことにする。比較的に解決するのはたやすい危機―そして、それ以上のものでも、初等マクロ経済学を学んだものなら誰でも対処する準備ができているはずの危機―が起こった時、実際に、我々が採った行動は懸案の問題ではないものに執着することだった。我々は近年まれな低利子率でありながら、財政赤字に執着した。我々は賃金が停滞する中、インフレに執着した、そして、雇用破壊的な政策をどのようにしてか雇用創出的にしてくれるという信頼の妖精を当てにしすぎた。

It’s a disaster ? and maybe not only an economic disaster.
これは災厄だ―そして、たぶん、経済的な災厄にとどまるものではない。

Fears of far-right rise in crisis-hit Greece
危機が直撃しているギリシアで極右が増大する恐れ

ATHENS, Greece ? They descended by the hundreds ? black-shirted, bat-wielding youths chasing down dark-skinned immigrants through the streets of Athens and beating them senseless in an unprecedented show of force by Greece’s far-right extremists.
ギリシア、アテネ―何百という集団が町に繰り出している―黒シャツでバットを振り回した若者がアテネの通りで褐色の肌の移民を追い掛け回し、打ちのめすという前例のない暴力行為がギリシアの極右過激派によって行われている。

In Greece, alarm is rising that the twin crises of financial meltdown and soaring illegal immigration are creating the conditions for a right-wing rise ? and the Norway massacre on Monday drove authorities to beef up security.
ギリシアでは、金融的メルトダウンと急上昇する移民との二重の危機が、右翼を増加させる状況を作り出しているため、不安が増大している―そして月曜日のノルウェーでの大量虐殺もあり、当局は治安維持を強化している。

The move comes amid spiraling social unrest that has unleashed waves of rioting and vigilante thuggery on the streets of Athens. The U.N.’s refugee agency warns that some Athens neighborhoods have become zones where “fascist groups have established an odd lawless regime.”
アテネの街中での暴動や自警団による暴力という抑えの利かない広がりとなっているこの動きは、スパイラル的に悪化する社会的な不安から来るものだ。国連難民高等弁務官事務所はアテネ近郊のいくつの場所で、「ファシストグループが奇妙な無法地帯を作り出している」と警告している。


Got that 30s feeling, all the way.
あの1930年代の感覚がはるばるとやってきた。

Get Them From The Greeks/July 17, 2011, 2:32 PM

Get Them From The Greeks ギリシアとは区別しろ

I’ve complained a lot about the Hellenization of our economic discourse ― the insistence, in the teeth of evidence, that America is just like Greece in budget terms. Now comes Lindsey Graham to promote the fallacy. So let’s talk, again, about why it’s nonsense.
私は何度もわが国の経済議論のヘレニズム化に不平を述べてきた―証拠に反した、その典型例が、アメリカは予算問題に関してギリシアとそっくりであるというものである。今、リンゼー・グラハムがこの誤謬を煽っている。だから、再び、それがなぜでたらめなのか語らせてほしい。

Here are net debt levels as a percentage of GDP; source here. Just to forestall the objections, these reflect all levels of government, not just federal:
ここでGDPに占める純債務の水準を示す。ソースはこれ。反論に先回りしておくが、これは国だけでなく各種地方自治体レベルも含んだものであり、連邦政府だけのものではない:

071711krugman1-blog480.jpg

So the US has much less debt than Greece. Also worth noting is the pattern over time. Greece ran up debt relative to GDP at a fairly good clip even during good times, while the United States ― despite the Bush administration’s best efforts ― did not. So America does not have a comparable record of sustained fiscal irresponsibility; we’ve only developed large deficits in response to the crisis, which happens to be exactly when we should be running large deficits.
このように、アメリカの債務はギリシアよりもずっと少ない。このパターンはずっと続いているものであることも言っておく価値がある。ギリシアは、好景気の時ですら、GDPに比較してかなり急速に債務を積み上げている。一方、アメリカは―ブッシュ政権の最高の努力にもかかわらず―そうではない。だから、アメリカには持続的な財政的無責任について、ギリシアと比較できる様な記録はない。我々は危機の影響のために巨額の財政赤字を出してしまっただけであり、それは、まさに我々が巨額の財政赤字を出すべき時であった。

And that’s not even to get into the issue of us having our own currency.
そして、これには、我々が自身の通貨を持っているという問題を考慮に入れてさえいないのである。

One more thing: even if you believe, despite all this evidence, that we resemble Greece, what does that say? Fiscal austerity in the face of a depressed economy does little to improve your long-run debt position, and may even hurt it. One thing the advocates of austerity never mention is that it isn’t working anywhere right now. Remember how Ireland’s early and savage turn to austerity was supposed to reassure markets and bring borrowing costs down?
さらにもう一つ:もしあなたが、あらゆる証拠に反して、我々がギリシアと似ていると考えるなら、それは何を意味するのか? 不景気に直面しての財政緊縮策は、長期的な債務状況をほとんど改善することにならないし、それを傷つける可能性すらある。財政緊縮策の提唱者が言わないことの一つが、現在、それはあらゆる場所で機能していないということだ。アイルランドが素早く残忍な財政緊縮策へ転換したことが、どれだけ市場の不信を取り除き、借り入れコストを引き下げると考えられていたかを思い出してほしい。

Steve Benen has it right here:
Steve Benenは正しくも、次のように述べる:

If Graham sincerely believes his own rhetoric, he has no idea what he’s talking about. If Graham is just playing some kind of cynical game, he’s a hack.
もしグラハムが彼のレトリックを心から信じているなら、彼は自分の話している事が分かっていない。もしグラハムが皮肉なゲームを楽しんでいるだけなら、彼は三文文士だ。


I vote for both.
私はその両方だというのに賛成だ。


翻訳の感想:Lindsey Grahamは、共和党の上院議員。
Hellenizationは、元の意味は、ギリシアのマナーや文化を採用する事。ギリシア危機以来、欧米では財政赤字が何でもギリシアに結び付けられて批判されるようになっていることを皮肉ったもの。


追記:「これはあらゆるレベルの政治機構を反映したものであり」を「これは国だけでなく各種地方自治体レベルも含んだものであり」に差し替え。
CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。