スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bubblephobia and Monetary Policy/November 23, 2013, 8:42 am

Bubblephobia and Monetary Policy バブル恐怖症と金融政策

How do you know that monetary policy is too loose? The textbook answer is that excessively expansionary monetary policy shows up in rising inflation; stable inflation means money is neither too loose nor too tight. This answer has, however, come under challenge from both sides. One side — the side I’m on, and I’m pretty sure the side Janet Yellen is on, says that at low inflation rates this rule breaks down: the Phillips curve isn’t vertical, even in the long run, at low inflation (perhaps thanks to downward nominal wage rigidity), so stable inflation at a low level is consistent with an economy operating well below potential.
金融政策が緩和しすぎってどうすれば分かるのか? 教科書的な答えでは、過度に拡張的な金融政策はインフレの急上昇を招く。つまり、インフレ率が安定しているなら貨幣は緩和しすぎでもなければ、引き締めすぎでもないということになる。しかしながら、この答えは双方向からの挑戦に会っている。一方の側が主張するには――僕が属している立場で、きっとジャネット・イエレンもこっち側だ――低インフレ率の下では、この法則は成り立たなくなる:低インフレ率では、フィリップス曲線は長期的にも垂直でなくなるので(おそらくは名目賃金の下方硬直性のため)、低水準での安定的なインフレ率と潜在成長率を下回った経済とは矛盾しないことになる。

But there’s a critique from the other side that seems to be gaining a lot of traction with central bankers not named Janet Yellen — namely, the notion that if asset prices are rising, and that this might signal a bubble, it’s time to tighten, even if inflation is low or falling.
だが、ジャネット・イエレンという名前でない中央銀行家の間で大きな影響力を持っているらしいもう一方の側からの批判がある――すなわち、資産価格が上昇しているなら、それはバブルのシグナルかもしれないので、インフレ率が低いか下落しているとしても、金融引き締めに入るべきだという考えだ。

As Simon Wren-Lewis points out, the Swedish Riksbank has gone all in on this doctrine — a decision that isolated my former colleague Lars Svensson (one of the people who warned long ago about the dangers of a liquidity trap), and led to his departure. The picture is really quite amazing:
サイモン・レン-ルイスが指摘しているように、スウェーデン国立銀行(リスクバンク)は完全にこの方向に進んでいる。その決定が僕の以前の同僚であるラース・スヴェンソン(ずっと前から流動性の罠の危険性について警告した人々の内の一人)を孤立させ、彼の退任につながった。この図は本当に驚くべきものだ:

112313krugman1-blog480.png

The Riksbank raised rates sharply even though inflation was below target and falling, and has only partially reversed the move even though the country is now flirting with Japanese-style deflation. Why? Because it fears a housing bubble.
リスクバンクはインフレ率が目標値以下であり、なお下落していたのに利子率を急激に引き上げた。そして、その国が現在日本型のデフレに向かっているのに、政策の方向転換は部分的なものに留まっている。なぜか? 住宅バブルへの恐れのためだ。

This kind of fits the H.L. Mencken definition of Puritanism: “The haunting fear that someone, somewhere, may be happy.” But here’s the thing: if we really are in the Summers/Krugman/Hansen world of secular stagnation, things like this are going to happen all the time. The underlying deficiency of demand will call for pedal-to-the-medal monetary policy as a norm. But bubbles will happen — and central bankers, always looking for reasons to snatch away punch bowls, will use them as excuses to tighten.
これはH.L.メンケンの清教徒主義の定義そのものだ:「どこかで誰かが幸せになっているのではないかという恐怖」。だが、ここで問題がある:もし我々が本当にサマーズ/クルーグマン/ハンセン型の長期停滞の最中にあるのなら、このようなことは常に起こる。根底にある需要不足により全速力での金融政策が常態になる。だが、バブルはいつか発生するものだ――そして、常にパンチボウルを取り上げる理由を探している中央銀行家はそれを引き締めの口実に使うだろう。

One last point: Isn’t Sweden a sort of liberal’s ideal? Not on monetary policy. In America, right-wingers get their ideas about both aid to the poor (end it) and monetary policy (gold!) from Ayn Rand, so hard money and hatred of the welfare state go hand in hand. In Europe, the connection is less clear-cut.
最後に一点:スウェーデンはリベラルにとっての理想じゃなかったの? 金融政策に関しては、それは違う。アメリカでは、右翼は貧しい人への援助(廃止しろ)と金融政策(金貨だ!)に関してのアイデアの両方をアイン・ランドから得ているので、金本位制と福祉国家への敵意は手に手を取って進んできた。ヨーロッパではこのつながりはそれほど明白なものではない。


後書き:リスクバンクとスヴェンソンに関してはこちらを。それにしてもすごく旧日銀ぽいな。
スポンサーサイト

Of Cockroaches and Commissioners/March 6, 2013, 3:54 am

Of Cockroaches and Commissioners ゴキブリと委員の中で

030613krugman1-blog480.png

Kevin O’Rourke points me to the FT’s Brussels blog, which passes on the news that various officials at the European Commission are issuing outraged tweets against yours truly. You see, I’ve been mean to Olli Rehn.
ケヴィン・オルークが指摘してくれたのだが、FT’s Brusselsブログで欧州委員会(EC)の様々な政府当局者がこの僕に対して怒りをぶちまけるツイートをしているというニュースが載っている。そう、僕のオッリ・レーンについての記事に関して。

And the EC response perfectly illustrates why I do what I do.
そしてECの反応は完全に僕の目論見どおりだ。

What you would never grasp from those outraged tweets is that all my criticisms have been substantive. I never asserted that Mr. Rehn’s mother was a hamster and his father smelt of elderberries; I pointed out that he has been promising good results from austerity for years, without changing his rhetoric a bit despite ever-rising unemployment, and that his response to studies suggesting larger adverse effects from austerity than he and his colleagues had allowed for was to complain that such studies undermine confidence.
これらの怒りのツイートから分からないことは、僕の批判は全て実体があるということだ。僕はレーン氏の母がハムスターだとか、彼の父がニワトコの実の臭いがするとか主張していない。僕が指摘しているのは、彼が何年も緊縮財政によってすばらしい結果になると約束してきたにもかかわらず、失業率が上昇し続けているのに、レトリックを少しも変えようとしてないということ。そして、緊縮財政の負の効果は彼や彼の同僚が見込みよりずっと大きいことを示す研究に対する彼の反応は、それらの研究が信頼を損ねると不平を言うだけだ。

It’s telling that what the Brussels blog calls a “particularly nasty attack” was in fact a summary of Paul DeGrauwe’s work indicating that European austerity has been deeply wrong-headed, in the course of which I quoted Mr. Rehn asserting, once again, that old-time austerian faith.
FT Brusselsブログが「特に辛らつな攻撃」と呼ぶものは、ヨーロッパの緊縮財政が酷く頭の悪いものであることを示したポール・デクラウエのサマリーの中で、レーン氏がまたしても昔ながらの緊縮派の信念を吐露しているのを僕が引用しているところであるのは興味深い。

Now, it’s true that I use picturesque language — but I do that for a reason. “Words ought to be a little wild”, said John Maynard Keynes, “for they are the assault of thoughts on the unthinking.” Exactly.
僕が一風代わった言葉を使うというのはその通りだ――でも、それには理由がある。ジョン・メイナード・ケインズは「言葉は少しワイルドであるべきだ」と言った、「それは何も考えていない人に対して思考を強いる。」その通り。

Kevin O’Rourke refers to the “cocooned elites in Brussels”, which gets to the heart of the matter. The dignity of office can be a terrible thing for intellectual clarity: you can spend years standing behind a lectern or sitting around a conference table drinking bottled water, delivering the same sententious remarks again and again, and never have anyone point out how utterly wrong you have been at every stage of the game. Those of us on the outside need to do whatever we can to break through that cocoon — and ridicule is surely one useful technique.
ケヴィン・オルークは「ブリュッセルの繭にくるまれたエリート」に語っているが、それは問題の本質を突いている。組織の尊厳は知的明晰さにとって恐ろしいものになりうる:講義台の後方に立って、あるいはボトルに入った水を飲みながら会議室のテーブルに座って、何度も何度も同じお説教が繰り返される。そして、このゲームのあらゆる段階で完全に間違っていたと指摘するものなど誰もいないということになる。外部の我々はこの繭を破るためにできることは何でもやる必要がある。そして、あざけりは間違いなく有効なテクニックの一つだ。

There’s an especially telling tweet in there about how “unimpressive” I was when visiting the Commission in 2009. No doubt; I’m not an imposing guy. (I’ve had the experience of being overlooked by the people who were supposed to meet me at the airport, and eventually being told, “We expected you to be taller”). And for the life of me I can’t remember a thing about the Commission visit. Still, you can see what these people consider important: never mind whether you have actually proved right or wrong about the impacts of economic policy, what matters is whether you come across as impressive.
2009年に欧州委員会を訪問した時の僕がいかに「パッとしなかった」ことに述べたツイートは特に興味深い。それは間違いない。僕は人目を引くほうじゃない(僕は空港で会う予定だった人に素通りされたあげくに、こう言われたことがある「あなたはもっと背が高いかと思ってましたよ」)。欧州委員会を訪問したときのことはどうにも思い出せない。でも、これらの人々が何を重要と思っているかはよく分かる:経済政策の影響について正しいか間違ってるかなんてどうでもいい、重要なのはその人が魅力的かどうかだ。

And let’s be clear: this stuff matters. The European economy is in disastrous shape; so, increasingly, is the European political project. You might think that eurocrats would worry mainly about that reality; instead, they’re focused on defending their dignity from sharp-tongued economists.
はっきりさせておこう:このことは大切だ。ヨーロッパの経済は破滅的な状態にある。ヨーロッパの政治的なプロジェクトについてもますますそうなりつつある。あなたは、EU官僚が主にその現実について心配していると考えているかもしれない。でも、その代わりに、彼らは毒舌経済学者たちから自らの尊厳を守るのに精一杯だ。

Slump And Circumstance/August 16, 2012, 6:51 AM

Slump And Circumstance 不況と状況

The New Statesman had a good idea — it went to 20 British economists who signed a letter back in early 2010 calling for immediate austerity and asked them whether they still supported the Osborne policies now that Britain is in double-dip recession. Only one of those who replied said yes, while nine urged Osborne to reconsider his opposition to stimulus.
The New Statesman誌の面白いアイデア――2010年早期に即座の緊縮財政を要求する書簡にサインした経済学者のところへ行って、イギリスが二番底の景気後退に陥る中で、今でもオズボーンの政策を支持するのか尋ねてみた。その中のたった1人だけがイエスと答えた一方、9人がオズボーンは景気刺激策に反対してることを再考すべきだと主張した。

Good on them. I was, however, disappointed to see so many of the prodigal economists asserting that they were responding to changed circumstances rather than admitting that they simply got it wrong.
よくやった。でも、僕がガッカリしたのは、その放蕩経済学者の多くが素直に過去の過ちを認めずに、状況の変化への反応だって主張してること。

For circumstances really haven’t changed; the UK had a depressed economy then, and it still does now. Fiscal austerity while the economy is depressed, and in particular when conventional monetary policy has reached its limits, was an obviously bad idea from day one. Not to put too fine a point on it, what I was writing about austerity back in 2010 looks just fine a couple of years later.
だって、状況は全然変わってないんだから。イギリス経済はその時も落ち込んでいたし、今だってそう。経済が落ち込んでいる中での緊縮財政は、特に伝統的な金融政策が限界に達している時には、始めから明らかに酷いアイデアなんだ。ありていに言えば、2010年に僕が緊縮財政について書いたことは、数年たった今でもまったく問題なく見える。

The fact of the matter is that the austerians chose to throw basic macroeconomics out the window. And that, not failure to anticipate negative surprises, is where they went wrong.
実際のところ、緊縮派は基本的なマクロ経済学を窓の外に放り出すことを選択した。そのネガティブ・サプライズを予想できなかったのは、彼らが間違った方向へ向かった結果だ。

ECB Death Wish/July 5, 2012, 3:53 PM

ECB Death Wish ECBの死の願望

Can the euro be saved? It’s not easy. I think of the euro problem as involving three layers: troubled banks, overlaid on troubled sovereign debt, overlaid on a deep problem of competitiveness created by runaway capital flows between 2000 and 2007. Saving the thing requires credible bank rescue, sufficient intervention in Spanish and Italian bonds to keep yields manageable, and high enough inflation in Germany that the south doesn’t face an impossible need for deflation.
ユーロを救うことはできるのか? それは簡単なことではない。僕はユーロの問題を三層構造で考えている:銀行の問題、その下にソブリン債の問題、その下に2000年から2007年にかけての資本流入の殺到によって生まれた深刻な競争力の問題がある。それを切り抜けるためには信頼できる銀行救済策とスペイン国債とイタリア国債の利回りを維持可能なものにするのに十分なほどの介入、そして南ヨーロッパが実現不可能なデフレの必要性に直面しないですむほど十分に高いドイツのインフレが必要になる。

I don’t expect Europe to accept the whole program all at once. But just to keep the crisis from exploding, we need enough movement from policy makers to give hope that a solution is coming, and reassure markets.
僕はヨーロッパがこれらの全プログラムを今すぐに受け入れるとは期待してない。だが、危機を暴発させないためにも、政策立案者は十分な行動をとることにより、解決策が間近に迫っているという希望を与えて、市場の不安を取り除く必要がある。

So what did the ECB do today? The minimal amount. Even in Frankfurt I guess they realized that not cutting rates at all would have meant full-blown crisis right away; but there was no effort to get ahead of the curve, no message about more to come.
それでECBは今日何をした? 最低限のことだ。フランクフルトの連中ですら、まったく利子率を下げないということが即座の本格的な危機を意味することを理解していたんだと思う。だが、先を見越して進んでいく努力もなければ、更なる行動があるというメッセージもない。

And sure enough, bond yields are moving back into meltdown territory.
そして案の定、国債利回りはメルトダウンの領域に逆戻りしている。

The euro could be saved. I’m really doubting whether it will.
ユーロを救うことはできる。それが本当に救われるかどうかとなると大いに疑わしい。


後書き:スペイン10年物国債利回り
070712krugman1-blog480.jpg

Peripheral Performance/June 14, 2012, 8:57 AM

Peripheral Performance 周縁国のパフォーマンス

Responding to reader requests, from Eurostat. And no, I don’t know anything about Lithuania, which for some reason doesn’t seem to be on anyone’s radar:
読者のリクエストにお答えして、Eurostatから。いや、僕はリトアニアについては何も知らないけど、普通に誰が見ても注目に値するようなものには見えない:

061412krugman1-blog480.jpg

By the way, Iceland has a much lower unemployment rate than any of the others.
ところで、アイスランドはその他の国よりもずっと失業率が低い。

Looking at this, would you have expected that Latvia would be lionized as the hero of the crisis?
これ見て、ラトビアがこの危機のヒーローとして担ぎ上げられるなんて想像できてた?


後書き:谷深ければ山高しと。
CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。