スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Dollar and the Recovery (Wonkish)/ FEBRUARY 6, 2015

The Dollar and the Recovery (Wonkish) ドルと景気回復(専門的)

Good news in today’s jobs report, and the dollar shot higher. But a stronger dollar will make US goods less competitive, and act as a brake on further recovery. So how do we think about this? How much of the US recovery will be diffused to other countries via dollar strength and a bigger trade deficit?
今日の雇用統計でいいニュースが入ってきたことで、ドル高が進んだ。でも、ドル高はアメリカ製品の競争力を押し下げ、さらなる景気回復への障害になる。この事についてどう考えればいいのか? アメリカの景気回復は、ドル高と貿易赤字の拡大を通して、他の国にどれだけ放散するのか?

Time for a bit of analytical thinking, which is good for the soul in any case. Not to keep you in suspense, here’s the punchline: the US economy reaps the bulk of the gains from rising demand relative to other countries if and only if that relative rise is perceived by markets as temporary. If it’s seen as permanent – if, say, investors see strong US demand but Europe stuck in secular stagnation – we should expect a strong dollar to undo a lot of the gains.
少し分析的思考に取り組む時が来たようだが、それはどんな場合であれ精神にとっては良いことだ。焦らすつもりはないので、結論はこんなところ:アメリカ経済は、他の国と比べた需要の増加が市場によって一時的なものと認識された場合に、そしてその場合にのみ、相対的な需要の増加から来る利益を得ることができる。もしそれが永続なものと見られるのなら――例えば、投資家がアメリカの需要は堅調である一方、ヨーロッパは長期停滞に陥ると考えるのなら――我々が得た利益の多くはドル高により雲散してしまうことになる。

I could work this out in a fully specified intertemporal model, but I’m not in the mood, and anyway the intuition is the thing; so the full Obstfeld-Rogoffization is left as an exercise for readers.
この事を完全規定異時点間モデルで考えることもできるんだが、今はそんな気になれない。いずれにせよ、その洞察は重要だ:だから、完全なオブスフェルド・ロゴフ化は読者の宿題として残しておこう。

So, let’s start by thinking about an economy in normal times, i.e., not at the zero lower bound (which is squishier than we thought, but still relevant.) It looks like this:
まずは通常時の経済、つまりゼロ下限に陥っていない経済のことを考えてみよう(それは一般的に考えられているよりも頼りないものだが、それでも意味はある)。それはこんな感じになる:

image002.gif

We can think of demand as being determined by an IS curve, with real spending higher the lower the interest rate. What about the exchange rate and the trade balance? Hold off on that for a minute. And in normal times the central bank will adjust the interest rate to stabilize the economy, which for current purposes we can think of as meaning that it achieves full employment.
需要はIS曲線によって決まるものとして考えている。そこでは利子率が低いほど実質支出は高くなる。為替レートと貿易バランスについてはどう考えるか? しばらくその事は置いておこう。通常時なら、中央銀行は経済を安定させるために利子率を調節する。現在の目的の場合、それは完全雇用の維持を意味するものと解釈することができる。

What happens if there is an increase in demand, say because household balance sheets have improved? The IS curve shifts right:
例えば、家計のバランスシートが改善することによって、需要が増加した場合に何が起きるか? IS曲線が右にシフトする:

image004.gif

But if the central bank was doing its job, the economy was already at full employment. So this increase in demand will be reflected not in higher output, but in a rise in interest rates.
だが、中央銀行がその職務を遂行しているとすれば、経済は既に完全雇用の状態にある。そうなると、需要の増加は生産高の増加ではなく、利子率の高騰をもたらすことになる。

Now, open economy: we expect capital flows to equalize expected returns across countries. But the rise in demand initially raises rates in our country but not abroad. So what happens? Our currency rises, which causes a larger trade deficit; demand for domestic goods falls, while demand abroad rises, reducing the gap in interest rates. If the initial shock is perceived as permanent, this process should go all the way: the rise in US demand leads to an equal rise in interest rates around the world, and most of the demand shock is effectively diffused abroad.
今度は開放経済の場合:世界中で予想収益率が均等になるように資本が移動すると考える。でも、当初は、需要の増加は外国ではなく、アメリカの利子率を押し上げる。その時に何が起こる? アメリカの通貨が上昇し、それが貿易赤字を拡大させる。そして国内製品の需要は減少する一方、海外製品の需要は増加して、そのことが利子率のギャップを縮小させていく。もし当初のショックが永続的なものとみなされるのなら、このプロセスの通りに進行していくことになる:アメリカでの需要の増加は世界中の利子率を押し上げ、需要増加の大部分は最終的に外国に放散されてしまう。

Next step: look at the abnormal times we currently live in. Monetary policy is constrained by the zero lower bound, so that we’re below full employment:
次のステップ:我々が現在住んでいる異常な時代を見てみよう。金融政策はゼロ下限の制約によって制限されているので、完全雇用以下の状態にある:

image006.gif

What determines the exchange rate? If expected returns at home and abroad must be equal, and interest rates are zero both at home and abroad, the current exchange rate must equal the expected future exchange rate, which as we’ve seen is tied down by the requirement that the interest rates consistent with full employment be equalized.
何が為替レートを決定するのか? もし国内と外国の予想収益が必ず均等であって、国内と外国の利子率がどちらもゼロだとすれば、現在の為替レートは将来の予想為替レートと等しくならなければならない。そして、先に見たように、完全雇用が成り立つ利子率も等しくなるとする必要条件に拘束されている。

Now consider two pure cases of rising US demand.
今、アメリカの需要の増加を2つの純粋なケースで考えてみよう。

In case #1, everyone sees the relative strength of US spending as temporary – either they see it as a one-time blip that will go away, or they expect the rest of the world to exhibit a similar surge in demand in the not-too-distant future. In that case the dollar doesn’t move, and the bulk of the demand surge stays in the US.
#1のケースでは、すべての人がアメリカの相対的な支出の強さを一時的なものと見る――すぐに消え去る一回限りのものとして見るか、他の国もそう遠くない将来に需要が増加すると予想する。その場合にはドルは動かない。需要増加の大部分はアメリカにとどまる。

In case #2, everyone sees the strength of US spending relative to the rest of the world as more or less permanent. In that case the dollar rises sharply, effectively sharing the rise in US demand more or less evenly around the world. It’s important to note, by the way, that this is not just ordinary leakage via the import content of spending; it works via financial markets and the dollar, and happens even if the direct leakage through imports is fairly small.
#2のケースでは、すべての人がアメリカの他の世界に対する相対的な支出の強さをおおむね永続的なものと見る。その場合には、ドルは急騰し、結果として、アメリカの増加した需要は世界中に分散されることになる。ところで、これが支出に占める輸入を通しての通常の漏出だけはないことに注意しておくのが大切だ。それは金融市場とドルを通して作用するものであり、輸入を通しての直接的な効果がすごく低い場合でも発生する。

So, what’s actually happening? The dollar is rising a lot, which suggests that markets regard the relative rise in US demand as a fairly long-term phenomenon – which in turn should mean that a lot of the rise in US demand ends up benefiting other countries. In other words, the strong dollar probably is going to be a major drag on recovery.
実際に何が起きているのか? ドルはかなり上昇していて、そのことが示しているのは、市場はアメリカの相対的な需要の強さをかなり長期的な現象とみなしているということだ――そうなると、アメリカの増加した需要の大部分は他の国を潤す結果となる。言い換えるなら、ドル高は景気回復にとっておそらく深刻な足かせになるだろう。

後書き:全世界で金融緩和をやったほうがいいということ。
スポンサーサイト

Summers the Shiftless/September 3, 2013, 12:03 pm

Summers the Shiftless シフトなきサマーズ

A few months ago Christy Romer gave an excellent talk on the prospects for monetary policy in a liquidity trap, titled It Takes A Regime Shift (pdf). As many of us have noted, the central bank has very little direct traction when safe short-term rates are at the zero lower bound; maybe it can achieve something by buying lots of unconventional assets (“quantitative easing”), but its main hope of achieving anything is through “expectations management” — convincing both financial markets and players in the real economy that it will hold off much longer on tightening once the economy improves than they currently expect, which will lead to higher expected inflation and demand, and hence higher spending now.
数ヶ月前、クリスティ・ローマーはIt Takes A Regime Shift (レジーム・シフトの必要性)(pdf)というタイトルの流動性の罠にある中での金融政策の展望に関して素晴らしい話を行った。我々の多くが指摘してきたように、安全資産の短期利子率がゼロ下限にある時には、中央銀行はほとんど直接的な牽引力を持たない。ことによると、非伝統的資産を大量に購入すること(「量的緩和」)によって何らかのことはできるかもしれないが、それを達成するための主な望みは「期待を操作すること」――現実の経済で金融市場とそのプレイヤーの両方に、景気が回復しても、現在考えられているより金融引き締めを大幅に延期すると信じさせ、そのことにより予想インフレ率と需要を高め、現在の支出を増加させること――にかかっている。

However, engineering such a change in expectations — what I long ago dubbed a credible promise to be irresponsible — is hard. How do you convince people that the central bank won’t just revert to type, always eager to snatch away the punchbowl, at the first signs of economic improvement?
しかしながら、そうした期待の変化を操作すること――ずっと前に僕は無責任になると信頼を持って約束することと称した――は難しい。どうすれば、景気回復の兆候が見えるやいなやパンチボールを取り下げようとするいつもの中央銀行に戻ることはないと人々に確信させることができるのか?

Romer’s answer is that it takes a “regime shift” — a set of actions that reflect a clear break with the past. FDR achieved such a regime shift in the 1930s by going off the gold standard, and in general by bringing in a, well, New Deal. Shinzo Abe may (the returns aren’t in yet) be achieving something similar simply by talking and acting in such a seemingly un-Japanese way; I suspect that Abenomics is working better than one might have expected precisely because Abe seemed to be such an ordinary Japanese machine politician, until he started moving on economic policy.
ローマーの答えは、それには「レジーム・シフト」――過去と明白に決別する一連の行動――が必要になる。フランクリン・ルーズベルトは1930年代に金本位制を放棄することと一般的にはニューディール政策を導入することによってそのようなレジーム・シフトを成し遂げた。安倍晋三は単に見たところ非日本的な言動によって同じことを達成しようとしているのかもしれない(その結末はまだ分からない)。おそらく、経済政策を実行する前の安倍が典型的な利権政治家に見えたからこそ、アベノミクスは以前考えられていたより上手く行っているんだろう。

This, I think, is the way to read today’s report by Binyamin Applebaum on how the rising odds of a Summers appointment to the Fed is already having a chilling effect on the economy. A Yellen appointment would clearly have represented something new at the Fed — not just because she is, as Garrison Keillor used to say, a person of gender, but also because she has been a strong and consistent monetary dove, and took that position before it was fashionable.
そのことを踏まえて、FRB議長にサマーズが任命される勝算が高まったことによって既に経済に冷却効果を与えているとする今日のビニャミン・アップルボームのレポートを読んでみよう。イェレンの任命は明らかにFRBにとって何か新たなことを意味している――ギャリソン・ケイラーがかつて言ったように、単に彼女が女性というだけではなく、彼女が力強く、一貫した金融ハト派であり、それが流行になる前からそのポジションを取っていたことからも。

Summers, on the other hand, while he often expresses unconventional views when not in office, has a strong tendency to revert to conventionality when in office. And leaving Summers the person on one side, just think of the historical connections: can you imagine a stronger signal that the same old regime is staying in place than choosing a Robert Rubin protege at this late date?
一方、サマーズの方は、政権にいない時にはしばしば非伝統的な見解を表明するが、政権にいる時には伝統派に回帰する傾向が強い。一人の人間としてのサマーズを脇において、歴史的な連続性のことを考えてみよう:この時期になってロバート・ルービンの子分を選ぶことほど、古いレジームは温存されるという強いシグナルを送るものがあるだろうか?

So the apparent decision to appoint Summers is a strong anti-regime-shift signal on Obama’s part.
だから、サマーズを任命するという明白な決断はオバマによる強い反レジーム・シフトのシグナルになる。

Now, we can hope that if Summers actually does get the job, he’ll realize the problem — and realize that he needs to pull his own version of what Abe has pulled off in Japan, saying and doing things that shock people into realizing that he isn’t going to be the conventional-wisdom guy they expected. And this is, in fact, my advice to Summers if he is the guy: don’t spend your first few months being mild-mannered and winning friends. What this economy needs is a monetary shock — and if you don’t do it right away, you probably won’t get a second chance.
今、もしサマーズがその職務に就くのなら、彼がその問題を理解してくれる――そして、安倍が日本でやってのけたこと、想像されているような世間一般の通念に従う男にはならないと人々に悟らせるためのびっくりするような言動を彼も自らの手でやる必要があると理解してくれる――と期待したい。そして、実際に彼が該当者になるのなら、これは僕のアドバイスだ:最初の数ヶ月を控えめに行って、お友達の信頼を得ることに費やすな。この経済が必要としているのは金融的ショックだ――すぐにそれができないなら、おそらく2度目のチャンスはない。

That Terrible Taper/July 7, 2013, 8:27 am

That Terrible Taper 恐怖の引き締め

One of the odd things about the people arguing that we must raise interest rates to head off bubbles — Raghuram Rajan, Martin Feldstein, the BIS, and so on — is the near-universal assertion among this group that just a little rate increase can’t do any real harm. (Just a thin little mint). After all, rates are so low!
バブルを回避するために利子率を上げるべきだと主張する人々――ラグナム・ラジャン、マーティン・フェルドシュタイン、BISなど――について奇妙なことの一つは、ほぼ全世界で、この連中が少しばかりの利子率の引き上げなど何の害もないと主張していることだ。(ちっぽけなミントみたいなもんだと)。結局、利子率はすごく低いんだから!

As I’ve argued, this is a novel economic principle; where else do we argue that demand curves (in this case the demand for investment) are vertical at low prices? But it has occurred to me that it might be helpful to look at what the partial victory of these people — their implicit success in bullying the Fed into talking about tapering despite a still very weak, low-inflation economy — has wrought. Bear in mind that the interest rates that matter most for the economy are not the rates at which the government can borrow, but the rates facing private investors — and above all, mortgage rates, for housing is the most important transmission mechanism for monetary policy. And here’s what we see for mortgage rates since the talk of tapering began:
僕が主張してきたように、これは奇妙な経済法則だ。どこの世界に、低い価格では需要曲線(この場合は投資の需要)が垂直になると主張してるやつがいるのか? そこで、これらの人々がなしとげた部分的な勝利――彼らは脆弱な経済にもかかわらずFRBをいじめて金融緩和の縮小について語らせたことを内心で成功だと思っている――を見ておくことが為になるんじゃないかと考えた。経済にとって重要な利子率は政府の借り入れ利子率ではなく、民間の投資家が直面する利子率――とりわけ、金融政策にとって最も重要な伝達メカニズムである住宅ローンの利子率――であることに留意してほしい。緩和縮小発言があって以来の住宅ローンの利子率がこれ:

070713krugman1-blog480.png

Do you really think that this will have no effect? Really, really?
本当にこれが何の影響ももたらしてないと思うの? 本当に、本気でか?

By the way, I see that some readers imagine that the effects of the taper talk somehow refute my earlier assertions that the rate at which the Fed is buying long-term bonds has little effect on interest rates. But you’re misunderstanding both what I said and what is happening now. My point was always that the direct effects of bond purchases were small, so that anticipated changes in the pace of purchases — like the end of QE2 in 2011 — had minimal effects.
ところで、読者の中には、緩和縮小発言のこの効果が、FRBの長期国債購入は利子率にほとんど影響を与えないという以前の僕の主張への反論になっていると考える人もいるようだ。でも、それは僕が言っていたことも今起こっていることも誤解している。僕の主張は、債券購入の直接的効果は常に小さいということだ。だからこそ、予想された債券購入のペースの変化――2011年にQE2が終わったときのように――は最小限の影響しかなかった。

What’s happening now, however, is that the taper talk has led to a sharp revision of market expectations about the path of short-term interest rates, which the Fed does control. From Gavyn Davies:
だが、今起こっているのは緩和縮小発言が、FRBがコントロールできる短期利子率の先行きに関する市場の予想を急激に変えてしまったことだ。ゲヴィン・デイヴィースの記事から:

070713krugman2-blog480.png

The Fed didn’t mean this to happen; it tried to communicate that it wasn’t changing the path of short-term rates; but this was naive on its part. The Fed can’t really commit to future policy; all it can do is signal its character, and what it ended up doing here was convey the sense that it’s much more inclined to tighten too soon than previously thought.
FRBはこうなると考えていたわけではない。彼らはそれが短期利子率の経路を変えるものではないことを伝えようとしていたが、今度の場合それは浅はかだった。FRBは将来の政策について完全にコミットすることはできない。FRBにできるのは、そのキャラクターを示すことだけだ。そして、今度の場合には、以前考えられていた時期より、ずっと早くに引き締めをしようとしているという感覚を与えるだけに終わった。

So it’s a bad story, all around.
だから、まったくもって酷い話なんだ。

Why Don’t We Have Deflation?/March 5, 2013, 8:59 am

Why Don’t We Have Deflation? なぜアメリカはデフレになっていないのか?

Whenever you see a piece suggesting that the US economy has entered a “new normal” of slow growth, you’re likely to see someone making the argument that if the economy actually had lots of excess capacity, we should be seeing deflation. And the question of why we don’t have deflation is a good one. It is, however, a question that people like me have answered repeatedly; unfortunately, it seems that this analysis hasn’t been making it to, say, a number of current and former Fed officials.
アメリカ経済は低成長という「新たな常態」に突入したと語る記事を目にする時には、それを語っている人物は、もしアメリカ経済に余剰生産力があるのなら、アメリカはデフレになっているはずだと主張している可能性が高い。なぜアメリカがデフレになっていないかというのはいい問いだが、その問いには僕のような人々が何度も答えている。不幸なことに、この分析は過去および現在のFRB当局者のところまで届いていない。

So here’s a restatement of what we think we know. Long-time readers will find this familiar, but as a number of commenters have wisely pointed out, there are a lot of people reading this blog now who weren’t reading it a year or two ago. (We’re adding Twitter followers at around 20,000 a month, which is some indication of the number of newbies).
だから、ここで我々が現在分かっていると思われることについて再び言及しておこう。長年の読者はこのことを熟知しているだろうが、多くの賢明なコメントで指摘されているように、このブログを現在読んでいる人の中でも1,2年前には読んでなかった人がたくさんいる(このブログのツイッターのフォロワーは1月に約2万人ずつ増えているのだが、それが新参者の指標になる)。

OK, first things first: back when the crisis started, I did expect to see deflation, Japanese style, if it went on for an extended period. I was wrong — and I did what you’re supposed to do (but far too people actually do) when they’re wrong, which is to look for an explanation of your error that is consistent with the available evidence.
オッケー、まず一番大事なことを始めに:この危機が始まった時、僕はこれが長期間続くのなら日本型のデフレになると予想していた。それは間違いだった――そして、僕は人が間違えたときにやるだろうと思われることをやった(でも、そうしてしまう人は実際あまりにも多い)。利用可能な証拠と矛盾しない形でその間違いを説明できないか探ってみた。

One immediate thing to look at was to see whether what was happening to inflation in the United States was consistent with historical experience of deep slumps that we know involved the economy operating well below capacity for an extended period. And it turned out that the Japanese deflation (which has never been very fast in any case) is pretty much unique. The IMF looked at Protracted Large Output Gaps — PLOGs — and found that in general inflation gets squeezed toward, but not below, zero:
まず、アメリカ経済でそのとき起こっていたことが長期間にわたり潜在成長力以下で動いていたと分かっている深刻な不況の歴史的経緯と矛盾しないのか調べてみた。そして日本型のデフレは極めてユニークなものであることが分かった。IMFはProtracted Large Output Gaps(PROGOs)を精査して、一般的にインフレは圧縮されることはあってもゼロ以下にはならない:

030513krugman1-blog480.png
And our own history actually points in the same direction: the 1930s were marked by sharp deflation in the early years, but considerable inflation as the economy partially recovered, even though unemployment remained very high.

そしてアメリカの歴史も同じ方向を示している:1930年代は初期には急速なデフレが顕著だったが、経済が部分的に回復すると、失業率はまだ非常に高かったにもかかわらず、そこそこのインフレになった。

So inflation seems “sticky”. But why? One immediate thought was that we might be looking at the effects of downward nominal wage rigidity: employers are very reluctant to engage in actual wage cuts. Way back in 1996 Akerlof, Dickens and Perry suggested that this would make inflation stubborn at low rates, breaking the usual link between high unemployment and disinflation.
つまりインフレは「粘着的」なようだ。でも、どうして? まず思いつくのは、名目賃金の下方硬直性の影響を考えることだ。実際、雇用主は名目賃金を下げるのにすごく抵抗を持つ。1996年に、アカロフ、ディケンズ、ペリー論文で、このことが高失業率とディスインフレの通常のつながりを崩壊させ、低率でのインフレを頑固なものにすることが示された。

Still, how can you tell if sticky inflation reflects sticky wages, as opposed to being the result of an economy that really doesn’t have very much slack? The answer is that sticky wages should leave a “signature” in the wage data: a large number of workers whose wages neither rise nor fall, and a rising number of such workers as the economy slumps. Sure enough, researchers at the San Franciso Fed found exactly that:
だが、粘着的なインフレは粘着的な賃金を反映したものであって、経済に重大な供給過剰など存在しない結果ではないとどうすれば分かるのか? その答えは、それが粘着的な賃金の場合には賃金データにその「証(あかし)」を残すということだ。賃金が上がりも下がりもしないたくさんの労働者がいて、経済が下降するとそのような労働者が増加することになる。案の定、サン・フランシスコ連邦準備銀行の研究でまさにその通りのことが証明された:

030513krugman2-blog480.png
030513krugman3-blog480.png

Actually, once you start looking for it, downward nominal rigidity is everywhere. For example, Catherine Rampell had a great piece pointing out that starting salaries at elite law firms have been frozen at precisely $160,000 for years:
実際、いったん賃金の下方硬直性を探せば、それはあらゆる場所で存在する。例えば、キャサリン・ランペルは、エリート法律事務所の初任給が数年間にわたりピタっと年収16万ドルで凍りついているというすばらしい記事を書いている:

030513krugman4-blog480.png

The bottom line is that we have a lot of evidence suggesting that the failure of deflation to materialize reflects wage rigidity, not absence of economic slack. And it is therefore frustrating to see supposedly well-informed people talk about this issue as if none of that work had been done.
結論としては、デフレが現実のものにならなかったのは経済に供給過剰が存在しないからではなく、賃金の硬直性のためであることを示す証拠が数多く存在する。だからこそ、知識を持っているはずの人々がこれらの研究をまるで存在しないかのようにこの問題を語っているのを見るのはイライラさせられる。

Stanley and the Crazies/February 17, 2013, 9:16 am

Stanley and the Crazies スタンレーとキチガイ組

Dylan Matthews has an interesting piece suggesting that Stan Fischer might become our next Fed chairman. Fischer would indeed be highly qualified (as would Janet Yellen or Christy Romer, to name two other obvious candidates). But Matthews also suggests that Fischer might have a leg up in the confirmation process, because he has been a highly successful governor of the Bank of Israel who worked well with Netanyahu.
ディラン・マシューズが、次のFRB議長にスタン・フィッシャーが就くかもしれないという興味深い記事を書いている。たしかにフィッシャーは大いにその資格がある(ジャネット・イェレンやクリスティ・ローマーという他の二人の候補者と同じくらい)。だが、マシューズは、フィッシャーがネタニヤフと協力してイスラエル銀行の議長として多大な成果を挙げたことが、認証プロセスの中で有利になるかもしれないとも書いている。

I think this is fantasizing; Matthews is failing to face up to the deep monetary craziness of the modern GOP.
それはファンタジーだと思う。マシューズは現代共和党の深刻なキチガイ金融理論を捉えきれてない。

You have to bear in mind that the party’s intellectual leaders are people who have spent the past four years expecting hyperinflation any day now. Two years ago they lectured Ben Bernanke on how terrible it is to “debase” your currency. And of course the utter failure of their predictions hasn’t changed their minds a bit.
その政党の指導者たちが、ここ4年間どんな時も常にハイパーインフレを予想し続けてきた連中だということを押さえておく必要がある。2年前、彼らはバーナンキに通貨を「堕落」させることがどんな恐ろしいことか説教をたれていた。そして、もちろん、その予言は完全に外れ続けているのに、彼らは考えをまったく変えようとしない。

So here comes Stan Fischer, who says
ここでフィッシャーの登場だ。彼は言う

I still think Keynesian economics is extremely important, and if anybody didn’t think so, this crisis should have made them rethink.
私は、ずっとケインズ経済学が非常に重要だと考えてきた。もしそう考えない人がいるんだったら、今度の危機を契機にそれを考え直しておくべきだった。


which is actually a double insult — both praise for Keynes and the suggestion that one should rethink one’s views in the face of experience, which are both anathema to the Ryanoids.
それは実際二重の侮辱になっている――ケインズを賞賛し、現実に合わせて持論を再考するべきだったと提唱している。どちらもライアン主義者にとっては大嫌いなことだ。

And as head of the Bank of Israel, his signature achievement was a large debasement — sorry, depreciation — of the currency, which insulated the nation from the crisis and was achieved through huge purchases of foreign exchange:
そして、イスラエル銀行のトップとしての彼の重要な業績とは、通貨を堕落――ごめん、減価だった――させたことだ。それにより、その国はこの危機の影響を遮断できたのだが、それは外貨の大量購入という手段によって達成された:

021713krugman1-blog480.png

This is actually a form of quantitative easing (as well as a bit of currency war); it’s exactly the kind of thing the GOP goes wild about when Bernanke does it.
これは実際に一種の量的緩和だ(ちょっとした通貨戦争とも言う)。バーナンキがそれを行った時、共和党を発狂させた政策とまさに同じもの。

But doesn’t Fischer’s success play a role? Hey, that’s evidence-based thinking, which is part of what they’re fighting.
でも、フィッシャーの業績が何らかの役割を果たさないのかって? おいおい、それは根拠に基づいた思考ってやつで、それこそ彼らが戦ってるものなんだよ。

I guess my point is that Obama should go for someone good — Stan, Janet, Christy, or someone else to be named — and not even try to appease the crazies.
僕が言いたいのは、オバマは誰かいい人――スタン、ジャネット、クリスティーなんかの――を選ぶべきだってことであって、キチガイ組を懐柔する必要なんかない。
CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。